のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > 十角ヘチマ・へチマ

下の画像は、秘密基地の周りのフェンスに這わした十角ヘチマである。ようやく勢いづいてきた。

20200816_101709_copy_2268x3024


着果した十角ヘチマが膨らみ始めた。
ヘチマは勢いづくと晩秋まで、次々と花を咲かせ実を着ける。
20200816_101715_copy_2268x3024


下の画像はフェンスの真ん中辺に植えた普通のヘチマである。
もちろん、食用のために育てている。十角ヘチマと味は変わらないが、普通のヘチマはかなり大きくなっても柔らかい。何年か前までは、ヘチマたわしを作っていた。今でもヘチマたわしは、現役で使っている。
20200816_101751_copy_2268x3024


下の画像が普通のヘチマである。キュウリよりも一回り大きくなった頃が食べ時期である。
20200816_101755_copy_2268x3024




下の画像は、秘密基地の裏側のフェンスに這わした普通のヘチマである。
外側から葛の蔓が伸びてくるので、ヘチマ栽培しながら、マメに葛の蔓を退治しようと思っている。
20200816_101916_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


ヘチマは毎年秘密基地の周りのフェンスに絡ませている。
昨年一部を今年カボチャを作っているところに、ヘチマと一緒に空中栽培をしたところ、ヘチマに圧倒されてあまり収穫量が無かった。
今年は、元に戻した。種類は2種類である。普通のヘチマと十角ヘチマだ。
下の画像は、十角ヘチマである。

20200629_091550_copy_2268x3024


下の画像は、普通のヘチマである。
沖縄では、ヘチマはナーベラーの名前で普通に食べられている。
どちらのヘチマも、ゴーヤほどの癖は無く、柔らかくてとても美味しい。
食べ慣れると普通のヘチマのほうが、大きくなっても食べられるので食べ応えがある。

20200629_091506_copy_2268x3024


2本植えた物の1本を、ヤブガラシの蔓と間違えて切ってしまった。
20200629_091531_copy_2268x3024


切ってしまった蔓から新芽が出た。ヘチマは丈夫である。
20200629_091535_copy_2268x3024


フェンスの一番奥の角に、1種類ずつ2本植えた。
20200701_090012_copy_2268x3024


ピントがぼけてしまったが、雌花が出た感じだ。

20200701_090112_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


茗荷がそろそろ終わりに近付いたので、刈り取って温床の資材にした。
すると、フェンスにトカドへチマが伸びていた。
プリンター
まだ小さいのがたくさん実を着けていた。
エクスブロラーエラー

終ったかに見えたトカドへチマは、まだ現役だった。
ホーム画面

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

トカドヘチマの木が大きくなった。

20190907_140445-1620x2160


夕方に畑に行ってみたら、花が咲いていた。
トカドヘチマは夕方から花が咲き出すようだ。
20190908_171502-1620x2160


たくさんのトカドヘチマが生り始めた。

20190907_140358-1620x2160




ちょっと大きめのトカドヘチマを収穫した。

explorer




普通のヘチマと比べてみた。

20190907_114623-1620x2160



トカドヘチマを、出汁とめんつゆで薄味で煮た。そこにカニかまぼこを加えて、最後にとろみを付けてスープ風に仕上げた。

20190908_180849-2160x1620




同じに、昨日普通のヘチマでも作って食べてみた。

エクスブロラーエラー



トカドヘチマは、今回はじめて食べた。
かなり大きめの30cm近くのものを収穫したが、普通のヘチマに比べてほっそりとしているので、皮を向いたらスマートになった感じだ。

色も黄緑色できれいである。食感と味は、普通のヘチマと全く同じであった。

普通のヘチマは、この画像の大きさだと種も大きくて、目立つ。しかし、種も柔らかく味の邪魔はしない。しかし見た目が良くない。その点、トカドヘチマは、種も小さく目立たない。なによりも見た目が素晴らしい。

内地では、普通のヘチマを食べる習慣は今までなかった感じだ。ヘチマから思い浮かぶのは、「へちまたわし」か「化粧水」ぐらいだ。
沖縄では昔から普通に食べられていたようだ。
誰に勧めても、ヘチマを食べるというイメージがないので断られる。

トカドヘチマは、形も面白いし、ヘチマと言われなければ、なんの野菜なのかわからないだろう。食べてみると全く癖が無く、スープにするととろとろ感がして、飲み込む感じである。食感を楽しむなら、下のYUKIさんの作った料理のようにすれば、柔らかい食感を楽しむことができるだろう。
とにかく、ヘチマは食べてみないとその美味しさを伝えることは難しい。

YUKIさんの作った料理は、とても美味しそうである。

IMG_0031


画像元 YUKIさんのブログ
『皮をむいて、ニンニクと唐辛子と一緒に、オリーブオイルでさっと炒め塩コショウで、柔らかな口当たりでほんのり甘くおいしいです。』





当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1



最初に早々と実がなったトカドヘチマ。しかしながら、まだ木が育ってないときに実がついてしまったもの。木の状態はいつ枯れてもおかしくないぐらい弱々しかった。そこで保険として種を残すことを考えた。
20190904_073210-1620x2160

小さな新しい実を見つけた。ようやく木が育ってきた。
20190904_073135-1620x2160

中を見るといつの間にか大きなものもできている。
20190904_073359-1620x2160

1本だけじゃない、あっちこっちに実がなっている。
20190904_073339-1620x2160

曲がったものも。
20190904_073411-1620x2160

フェンスの内側にもいい形のものが二本もぶら下がっている。
20190904_073424-1620x2160

秘密基地の玄関横の特等席である。毎年普通のヘチマが陣取る場所だ。
20190904_073319-1620x2160

これから10月頃まで、どれだけ生るのだろうか?ワクワクする。
20190904_073313-2160x1620

当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ