のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > 紫唐辛子、万願寺、バナナペッパー

遅れて蒔いた万願寺唐辛子の台風対策で、例の三角仕立てを採用した。
伸びていくと下の方の脇芽からネットの外に顔を出し、枝を縛る必要が無い。
そのため、大風が吹いても枝全体で支えるので、台風が来ても大丈夫である。
20200803_082138_copy_2268x3024


あと1週間もすると脇芽がネットから顔を出すだろう。
20200803_085104_copy_2268x3024


下の画像が、現在収穫が続いている紫唐辛子やバナナペッパーである。
シシトウは4株ずつ植えたはずが、バナナペッパーが8株となっている。
紫唐辛子も生育が悪かったので、残っていた株も植えたので6,7株となっている。
20200803_085119_copy_2268x3024


下の画像は、続きのピーマンとナスである。
梅雨前に吹き荒れた暴風で、空中かぼちゃは強制終了したが、こちらは被害は全くなかった。
20200803_085138_copy_2268x3024



下は、2018年の台風被害の記事である。
blog_import_5c7d522694d3e

役に立たなかった台風対策。
ナスやシシトウを鉄パイプで支え、さらに暴風対策として周りを防虫ネットで囲ったが、ネットは飛ばされ、枝は折れ、葉は千切れて、実が散乱した。
blog_import_5c7d522277087

暴風をまともに受けたピーマン、シシトウ類。
木が傷んでいたので大量に収穫した。




支柱は、鉄パイプで支えてあるので、倒される事は無かったが、枝が折られたり葉っぱが飛び散った。




万願寺唐辛子も、まだ沢山成っていたのに、かなりダメージを受けた。





バナナペッパーの被害も多かった。

ナスは、全て撤収した。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" > 

シシトウの花が咲いて実が生り始めたときに、3種類植えたはずなのに万願寺だけが無かった。
バナナペッパーが倍の量あった。
その時に初めて気付いた。どこかで万願寺とバナナペッパーが入れ替わってしまったのだろう。

記憶にあったのは、催芽蒔きをしたときに万願寺がなかなか発根しなかった。
それで、やり直したときに発芽したものからセルトレーに埋めていった。
そこで、間違ったのだろう。

秋までには収穫できるだろうと、気づいたときに直ぐにポットに種まきをした。
20200801_102551_copy_2268x3024


その万願寺の1本に、花が咲いた。
まだ、ハ月に入ったばかりである。
10株ぐらい作ったので、全部出来たら食べきれないだろう。
20200801_102559_copy_2268x3024


追肥に、低度化成肥料(3-10-10)と糠を撒いた。
秋に台風にやられない様に、支柱をしっかり立てようと思っている。
20200801_163120



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" > 

私の育てているバナナペッパーは、ブロ友のYUKIさんがその昔外国から種を取り寄せて、育成して固定化させたオリジナルのシシトウである。
私は『YUKIバナナペッパー』と呼んでいる。

今年は、食べるだけでなく家の花壇を飾るために鉢植えで育てて置いた。
初めてのことだが、巨大と思えるほど一番果が大きくなっている。
そして、下の画像では傷のついた1個がオレンジ色に色づき始めている。
バナナペッパーは、薄緑から黄色に色が変わる。
さらにそのままにしていくと画像のように鮮やかなオレンジ色に輝く。
そして、さらに赤い色へと変化していく。
観賞用としても大変すばらしい野菜である。
道行く人は、初めて見る不思議な唐辛子に驚いている。

20190711_091746-1620x2160




サカタから『バナナピーマン』の商品名で同じような商品が販売されている。

無題1

サカタ育成とあるが、野口種苗店の説明によると、
『種苗業界の慣例用語で「育成」とは、通常一代雑種である「交配(F1)種」に対し、人工交配してできた雑種を選抜し、形質を固定した「固定種」のこと』とある。

種苗法では、登録品種の種を採って雑種を作り、それを育成してオリジナルの物を作るのは認められている。
登録することも、販売することも自由である。※種苗法第二十一条の一により、新品種の育成その他の試験又は研究のためにする品種の利用は認められている

『YUKIバナナペッパー』も種を採って、累代にわたり育成してきたオリジナルな品種となっている。

今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1


鉢植えの『YUKIバナナペッパー』の実が育ってきた。

今年は、うっかり同じ色の鉢植えの日光唐辛子と混ぜてしまった。
ラベルは1つしかつけていなかったので、双方2本だけは確定できたが、鉢ごとの大きさが違っていた。
それで、小さい方とやや大きいのに分けて、シシトウと唐辛子の畝を別々にした。

下の画像は、バナナペッパーと判断した物が的中したものである。
こちらは、家の花壇を飾るものであるが、種採りにも使う。

20190612_090038-2160x1620




バナナペッパーは、浅黄色からオレンジ色に変り、最後は真っ赤になる。
オレンジ色になった時の奇麗さは、何とも言えない色である。


20190612_090035-2160x1620
 



この画像が唐辛子の畝である。 ここに日光唐辛子とバナナペッパーが混植となっている。
無題2



本日もポチット投票お願いします。


 2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ