のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:耕耘・畝立て・除草 > 女化畑

家から20㎞離れた女化畑に行った。目的は、追肥と生育状態の把握である。
5つの畝に4株平均で植えてある。
畝だけは土があり、その他は防草シートで覆ってある。
なので、畝の草はある程度伸ばして、自然な状態で土を耕してもらおうと考えている。

20200606_132246_copy_2268x1701

枯草を防草シートに置いて、カボチャの蔓が絡まるようにした。
前回の時は、カボチャの芯をとめたので、脇芽が出ていることを確かめ化成肥料を追肥した。

20200606_132255_copy_2268x3024

2番目の畝の生育状況
20200606_132301_copy_2268x3024

3番目の畝の状態 草が伸びきてきている。
20200606_132309_copy_2268x3024

4番目の畝の生育状況
20200606_132315_copy_2268x3024

5番目の畝は、3株植えてある。
20200606_132321_copy_2268x3024

個別の株の中には、着果したものもある。

20200606_132404_copy_2268x3024



こちらは3個の着果が見られるが、果たして育つのだろうか。とりあえず様子見でそのままにしておいた。
20200606_134900_copy_2268x3024

個別の株の脇芽の状態。2,3本の脇芽が見られた。
20200606_132433_copy_2268x3024


4本の脇芽が出ている株も見られた。
20200606_132526_copy_2268x3024

資材が不足していたが、防草シートの上に枯れ葉や柿の木の枝などを敷いてきた。
梅雨に入れば、草も伸びるだろうが例年カボチャがぐんぐん育っている。
防草シートが、カボチャで覆いかぶさるようになれば良いのだが。

20200606_134921_copy_2268x3024

一番上の画像と比べると、枯れ枝や枯草をかき集めて、広い範囲に敷いてきた。
20200606_135011_copy_2268x1701

雨水でいっぱいになっていた水溜槽から、バケツでカボチャの周りに水撒きをした。
追肥で撒いた化成肥料が、溶けて浸み込むようにした。
次に来るのは、2週間後になる。さて、その時はどうなっているのだろうか。

20200606_135153_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




昨日は、家から20㎞離れた女化の菜園に行った。毎年カボチャを植えている。
今回は、除草とカボチャの摘芯をするのが目的であった。

20200531_110256_copy_3024x2268

葉の周りが白くなっているのは、ウリハムシが食べた後のようだ。
20200531_110305_copy_3024x4032

前回来た時に、柿の剪定した枯れ枝を土に刺して、枯草を絡ませておいた。
カボチャが伸びて、枯れ枝に蔓を絡ませ防草シートに這わせるためである。
風で枯草が飛ばされてしまった所もあるが、おおむねシートのほうに蔓を伸ばしていた。

20200531_110316_copy_3024x4032

もう少し短いときに摘芯すべきだったかもしれないが、前回来た時にはまだ3,4枚の葉であった。
20200531_110324_copy_3024x4032

草の生える場所が狭くなったので、今年はカボチャが勝つだろう。
20200531_110344_copy_3024x2268



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



自宅から20㎞離れたところにカボチャ畑がある。
ここのところ雨ばかりで、除草も出来ないでいたので心配になって様子見に行った。

20190720_133211-2160x1620




心配した通りの状態になっていた。
カボチャの周りだけ除草剤を掛けていたので、草がカボチャを覆い尽くしてしまっていた。
草の種類が2mぐらいまで伸びる物だった。


20190720_133408-2160x1620



畑の周りは除草剤が効いていて、草が生えていなかった。

20190720_133429-2160x1620



道路側から見た画像である。

20190720_133426-2160x1620



ベトビョウか何かで葉が枯れてしまっているものもあった。

20190720_133301-2160x1620

草の中から拾い出して、収穫した。

20190720_140846-2160x1620




何とか収穫できる状態になっていた。
20190720_140851-1620x2160


20190720_140856-1620x2160



20190720_140903-1620x2160


20190720_140906-1620x2160

草の生えていない外側に逃げ出した蔓のものは、そのままにしてきた。
20190720_140952-1620x2160

道路側に逃げ出したカボチャは元気であった。
20190720_140957-2160x1620


今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1






先日の大雨で、茨城県の女化菜園のカボチャが息づいた。
しかし、まだ油断はできない。
今回は、隣の畑のご主人と仲良くなって、井戸水を借りることができるようになった。
家からは70リットル分の水は用意した。
何株かは枯れたものもあったが、概ね良好であった。

20190526_120432_R



20190526_120442_R



全部で40坪の広さがある。
枯れてしまった時のために、予備のカボチャを取って置いた。
そのカボチャを枯れた場所に、定植した。
全部で30株ほどの作付けになった。


20190526_120405_R



奥に他人の畑があって、その手までが私の畑である。
突き当りの家から井戸水を借りて、今回はたっぷりと水を掛けてきた。


20190526_120425_R


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 

イメージ 5 イメージ 6




1週間前に、除草剤を撒いて小さな雑草を枯らして置いた。
これから2週間おきにこの畑に通うこととなる。
雑草との戦いだ。
危ないのは6月下旬頃の梅雨の長雨の時だ。
3週間行かないと、そこでカボチャは雑草に負ける。


20190512_102717_R


水を60リットルぐらい持っていった。
この畑にも、ベビー用プールやプラのタライを畑の端に埋めてある。2つで100リッター位は貯め水となっている。

20190512_111450_R


全部で20株位のカボチャを定植した。
半分位は、枯れてしまうこともある。
マルチをしてあるが、もう何年もそのままなので、あまり防草には役立っていない。

20190512_111506_R





こちらは畑の端の10坪弱の水仙畑だ。ほとんど水仙は消えている。
4月に畑の大きな枯枝を、刈払機で刈り取ったのを固めて踏み潰して置いた。

20190512_111525_R


ほとんど自然農法のような感じの不耕起栽培だ。
違うのは、除草に除草剤を使っていることだ。
耕耘機を運べ無いので、耕さないだけである。

20190512_111629_R


しかし、雑草が生えた場所やカボチャを作った所は、土が柔らかくフカフカしている。
スイカを何株か植えて見た。
害獣の餌になるかも知れない。
生ったらネットでも掛けよう。

20190512_111658_R






本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6


↑このページのトップヘ