のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > にんじん

今年の2月に、まる八さんから愛知の伝統野菜の種を送って頂いた。
在来種や固定種の優れた野菜の種を販売している野口種苗店でも、種を販売している。

01
碧南鮮紅五寸人参とは? ➡画像と記事 愛知県
『碧南鮮紅五寸にんじんは、愛知県内各地から導入したニンジンをもとに、自然交雑と選抜によって碧南地域に適した品種として作りあげられました。晩生で収量が多く、根色が濃い紅色で、色上がりが優れるなどの特徴があります。』

私が今まで作ってきたのは、ダイソーの時無し5寸人参であった。とても美味しい野菜であった。
しかし、碧南鮮紅五寸人参との違いは、形にある。
時無し人参は、どうしても男株人参が出てしまう。つまりいかり肩で先細りのニンジンである。普通の在来種では、女株男株が出るようだ。
それに比べて碧南鮮紅五寸人参は「根は先の詰まった総太タイプ」とある。


3

井原書より


20220818_124437_copy_1512x2016
採種法 ➡野口の種
『越冬させると10℃以下の低温に感じて花芽ができる。虫媒花なので他品種が近くにあると交雑する。い花傘が熟して黄色くなったら刈り取る。種の毛は布袋に入れて揉むと落ちる。』

👇は、先日マルチをして、キャベツとブロッコリーを植え付けた畝である。
全部で70穴を使って、人参の種を蒔いた。
2年ぐらい前からこの方法で、1穴1本から2本残して育てている。間引きは2本残すことにしているので、簡単である。70本から140本の間で収穫できる。➡昨年の様子
20220818_125410_copy_1512x2016


👇は種まきである。1穴4,5粒蒔く。
2,3本発芽すれば、理想的である。少なければ二度蒔きする。
20220818_125427_copy_1512x2016


5
井原書より


👇は、籾殻燻炭である。
井原書では、種を蒔いた後鎮圧して、その後で燻炭などを撒けとある。
しかし、井原氏は、種を蒔いた後、はだしになって踏みしめるとあった。
それは、さすがにまねできない。
そのため、私は種を蒔いた後燻炭を上から掛けて、厚めの板を使って、その上から鎮圧している。
これで、発芽率はかなり高い。燻炭は、すぐ乾くので厚蒔きにならない。好光性のニンジンの種は、この方法で適度な光を採れるようだ。
20220818_130240_copy_1512x2016



👇は、3穴ぐらいを一度に鎮圧している画像である。
長めの板があれば、それを使っても同じである。
20220818_125831_copy_1512x2016



20220818_125836_copy_1512x2016


👇は、鎮圧が終わった後の画像である。
後で、不織布を上から掛けて、乾燥防止や雨タタキを予防した。
20220818_130018_copy_1512x2016


👇は、昨日キャベツ、ブロッコリーを手前に植え付けた畝である。
20220818_130059_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   
 

👇は、人参である。作ったのは、新黒田五寸である。
20220531_080926_copy_2268x3024

マルチ穴に2本ずつ残してある。3本でも大丈夫であった。
前までは、施肥の仕方がなよく理解出来ていなかった。それで春は特に太い人参ができなかった。
井原本で、人参の種蒔きから施肥の仕方まで学んだ。
無肥料で種を蒔き、追肥で育てるのが良いとあった。マルチ穴を使ったのは、独自の方法である。理由は、間引きが簡単だからだ。
20220531_080948_copy_2268x3024


👇は、終わりかけのレタスミックスの空いた所に、キャベツ苗を植え付けた。
20220531_080956_copy_2268x3024

やや老化苗を、植え付けた。巻き始めてきたようだ。
20220531_081003_copy_2268x3024


最後まで、結球するだろうか。
20220531_081012_copy_2268x3024


👇は、ハグラウリの畝である。
20220531_081142_copy_2268x3024


同じ畝の東側には、まくわうりを植えた。交配してしまうかもしれない。
マクワウリは、初めて作るので、どんな大きさなのかわからない。
20220531_081149_copy_2268x3024


👇は、全体画像である。手前がマクワウリで奥がハグラウリである。
20220531_081221_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    




👇は、サツマイモの苗床である。昨秋に玉ねぎの苗作りに使った、苗床である。
現在二重トンネルにして、地温を上げている。早朝で20℃前後に上がっている。
20220324_075102_copy_2268x3024

👇は、トンネルの穴から覗いて、撮ったタマユタカの発芽の画像である。
1640418934757


👇は、タマユタカの拡大画像である。
温床で芽を出させてから、この畑の苗床に定植した。
畑での芽出しは、地温を上げるのが難しい。温床で芽を出させてからのほうが、私にとっては楽なので、今年初めてこの方法での苗作りを取り入れた。昨年は、温床で苗作りを行った。
➡昨年の温床での苗作りの様子。
20220325_080720_copy_2268x3024


👇は、紅はるかである。大きな芋で、温床で最初に発芽した物なので、他に比べて葉が大きくなっている。
20220325_080751_copy_2268x3024


👇も、紅はるかである。1本の芋から全体に芽が出ている。
20220325_080839_copy_2268x3024



サツマイモの作付けは、4畝作る予定である。1畝20本ぐらい植えるので、タマユタカを入れて、全部で80本~100本の苗採りを期待している。

👇も紅はるかである。芋はタマユタカと最初の紅はるかが大きくて、後の4本の紅はるかは細い。なので採れる苗数は、1芋から15本~20本ぐらいだろう。
20220325_080819_copy_2268x3024

植える時期は、5月の下旬を予定している。
サツマイモは、伏せこみから40日から50日で、苗が採れると言われている。現在から50日後は、5月14日となる。昨年は5月16日に植え付けを行った。➡昨年の植え付け画像


 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

ブロ友さんが人参を掘り起こして、葉を落として生長を制限し、埋め戻していた。そのままだと生長し過ぎて割れることもある。

👇は、葉が寒さで遣られ倒れていた。収穫し難いので、切り取った画像である。
20220114_080454_copy_2268x3024_1


👇は、全部を掘り起こして並べた画像である。大小様々である。
20220114_081024_copy_2268x3024_1

👇は、埋め戻した画像である。以前、暮れに規格外の人参を大量に購入した時に、家のミニ菜園に埋めて置いたことがある。その時は3月位まで持ったことがあった。
20220114_081400_copy_2268x3024_1

👇は、全部を埋め戻した画像である。全部で60本ぐらいの収穫であった。
20220114_082103_copy_2268x3024_1

👇は、完全に土を掛けた画像である。
20220114_082600_copy_3024x2268_1






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




 

👇は、人参の畝である。家に買い置きの人参が、まだ冷蔵庫に有るので、収穫のお呼びが掛からない。
畑のニンジンは、今年はどういうわけか凄い勢いで育っている。
20211203_084928_copy_2268x3024


ダイソーの、時無し五寸人参である。種は、1袋55円なので、2、3本収穫できれば元がとれる。
IMG_20211203_101835

4本抜いて見たら、まともなのは、1本のようだ。
20211203_084434_copy_2268x3024



1番大きいのが20cmなので、6寸以上だ。
20211203_084802_copy_2268x3024


重さも、233gと立派だ。今まで作った中では、今年が最高だ。
こんな時に限って、声が掛からない。
IMG_20211203_101906


 

↑このページのトップヘ