のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:柿の栽培 > ミニ果樹園

昨日は、秘密基地から直線距離で100mぐらいの場所に32坪の小さな畑がある。
柿の木を4本とキンカン、一才柚子、グレープフルーツを植えてあるミニ果樹園がある。
今年は、春にタケノコ採りをした後あまり行っていない。
柿の木は4本とも裏年のようで、数えるほどしかなっていない。

下の画像のように、畑までの公道があるのだが完全に雑草で覆いつくされている。

20200808_130905_copy_2268x3024

果樹園までは、30mぐらい降りていく道がある。
20200808_130934_copy_2268x3024




まず、公道の除草作業をした。

20200808_141817_copy_2268x3024

いわゆる赤道と言われる昔からの獣道のような公道である。ほとんど、地主以外は通らない道なので、私以外は誰も手入れしない。除草すれば、それなりの道になる。
20200808_141831_copy_2268x3024


そして、30mほど下ったところに柿の木が植わっている。

20200808_132704_copy_2268x3024

周りは山と竹林に挟まれている土地なので、日照時間は朝と午前中だけだ。
ここのミニ果樹園は、早春にはフキノトウがたくさん出る。採取した蕗で、毎年フキ味噌を作っている。また、隣には、市の竹林が広がっている。市の土地であることを、知っている人が結構いて、3月のころからタケノコ掘りにやってくる。4月頃には、私の果樹園は、フキでいっぱいになる。私がタケノコを頂くのは、みんなが飽きてしまった5月のころである。大きく育った邪魔な竹を切り倒すのも、大事な作業である。
20200808_132710_copy_2268x3024


取り敢えず仮払い機で、ざっと刈り取った。
20200808_141439_copy_2268x1701



柿の木は、毎年剪定して低い高さにしている。
数年前に大きくなってしまった柿の木を、1本ずつ芯を切って作りなおしているわけである。
20200808_141410_copy_2268x3024


果樹園から通路に上がるのに、階段風に土を削った。
20200808_141424_copy_2268x3024




4本の木とも裏作になってしまった。
柿の木、秘密基地の畑にさらに4本管理している。そして、友人の畑にも4本あるので、柿の収穫に困ることはない。
20200808_141555_copy_2268x1701



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


柿の徒長枝の剪定に、ミニ果樹園に行った。
20200411_170050_copy_2268x3024

この果樹園の地面はフキの群生地である。もともと自生していたのを増やした。
20200411_170107_copy_2268x3024

食べごろになっていた。
20200411_170055_copy_2268x3024

通路に戻って、葉をカットした。
20200411_170348_copy_2268x3024


20200411_170503_copy_2268x3024


 
本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

小さな果樹園の東側に竹が伸びて、朝日を遮っている。
20200218_134255-3024x2268



以下の画像が竹を切った後である。東側がすっかり明るくなった。
20200218_141229-3024x2268



このミニ果樹園には柿の木が4本、柚子1本、グレープフルーツ1本、キンカン1本が植えてある。そして、現在果樹の下草の中には、フキノトウがたくさん出ている。春にはフキ畑となる。
20200218_141346-3024x2268

山の斜面から下のほうに、我が家のミニ果樹園がある。広さ32坪。
20200218_141449-3024x2268

上の通りから、見下ろした画像
20200218_141658-2268x3024

下の画像は、南側の竹やぶの状態である。土地を買ったときには一本も竹は生えていなかった。東側の土地は市の土地なので、田んぼ以外は放置されている。民間の竹やぶから竹が伸びてきて、同じような竹やぶになってしまっている。
20200218_141545-2268x3024
 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


今日は、冬至で柚子湯に入るということで、ミニ果樹園の「一才柚子」を家に持ち帰った。

『12月22日は「冬至」です。皆さんはゆず湯に入りますか? 事前にウェザーニュースで調査をしたところ、「入るつもり」が56%と過半数になり、特に女性は高い割合(66%)でゆず湯に入ることが分かりました(2018年12月17日実施、回答10,602人)。』
記事元


20191222_151844-2268x3024

毎年たくさん生る。漬物に使ったりしている。

32坪の小さな果樹園である。

20191222_151858-2268x3024

金柑の木である。剪定したので今年は生りが悪い。
20191222_151934-2268x3024


柿の木の下には、フキが一面に生えている。
20191222_151912-3024x2268


富有柿は、今年たくさん生った。
20191222_151955-2268x3024

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

春以来足を運んでいないミニ果樹園。
柿の木が4本、金柑1本、一歳柚子1本、グレープフルーツ1本が植えてある。

赤道という公道の右下が私のミニ菜園32坪

20190907_151931-2160x1620



柿の木がかろうじて見える

20190907_151938-2160x1620






刈払機である。

20190907_151811-1620x2160



26ccである。26ccはそれなりの重量でハイパワーを実現することが出来るため、結構広い農地でもストレスなく草刈を実施することができる。
チップソーは山林用で、腕ぐらい太い竹でも切り倒してしまう。

20190907_151849-1620x2160



20190907_151854-1620x2160




30分ぐらいで、公道の土が見えた。
20190907_160033-2160x1620

ミニ果樹園の土も、なんとか見えた。
20190907_160043-2160x1620

20190908_072314-2160x1620

20190908_072347-1620x2160

20190908_072422-1620x2160

20190908_072216-2160x1620

20190908_072250-2160x1620

20190908_072202-2160x1620

20190908_072147-2160x1620



柿も摘果してないのでびっしりと生っていた。
20190907_160109-2160x1620

実も小さい。
20190907_160116-2160x1620


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1



↑このページのトップヘ