のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:根菜類の栽培コーナー > サトイモ

👇は、タケノコ芋である。2株だけ残して置いた物である。
20231211_090328_copy_1512x2016


今年は、土掛けをやらなかったので、親芋の伸びは少なかった。
20231211_090709_copy_2016x1512


このタイプのサトイモは、30㎝ぐらい土を盛っていくと、芋の長さが40㎝近くのタケノコ芋になる。
20231211_090720_copy_1512x2016


👇は、ホワイト6片である。
基肥に、鶏糞堆肥を畝全体に、1袋分を蒔いてある。
20231214_073422_copy_1512x2016




👇は、ジャンボニンニクである。
20231214_073454_copy_1512x2016

👇は、化成肥料を追肥した後である。
20231214_134337


👇は、バラ撒いた化成肥料が葉に残って、肥料焼けを起こさないように、水を全体に掛けて溶かしこんだ。
20231214_134557


👇は、露地栽培のイチゴである。葉は横に開いてロゼット状に広がっている。
20231214_073604_copy_1512x2016


👇は、氷が張っているのを撮った画像である。夜は氷点下になっているようだ。
20231214_073553_copy_2016x1512


👇も、露地栽培の同じ畝のイチゴである。イチゴは寒さにはめっぽう強い。
20231214_073608_copy_1512x2016


👇は、同じ第2菜園のミニハウスの中のイチゴである。
20231214_073632_copy_1512x2016


同じ畑でもミニハウスの中で、3重トンネルの中の温度は、外は氷点下でも3℃が最低温度であった。
測った時の朝の温度は、5℃であった。
日中は、トンネルを捲り、ハウスの袖も巻き上げて、30℃以下に温度調整している。
20231214_073638_copy_1512x2016


👇は、第1菜園のエンドウのビニトン栽培である。
昨年から、主に寒風対策でビニトン栽培にしている。
風の強い畑であるので、苗が伸びすぎていると、寒風に煽られて葉や茎に傷がつき、黄枯れすることがあった。それを防ぐためにビニトン栽培にした。
20231214_074727_copy_1512x2016


👇は、スナップエンドウの生育状況である。
20231214_074718_copy_1512x2016


👇は、畝の北側半分に植え付けてある絹さやである。
冬場は、画像のように横に倒れたまま、越冬することになる。
20231214_074747_copy_1512x2016



👇は、白菜の漬物を漬けこむために、1昼夜干した白菜の重さを測っている画像である。
2株を、それぞれ6等分して漬け込む。
1玉平均で、4㎏の大玉である。
20231214_111208


ハクサイは、2度漬けをしている。
最初は、3%の塩だけで漬け込み、水が上がったら捨てて、アミノ酸、柚子、昆布で味付けをして漬け込む。
20231214_112216


👇は、20㎏の重りで漬けた。
20231214_112331


蓋をして、全体にビニールを掛けて、仕込みの終了である。
20231214_112426





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      



👇は、収穫して置いたサトイモである。品種は土垂である。
食用と種芋用を貯蔵穴に保管するために、乾燥させて置いた物から選別した。

20231128_104322_copy_2016x1512

👇は、150㎝の深さの貯蔵穴である。
既に越冬させる種芋用のサツマイモや生姜、紫ダイジョなど寒さに弱いものは、一番底に横穴を掘ってあり、その穴に保管済みである。
縦穴の底には、これから食べるためのサツマイモは熟成保存してある。
現在画像に見えているものは、来年度の種芋用のジャガイモである。
ここに、里いもを一緒に重ねて保管する。
20231128_104307_copy_2016x1512



👇は、保管した後蓋をした画像である。
一番下の横穴の温度は18℃~19℃を保っている。
縦穴の底の方は、15℃~16℃となっている。
開け閉めをしているので、外の温度に影響を受けているようだ。
20231128_104805_copy_2016x1512



👇は、温床の全体画像である。
20231128_104815_copy_2016x1512


👇は、Aブロックである。
ネギとキャベツ、茎ブロッコリー、ブロッコリー、サラダミックス類を育苗している。
サラダミックスは、定植サイズになったら、露地でビニトン栽培する。
ネギ、キャベツ類は、温床で越冬させる。
20231128_104822_copy_2016x1512



👇は、Bブロックである。
サツマイモと紫ダイジョを保管している。
低温障害にならないように20℃前後にしている。
20231128_104831_copy_2016x1512






👇は、Çブロックである。
こちらも内部温度は30℃前後の低温発酵をさせている。
紫ダイジョの雁首、ほうれん草、レタス類3種、チャオチャオレタスを播種育苗している。
ホウレン草とレタス類は、定植サイズになったら露地でビニトン栽培する。
20231128_104838_copy_2016x1512


👇は、Ⅾブロックである。
パイナップルとキャベツの苗を一時保管している。
キャベツは、露地栽培で残った苗を、温床で越冬栽培する予定である。3月収穫を狙う。
20231128_104854_copy_2016x1512




👇は、Eブロックである。
パイナップル用に増設した部屋である。
現在、高温発酵させている。
20231128_104908_copy_2016x1512



Eブロックは、内部温度が現在68℃に上がっている。
20231128_104903_copy_2016x1512


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


👇は、第4菜園のサトイモである。
生姜やこんにゃくはすでに収穫してある。
画像手前は、2時ごろまで日が当たる場所なので、ほうれん草やサラダミックスの苗を植え付ける予定である。
冬越しとなるため、ビニトン栽培を予定している。

20231118_084504_copy_2016x1512


👇は、まる八セレベスである。
すでに掘り起こして、残りは3,4株となっている。
来年度の種薯は、すでに確保してある。
20231118_084527_copy_1512x2016


👇は、親芋の葉だけが残っている、土垂である。
一番たくさん作ってある。後7,8株残っている。
20231118_084535_copy_1512x2016


👇は、まる八さんの所から来ているタケノコ芋である。
まだ、葉が青々としている。先日遅くなったが、土を掛けてみた。
果たして、親芋がタケノコのように長くなるか楽しみである。
20231118_084545_copy_1512x2016


👇は、第3菜園の畝である。1畝に人参、ほうれん草、サラダミックスが混栽してある。
一番手前は、第2弾の碧南鮮紅五寸人参である。
こちらはすでに間引きは済んでいるので、収穫までは何もしなくとも良い。
20231118_084840_copy_1512x2016


👇は、治郎丸ほうれん草である。
上の碧南鮮紅五寸人参と同様、昨年自家採種した種を使っている。
ほうれん草は、来春も自家採種する予定である。そろそろ収穫サイズになっている。
20231118_084851_copy_1512x2016


👇は、サラダミックスであるが、化成肥料をばらまいたら葉に残ってしまって、溶けてしまった。
いつもは化成肥料を撒いた後は、水を掛けて肥料を落としているが、それを忘れてしまった。
現在、第2弾を温床で育苗している。
別に単品でレタス、サニーレタス、サラダ菜を作ってあるので、そちらで何とか賄っている。
20231118_084901_copy_1512x2016


👇は、第2弾の治郎丸ほうれん草である。
この畑は、南側にミニ果樹園のミカンの木があって、日照を遮っている。
20231118_084909_copy_1512x2016


👇は、種を蒔いたが出が悪かったサニーレタスとハーフムーンレタスを植え付けた所である。
20231118_084919_copy_1512x2016


👇は、第3弾の治郎丸ほうれん草である。この場所は日当たりがまあまあである。
20231118_084929_copy_1512x2016


👇は、畑の奥の一番西側に作付けてある大浦太牛蒡である。掘りやすくするために、斜め栽培をしてある。夏に水不足で溶けそうになってしまったが、秋になって復活した。
収穫は来春に芽が出てからの2年目の収穫とする予定である。
種も古くなったので、来春は1株だけ残して自家採種する予定である。
20231118_084946_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

👇は、里芋の土垂の畝である。葉が枯れ始めたので収穫時期である。
IMG_20231105_075103_DRO_copy_1512x2016


👇は、試しに2株掘り起こしたものである。
IMG_20231105_075358_DRO_copy_1512x2016



👇は、子芋孫芋をばらした画像である。
かなり大きな芋が収穫できた。
IMG_20231105_075655_DRO_copy_1512x2016


👇は、まる八セレベスである。
脇芽を欠いて親芋に土を掛けて育てると、タケノコ芋のように長くて大きな芋ができる。
IMG_20231105_075123_DRO_copy_1512x2016


👇は、脇芽を欠かないでそのまま育てたが、肥料をたっぷりやったことと、土を沢山盛ったので良い感じに芋が伸びている。
今回試しに、1株だけ収穫した。
IMG_20231105_075901_DRO_copy_1512x2016


👇は、良い感じでタケノコ芋のような大きな芋が収穫できた。
IMG_20231105_080629_DRO_copy_1512x2016



👇は、手前に作付けした白花芽の棚を片付けた後の画像である。
現在は、3品種のサトイモが収穫時期となっている。
IMG_20231107_145912_DRO_copy_2016x1512


👇は、タケノコ芋である。
苗を植え付けた段階では小さかったが、肥料と水をたくさんやったらかなりの大きさに育った。
今年は、5株ぐらい作付けてある。
IMG_20231107_145925_DRO_copy_1512x2016



👇は、我が家で一番人気の土垂である。
こちらは、10株以上作付けている。
IMG_20231107_145937_DRO_copy_1512x2016


👇は、まる八セレベスである。
昨年食べたのは、1株だけだったので、今年は7,8株植え付けた。
IMG_20231107_145950_DRO_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


 

👇は、第4菜園のサトイモである。
この畑は、サトイモを作るための畑のようである。
午前中しか陽が射さない半日陰の畑である。

IMG_20230917_102119_copy_1512x2016



そのため、水と肥料さえ豆にやっていれば、毎年背の高さを超えるぐらいに育つ。
今年は、周りの日の当たる所の畑のサトイモは、枯れていたり育ちが悪かったりしている。
IMG_20230917_102037_copy_1512x2016



👇は、土垂を1株収穫することにした。
IMG_20230917_102618_copy_1512x2016


👇は、土垂の親株を種芋に使ってある。
大きな芽が3本ぐらい出たが、2本カットして育てた。
親芋を種芋に使うと、大きな芽が出るので生長の勢いが凄い。
ただ、しっかりと施肥しないと子芋孫芋が育たないことがある。
IMG_20230917_102638_copy_1512x2016


👇は、掘り出した画像である。子芋孫芋がたくさん着いている。
IMG_20230917_102939_copy_1512x2016


👇は、泥を洗い流して、逆さまにした画像である。
IMG_20230917_103227_copy_1512x2016


👇は、ばらした画像である。
まだ子芋が育ちきっていない。孫芋も小さい。
IMG_20230917_103610_copy_1512x2016


👇は、根と茎をカットした画像である。
収穫は、葉が枯れてくる11月の頃なので、大きな子芋ができるだろう。
今年も豊作の予感がする。
IMG_20230917_105323_copy_2016x1512





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    
 

↑このページのトップヘ