のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > サトイモ

『土垂って言ったかな。あれまだある?あったら持って来て。』と注文があった。

私は、セレベスを去年初めて食べて感動した。
なので、今年で土垂は終わりにしよう思っていた。
でも妻は、違っていた。
『サトイモは、やっぱり昔から作っていたこれに限るね。』と土垂を気に入っているようだ。

あと10株位になった。
20201118_072812_copy_2268x3024

土垂の今年の作は、普通の出来だった。
20201118_073207_copy_2268x3024

👇の画像が、5株分の土垂の収穫量である。
20201118_074056_copy_2268x3024

一方、下の画像は、セレベスの1株分の収穫量である。子芋は少ないが、親芋は4個も出来ている。
20201118_074104_copy_2268x1701


👇はセレベスの畝であるが、まだ二畝のほぼほぼが残っている。
余り望まれない里芋となれば、よそ様の所に貰われていくこととなる。
20201117_080702_copy_2268x3024


好みの違いなので、これは仕方のないことだ。
でも、セレベスの好きな人はきっとたくさんいるだろうから、無駄にはならないだろう。
20201117_080713_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

セレベスの花に、実のようなものが付いていた。
残念ながら花茎はだらんとしてしまっているので、これ以上は熟成しないかもしれない。
このような感じで、受粉させ種を採り、新しい品種を作るのだろうか。
20201108_102946_copy_3024x4032

一つは実が出来ているようだが、もう一つのほうは固く閉じていた。
3


今年咲いたセレベスの花
3-1

花が咲いていたセレベス
4


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



今年は、サトイモが順調に育っている。
これまでにセレベス3株、土垂4株を収穫して食べた。
20201027_090047_copy_2268x1701



下の画像手前が東側になり、日当たりの悪い畑の中では一番良い場所なので、大きく育っていた。
大きなもの順に3株ほど掘りだして、食べたり、お裾分けをした。
親芋を種芋に使ったので、大きな子芋が3個から4個収穫できた。しかしその割には孫芋は少なかった。
20201027_090103_copy_2268x3024



下の画像は、土垂である。
株は小さくなっているが、小芋は結構育っていた。こちらも手前から4株ほど収穫済みである。
土垂は、残りあと10株ほどある。
20201027_090150_copy_2268x3024




下の画像は、真ん中の畝のセレベスである。
15,6株植えてあるので、きっと食べきれないだろう。今まで、サトイモはたくさん作っても、冬場に3,4回しか食べなかったので、土垂を10株ほど作っていた。それでも種がたくさん残った。
去年からセレベスを作ってから、サトイモ料理の回数が増えた。
20201027_090358_copy_2268x1701



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

サトイモの土垂が育っているかどうか試し掘りしてみた。
畝の先頭のあまり育ってない株を2株ほど掘り起こしてみた。
20201003_094456_copy_2268x3024


二株の茎を切った画像である。
なんか寂しい感じである。
20201003_094606_copy_2268x3024


掘り起こして、土を払ってみると意外と小芋が育っていた。
1株で良かった感じだ。
まだ10月に入ったばかりなので、葉が枯れる頃にはもう少し小芋が大きくなっているだろう。
20201003_094853_copy_2268x3024


豚汁を作るということなので、大きめの物を家に持ち帰った。
20201003_171415_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

サトイモは、順調に育っている。
小芋が充実してくる時期である。
9月8日に試し掘りした時は、親芋と子芋がようやく膨らみかけた感じであった。
20200923_083453_copy_2268x1701


下の画像からは、たくさんの脇枝が出ているのわかる。
きっと小芋が育っているに違いない。
20200923_083518_copy_2268x3024


下の画像の先頭にシャベルが刺さっている。
そこにあった大株を、この前試し掘りしたのである。
20200923_083526_copy_2268x1701



20200923_083550_copy_2268x3024


下の画像の右側は、土垂である。
土垂は、初期栽培で若干足踏みしたのが、最後まで尾を引いた感じである。
セレベスと比べると、一回り小さい。
20200923_083559_copy_2268x3024


今年は、種芋がたくさんあったので、全部で3畝作付けした。
きっと食べきれない量だろう。
来年度は、全部で2畝にしようと思う。
その分、半日陰で育つ、コンニャクイモを育てようと思っている。
20200923_083605_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ