のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > 白菜

👇は、白菜の畝である。品種は、90日の冬峠である。
20220209_081031_copy_2268x3024

不織布の上に防虫ネットを掛けて、二重トンネルにしてある。
そのトンネルを外した、画像である。白菜の残りは、11玉である。
20220209_081157_copy_2268x3024

3玉ずつ収穫して、漬物にしていたが、消費に日にちが掛かってしまって、味が落ちて仕舞う。
それで、今回は1玉を漬けることにした。
20220209_081356_copy_2268x3024

持ってみたらずっしりとしたので、重さを量って見た。
20220209_081538_copy_2268x3024

重さは5、5Kgだった。
20220209_081543_copy_2268x3024

いつもは、4等分にして漬けていたが、今回は6等分にした。
4分の1では、1回では食べきれないので、冷蔵庫に入れて置いても酸化して味が落ちてしまう。
出来るだけ、酸化させないようにして、1回で食べ切れる量にした。
20220209_082336_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 
本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


👇は、120日白菜の晩輝が植えてある畝である。左側の畝は、先日ヒヨドリに葉を齧られていたので、慌てて防虫ネットで囲った。真ん中の畝は、手前から春菊、子持ち高菜、晩輝を植えてある。
20220129_105521_copy_2268x3024

👇は、真ん中の畝の不織布とビニールを外して、中の様子を確認した。
20220129_104207_copy_2268x3024


👇は、一番手前の春菊である。全部が寒さで枯れてしまった。トンネルは、不織布とビニールで二重に防寒対策をしてあった。
20220129_104219_copy_2268x3024


👇は、真ん中の子持ち高菜である。何とか生きてはいるが、息も絶え絶えである。春まで生き延びるとは思えない状態である。
20220129_104241_copy_2268x3024


👇は、晩輝である。寒さには強い白菜であるので、傷んだところは無い。しかし、すでにある程度結球が始まっていないことには、難しい気がする。
20220129_104259_copy_2268x3024

とにかく初めて作る品種なので、トウ立ちして花が咲くまで作を続けようと思う。
20220129_104307_copy_2268x3024

👇は、余った苗をトウ立ちさせて、春に花蕾として食べようと植えて置いた晩輝である。ヒヨドリが来て葉を食べていたので、慌てて防虫ネットを掛けた。
20220129_105537_copy_2268x3024


👇が、ヒヨドリに葉を齧られいる晩輝である。
20220129_105547_copy_2268x3024
 




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

下は白菜の畝である。不織布+防虫ネットで防寒対策をしている。
20220125_083312_copy_2268x3024


内部の状態を確認した。全部で残りが13玉ある。さほどの傷みは見られ無い。
20220125_083436_copy_2268x3024


外葉は、さすがに枯れている。品種は、90日の冬峠である。
20220125_083450_copy_2268x3024




👇は、キャベツの畝である。
第2弾であるが、年内の結球が甘かったため、途中で結球が止まってしまっている。
20220125_083300_copy_2268x3024


👇が、中の様子である
20220125_083925_copy_2268x3024


玉の大きさが、大きなもので15cm位か。
20220125_083954_copy_2268x3024

ピンの長さが25cmなので、下のは10cm位の大きさか。
20220125_084002_copy_2268x3024

小さくとも食べられるので、問題は無さそうである。
20220125_084024_copy_2268x3024

暖かくなれば、玉の大きさが育つのだろうか。
20220125_084059_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

👇は、白菜の畝である。白菜は、比較的寒さには強いので、不織布と防虫ネットで防寒対策をしてある。
20220106_073651_copy_2268x3024


白菜には鉢巻はしていないが、外葉が下のほうで枯れている。上の葉は全体をしっかり保護している。不織布と防虫ネットが鉢巻の代わりをしているようである。
20220106_073730_copy_2268x3024


品種は、90日白菜の冬峠である。まだ、2,3玉しか収穫していない。15,6玉は、残っているはずである。
20220106_073739_copy_2268x3024


この画像は、朝のうちに撮ったものであるが、この後午後からは、大雪となってしまった。
20220106_073757_copy_2268x3024



👇は、夕方の駐車場の雪の積もり具合の画像である。
20220106_164954_copy_2268x3024




➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、収穫した白菜である。漬物用の白菜は、何度か収穫しているが鍋料理やその他の料理で白菜をリクエストされるのは、1週間に1玉ぐらいが良い所である。今回は、ポトフを作りたいとのことで、白菜、キャベツ、ニンジン、ゴボウ、ジャガイモが必要だという事で収穫した。
20211218_142201_copy_2268x3024


白菜は、下葉もにわとりの餌にするために捨てないで一緒に収穫した。
20211218_142332_copy_2268x3024




収穫した白菜の品種は、70日白菜である。重さを測ったら、約4.5㎏とかなり重くなっていた。
20211218_142436_copy_2268x3024



👇は、キャベツである。こちらも1週間ぶりのリクエストである。白菜同様、下葉は鶏の大好物である。
20211218_141922_copy_3024x2268


こちらも重さを測ったら、約1.7㎏と重くなっていた。
20211218_142508_copy_2268x3024




👇は、「岡崎おうはん」である。岡崎おうはんは、日本で「横斑プリマスロック種」(オス)と「ロードアイランドレッド種」(メス)を掛け合わせ、 両方の良いところを受け継いだハイブリッドである。肉も卵もおいしい、岡崎のブランド鶏として注目を集めているようである。
20211218_142105_copy_2268x3024



👇は、ボリスブラウンである。日本で飼われている鶏で、卵を生む数が一番多い品種である。
20211218_142114_copy_2268x3024







本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

↑このページのトップヘ