のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:畑の耕耘・畝立て・除草 > 畝立ての場所計画

👇は、第1菜園の西側半分の耕耘前の画像である。
IMG_20240414_10109

👇は、昨日耕耘して、畝割をした画像である。
IMG_20240415_3096

👇は、栽培場所を確定させた画像である。
これからの作業予定は、マルチ張りと棚作りである。
2




👇は、西側の北の端から撮った画像である。
IMG_20240415_3230


👇は、第1菜園の東側半分の画像である。
ジャガイモの3畝の中耕を行った。
画像左側は、シルクスウィート2畝と紅はるか1畝を作付ける予定である。
IMG_20240415_30843



👇は、第2菜園のイチゴ畝のランナーのカットと下葉を剥がす前の画像である。
IMG_20240415_9895

かなりランナーが伸びている。
IMG_20240415_11319



👇は、カットしたランナーと下葉である。
IMG_20240415_10632



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第2菜園の作付計画である。
今年は、イチゴの露地栽培と苗採りに力を入れているので、場所を広く確保した。
ジャガイモは、第1菜園で3畝で、こちらにも1畝確保した。
ソラマメとニンニクの畝の後作は、まだ考えていない。
814


👇は、第3菜園である。
春から秋までは、5,6時間の日照時間が期待できるので、普通に栽培できる感じである。
906


👇は、第4菜園である。
こちらは、1年を通して5,6時間の日照時間があるので、普通に栽培できそうである。
今までは、生姜、蒟蒻、里芋だけであったが、昨年から豆類を作付けている。
今年もすでにそら豆を植え付けてある。これからからは、オオマサリを作付ける計画である。
918



👇は、第1菜園のミニハウスである。
こちらでは、毎年中玉トマトの水ストレス栽培をしている。
今年は、実生苗での連作となるので、障害が出るかもしれない。
鶏糞や籾殻堆肥を投入して、ミネラル分を多めに補給する計画である。
20240301_093756


ハウスの外との根域を制限するために、中央にU字のビニールシートを敷いてあるので、土がカラカラに乾いているので、溝を掘って水を流して全体に浸み込ませる。
20240301_094221


たっぷりと水を溜めて、周りの土に浸み込ませる。これを2回繰り返す。
その後に、堆肥や鶏糞を混ぜ込んで、土づくりを行う。
20240301_100631


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村



👇は、第1菜園の中央から東側の畑の作付け計画である。
サツマイモは、昨年度の反省から畝幅、株間を若干広げてゆったりと栽培する。垂直仕立ての高さも150㎝を維持する。ジャガイモは、ここでは3畝の予定。
1

👇は、中央から西側の作付け計画である。
中央のエンドウの棚の隣には、1畝だけ紅はるかを作付ける。紅はるか3畝、シルクスウィート2畝。
その隣は、現在ブロッコリーの後作になるが、大玉とミニトマトを2畝つくる計画である。
現在、白菜が残っている畝の後作は、ピーマン、シシトウ、ナスを作付けする。
つくね芋は、どこに作るか検討中。西の端には、今年も紅はるかを作る。
3

1

昨年は、この場所につくね芋と紫ダイジョを作付けた。ところがこの場所は、夏の間は、真上に大きな樫木の葉が茂って被さっている。
そのため午前中は日陰になって、午後にならないと日が当たらないことが分かった。

そこで、今年は9月ぐらいまでは、葉物野菜を作付ける。
そして、10月からは篠原早生玉ねぎや加津佐13号の、年内収穫の実験栽培を行う予定である。
この場所は、北側が杉林となっており、秋から春までは北風を防ぎ、陽だまりのような温かな場所となっている。
極早生玉ねぎのビニトン栽培は、2年続きでベトビョウにやられたので、今年は露地栽培で年内収穫を目指すことにしている。そのため、冬に一番温かな場所を選んだ。
20240229_092556_copy_3024x2268


👇は、去年までオカワカメを作付けていた。
ものすごい勢いで伸びて、隣の物置の屋根を覆ってしまった。
今年は、オカワカメを別の場所に移植して、この場所には、紫ダイジョを作る予定である。
こちらも繁殖力は旺盛なので、物置の屋根に載せて栽培しようと計画している。
20240229_101504_copy_2268x3024


👇は、毎年中玉トマトを水ストレス栽培で育てているミニハウスである。
今年も、この場所で作付けしようと予定している。
玉ねぎは、固定種のノンクーラーの自家採種をする予定である。
奥には、HAL_Kさんの所から来ている晩生の菜花の自家採種も計画している。
20240229_101544_copy_2268x3024



👇は、キンカンの甘露煮を作っている。
キンカンは、種無し金冠の「ぷちまる」である。
20240229_102038_copy_2268x3024

5時間、コトコトと煮て完成した。とても美味しいとの評価だった。
20240229_141942

今回のキンカンの甘露煮のレシピは以下の通り
  • 金柑 600g
  • 砂糖 金柑の重量の50%
  • 水 金柑が浸る量

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


第一菜園 東側  
ミニハウス内 中玉トマトのストレス栽培 玉ねぎの自家採種
サツマイモ3畝 そら豆 玉ねぎ  
3gatuhaname


第1菜園 中間 
サツマイモ苗床 ジャガイモ アロイトマト
3gatuhaname2



第1菜園 西側
ネギ3畝 ナス ピーマン シシトウ ミニトマト サツマイモ1畝 
3gatuhaname3



第1菜園 開墾地 
つくね芋 紫ダイジョ ゴーヤ
1010植え付け


第2菜園 
スイカ 落花生 大豆(丹波の黒大豆 小糸在来) トウモロコシ キュウリ 
1107


第3菜園 
葉物 インゲン ゴボウ そら豆
1115-2画像





第4菜園 
里芋 生姜 蒟蒻 唐辛子 金時豆 人参自家採種
1115画像




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

4月29日から7連休となった。毎年この時期から、果菜類の定植を行っている。
定植前に、施肥や畝立て、棚作り等をやらなければならない。
そのための段取りと昨年度の画像を参考に、イメージを作ってから作業に取り掛かろうと思った。

第4畑   畑の広さ 7m×8m
ショウガ2畝、コンニャク2畝    
90cm4畝
サトイモ3畝 
110cm3畝

20210427_081145_copy_3024x2268

5月31日の画像 サトイモ・生姜(キャップ)
NOJI5



第2畑   畑の広さ 3.6mⅩ11.7m
唐辛子   ハバネロ  鷹の爪   日光唐辛子   
90cm  1畝
オオマサリ 
90cm  3畝

20210427_081513_copy_3024x2268

2020年6月3日の画像(日光唐辛子・鷹の爪・プリッキーヌ)
NOJI3




※オオマサリ栽培の覚え書き
◎花が咲き始めたら、1回目の土寄せ。落花生は、石灰分が不足すると空ざやになりやすい。
◎その際、株元に追肥を施す。木灰を施す予定。
◎除草もする。

土寄せ(2回目)
◎収穫量に大きく影響するのが、2回目の土寄せ
◎開花は断続的に続き、子房柄が出る範囲も広がるので、やわらかな土をまんべんなく寄せ集めて、しっかり土の中へ伸びていくのを手助けする。
◎ここでは追肥は行わず、雑草があれば除草だけ。
1輪でも花の咲いた株が、株全体のうち4~5割になった時を「開花期」という。
落花生の収穫期は、おおまさりは開花期後85日。
6月24日の画像(オオマサリ)
NOJI4





第3畑   1m×12m  1畝  ソラマメの間に植える
インゲン豆   モロッコインゲン
20210427_082124_copy_2268x3024


2020年4月21日の画像(インゲン豆)
NOJI2




 
第1畑    畑の広さ 3.7m×11.8m   通路幅50㎝2列 
大玉(アロイトマト)1畝2条   ミニトマト(10品種)2畝2条 90㎝
ナス、ピーマン、シシトウ 1畝 90㎝ 場所が狭ければ、別畝に計画
20210427_082515_copy_3024x2268

2020年4月20日の画像(トマトの棚)
 f9e0e11e-s

2020年4月30日の画像(アロイトマト)
NOJI1


2020年5月29日の画像(ナス・ピーマン・シシトウ)
b8c9f8b1-s



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ