のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: ジャガイモジベレリン処理

8月14日の植え付け時の画像

fac3b90a




以下の画像は、ジベ処理後の8月25日の画像である。(ジベ処理8月15日)
ジャガイモのジベレリン処理をしてから10日が経っていた。
実験内容は、ジャガイモをジベレリン溶液に浸して、休眠期を打破することが出来るかどうかを確かめるものである。
ジャガイモは、20ppmのジベレリン溶液に30秒間浸したものである。

explorer

エクスブロラーエラー

ジベ処理で、休眠期打破が可能であることが確かめられた。
8月25日に、グランドペチカとニシユタカのジベ処理済みの種芋を、畑に植え付けたものと交換した。
掘り出した種芋は、その後ジベ処理して、芽が出たのを確認して別の畝に植え付けた。


9月26日の画像
20190926_080043-1620x2160
グランドペチカは萌芽していない。

青棒はジャガキッズの萌芽
20190926_080207-1620x2160


ニシユタ力は全部萌芽
20190926_073748-1620x2160


アンデスレッド  3株/5 萌芽
20190926_073807-1620x2160

掘りだしたクランドペチカ  処理有
20190926_074008-1620x2160


グランドペチカ  処理無
20190926_080025-1620x2160
グランドペチカの萌芽が遅れているが、掘り出した物を見てみると後1週間ぐらいで、顔を見せるだろう。処理無の物でも後2週間見れば萌芽するだろう。10月3日~10月10日ぐらいだろう。
とすれば、昨年並みとなり、かなり萌芽時期を縮めることが出来たかも知れない。

そして、今回の収穫時期を昨年よりも1週間早めるか、来春に再びジべ処理すれば、今年のように春作の萌芽が、皆から1ヶ月近く遅れることは無いだろう。

現在のおかしな実験は、すべて『種芋の体内時計』を『正常に戻す実験』をしている訳である。

正常になれば、ジべ処理無しで春秋の自家産種芋で2期作の循環栽培が可能になる。種芋の3品種は、全て2期作の可能な3品種(ニシユタ力、グランドペチカ、ジャガキッズ)である。

この栽培の良さは、1年間食べる分の半分を作れば良いので、作付け面積が半分で済む。
そして、何時でもシワがなくて、芽が出たりしないジャガイモが食べられるということだ。



昨年度の画像
『ニシユタカ』が綺麗に発芽した。唯一の購買種芋である。

2018/09/25 

blog_import_5c7d48996675b

真ん中はデジマで、芽が出ているのは、1年前の種使用。

blog_import_5c7d48970f5dc


春作用のジャガイモ『グランドペチカ』が発芽し、元気に育っている。

2018/10/11の生育状況

blog_import_5c7d4542d2150

昨年度の詳しい記事は以下のリンク先(アメブロ)にある。
昨年度の10月15日の7品種の生育状況



当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

ジベレリン処理をして9日目の画像

画像下のジャガイモは萌芽し始めている。上はまだのようだ。
一度畑に埋めた種芋を掘り起こして、ジべ処理で強制萌芽させたものと交換した。

20190902_090243-1620x2160

ジャガイモの品種はグランドペチカ
凹みから萌芽し始めている。
20190902_090253-1620x2160

以下の画像は、ジベ処理をしていない。
9月15日に畑に埋めた物を取り出して、萌芽状態を確かめた。
凹みの1つから萌芽している。
品種名はジャガキッズパープルである。
20190902_090830-1620x2160
ジべ処理で強制萌芽させた芽と、明らかに違う。
自然に萌芽した芽は、1つでがっしりしている。
一方、強制萌芽の場合はあちこちから萌芽している。しかも小さく弱々しい。 

ジャガイモは、芽の出る順番が決まっている。『頂芽優勢性』


ジャガイモの芽の散らばり方



無題2




『種芋は頂芽部から下画像のようにらせん状に強い芽が出る性格がある。(頂芽優勢性)又ストロン基部に近づくほど芽の数が減る。』


頂芽部 芽が多く集まる

2img_1_m


茎に着いていたストロン部 芽がまばら
22img__m

しかしながら、ジベレリン処理によって、芽の出る順番は破壊され、休眠期が強制的に打破されることとなる。結果として、どの凹みからも同じ勢いて萌芽することとなる。

この意味は、芽がたくさん出てしまって芋が大きく育たないということである。

これを利用して、ジャガイモを小さく、たくさん生らせて、種芋を作ろうということで研究された方法である。
大農場でのジャガイモ栽培は、種芋をまるごと畑に蒔くので、大きなジャガイモよりも小さいジャガイモを種芋に使う。

秋ジャガの種芋を購入した人は、小さな種芋が置いてないことに気づくと思う。
近所の種屋さんで、小さい種芋と中ぐらいの種芋を混ぜて販売していると聞いた。
価格は個数ではなく、1kgとかの重さなので小さなジャガイモのほうが、たくさんの種芋が入っていることになる。


私の場合には小さな種芋をたくさん作る目的で、この方法を取入れたわけではない。

秋作で採れたジャガイモを春作の種にし、春に採れたものを秋作の種に使うという循環型の栽培を目指している。
しかしながら、1つの問題が起こった。
休眠期が長いため、秋作に間に合わない品種があるということである。
循環栽培が簡単にできるのは、休眠期の短い『デジマ』や『ニシユタカ』である。

私が作りたいのは、それよりも比較的休眠期の長い「グランドペチカ」や「アンデスレッド」である。休眠期の長い「トウヤ」や「男爵」では、無理である。

今年の春作は、すべての種芋を秋に作った種芋で賄った。
しかしながら、デジマやニシユタカ以外は、萌芽時期がいつもの年よりも1ヶ月近くかかってしまった。当然ながら収穫時期も1ヶ月ほど遅れることとなった。
これでは、秋作に間に合わない。

ジベレリン処理で時期に合わせて萌芽させられることを今回の実験で確認できた。

休眠期の比較的長い「トウヤ」や「男爵」、「メークイン」なども、この方法で秋作が可能かもしれない。

ただ、たくさん出た芽を2,3本残して、他を全部切り取る作業が必要となるだろう。





以下はジャガイモのジベレリン処理による萌芽の資料
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/harc/2010/cryo10-28.html

植付前2週間の種いもを30秒間5~20ppmでジベレリン浸漬処理(GA処理)して慣行の明所・室温管理することにより、頂芽優勢を崩して側芽の伸長を促すことができる(図1)。
GA処理により、植付後の萌芽期が早まる傾向があり、株当りの茎数は増加する(表1)。』

img_0_m

当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1


ジャガイモのジベレリン処理をしてから10日が経った。
実験内容は、ジャガイモをジベレリン溶液に浸して、休眠期を打破することが出来るかどうかを確かめるものである。
ジャガイモは、20ppmのジベレリン溶液に30秒間浸したものである。


g

3種類のジャガイモの萌芽の画像である。


デジマ


20190825_083145-2160x1620
デジマは休眠期が非常に短いため、実験前に少し芽が当たっていた。




グランドペチカである。芽が動き出している。

20190825_083139-2160x1620
春に植えたときに、3週間ぐらい萌芽が遅れた。



ジャガキッズパープル 芽らしきものが動いている

20190825_083201-2160x1620


アンデスレッドの兄弟であるが、やや休眠期は長い


グランドペチカは、実験した種芋が20個ぐらいあったので、先に植えたジャガイモと植え替えを行った。
植えたあった種芋は、全く芽が動いていなかった。掘りあげた種芋は、20ppmのジベ処理を行った。
デジマは、10個だけ植え替えた。芽が動いていたものが何個か確認でした。デジマは早い。


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1



8月15日にジベレリン処理したジャガイモの様子である。
画像は8月22日のものである。
たくさん萌芽しているのは、休眠期の短いデジマであり、ジベ処理する前から芽は当たっていた。
ジベ処理の濃度は20ppmで、時間は30秒間液につけた。

20190822_084244-1620x2160

下の画像もデジマである。
20190822_084256-1620x2160



ジャガキッズパープルである。他に比べて少し休眠期が長い。
20190822_084321-1620x2160

グランドペチカである。この春も芽が3週間ぐらい遅れた。
20190822_084303-1620x2160
ジャガイモのジベレリン処理は、すべてのくぼみから萌芽するため、ジャガイモが小さくなる。
この性質を利用して、種ジャガイモを作る目的で、北海道などで実験されているようだ。
参考記事

当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

ジャガイモの芽の散らばり方



無題2




『種芋は頂芽部から下画像のようにらせん状に強い芽が出る性格がある。(頂芽優勢性)又ストロン基部に近づくほど芽の数が減る。』


頂芽部 芽が多く集まる

2img_1_m


茎に着いていたストロン部 芽がまばら
22img__m

実際の芽が出やすい場所の画像

頂芽部が多く芽が出る

0521


下画像の左側が頂芽部
0208




ジベレリン処理によって、休眠打破が出来る。
ただ、どのくらい萌芽が早くなるかはわからない。

実際にジベレリン処理を行っている目的は、小さい種芋を量産する目的で行っているようだ。
仕組みは、ジャガイモの頂芽優勢を崩して、側芽も同じように萌芽させて、芽を全体的に萌芽されることで小さな芋をたくさん生らせるようである。

たくさんの芽を育てるからジャガイモが小さくなるのであって、面倒でも2,3芽を残すようにすれば、通常のようにジャガイモが生るのではないだろうか。

秋には、休眠期の長いキタアカリやメークインで実験栽培して見るつもりである。
また、浴光催芽によっても1週間ぐらい休眠期が短くなることも分かっている

無題3



≪計画≫
植付け1ヶ月前から浴光催芽をし、2週間前になったらジベレリン処理を行う。
その後明るい所で管理し、頂芽、側芽とも伸長を促す。



以下は資料
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/harc/2010/cryo10-28.html

植付前2週間の種いもを30秒間5~20ppmでジベレリン浸漬処理(GA処理)して慣行の明所・室温管理することにより、頂芽優勢を崩して側芽の伸長を促すことができる(図1)。
GA処理により、植付後の萌芽期が早まる傾向があり、株当りの茎数は増加する(表1)。』

img_0_m


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 
  
  
  
イメージ 5 イメージ 6


↑このページのトップヘ