のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:葉菜類 > 花蕾野菜

花茎や花蕾を食べる野菜を何種類か作っている。
茹でるだけで簡単に食べられるし、美味しい。
それに、トウ立ち野菜なので3月から4月頃の野菜の端境期に重宝する。

20200127_085827-2268x3024
ノラボウ菜
20200127_085833-2268x3024
種がこぼれて畑の隅に生えたおのればえの株だ。
20200127_085840-2268x3024
花芽が大きくなっている。
20200127_085927-3024x2268
こちらは畑に定植したものだ。

な花
20200127_085946-2268x3024
初めて作ったので、時期をずらして第3弾まで作った。
20200127_090012-3024x2268
第2弾
20200127_090028-2268x3024
第1弾は現在食べている。
20200127_090034-2268x3024

アスパラ菜
20200127_085955-2268x3024
アスパラ菜はそろそろ終わりである。


 本日も、ポチット投票をお願いします。

 2練馬大長尻大根 9-1


昨年も作った『子持ち高菜』である。しかしながら、昨年は子が出来る前に寒さで枯れてしまった。今年は、年内に収穫しようと早めに種を蒔いた。
年が明けてしまったが初収穫となった。
2株分の子である。
20200106_084011
 

バラす前の親株だ。
20200106_083644-2268x3024

バラした残骸である。
20200106_083707-3024x2268

芯の頂天には、子がかたまっていた。
20200106_084016-2268x3024

その他の野菜の収穫
定番のスティックセニョールである。
20200106_084252-3024x2268
ナ花とアスパラ菜
20200106_084144


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

トウ立ち菜は、蕾の開花前から1~2輪がほころんだくらいの間に収穫すると美味しい。
花茎を手で折った時にポキンと折れるところは、すじがなく、やわらかい。
 食べられるのは、野菜は以下の通りである。
ハクサイ、コマツナ、チンゲンサイ、ミズナ、カブ、タカナ・カラシナ類などのアブラナ科野菜。

最近では、薹立ち菜を食べる目的で改良させて野菜が増えている感じがする。
私が今年栽培しているものに、アスパラ菜、な花、のらぼう菜がある。

「な花」という品種名のアブラナ科の野菜が早々と薹立ちした。
早く植えすぎたため、今現在の収穫となっている。

20191221_113304-2268x3024



春先まで食べられように、3段階ぐらいに時期をずらして苗を作った。

20191221_113258-2268x3024




第2弾の『な花』

20191221_113449-2268x3024




第3段の『な花』 白菜の畝に空きがあったので、苗を植えた。

20191221_113501-2268x3024




本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6




↑このページのトップヘ