のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:根菜類 > 生姜

質問者『畑でのショウガ栽培は、半日陰がよいと聞いたことがありますが、日当たりの良い畝のほうが、芋は大きくなりませんか。』

回答者『生育初期には日陰を好みますが、生育最盛期には多日照を必要とします。毎年、日当たりのよい所で栽培していますが、何ら問題はありません。

種芋の10倍の大きさには育っています。』


私は、以下の『やまむファーム』記事を読んで、サトイモと生姜のコンプラをやってみた。

やまむファーム
『ショウガは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1年あけるようにします。

また、日陰を好むショウガは、「コンパニオンプランツ」として「サトイモ」との混植がオススメです。

どちらも日陰・水分を好む似たもの同士のため同じ場所で育てやすく、サトイモの葉がつくる日陰でショウガがよく育ちます。』引用

大先輩の日当たりの良い畑
20190826_090349-2160x1620


私のサトイモの下の生姜
20190826_090500-1620x2160

まあまあ分げつしている。
20190826_090455-2160x1620


20190826_090428-1620x2160

6本~7本に分げつしている。

サトイモとの混稙の全体画像
20190828_073927-2160x1620


↑このページのトップヘ