のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > 生姜

生姜が充実期に入ったようだ。
20210912_104349_copy_2268x3024


👇は、自家産の種生姜を使った畝である。生姜を腐らせてしまったため、初期生育がまるでダメだった。種生姜が良くなければ、差がどんどん開く一方である。
20210912_104355_copy_2268x3024


👇は、購入種芋の畝の一番出来の良い株である。13株本に分げつしている。
20210912_104428_copy_3024x2268


👇は、10本の株立ちだ。
20210912_104442_copy_2268x3024


👇は、背の高いのが3本と全体では7本の大株だ。
20210912_104453_copy_2268x3024


👇は、7本とも立派な芽が伸びている株である。
20210912_104459_copy_2268x3024



20210912_104505_copy_2268x3024



20210912_104515_copy_2268x3024



ちょっと小さい株は2,3株で、ほとんどは立派に育っている。
20210912_104520_copy_2268x3024


👇は、購入種生姜を使った畝の全体画像である。
20210912_104536_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇の画像は、生姜の畝である。畝の間に雑草が生えてしまったので、少ないうちに除草してしまおうと、朝方に草刈り鍬で欠き取った。
20210830_082449_copy_2268x3024_1


👇が、草を欠き取った後の画像である。2畝だけだったので15分ぐらいの作業時間であった。
20210830_083705_copy_2268x3024_1


その後、木灰を追肥した。
20210831_074238_copy_2268x3024


土が乾いていたので、水やりをしながら木灰を土中にしみこませた。
20210831_074738_copy_2268x3024


今年一番の成長株である。11本に分げつしている。
20210831_074804_copy_2268x3024


👇は、背が高いのが3本と小さな芽が4本分げつしている。こちらの株も期待の株である。
20210831_074823_copy_2268x3024


👇の株も背の高いのが3本と新芽が3本出ている。今年の期待のワンツースリーである。
20210831_074847_copy_2268x3024


➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
  

生姜は、親分げつから子分げつ、孫分げつと芽を出し、どんどん塊茎が大きくなっていく。順調なら新芽が次々と出てくるのである。
20210825_083034_copy_2268x3024


👇は、今年一番成績のよい株である。全部で10本ぐらいに分げつしている。全部がこのようなら言うこと無しであるが、そうはいかないものだ。
20210825_083045_copy_2268x3024


👇は、太くて背の高い株である。3本に分げつした後しばらく休んでいたが、小さな芽が2本出てきた。
20210825_083055_copy_2268x3024


👇は、株元の拡大画像である。分げつして小さな芽が顔を出した。これからどんどん新芽が出てくればしめたものである。
20210825_083057_copy_2268x3024


👇は、2本だけ太くて背の高い株だ。
20210825_083108_copy_2268x3024


株元を見ると、3、4本の小さな芽が出ている。これも上と同じに、これからどんどん育ってほしいものだ。
20210825_083111_copy_2268x3024



👇の畝は、全体的に勢いが無い。自家産種芋で、越冬はうまく行ったが、その後の管理を失敗してしまった。芋自体にエネルギーが無かった感じだ。
20210825_083122_copy_2268x3024


その中でも元気のある株である。この株に期待するか。
20210825_083143_copy_2268x3024

 



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、龍馬生姜である。作り易く、大きな生姜となる。昨年は種が売りきれて作れなかった。
既に、芽が6,7本出ている。1株1㎏が目標である。
20210816_070826_copy_2268x3024


今年は、順調に生長している。
👇の生姜は、背の高い芽が3本伸びている。これからどんどん芽が増えていきそうだ。
20210816_070834_copy_2268x3024


👇は、龍馬生姜の全体画像である。
全体的に、元気な芽が出て伸びているようだ。
20210816_070849_copy_2268x3024


👇は、越冬させた自家産の近江生姜と大身生姜である。
越冬はうまく行ったが、その後の管理がうまく行かず半分以上が寒さで腐ってしまった。そのため、株に元気が無い。越冬から掘り出すのを3月下旬位まで伸ばすことを考えている。今年は、2月28日に掘り起こしてしまった。その後のハウス内の保管で、腐らせてしまったようだ。
20210816_070858_copy_2268x3024


👇の左側のこんにゃく畝は、furuutuさんから頂いた2年生と木子を植え付けた物だ。右の購入種芋と比べて、ボリューム感が違う。元気いっぱいに育っている。
20210816_070930_copy_2268x3024


何かの虫に食われたのか、葉の一部が破れている。
20210816_070939_copy_2268x3024


こちらは、furuutuさんの種芋で一番大きなこんにゃくである。
20210816_070947_copy_2268x3024


下からの角度で撮った画像を見ると、そのボリューム感がわかる。
20210816_071010_copy_2268x3024


👇は、購入種芋の2年生を植えた畝であるが、少しボリューム感が足りない感じだ。
20210816_071019_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

猛暑が続いている。生姜は半日陰のほうが良く育つようだ。生姜の根元が乾燥しないように、温床でたくさん使った馬糞堆肥を運んで、株周りに被せた。
20210720_074510_copy_2268x3024


堆肥は、保水性があり通気性も良い。一度水を掛けて置けば、土を乾燥から守ってくれる。
20210720_074527_copy_2268x3024


👇の画像は、購入苗の龍馬生姜である。しっかりした芽当たりがあったので、出た芽も大きい。
20210720_074534_copy_2268x3024



👇は自家産の越冬苗を使ったが、早めに掘り起こしてしまったので、その後の管理が難しく半分以上腐らせてしまった。発芽も11株と少なかった。越冬は寒暖であったが、掘り起こす時期とその後の管理が課題である。
20210720_074543_copy_2268x3024

生姜の畝の全体画像である。隣に植えてあるこんにゃくにも、次に馬糞堆肥を根元に被せる予定である。
20210720_082826_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ