のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > ハグラウリ

下はハグラウリの畝である。
日照不足と長雨の影響で、ベト病が出始めている。

今年は例年になく豊作であるが、ハグラウリの消費量は非常に少ない。主に糠漬けにしているが、キュウリは毎日食べているが、ハグラウリは1週間に1,2回の頻度だ。
20210709_073702_copy_2268x3024


最近になって、根に近い部分の茎の回りの葉が黄色くなっている。畑の中からベト病菌が根から入り込んできた感じだ。
20210709_073747_copy_2268x3024



👇の画像は、収穫したあと、黄色い葉を取り除いた状態である。
20210709_073948_copy_2268x3024


👇が収穫期に入っている大きさのハグラウリである。
20210709_074118_copy_2268x3024



👇の画像の様な、小さなものがまだ沢山生っている。
ハグラウリは、毎年この時期に沢山生って、収穫した後にベト病が広がって終わってしまう。
20210709_074129_copy_3024x2268

下は、今回収穫したものである。家での消費は少量なので、お裾分けする事になる。
20210709_074334_copy_3024x2268


➡前回の記事へ 



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




 

今年は、ハグラウリがいつもの年よりも順調に育っている。
20210703_080505_copy_2268x3024


👇の画像でブルーの棒が挿してあるのは、ナスの大きさ大以上のものが生っている場所である。
11、2本挿してあるので、毎日収穫することになるだろう。
20210703_080515_copy_2268x3024


👇は、あと1日、2日で収穫可能な大きさとなっている。
20210703_080545_copy_2268x3024


👇の大きさでは、あと3、4日で収穫という感じだ。
20210703_080605_copy_2268x3024





➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 
 

今年は、ハグラウリの生長が良い。
場所が、少しゆったりとしているからかも知れない。
20210629_082133_copy_2268x3024

収穫時期の物も何本か出来ている。
20210629_082147_copy_2268x3024

1本収穫した。
20210629_082235_copy_3024x2268


日の当たらない部分は真っ白である。シロウリと言われたりするのもわかる画像だ。
ハグラウリは我が家では、ぬか漬けにして食べている。
きゅうりより肉厚で、とても柔らかい。
20210629_082241_copy_3024x2268



👇の画像を見ると、大きな物から小さなものまで、次々と着果している様子がわかる。
20210629_082216_copy_2268x3024

今年は、親蔓を摘芯した後、孫蔓が出てくるのを待って、子蔓の摘芯も終っている。
20210629_082314_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

ハグラウリが、いい感じで育ってきた。
20210616_080758_copy_2268x3024

親蔓を摘心したので、子蔓が四方に伸びている。
ハグラウリは、孫蔓に雌花が咲くので、孫蔓が出ている子蔓は、摘心しようと思っている。
20210616_080817_copy_2268x3024

何時もは、放任してしまうので、蔓でいっぱいになり、風通しが悪くなって短命なので、今回は出来るだけ蔓を整理しようと思っている。
20210616_080832_copy_2268x3024

まだ蔓をよく見ていないので、孫蔓が出ているかどうかわからない。
明日の朝は、よく見てみよう。
20210616_080840_copy_2268x3024



ハグラウリは、雌花は孫づるに多くつくので、勢いの良い孫づるを発生させるために、親づる、子づるを適切に摘心する。

雌花がついたら、その先も入念に摘心する。

👇は、ウリの例 1本の子づるに2,3個着果させたら、子づるを摘芯する。

3





➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

ハグラウリは1週間前に、葉枯れ病の様な感じで5、6株がバタバタと萎れて枯れてしまった。2株ほどが生きのびた。朝みたら太くなっていた。まだ蔓は生きているので、種採り用に残して置こう。
20200727_083855_copy_2268x3024

他にも何本か生きている。
20200727_083912_copy_2268x3024

隣の空芯菜は、虫には食われているがカビ菌には滅法強い。この中に逃げ込んだ蔓は生きのびたに違い無い。
20200727_083919_copy_2268x3024

空芯菜は、明日貰い手が見つかったので、刈り取る予定である。
20200727_083921_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ