のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:播種・育苗・定植 > トレペ芯

4月13日にセルからトレペポットに移植して、その後の生長を観察しようと思った。育苗は綿の苗である。地植えするにはまだ気温が安定しないので、一回り大きな7.5㎝ポットに移植し、さらに育苗を継続する。

20200503_145415_copy_2268x3024


トレペの底を開けたが、底からだけでなく色んな所から根が出ている。

20200503_145437_copy_2268x3024

トレペの紙が柔らかくなってすぐに破けそうにふやけている。
20200503_145453_copy_2268x3024

7.5cmポットに移し替えた。
20200503_145601_copy_2268x3024


畑への定植を5月の中旬ごろにしたいので、一回り大きな7.5㎝のポットに移し替えた。
トレペ苗を、そのまま畑に移植するのも可能であることが分かった。
使い方は、トレーにトレペを並べてセルの代わりにすれば、問題なく育苗できることが確認できた。

20200503_145936_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


 

ユンボさんの記事で、トレペ芯の利用を知った。
昔、ペーパーポットを使った事があったので、トレペ芯は少々厚みが有るが、土に溶け込むのだろう。

下の画像は、ワタの苗である。セルトレーから移植した。セルよりも若干土の量が多そうだ。
20200413_075231_copy_2268x3024

白い物も有るがキッチンペーパーの芯だろう。
20200413_075329_copy_2268x3024
 
まだ双葉しか出てない幼苗なので、温床に戻して育苗することにした。
20200413_075428_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1





↑このページのトップヘ