のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 漬物

今回で最後の白菜の漬物である。
👇は、1昼夜干したものである。
20210213_135242_copy_2268x3024_1

塩加減は、白菜の重さの3パーセントである。2度漬けにしている。最初は、塩だけで漬けて、水が上がったら味付けをする。

20210214_085831_copy_2268x3024

今回は全部で12㎏であった。1昼夜干しなので3,4日で水が上がるだろう。
20210214_090922_copy_2268x3024

今回の重しは、20㎏と13㎏の計33㎏である。

20210214_091828_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


白菜の漬物を作るために、4玉収穫した。一番大きなものを測った。
20210123_135210_copy_3024x4032

前回測った物より100gほど大きかった。今年は4Kg前後の重さのようだ。

20210123_135207_copy_3024x4032

綺麗に掃除してから4等分にきって、干した。
20210123_141716_copy_3024x4032

下は今年作った沢庵と白菜の漬け物である。
20210123_142325_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

先日から白菜を収穫して乾して置いたものを、漬け込んだ。
白菜の数は、画像の通り3株をそれぞれ4等分したものである。
20201220_132020_copy_2268x3024_1

👇は、白菜の漬物の調味料である。
9a3a6053-s


白菜漬けの塩の濃度は3%である。水が上がったら二度漬けを行う予定である。
20201225_093248_copy_2268x3024


先日漬けた沢庵大根が、奥の樽である。手前が、今回の白菜漬けの樽だ。
沢庵漬けの樽をあけてみたら、若干水が上がりかけていることが確認できた。
20201225_093723_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

二週間ぐらい乾燥させた大根を漬け込む今年にした。収穫したときに太くなっている大根もあったので、いつもよりも長く干した。
20201219_142915_copy_2268x3024

葉を切り落として、きれいに洗ってから少し乾かした。
20201219_144557_copy_2268x3024

大根が1樽で漬け込めるかどうか、大きさを確かめた。
20201219_144927_copy_2268x3024


今年のレシピ
① 糠    10%
② 塩     4.5%
③ 砂糖  4.5%
④ 調味料   醸源(ジョウゲン)  コンブ  トウガラシ
20201220_140654_copy_2268x3024

今年から使い始めた畑の物置である。二部屋のうち奥の部屋を沢庵と白菜の漬物小屋に使っている。とても使い勝手が良い。
20201220_140737_copy_2268x3024

畑の隅にある小屋なので、埃対策をしっかりほどこしている。
20201220_140620_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


白菜は、二度漬けをしている。味付けの昆布や柚子、唐辛子等を入れ、水を捨てて、塩を新たに加えることはしていない。漬けてから2,3日目から食べ始めている。
20201220_132356_copy_2268x3024

使った物を食べ始めたら、次の分の白菜を収穫して、何日か乾している。
20201220_131832_copy_2268x3024

白菜の玉が大きいので、現在は3玉ずつ収穫して漬け込んでいる。
20201220_132020_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ