のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:肥料・米糠ぼかし、腐葉土 > 鶏糞を大量に使う

今日は、カインズホームで『発酵けいふん』の安売りをやっていたので、10袋買ってきた。

ついでに、発酵鶏糞について、お勉強した。


・鶏糞の質を成分分析から考える
                          買ってきた鶏糞の成分表



◎ N : 4.0 P : 3.1  K : 2.5  C/N :  7.0

下記①②③の鶏糞の使い分けの参考例
① N : 2.0  P : 6.3  K : 5.9  C/N : 11.4 →畑作向け
N : 3.6  P : 3.9  K : 2.3  C/N :   6.0 →稲作向けの鶏糞
③ N : 1.7  P : 4.8  K : 4.3  C/N : 11.9 →畑作向け

N: 窒素、P: リン酸、K: カリ、C/N: C/N


この数字を見て、栽培ではどう使い分けるか?
最初に見るべき箇所はC/N
 
これでどれだけ熟成が進んでいるかがわかる。
熟成が進むほど、C/N比が高くなる。
 
N : 3.6  P : 3.9  K : 2.3 C/N : 6
 
これはNの量が多いので、アンモニア態窒素が多く、即効性が高い鶏糞であることがわかる。
②が一番臭い
 
C/N値が低く、完全には熟成していなく、アンモニア態窒素が多い分、作物に与えると炎症(葉焼け)になりやすいことに注意。

畑作では、アンモニア態窒素は、よろしくない。
稲作の様な水を張った嫌気環境では窒素はアンモニア態になるので、
②の鶏糞はどちらかというと、稲作向けだと判断できる。
 
と云うことで、私の買ってきたカインズの鶏糞は、C/N :  7.0で稲作向きと云うことだ。
なんじゃ? と云う感じ。
ということは、畑に撒いた後しばらく畑の中で第2次発酵させてやると良いということだろう。

数年前に、ペレットの鶏糞から粉の鶏糞に換えたことがある。
粉の鶏糞が安いからである。
それまでは、ジャガイモや苗の定植も鶏糞と同時に植え付けたりしても、苗に影響がなかった。
しかし、粉にした時にジャガイモを半分に切ったものは全部腐り、きゅうり苗は次の日に倒れてしばらくして枯れてしまった。

その時に、鶏糞は畑に撒いた後アンモニアガスを発生させ、これが根にとって猛毒であると知った。1週間ぐらいするとアンモニアガスは収まるので、全体に撒くときは必ず守るようにした。
 
他二つは発酵が進んでいると判断でき、畑作向けであると言える。
N : 2.0  P : 6.3  K : 5.9 C/N : 11.4
N : 1.7  P : 4.8  K : 4.3 C/N : 11.9

 
鶏糞は元々リン多めと言われている肥料で、
このリンは栽培にとって結構厄介な成分でもある。
 
鶏糞の熟成の指標として、
C/N比が高くなる → リン酸の割合が減る

 
ちなみに鶏糞を使用する上で絶対に注意しておくことは、
鶏糞を使用すると知らず知らずの内にカルシウム過多になること。
鶏糞に含まれる餌の未消化分である炭酸カルシウムとリン酸カルシウムが大量に含まれている。
鶏糞を使用する時は石灰を使用するのは控えよう。


までは、肥料は鶏糞ぐらいしか使わなかったが、最近では微生物資材やボカシ肥料を使うことが増えてきた。

更に、昨年度は玉ねぎの苗が小さかったので、とにかく大きく育てようとアズミンという腐植の入った肥料を初めて使った。

堆肥をあまり使わなくなった現代農法では、田んぼや畑の土から腐植物質がどんどん減ってしまっていると聞く。腐植物質は土壌に住むバクテリアの餌になるという。土壌にバクテリアの餌が少なくなってくると、当然バクテリアが育たなくなり、結果としてどんどん土壌の土は固く生なって、植物を旨く育てられなくなってしまうようだ。

最近、炭素循環農法という土壌に廃菌床を撒いたり、炭素率の高い落ち葉や籾殻を投入したりする記事を見かけるようになった。それらを分解するバクテリアは、枯草菌や糸状菌や放射菌等の好気性バクテリアであり、発酵型の土壌改良を目的としている農法だ。
当然ながらそのような炭素率の高い資材は、バクテリアに分解された後に腐植物質として土壌に残り、さらに様々な細菌群の餌となって土壌を多様化させ豊かな生態系を形成させるのではないかと想像する。

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 

イメージ 5 イメージ 6




記事参考元  http://jp-cultivate.com/about-chicken-manure/

explorer
発酵鶏糞肥料



『発酵鶏糞について   ※上記参考元の記事を抜粋

発酵鶏糞の肥料効果

発酵鶏糞には、窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの多量要素のほかに、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ホウ素などの微量要素も含まれ、作物に対する総合的な養分供給源になる。


発酵鶏糞には、作物の生育を促進するホルモンやウリカーゼなどの酵素が含まれている。


土壌の団粒化が進む

発酵鶏糞を土壌に施用すると、発酵鶏糞に含まれている有機物は微生物によって分解されるが、微生物によっても分解されにくい有機物が土壌中に残り、これが腐植になる。

腐植は土壌の粒子と粒子を結びつけて土壌の団粒化を進める。

土壌の団粒化が進むと、団粒と団粒の間に比較的大きな隙間ができて、土は軟らかくなり、耕し易くなる。

そして、作物の根が伸びやすくなる。

また、団粒間にできた隙間は過剰な水を排水し、通気性を良くして、作物の根からの養分吸収・水分吸収が高まり、作物の生育を良くする。

団粒の内部には微少な隙間もあるので保水性も維持される。

このような発酵鶏糞による土壌の改良効果は化学肥料の施用では得られない。


土壌の生物性を改善する

発酵鶏糞を施用すると、これを餌にして土壌中にはミミズ、ダニ、トビムシなどの土壌動物の活動が盛んになり、発酵鶏糞は細かくなる。

したがって、発酵鶏糞は微生物による分解を受けやすくなる。

発酵鶏糞が施用されると、発酵鶏糞に含まれる有機物が餌になって、土の中の微生物の数が増える。

土の中の微生物が増え、活動が盛んになると、施用した発酵鶏糞だけでなく、これまでに蓄積されていた有機物の分解も促進される。

これをプライミング効果(起爆剤的効果)と呼んでおり、この効果によって窒素、リンなど多くの養分が土の中に放出される。


土壌病虫害の抑制が期待されている

発酵鶏糞の施用によって土の中の微生物の多様性が高まり、作物の病虫害が減ったという例が報告されている。

例えば、発酵鶏糞の施用でトマト青枯病キュウリつる割病ダイコン萎黄病の発生が抑制され、発酵鶏糞の施用で作物に害を与える線虫の数が減ったという報告がある。



土の保肥力が高くなる

発酵鶏糞の施用によって土の養分(アンモニウム、カリ、カルシウム、マグネシウムなど)を保持する力が増える。

それは、土壌中に有機物が蓄積するとともに土の陽イオンを保持する力(陽イオン交換容量=CEC)が増えるためである。

このようにCECが高くなると、肥料成分は雨水によって洗い流されにくくなり、土の保肥力が高まる。


発酵鶏糞の使い方

果菜類  1000kg/1000㎡  ※→1kg/1㎡

キュウリやナス・ウリ・カボチャ・ピーマンなどは植えた後、株と株の中間や、株から離れたところに鶏糞を埋め込む。

広さが許せば苗から1mは離して埋めたい。

植え付けた後で割り振りを変更する場合にも、かなり融通がきく。

後からゆっくり作業ができるメリットもある。

ただし施肥時期は、植え付け後、数日以内にする必要がある。

根は思っている以上に早く伸びる。

キュウリなどは鶏糞のあるところに根が伸びてくるのだが、根のあるところに鶏糞をやると、障害が出てしまう。


根菜類  800kg/1000㎡  ※→0、8kg/1㎡

根菜類は条間に持ち肥、イモ類は株間にドサッ。


ジャガイモは、50㎝間隔で植えた種イモの中間に、茶碗山盛りぐらいを浅く入れる。

収穫のころには、このドカッと入れた鶏糞の固まりの中にも周囲にも、網を張ったようにイモの根が絡み付いている。

サトイモは、植え付けた中間にドッサリ埋めておく。さらに、追肥でも株一元に撒いてから土寄せすると効果的である。



葉菜類  1000kg/1000㎡  ※→1kg/1㎡


葉菜類は全面施用。


播種の七日前に全面施用・土壌混和しておく。

コマツナやチンゲンサィ、ホウレンソウなどは比較的込んだ状態で播いたり、植えたりするので効果的だ。

タマネギも同じく全面に撒く。 ただし、あまり大量に撒くと病気になりやすく、緩んだタマネギになるし、夏を過ぎると腐りやすい。

ソラマメはあまり込んで播かないが、やはり全面に撒く。その方が手聞はかからない。 ソラマメは肥料も多く求めてくるので、ある程度多く撒いておく。

ホウレンソウは窒素4%程度の乾燥鶏糞であれば10aあたり300kg程度でよい。ただし、あまり毎年使っていると土が硬くなってしまうので、注意が必要だ。』


エクスブロラーエラー
1坪当たり3,75㎏の量を撒いた友人の畑。※3,75kg/3,3㎡


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1






次々と菜園長老の定説を覆してきた友人の栽培法

1、玉ねぎの大量鶏糞ー発栽培で大成功
20190605_073014-1620x2160

約13cm 

2、にんにくの大量鶏糞栽培で大成功

20190605_072456-1620x2160

約8cmの幅    中国産の普通のにんにく種使用
3、ジャガイモの5.6年連作栽培も鶏糞大量栽培で毎年豊作
img_8_m

4、サツマイモは出来ないと言われた畑で、大豊作
5、友人の後作でトウモロコシを作って大成功

これらに共通しているのは、元肥に大量の鶏糞を使うことである。

『1袋150円ですよ。4袋蒔いても600円、安いじゃないですか。』といって、ジャガイモの3畝に4袋ぐらい普通に撒く。
私の4倍位の量だ。
畑に鶏糞の厚みを感じなければ、撒いた気がしないそうだ。

そんなに鶏糞撒いたら、畑の神様の祟りがあるよ。』と言っても、
『だって、野菜がばっちり出来るんだもん。』と笑っている。

それで、鶏糞の効能をいろいろ調べて見た。


https://kurashi-no.jp/I0016312 
鶏糞には、窒素、リン酸、カリウムといった野菜の肥料に欠かせない成分が含まれる
ほかにカルシウやマグネシウムといった成分も含む。
有機堆肥なので割合にばらつきはあるが、肥料に必要な成分はバランスよく入っている。

鶏糞は栄養成分のバランスがいい堆肥。

『私も発酵鶏糞を多用していながらどれくらい持続しているのか疑問に感じながら何年も経ちます。ただ経験から言えば例えば冬野菜に元肥として入れておけば春の収穫が終わるまで追肥の必要が無いのは事実です。

とは言っても私が使っている鶏糞の袋には1反当たり10~15袋(1㎡150g~230g)と書いてあるのをその5倍位入れてます。』

なんと、友人と同じような考えの実践者が存在した。
1反=300坪=990㎡ 10袋(150㎏) 1㎡(150g) 15袋(225㎏) 1㎡230g


発酵鶏糞は、元肥として使用する場合は、 1平方メートル当たり200g~500gを種まきや植え付けの一週間前に施用し土と良く混ぜ合わせて馴染ませておく。

友人のジャガイモの畝
友人の実際は、60㎏投入 すなわち 6,7倍~16,7倍



http://gardecojapan.com/2018/03/26/post-2029/

発酵鶏糞の窒素肥効率は約60%

化成肥料に含まれている窒素を100として、発酵鶏糞に含まれている窒素を植物が利用できる割合(肥効率)は約60%。

発酵鶏糞に含まれる窒素は約1ヶ月でほとんど効果が切れる。
発酵鶏糞は投入後約1ヶ月でほぼ無機化され、その後はほとんど無機化が進まない。
中長期の肥効はあまり期待できない。

発酵鶏糞に含まれるリン酸( P )について
発酵鶏糞には4~6%のリン酸が含まれている。
これは主にリン酸カルシウム由来のもので、ほぼ植物が利用できる可給態リン酸。
発酵鶏糞のリン酸の肥効率は約80%と化成肥料なみの効果。

発酵鶏糞に含まれるカリウム( K )について
発酵鶏糞には2~3%のカリウムが含まれている。
カリウムは無機態として存在しているので植物が速やかに利用できる。
発酵鶏糞のカリウム肥効率はほぼ100%
発酵鶏糞に含まれるカリウムはほぼ化成肥料と同等。

発酵鶏糞には約10%~15%のカルシウム(石灰)が含まれている。

発酵鶏糞には約1%~2%のマグネシウム(苦土)が含まれている。
マグネシウムは葉緑素を構成する重要な要素で、カルシウムやカリウムと拮抗作用があり、長期間連用した場合はマグネシウム不足になる可能性がある。
比較的マグネシウムが豊富に含まれている米ぬかを上振りするなどしてバランスを取ることが望ましい。


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
 


イメージ 5 イメージ 6

↑このページのトップヘ