のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > ハグラウリ マクワウリ

👇は、ハグラウリである。かなり生長して充実してきた。
20220624_084259_copy_1512x2016



着果した雌花がいくつかあるようだ。大きくなりだすと生長が早い。
20220624_084332_copy_2016x1512



👇は、マクワウリの畝である。マクワウリは初めて作る。マクワウリは、熟したらそのまま生食で食べるようだ。さっぱりした甘さで美味しいという事だ。
20220624_084403_copy_1512x2016


かなり大きく育ってきた。縞模様が出てきた。
20220624_084432_copy_1512x2016


こんもりとした葉をかき分けて見たら、可愛らしいマクワウリを見つけた。
20220624_084457_copy_1512x2016


まだ、全部をかき分けて見ていないが、ほかにも着果しているかもしれない。
20220624_084500_copy_1512x2016


👇の画像の手前半分がマクワウリで、奥がハグラウリである。
20220624_084519_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、マクワウリである。今年初めて作った。
食べ方が分からない。
20220615_071307_copy_1512x2016


マクワウリが出来ている。ハグラウリに似ている。糠漬けに出来るだろうか。
20220615_071319_copy_1512x2016

IMG_20220615_152350
画像元

1640418934757




👇は、ハグラウリである。こちらは毎年作っている。いつも糠漬けにして食べている。
きゅうりとは、また違った美味しさがある。とても柔らかい。
20220615_071332_copy_1512x2016

こちらはまだ雌花が咲いたばかりである。
20220615_071402_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

先日耕耘して置いた第2菜園に、マクワウリとハグラウリを同じ畝に作付けすることにした。
メロンの施肥基準を参考に、尿素+過リン酸石灰+硫酸カリを混合して撒いた。その後、熊手て均した。

20220508_072057_copy_2268x3024

黒マルチを張った。
20220508_074139_copy_2268x3024


画像手前から5株をハグラウリ、奥に3株マクワウリを定植した。マクワウリは、初めて作る。昔、キンコウリと言って、黄色くなるまで熟して食べると、ほんのりと甘いウリであった。
20220508_075103_copy_2268x3024

画像転載元➡やまむファーム
4

マクワウリの栽培方法


近くの休耕地の茅を刈り取って、ブドウハウスに保管して置いたものを敷いた。
20220508_080150_copy_2268x3024


ハグラウリの栽培方法➡引用元

『青はぐら瓜の育て方(ポイント)はぐら瓜は孫づるに実ができます。なので、親づるは5節で摘芯して、子づるの生育の良いものを2~3本にして、8節で摘芯して、孫づるを出します。 孫づるは着果させるため、4節で摘芯します。 以上、摘心がポイントになります。』

ビニトンを掛けて、海苔網で暴風対策をした。
トンネルの画像手前には、先日苗床を作って、そこでオオマサリの芽出しをしている。
20220508_082123_copy_2268x3024

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

下はハグラウリの畝である。
日照不足と長雨の影響で、ベト病が出始めている。

今年は例年になく豊作であるが、ハグラウリの消費量は非常に少ない。主に糠漬けにしているが、キュウリは毎日食べているが、ハグラウリは1週間に1,2回の頻度だ。
20210709_073702_copy_2268x3024


最近になって、根に近い部分の茎の回りの葉が黄色くなっている。畑の中からベト病菌が根から入り込んできた感じだ。
20210709_073747_copy_2268x3024



👇の画像は、収穫したあと、黄色い葉を取り除いた状態である。
20210709_073948_copy_2268x3024


👇が収穫期に入っている大きさのハグラウリである。
20210709_074118_copy_2268x3024



👇の画像の様な、小さなものがまだ沢山生っている。
ハグラウリは、毎年この時期に沢山生って、収穫した後にベト病が広がって終わってしまう。
20210709_074129_copy_3024x2268

下は、今回収穫したものである。家での消費は少量なので、お裾分けする事になる。
20210709_074334_copy_3024x2268


➡前回の記事へ 



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




 

今年は、ハグラウリがいつもの年よりも順調に育っている。
20210703_080505_copy_2268x3024


👇の画像でブルーの棒が挿してあるのは、ナスの大きさ大以上のものが生っている場所である。
11、2本挿してあるので、毎日収穫することになるだろう。
20210703_080515_copy_2268x3024


👇は、あと1日、2日で収穫可能な大きさとなっている。
20210703_080545_copy_2268x3024


👇の大きさでは、あと3、4日で収穫という感じだ。
20210703_080605_copy_2268x3024





➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 
 

↑このページのトップヘ