のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: ジャガイモジベレリン処理

8月15日にジベレリン処理したジャガイモの様子である。
画像は8月22日のものである。
たくさん萌芽しているのは、休眠期の短いデジマであり、ジベ処理する前から芽は当たっていた。
ジベ処理の濃度は20ppmで、時間は30秒間液につけた。

20190822_084244-1620x2160

下の画像もデジマである。
20190822_084256-1620x2160



ジャガキッズパープルである。他に比べて少し休眠期が長い。
20190822_084321-1620x2160

グランドペチカである。この春も芽が3週間ぐらい遅れた。
20190822_084303-1620x2160
ジャガイモのジベレリン処理は、すべてのくぼみから萌芽するため、ジャガイモが小さくなる。
この性質を利用して、種ジャガイモを作る目的で、北海道などで実験されているようだ。
参考記事

当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

ジャガイモの芽の散らばり方



無題2




『種芋は頂芽部から下画像のようにらせん状に強い芽が出る性格がある。(頂芽優勢性)又ストロン基部に近づくほど芽の数が減る。』


頂芽部 芽が多く集まる

2img_1_m


茎に着いていたストロン部 芽がまばら
22img__m

実際の芽が出やすい場所の画像

頂芽部が多く芽が出る

0521


下画像の左側が頂芽部
0208




ジベレリン処理によって、休眠打破が出来る。
ただ、どのくらい萌芽が早くなるかはわからない。

実際にジベレリン処理を行っている目的は、小さい種芋を量産する目的で行っているようだ。
仕組みは、ジャガイモの頂芽優勢を崩して、側芽も同じように萌芽させて、芽を全体的に萌芽されることで小さな芋をたくさん生らせるようである。

たくさんの芽を育てるからジャガイモが小さくなるのであって、面倒でも2,3芽を残すようにすれば、通常のようにジャガイモが生るのではないだろうか。

秋には、休眠期の長いキタアカリやメークインで実験栽培して見るつもりである。
また、浴光催芽によっても1週間ぐらい休眠期が短くなることも分かっている

無題3



≪計画≫
植付け1ヶ月前から浴光催芽をし、2週間前になったらジベレリン処理を行う。
その後明るい所で管理し、頂芽、側芽とも伸長を促す。



以下は資料
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/harc/2010/cryo10-28.html

植付前2週間の種いもを30秒間5~20ppmでジベレリン浸漬処理(GA処理)して慣行の明所・室温管理することにより、頂芽優勢を崩して側芽の伸長を促すことができる(図1)。
GA処理により、植付後の萌芽期が早まる傾向があり、株当りの茎数は増加する(表1)。』

img_0_m


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 
  
  
  
イメージ 5 イメージ 6


↑このページのトップヘ