のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 籾殻+ぬかマルチ 

糠マルチの効用と使い方
目的は、防草と泥はね防止

ecb0ebb3-s
ジャガイモの泥はね防止

38ba3f27-s
にんにくの防草と泥はね防止

泥はねによって土中から雑菌が跳ね上がってくるのを防ぐ。
籾殻は風で飛ばされ易いので、糠を表面に薄く撒いての水を軽く掛けて置けば、バクテリアが分解して表面を固めて、風で飛ばなくなる。

防草の為に籾殻を大量に撒いて、糠で固める。



籾殻燻炭の効用と使い方
 ① 籾殻燻炭マルチ  
目的は、防草や保温そして泥はね防止である。
燻炭には微量ながらミネラル等の肥料分がふくまれている。


20191121_075301-1620x2160

20191121_075248-1620x2160

燻炭が風で飛ばされ無いように、糠を薄く撒いて水を軽くかける。
20191121_075723-1620x2160

20191121_075736-1620x2160

② 使い古しのマルチを使ったので破れた所に燻炭をまく。
20191121_080820-1620x2160


③ 既に籾殻マルチをしてあったニンニクの畝に、燻炭を撒いた。熱を吸収して保温の役目をさせる。
20191121_080841-1620x2160

④ 玉ねぎマルチの穴に燻炭を撒いて、防草と泥はね防止をする。
20191121_081000-1620x2160


20191121_080916-1620x2160


20191121_080920-1620x2160


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

泥跳ね防止にもみ殻+糠マルチを施した。
ほうれん草の種蒔き後とミックス野菜 左1列は余りのニンニク
20191019_145446-1620x2160


ニシユタカ ジャガイモ余り種芋
20191019_145639-1620x2160


グランドペチカ ジベ処理種芋
20191019_145632-1620x2160

余りニンニク小鱗片を埋めた。
20191019_145648-2160x1620

秋じゃが本命畝 3種類
20191019_150035-1620x2160

秋ジャガの全体像
20191019_150011-1620x2160

先にニンニクに実験的にもみ殻+糠マルチをやった所、結果が非常に良かったので、今回泥跳ねがひどかった他の野菜にも同様にやった。
前回のニンニクのもみ殻+糠マルチ
台風でも飛ばされず、全く泥跳ねはなかった。
エクスブロラーエラー


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

今までは穴あき黒マルチを使っていた。
玉ねぎ用だったので15cm幅であった。
今回はにんにくをより大きく育てようと株間を20cmにした。
20191018_073546-1620x2160

防草のために、籾殻ぬかマルチを実験的にやってみた。
目的は2つ、1つは防草でもう1つは泥跳ね防止である。
20191018_073604-1620x2160

にんにくは、ベト病やサビ病に弱い。そしてそれらのカビ菌は土中に潜んでいて、泥跳ねと一緒ににんにくにくっつくようだ。
20191018_073627-1620x2160

まだ芽は出揃ってはいないが、籾殻ぬかマルチを突き破って顔を出す。
20191018_073637-1620x2160


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

  毎年、ニンニクの栽培では、玉ねぎ用の穴開きマルチを利用してきた。
株間が15cmなので、ニンニクは15cm~20cmなので、問題はない。

しかし、今年は多肥栽培にして、大きなニンニクを作ろうと思っている。
そのため、玉ねぎ用のマルチの代わりに「もみ殻+糠マルチ」を採用した。

下の画像は、風雨の強かった台風19号の去った後に撮った画像である。
強風でも吹き飛ばされず、結構な量がニンニクの畝に残っていた。

20191014_085327-1620x2160


もみ殻だけでは、簡単に台風などの強風では飛び散ってしまっただろう。
しかし、その上に糠を撒くことで、糠を餌にしようとたくさんの微生物が土中から集まってくる。
微生物は糠を分解し、糊のような感じにして、もみ殻をくっつけてしまう。

糠を畑に撒くと、土が団粒化されフカフカになると知ったので、葉物野菜の畝に糠をまんべんなく撒いた。すると糠同士が微生物によって分解され、くっついて固まる。糠の下では微生物がどんどん土を団粒化させていく。土が柔らかくなれば生えていた雑草も抜きやすくなる。新しい雑草の芽は遮光され出難くなる。

今までニンニクを穴あきマルチで作ったのは、土中にたくさんの病原菌が生息し、べと病などが泥と一緒に跳ねて野菜につくと、病気になりやすいと聞いたので、その泥跳ねを防ぐためだった。昨年は、穴の周りにもみ殻を撒いた。もちろん一番大きな目的は防草であった。

今回は、畝幅を20cmにしたので、玉ねぎ用の穴開きマルチを使えないので、「もみ殻+糠マルチ」を採用したのである。

黒マルチほどの泥跳ね防止や防草の効果は望めないが、多少の効果はあるだろう。また、雑草が出ても糠による土の団粒化で、雑草が抜きやすくなるだろう。

20191014_085335-1620x2160



今回、新しいもみ殻と糠をまんべんなく撒いて、マルチを補強した。

20191014_090655-1620x2160





本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

↑このページのトップヘ