のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > 枝豆 丹波黒大豆 小糸在来

👇は、育ちの悪かったそら豆である。 
ここに来て、若干元気付いた感じだ。
20220327_065850_copy_2268x3024


👇は、一番の出世株である。親の芯止めも脇芽の剪定も、なにもやっていない。
全くの放任栽培である。
20220327_065859_copy_2268x3024


👇の1株も、大きめの株である。追肥が効いてきたのか、ぐんぐん育っている。
20220327_065906_copy_2268x3024


👇の画像は、本命のそら豆である。
20220327_065921_copy_2268x3024


👇は、本命の中の小さい株である。先程の予備株に、追い越された感じだ。
20220327_065927_copy_2268x3024


👇は、本命そら豆の中の、生育の良いほうの株である。
20220327_065931_copy_2268x3024



全体的に見れば、やはりこちらのほうの株がボリュームがありそうだ。
20220327_065936_copy_2268x3024



👇は、第3菜園のエンドウである。
dd584e3d-s


👇は、スナップエンドウである。かなり立ち上がってきたが、花はまだのようだ。
a207bde2-s

👇は、絹さやである。
fef267be-s

こちらもかなり勢いがついているが、花は咲いていない。
049c1a3c-s


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     

丹波の黒大豆の脱穀が、終了した。
ミニハウスの袖を開けて、風を入れていたが、夜に雨が降ったときに干して置いた大豆を濡らしてしまった。そのため若干の水分が豆に吸収され、平べったり形になってしまった。
なので、しばらく干して豆の水分を蒸発させている。
20211210_140741_copy_2268x3024



20211210_140827_copy_2268x3024


去年は、1.5㎏弱の収穫だったが、今年は2.5㎏強の収穫であった。今年は、小糸在来を頂いたので、そちらを中心に枝豆で食べたので、丹波の黒大豆は、1,2回しか食べなかったのと、去年以上の豊作だったようだ。


20211210_140403_copy_2268x3024


大豆の選別基準
👇は、砕いて鶏のエサにする。
 
20211210_090518_copy_2268x3024


👇が、食用の大豆。まだ、小粒の豆は選別していないので、あと1,2回は選別して、形の良いものを残して、正月の煮豆に使う計画である。
20211210_090555_copy_2268x3024


👇は、大きさ、形等が揃っていて最高級の物を種用として残す。約50粒ぐらい。
平べったい豆があるのは、雨により水を含んでしまっているためだろう。
20211210_090801_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、ミニハウスに干して置いた丹波の黒大豆である。かなり乾いてきたので、手作業で種を取り出すことにした。トレーが4箱ある中で、今回は2箱だけ種を取り出した。
20211206_081841_copy_3024x2268



👇のような手袋で、揉み解すようにして種を落とす。
20211206_082912_copy_2268x3024


乾いた殻を👇のような角材片で、乾いた莢を集めて上から圧力をかけると、割れる音がして口を開く。そのあと、手揉みして殻を割って、実を下に落とす。この繰り返しである。
20211206_081957_copy_2268x3024



ある程度豆が下に落ちたら、殻も、実が入っている莢も、別のトレーに移して、豆だけを残す。そして、割れた小さなクズは、篩に掛けて落とす。この時に残った殻を別のトレーに移す。
b



20211206_082437_copy_2268x3024


上の豆を袋に詰めて、重さを測ったら約500ℊあった。
20211206_082527_copy_2268x3024


もう一箱のトレーの莢も同様にして豆を取り出した。同じぐらいの量だったので、合わせて1㎏ぐらいの量になった。昨年は、全部で1.5㎏ぐらいであった。今回は、まだ半分残っているので、2㎏は超えるようだ。

20211206_084148_copy_2268x3024


👇は、豆を取り出した残りの殻である。まだたくさん豆が着いている。朝の短い時間帯で、行ったので20分ぐらいした時間が取れなかった。何日か掛けて、綺麗に採るようにする。
a


上の取り残しの殻を、手で割って実を落とした画像である。まだ、たくさん実が着いた殻がありそうだ。
20211206_084632_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

👇は、丹波の黒大豆である。ミニハウスの中に干して置いたら、袖を閉め忘れ、雨が吹き込んでしまった。折角干したのに、湿気を含んでしまった。

👇は、自然に鞘から弾けて溢れた黒大豆である。
20211202_073331_copy_2268x3024




この状態であと一週間位乾かしてから、豆をとり出す予定である。
丹波の黒大豆は、枝豆で食べたのは3回位である。後は黒豆で収穫し、正月に煮豆にして食べる為である。昨年は、1.2kg位であった。今年もそのくらいの収穫を期待している。
20211202_073317_copy_2268x3024





👇は、小糸在来である。こちらは、既に何回も枝豆で食べた。あと何回か分は、生で冷凍保存してある。
20211202_072735_copy_2268x3024


なので、来年度分の種を採るためのものである。
20211202_072908_copy_2268x3024



種に残すので、厳選して最高級の物を種に使う予定である。
20211202_072911_copy_2268x3024





前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

朝から天気が良くて、風もなくポカポカとした暖かい日であった。
丹波の黒大豆がすっかり枯れてしまって、収穫しないと種がはじけてしまいそうであった。

20211113_104231_copy_2268x3024


枝豆で食べたのは5,6株であったので、30株以上残っている。
20211113_104239_copy_2268x3024


1株ずつ収穫して、豆を採って一輪車に入れていく。この地味な仕事を午前中から始めた。
20211113_114646_copy_2268x3024


👇は、豆を採ったあとの残渣である。
20211113_114656_copy_2268x3024


👇は、午後の分である。画像の量で小一時間はかかる。
20211113_114720_copy_2268x3024



出来の良い株を、画像に残した。
20211113_133319_copy_2268x3024


今年は、比較的豊作のようだった。
20211113_133323_copy_2268x3024



午前2時間、午後1時間かけて、1畝分の黒豆を莢を手で採ったものの全部である。ミニビニールハウスの中でさらに乾かしてから、豆を取り出す。これもまた面倒な仕事である。去年は1.3㎏ぐらいの収穫量であったが、今年は1.5㎏を予想している。
20211113_135115_copy_2268x3024



莢の中の豆がどのような色になっているのかを調べてみた。小豆色の物もあるが、やがて真っ黒になる。
20211113_135301_copy_2268x3024



カラカラに乾くと、ひとりでに莢が縮んで豆が飛び出すものもある。大半は、莢を集めて棒のようなものでたたいて、豆を取り出す。硬い軍手のような手袋をはめて、揉むとパチンと割れて飛び出す。
20211113_135306_copy_2268x3024




20211113_135314_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



 

↑このページのトップヘ