のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 耕耘・畝立て・除草

食べ蒔きトマトの「乙女の涙」を垂直仕立て栽培をしたものである。
新旧交代の脇芽を伸ばして8本仕立て栽培にしたが、高さ230㎝の支柱も軽々と超えてしまった。
そのため、脇芽の新旧交代をしようとすると、花芽のついた元の芽を切ることになってしまって、そこで実験はストップした。トマトの垂直仕立て栽培を「道法流」でやるのは難しいと思った。
途中から放任に育てたが、たくさんの収穫はあった。

3-2


台風の季節であり、新しい実も付いていないようなので、強制終了した。
20200917_150825_copy_2268x3024


食べ蒔きの乙女の涙の種を採ろうと、完熟したものを収穫した。
不思議なことに、ほとんどのトマトに、完熟種が全くないか、あっても1粒とか2粒しかなかった。

食べ蒔きするために、種を採ったときも同じだった。
完熟して収穫する乙女の涙は、普通なら1粒からたくさんの種が採れるはずだった。
しかしながら、2個のトマトで完熟した種は2粒だった。あとは未熟種だった。

仕方がないので、全部をポット播きしたら、未熟苗も後から小さい芽が出た
全部で11株育てた。
10




下は、乙女の涙の種とカプリエメラルドの種の比較画像である。
画像右のカプルエメラルドの種は、大きくしっかりしている。
普通のミニトマトは、完熟して入れば1個から50粒ぐらいの種が採れる。
しかし、左の赤い乙女の涙の種は、全部が未熟種である。
取り出して、乾かすと皮のようにぺちゃんこになってしまう。
4



下は、収穫したものを全部割って、完熟種を探した中から4個だけ、何粒か種が採れそうなものを撮った画像である。

去年、アイコのF2からこの「乙女の涙」に似た「尖がりアイコF2」の種を採って、今年蒔いたら全く発芽しなかった。
3




下は、トマトの棚を片付けたときに、トリバムビガーがトマトと一緒に植えてある一角を残したものだ。トリバムビガーは木のように固く、全身に鋭い棘があるので、慎重に時間を掛けて撤去しないと、とげが刺さる危険があった。
3



案の定トリバムビガーをばらすのに時間がかかった。枝を1本ずつ切り取って、画像右の境界の土手の残渣置き場に捨てた。
何とか、玉ねぎ畝と白菜畝が確保できた。
あとはマルチを外して、堆肥を撒いて、耕耘する作業が残っている。
20200917_164846_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

トマト棚を片付けることにした。
3-2


防鳥ネットを外すのが結構大変だった。
20200911_090322_copy_2268x3024

ネットと刈り取った残差を片付け、支柱を縛ってあった紐を外すのに手間がかかった。

20200912_084215_copy_3024x4032



下は、ミニトマトの棚をバラシて、篠竹を片付けた後の画像である。
20200912_084204_copy_3024x2268


下は、支柱を縛っていた紐と防鳥ネットの一部の画像である。
20200912_084222_copy_3024x4032



昨日の半日かけて、何とか一部を除いて片づけが終わった画像である。この畝は、やがて玉ねぎを植える場所となる。
20200912_105045_copy_3024x2268


畝に使った竹竿は、2年目であるがまだしっかりしていたので、野菜小屋の軒下に吊り下げて置いた。
20200912_135147_copy_3024x2268



足に使った篠竹と真竹もまだしっかりしていたので、来年も使えるように野菜小屋の中に保管した。
漬物の部屋であるが、邪魔になったら天井の棚に置こうとも考えている。
結構、多目的に使えそうな野菜小屋である。
20200912_105153_copy_3024x2268


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

昨日の午前中に、暑かったが秋ジャガの畝立てのために、集めて置いた馬糞を運んで先日片付けた畑に撒いた。

20200812_085604_copy_2268x3024

スイカを作った後であるが、春先にも馬糞を撒いてある。
馬糞は藁やバーク材をたくさん含んでおり、土の団粒化には最高の資材である。
友人も先日のTV放送で、我孫子市に住む農家が取り上げられていた番組で、馬糞は最高の資材であるというようなことを知り、早朝に運んで畑に撒いていた。
20200812_085752_copy_2268x3024


畑から車で10分もかからない場所に、自由に頂ける場所がある。近くの乗馬クラブで出た発酵馬糞を田んぼに置いてある。
3年前ぐらいから、落ち葉や温床で出た堆肥を撒いて、土壌改良に取り組んでいる
20200812_090105_copy_2268x3024



最後に管理機で、耕耘して仕上げた。
20200812_092031_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

1週間前の画像
20200728_085331_copy_2268x3024_copy_1701x2268


一昨日の作業
20200810_110057_copy_2268x3024_1

昨日の作業
20200810_111449_copy_2268x3024_1

今日の午前中の作業であった。
20200811_093306_copy_2268x3024

ここのところ、猛暑が続いているので炎天下での作業は、30分ぐらいでやめている。
なので、スイカの撤去作業も5日間ぐらい掛かっている。
最初に、ネットを外し、次にビニトンを外し、スイカの蔓を片付けるという感じだ。
次は除草だけで30分作業。除草の次はマルチを剥がす。
当面の秋ジャガ、大根、白菜等の畝は準備が終わっている。
この場所は、まだ作付けの予定が決まっていない。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



昨日は、午後から耕耘作業をした。
第1畑のジャガイモ跡地を耕耘しようとしたら、すでに耕耘されていた。
地続きの隣畑の教え子が、自分の畑のロータリーを掛けるついでに、私の畑もやってくれたようだ。トラクターは一往復で済んでしまう。凄いものだ。
下の画像の左端の跡は、私の管理機で耕したものだ。
20200808_150610_copy_2268x1701


下の画像でハウスが見えるが、稲の苗を育てる専用のハウスである。
ロータリーを掛けた畑には、ハクビシンに襲われたトウモロコシが植わっていた
かなりの被害にあった。
20200808_150625_copy_2268x3024



トマトの周りは、ハクビシン対策で防獣ネットを張っていた。
それを外して、雑草を抜いた後に耕耘作業をした。
20200808_150652_copy_2268x3024


下の画像は、大玉スイカの跡地で草が出ていたので耕耘することで除草した。
20200808_150657_copy_2268x3024


下の画像は、空心菜が植わっていた所で、撤去した。
そのあと、馬糞堆肥を山にしていたのを均した後に耕耘した。
20200808_150713_copy_2268x3024


この場所は、ほとんど使っていなかった場所であるが、たまきちゃんからツルムラサキの種をごっそり送っていただいたので、何本か育てようと思った。すると、ツルムラサキは、種を沢山撒いて、葉物野菜のように、若いうちに刈り取ると蔓も葉も柔らかくて美味しいと教えてもらった。
そのような食べ方があるのかと、作ってみようと思った。
そのようなわけで、ツルムラサキ専用の畝になった。

20200808_150726_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ