のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > 生姜

参考施肥基準 『はたけの倉庫
NOJI2

3

※参考 井原本 
3

近江生姜の植付け

『熱帯アジア原産なので、気温が十分高くなってから植えつけましょう。

新芽がそれぞれ2~3個ずつになるように割ります(一片が約30~40g)。
溝に株間30cmをとって、芽が出ている方を上にして種生姜を置き、
土をかぶせます。

発芽まで1ヶ月かかります。常に土の乾燥に気をつけましょう。』

約210g
20210502_104825_copy_2268x3024


約60g 井原本によると50gから100gで良いとのこと。
20210502_104809_copy_2268x3024


この畑は、西と北側が山に囲まれている。そして南側には隣人の小屋がある。
ほとんど朝日から昼頃までしか日が当たらない。
しかしながら、昨年もサトイモと生姜を作ったが、すこぶる良い出来だった
20210502_072842_copy_2268x3024


施肥の後、畝立てした。今年も2畝作ることにした。
品種は、自家産の近江生姜と大身生姜、購入種の龍馬生姜である。
20210502_082817_copy_2268x3024


👇は、植え付けが終わった画像である。
芽当たりはあるが、まだ動いていないので萌芽までには1か月ぐらいかかるだろう。
地温を上げるために、あとでマルチをやって置こうと思っている。

20210502_110653_copy_2268x3024


去年は売り切れで作れなかった。とても作りやすい感じの大ショウガである。
我が家では、大ショウガしか使わないので、葉生姜で食べる小さい生姜は作っていない。
20210502_110658_copy_2268x3024


下の畝には、大身生姜が植えてある。20株近くの植え付けとなった。
20210502_110921_copy_2268x3024

※井原本
『生姜の畝に、黒マルチを張って置く。
植えて2か月ぐらい経ち、忘れた頃芽が突き上げてくるから、マルチを破って芽を出す。
あとは掘るまで、放ったらかし。マルチの上に、敷き藁をうんと乗せて置けば、高温防止となる。』
20210503_073016_copy_2268x3024
使い古しのマルチを張って置いた。

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1







 

生姜の葉も黄色くなってきて、収穫時期を迎えた。
20201113_074818_copy_2268x3024


今年一番大きな期待の株である。
20201113_074826_copy_2268x3024


期待通りに大株が収穫できた。
20201113_075019_copy_2268x3024


葉を切って測った。
20201113_075237_copy_2268x3024
朝日で反射して見えにくいが1㎏を超えて、1,2㎏弱であった。


近江生姜は、発芽で失敗してしまった。その中でも一番大きな株である。
20201113_075419_copy_2268x3024


しっかりとした生姜ではあるが、普通の大きさだ。
20201113_075454_copy_2268x3024
それでも、650gぐらいの重さがあった。


近江生姜(左)と大身生姜(右)
20201113_080109_copy_2268x3024


大身生姜の全部の収穫物である。
20201113_080854_copy_2268x3024


収穫物の重さを測った。

20201113_080911_copy_2268x3024
6㎏であった。6倍に増えていた。


そして、自家採種の種芋で育てた、近江生姜である。

20201113_080946_copy_2268x1701


重さを測った。
20201113_080959_copy_2268x3024
見えにくいが3㎏である。3倍には、なっていた。


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


 

生姜の葉が、黄色くなって来た。
収穫の適した時期は、いつ頃だろうか。
20201010_143229_copy_2268x3024

生姜の収穫時期は?
『葉
ショウガの収穫は、7月中旬~8月下旬。
根ショウガの収穫は、10月上旬~11月上旬 。 』という事だ。
20201010_143237_copy_2268x3024

今年は、出来るだけ大きな、1株1㎏級の根生姜を収穫したい。
その為、生長出来るギリギリまで、畑に置いておきたいと思っている。
20201010_143241_copy_2268x3024

ワクワクするような株立ちだ。
20201010_143248_copy_2268x3024



下は、今朝撮った画像である。
20201013_085154_copy_2268x3024


茎の数を数えたら、21本あった。
20201013_085451_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

下は、大身生姜の1番大きな株立ちのものである。

20200929_084305_copy_2268x3024

数えたら、小さいものを含めて全部で20本立ちであった。
これは、ひょっとすると1kgを越えるかも知れない。
ちゃんと育てば、どの株もこの様になるという希望を持たせてくれた。
来年度の生姜栽培に、俄然やる気が出た。
20200929_172004_copy_3024x2268

下の画像も、10本以上に分げつしている。
20200929_172053_copy_3024x2268

2畝のうち、左畝は全然だが、右畝は全体的にいい。
20200929_084532_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

今年の生姜の生育状況は、概ね良好である。
ここの畑は、午前中だけ日の当たる場所なので、生姜やサトイモには最適の環境のようだ。
20200923_083344_copy_2268x3024

全部では無いが、何株か大株になっている物がある。
品種は大身生姜である。大きな株だと1kg以上にも育つ様だ。
過去に1株だけ、近江生姜で出来たことがある。
20200923_083352_copy_2268x3024

下の画像の先頭の生姜は、10本以上の大株になっていて、期待大である。
20200923_083401_copy_2268x3024



下の画像は、近江生姜の畝である。全体に小さい。発芽時期に、管理を失敗してしまったことが尾を引いている。
20200923_083413_copy_2268x3024

下の株は、なんとか正常に育っている様だ。本数は少ないが背が高い。
20200923_083423_copy_2268x3024

もう一株も大株では無いが、良い感じに育っている。
20200923_083429_copy_2268x3024

全体的には、中ぐらいのできだろう。
20200923_083444_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ