のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > サトイモ

👇は、第4菜園のサトイモである。この畑は、半日陰の畑であることから、毎年サトイモは良くできている。
今年も3品種作っているが、いずれも順調に生長している。

20220822_140353_copy_2016x1512


👇は、生姜とこんにゃくの畝であるが、草が生えてきているので除草をすることにした。
20220822_140254_copy_2016x1512


👇が、除草が終わった後の画像である。
20220822_144011_copy_2016x1512


生姜は、大生姜を植え付けたが、4,5株しか発芽しなかった。
種生姜は購入したものだったが、土中で腐ってしまったようだ。
20220822_144020_copy_2016x1512


👇は、こんにゃく畝の周りに、自生の花オクラが育っている画像である。
20220822_144034_copy_1512x2016


👇は、サトイモの畝である。除草した後、サトイモに土寄せをして置いた。
20220822_144107_copy_1512x2016


👇は、土垂である。親芋を種芋に使っている。
2,3芽出たが、1本にして追肥を2回ほどしてある。
昨年、1本仕立てで施肥をしっかりやったら、子芋・孫芋が大きなものがたくさん採れた。
20220822_144121_copy_1512x2016



※下は、昨年の記事である。

👇は、親芋を種芋に使った土垂である。
芽が、たまたま1つしか出なかったので、子芋、孫芋がたくさん出来たようだ。
なので、親芋を種芋に使う場合は、1本仕立てにすれば、子芋、孫芋がたくさん出来るのかもしれない。
IMG_20211203_102131

👇は、土垂の拡大画像である。
20211203_075318_copy_2268x3024



3株とも、沢山の子芋、孫芋が出来ている。
20211203_075343_copy_2268x3024

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、半日陰の第4菜園である。毎年、サトイモは良く育っている。
この畑は、三方を建物と山に囲まれているので、台風が来てもまったく影響を受けない環境である。水さえやっていれば、サトイモはどんなに日照りの夏でも、容易に乗り越えられる。

👇は、セレベスである。親芋を種芋に使っているで、すでに花が咲いている。
 20220726_091805_copy_1512x2016





👇は、食用に残して置いた「まる八芋」の1本を越冬させ、定植したら、6,7芽出ていたので、6等分して植え直した。
その時芽も根もしっかり出ていたので、容易に活着して、6株とも元気に生長している。
20220726_091820_copy_1512x2016





➡過去記事 2022年06月06日 

👇が、掘り出した画像である。芽が6,7本出ている。根もしっかり出ているので丁度良い。
20220604_143620_copy_1512x2016


全部で6株に切り分けた。
切り分けて植えるのは、初めての試みである。サトイモは丈夫なので大丈夫だろう。
20220604_143735_copy_2268x3024
 


👇は、土垂である。我が家は土垂が人気なので、今年は2畝作付けした。
子芋と親芋を種芋に使った畝を、別々に作った。
昨年、親芋を種芋に使った株を1芽残しにして、施肥と追肥をしっかりやった。
そうしたら大きな子芋、孫芋がたくさん出来た。
大きな芽が3芽ぐらいできたものを育てたら、子芋、孫芋が少ししかできなかった。
20220726_091836_copy_1512x2016



👇は、大生姜を2畝作っているが、自家産種芋の右側は、ほとんど腐ってしまった。購入種の左側はかろうじて4,5株出ているが、まったくの不作である。今年はこの時点で、不作決定である。
20220726_091846_copy_1512x2016



👇は、こんにゃくである。
今年は、3年生も2個ほど植えたので、大きなこんにゃく玉が出来そうな予感である。
20220726_091905_copy_1512x2016


👇は、2年生である。
大きなものは食べて、残りは3年生で種芋に使い大玉を狙う。
20220726_091940_copy_1512x2016


👇は、花オクラである。
昨年も、おのればえで発芽したものを育てて、花を咲かした。
その種が零れて、今年も何株か発芽している。
20220726_091957_copy_1512x2016


👇は、セレベスの残り芋を、空いた畝に定植した。
我が家では、セレベスはあまり人気が無いので、たくさん余ってしまった。
20220726_092040_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第4畑のサトイモ畑である。この畑は半日だけしか日照時間が無い。そのため、サトイモの葉が枯れることが無いため、毎年豊作に近い。他には、生姜とこんにゃくを作付けしている。
 20220710_131010_copy_2016x1512


👇は、セレベスの画像である。
セレベスは、野菜残渣槽で越冬させているので、3月下旬に掘り起こした時は、すでに芽と根が出ている。
なので、定植までブドウハウスの中で、プランタ栽培して定植している。そのため、周りの畑のサトイモよりも生長は早くなっている。
20220710_131021_copy_1512x2016

👇は、土垂である。今年は2畝作っている。
我が家では、セレベスよりも土垂の方が人気がある。
20220710_131027_copy_1512x2016


👇は、1本の大きな、まる八芋を種芋に使った。
芽が6,7個出来たので6等分して、植え付けた。
灰を着けたりもせず、そのまま植え付けたが腐ることも無く、元気に生長している。
20220710_131035_copy_1512x2016

他の芋も、順調に生育している。
20220710_131039_copy_1512x2016


今年の大生姜は、マルチ無しでサトイモなどと同じ時期に早めに植え付けてしまったため、地温が上がらず萌芽がかなり遅れた。そのため土の中で腐ってしまったものがたくさんあった。👇の画像は、購入種芋だったので、半分ぐらいは発芽した。
20220710_131051_copy_1512x2016


👇は、自家産種芋を使ったが、発芽したのは3,4株だった。後は土の中で腐ってしまっていた。
20220710_131056_copy_1512x2016

👇は、こんにゃくの畝である。
大きな3年生芋を3,4株植えてある。
その後ろは、2年生芋を植えた。画像右側は、1年生と生子を植えた畝である。
20220710_131111_copy_1512x2016


最後の畝は1畝だけ余ったので、残っていたセレベスを植え付けた。
20220710_131122_copy_1512x2016



全体的に土がからからに乾いていて、葉が垂れていたので水を出しっぱなしにして、畝間の溝にたっぷりと掛けた。
20220710_131226_copy_1512x2016

土垂と生姜の間にも水をたっぷりと溜めて、土に浸み込ませた。
20220710_133826_copy_1512x2016





 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第4菜園のサトイモ畑である。半日陰を好む生姜も植えてある。コンニャクも作れたので、同じ畑に作してある。
20220624_090026_copy_2016x1512


👇の大きなサトイモは、セレベスである。芽と根をハウスで出させてから、早々と畑に定植したので、周りのサトイモよりも一足先に大きくなっている。
20220624_090051_copy_1512x2016


👇は土垂である。セレベスよりも一回り小さいが、同様に野菜残渣槽で越冬させ、3月下旬に掘り上げた時には芽がしっかり出ていた。その後ハウス内で育苗して、根が出た時に定植した。
20220624_090056_copy_1512x2016


👇は、1本の大きなまる八芋を種芋に使ったら芽が7本出たので、6等分して植え替えた。切り刻んで、そのまま植え付けたが、根がしっかり出ていたので、1株も腐らず根付いたようだ。
20220624_090112_copy_1512x2016


今年の生姜は、萌芽がバラバラである。芽当たりがあったのでマルチ無しで植え付けた。しかし、温度が上がらず今頃に出ている芽もある。マルチをして地温をあげるべきだったようだ。
20220624_090122_copy_1512x2016


👇は、自家産の種生姜を植え付けたものである。こちらは2,3本しか発芽していない。ひょっとしたら越冬に失敗して、腐っていたのかもしれない。まだ、掘り起こして確認していないので、近日中に確認してみようと思っている。
20220624_090155_copy_1512x2016


👇は、蒟蒻である。こちらはほぼ芽が出揃った。
20220624_090205_copy_1512x2016


👇は、1年生と生子である。ほぼ発芽した。
20220624_090212_copy_1512x2016



 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   

👇は、第4畑である。畑の広さは40坪ぐらいだろうか。後ろの黒い寒冷紗のある部分の10坪ほどは、隣の住民に貸している。
半日しか日照時間が無い畑である。
20220618_095929_copy_2016x1512

比較的日の当たる場所に、ニンジンを植えてある。ニンジンはマルチ栽培で、7個の穴あきマルチを利用している。間引きは、1穴に2,3株残しにしている。昨年秋に2本残しで作ったが、3本でも太いニンジンが出来た。
20220618_095937_copy_1512x2016



人参は、無肥料で種を蒔き、追肥を何回かやって大きくしている。これは、井原書を参考にしている。種を蒔くのも井原流で、種を蒔いた後、燻炭を掛けてその上からしっかり踏みしめて、種を土に押し付けている。水はやらないで土の湿り気だけで発芽をさせている。これでうまく行っている。
20220618_095947_copy_1512x2016



👇は、セレベスである。親芋を使っている。野菜残渣槽で越冬させ3月に掘り起こした時に、すでに芽が伸びていたのでブドウハウスの中でプランターで芽出しをした。定植した時にはすでに根と芽が出ていたので、他の畑に比べて1か月ほど生長が早い。
20220618_100000_copy_1512x2016



👇は、まる八芋である。一本の長い親芋を、発芽発根させたものを6等分して、植え替えたのでまだ小さい。サトイモは生命力が強そうなので、腐りもせず順調に生長している。
20220618_100019_copy_1512x2016


👇は、大生姜である。まだ全部は萌芽していない。芽当たりがあったものを植え付けているので、腐ってはいないと思うが、出てくるまでは心配である。
20220618_100851_copy_1512x2016


👇は、こんにゃくである。大きなものほど方が早いという事であるが、その通りになっている。手前から大きい順に植え付けてある。
20220618_100900_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村       

↑このページのトップヘ