のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果菜類 > ほおずきトマト

ほおずきトマトの種を頂いて、来年度まで待てなかったので、夏に種を蒔いた。小さな種だったことと初めてだったので、どんな芽が出るのか想像がつかなかった。3ポットにばら蒔きをしたが、発芽したのは2ポットで、一つはおのれ生えのナスだった。草のようなものに見えたのが、ほおずきトマトだった。
20191023_083947-1620x2160


はっきりとホウズキの形になってきた。
ホーム画面エクスブローラー

品種はパインアップル。ブロ友のYUKIさんが、数年前ナチュラルハーベストから購入したパイナップルの香りのする甘いほおずきトマトである。なんと言っても糖度が、20度の甘さだということで、飛びついた。今回の実験栽培で、食用ほうずきの全体像が理解できた。YUKIさんの話では、そのまま植えておくと自然に種が落ちで、おのればえで芽がでてくるので、その苗をポット上げして必要な数を栽培しているという。
ホーム画面

食べ頃は外の殻が乾いてカサカサした時
プリンター


旬の食材百科『食用ほおずきは近年注目が高まり、北海道や長野県「太陽の子」、愛知県の「ほおずきトマト」、その他熊本県や、沖縄県、山形県上山市、島根県、岩手県など。まだ、各地の正確な生産量統計データは出ていません。』
『果肉をかじると甘味と酸味が口に広がり、例えるならパイナップル風味のミニトマト・・・みたいな何とも言えない美味しさです。』

商品名では、「ストロベリートマト」「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」「オレンジチェリー」「恋どろぼう」等で販売されているようだ。

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

YUKIさんから頂いたほおずきトマトに花が咲いた。
小さな種で、どこに蒔いたかわからないくらいだった。
3ポットに蒔いたが、初めての種まきだったので、出た芽が何なのかわからなかった。
培養土は自家産を使っているので、雑草の種が土に混じっていることがある。
小さいうちは雑草の芽なのか、ほおずきトマトなのか特定できなかった。

20191014_084834-1620x2160


苗らしく生ったところで、3株をまとめて植えた。
雑草のようにも見えた。
20191014_084851-1620x2160

2つのポットに芽が出たが、1つはなぜかナスの芽だった。
ほおずきトマトはナス科なので、こちらがてっきりほおずきトマトだと思った。

20191014_084837-1620x2160

つれづれなるままに…愛猫と白い箱の菜園と
ほおずきトマトの糖度
http://nekomataikka98.blog.jp/archives/18719227.html#comments

品種はパインアップル
c19976a6

d0d11a57

e77b8dbb
数年前ナチュラルハーベストから購入したパイナップルの香りのする甘いほおずきトマト
9e582dd4-s
私が買った2015は15粒で756円+送料でしたからやや値下がりしています


10. Posted by ÝUKI   2019年08月11日 14:44
>>9
『のじさん
来年ぜひそだててやってくださいませ。
収穫までこぎつけるかどうか微妙ですが今からでも育つことは育ちます。
発芽温度はナス同様で高温性ですが踏み込み温床があるから楽勝かと
ポットにまとめて蒔いて本葉2,3枚で独り立ちさせます。
定植後は矮性のため整枝の必要もなく放任で
病気の心配はほとんどありませんがテントウムシだましや葉ダニに注意です。
熟すと落ちますから拾って洗って乾かして数日追熟させて食します。
次年からはおそらくおのればえしますから拾いあげて育てれば手間いらずです。
またわからないことがあれば聞いてください。』


もう一つは、カエルの子さんから頂いたピッコラカナリアの種を採って、何粒か蒔いてみた。
カプリエメラルドも種を蒔いたが、全て病気になって瀕死の状態である。
その中で、ピッコラカナリアが4個の実をつけた。

20191015_073450-1620x2160

ピッコラカナリアもカプリエメラルドも来年まで待てないので、抑制栽培で種を蒔いたが、前回の台風の時に、ほとんど傷だらけになって病気になっていた。
その後ミニハウスに取り込んだが、元気を取り戻すことはなかった。
F2の実が4個生ったので、種を採って来年はF2とF3の味比べをしようと思う。


20191014_084915-1620x2160




本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6


↑このページのトップヘ