のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 耕耘・畝立て・除草

👇は、白菜とダイコンの畝である。白菜は全部収穫して友人と相棒に配り、残り3玉は漬物にした。
20220306_133200_copy_3024x2268

マルチや残っているダイコンを取り去り、落葉を撒いた。
20220306_150756_copy_3024x2268


その後、管理機で2回ほど耕運して均した。
ここには、トマトとナス、ピーマン、シントウを作る予定である。
20220306_154112




今年は、大工さんに頂いた足場丸太がたくさんあるので、それを使って合掌作りの棚を作ろうと思っている。
足場丸太の長さは、4m~5mぐらいである。
足場丸太
20220130_140806_copy_2268x3024



👇は、昨年と一昨年のトマトとナスの設置棚のイメージ画像である。

昨年のトマトの棚
1641034157838


一昨年度のシシトウとナスの棚
1641034157891


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

昨日は、夜から雨だった。朝一番で、第1菜園の水捌け状況を見に行った。前回の時のようには、水溜まりは無かった。
20211208_085537_copy_2268x3024

雨水の逃げる堀りを、北側に掘ってある。画像手前の西側が低いので、そこに向かって掘り下げてある。
 20211208_085546_copy_2268x3024


👇は、前回水溜まりが出来ていた、玉ねぎ畝の谷の部分である。若干水溜まりが見られたので、鍬で堀りのほうに、水が逃げるようにした。
20211208_085611_copy_2268x3024


畑は、東西に長い形である。👇は、一番西側の部分で土手になっていて、その先は1.5ⅿぐらいの段差になっている。
20211208_085602_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、昨日の朝方の画像である。夜にたっぷりの雨が降ったようで、道路のあちこちに水たまりがあった。画像は、玉ねぎとニンニクの畝であるが、南北の畝であり雨水は東から西に流れる。そのため畝の谷に水が溜まってしまった。
20211201_084057_copy_2268x3024


👇の画像は、畑の北側に雨水の逃げる溝を掘ってある。しかし、畝の谷よりも高くなっていたので、水が逃げられなかったようだ。
20211201_084109_copy_2268x3024


👇は、ネギの畝であるがやはり、一部に水たまりが残っている。
20211201_084129_copy_2268x3024


ピンぼけであるが、左側の谷の奥に水たまりがある。
20211201_084134_copy_2268x3024


👇は、ネギの畝の谷から水が逃げる溝である。まだ、雨が降っている時に、水が逃げるようにシャベルで溝を掘り下げる作業をした。
20211201_084141_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

キュウリの棚をそのままにしてあった。葉物野菜の場所を確保するために、片づけた。
20210925_131308_copy_2268x3024


棚をばらして、資材を片付け畑の雑草をとり、綺麗に均した。
20210925_135803_copy_2268x3024




去年、温床の資材に使った糠が固まってしまったので、ばらして畑に撒いた。
20210925_144035_copy_2268x3024


糠だけでは、足りないので隣のハウスから温床で使った堆肥を運んだ。
20210925_144348_copy_2268x3024


温床の堆肥の中身は、馬糞堆肥、籾殻、落ち葉、野菜残渣などを発酵させたものである。何度も発酵させたので、かなり熟成されているだろう。
20210925_144429_copy_2268x3024


1畝に1輪車で3,4杯運んだ。
20210925_144514_copy_2268x3024


運んだ堆肥を足で均した。
20210925_145010_copy_2268x3024


最後に管理機で耕耘した。土がいつもよりもフカフカになった。
20210925_145553_copy_2268x3024



その後に、化成肥料を元肥にばらまいてから穴あきマルチをした。
20210926_104729_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、第2畑である。前作はスイカとキャベツ、レタス類である。ここに秋ジャガイモを作る予定である。すでに、馬糞堆肥を投入して一度耕耘してある。
20210810_074823_copy_3024x2268


流石に小さな草が生えてきているので、小さいうちに耕耘してしまえば、手間がかからない。
20210810_074834_copy_2268x3024


👇が、管理機で一回耕した画像である。馬糞堆肥をたっぷり撒いてあるので、土はフカフカである。あとは、植え付け一週間前に施肥して、もう一度耕す予定である。
20210810_101706_copy_3024x2268


👇は、先日から少しづつ解体している露地栽培のトマトの棚である。篠竹を来年も使うので、丁寧に外して畑の隅にある野菜小屋に中に保管する。孟宗竹は2年使ったので、来年は19㎜の直管パイプを利用する予定である。
20210810_074954_copy_2268x3024



👇は、何かと便利な建築現場で使うシートを縛る紐である。60cm 100本200円である。これは買ったわけではなく、相棒が勤めていた足場材をリースしている会社で、使い古しを大量にもらってきたものである。一度リースしたものは、廃棄品として戻ってくるわけである。太めであるが縛るのも解すのも簡単で、3,4年は使える優れものである。
20210809_072202_copy_2268x3024


👇は、今年使った篠竹である。小屋の中に保管して置けば来年も使える。
20210809_072636_copy_2268x3024



👇は、30年ぐらい前に学校の25mプールで、秋から春まで金魚を飼ったときに、鳥に金魚が食べれてないように、防鳥ネットを張ったときの網である。15m×25mのネットだったので、適当な大きさにカットしながら使ってきた。
最後に残ったものである。
20210809_072744_copy_2268x3024


👇のクリップは、結構多目的に使える資材である。ブドウの伸びた蔓を固定したり、今回は、成長の早いトマトを篠竹支柱に固定するのに使った。1株に3個使い、蔓下ろしをしながら使い回しをした。大玉、ミニトマトを合わせて200株近く作ったので、ひもで縛るよりも効率が良かった。
20210809_072940_copy_2268x3024



棚を取り外して、残差を片付けたら、マルチがあまり破れていなかったので、次作は不耕起栽培でブロッコリーやキャベツを作ろうと思った。左隣の畝には、耕して大根でも作ろうかと思っている。
20210810_094835_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ