のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > ジャガイモの休眠期と縮める工夫

ジャガイモの休眠期と萌芽時期

休眠期の定義
枯凋期から萌芽(5㎜)までの日数
※故凋期とは、茎葉が枯れる頃。

収穫の適期 地上部が枯凋(茎葉枯凋期)した時~10日後

①ニシユタカ   休眠期 短い   100日(仮定)
②アンデスレッド 休眠期 やや短い 120日(仮定)
③ジャガキッズ  休眠期 やや短い 120日(仮定)
④グランドペチカ 休眠期 普通   130日(仮定)

①ニシユタカ   5月30日収穫(枯凋期収穫) 
休眠期を100日で計算すると萌芽予定日は、9月7日。


②アンデスレッド 5月31日収穫
早採り収穫 
休眠期を120日で計算すると萌芽予定日9月28日 早採りなので+5日とすると10月3日


③ジャガキッズ  6月3日収穫(早採り収穫) 
休眠期を120日で計算すると萌芽日は10月1日。 
早採りなので+5日とすると10月6日

④グランドペチカ 5月26日収穫(枯凋期収穫) 
休眠期を130日で計算すると萌芽予定日は10月3日。

※収穫を枯凋期ではなく、早採りすると休眠期は長くなる。+5日と仮定した。
※保管温度を25℃以上にすると、休眠期は短くなる。−5日とした。
※浴光催芽をすると、若干休眠期は短くなる。−3日とした。


アンデスレッドとジャガキッズは、前作の収穫が遅れてたために、春作で萌芽が遅れた。そのため種イモサイズになった時点で早採りして、種イモを確保した。

枯凋期の収穫は、アンデスレッド、ジャガキッズ、グランドペチカは6月28日だった。これでは、秋ジャガの種芋としては、萌芽が遅れて芋が育たないうちに、霜が降りて終わってしまう。来年の春作の種芋として保管している。

グランドペチカの枯凋期に収穫できたのは、1年前の種芋を使ったものであった。1年前の種芋は、萌芽も早かったが、枯れる時期も早かった。

秋ジャガは、栽培期間が限定されるので、出来るだけ萌芽を早める工夫が必要だろう。
1年前の種芋を使えば、すでに芽が出ているものがあり来春の種芋作りには、重宝しそうである。





下の画像は、ジャガイモの植え付け適芽状態


参考にした記事
ジャガイモの植え付けまでの保管と準備

ジャガイモ博物館 品種目次


ジャガイモの休眠期間と保存性 - 畑・野菜の記録


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

秋ジャガの浴光催芽を始めた。
秋ジャガは、霜が降りるまでが生育期間なので、期間が限定される。なので、出来るだけ早く萌芽するように、収穫期を早くした。収穫期を早くすると、休眠期が長くなるようであるが、4、5日延びるぐらいだろう。それ以上早く収穫すればいいことだ。

休眠期を、物理的に早くする方法は、気温の高い所で保管すると早くなるようだ。また、浴光催芽をすると休眠期は早くなる。

20200811_100728_copy_3024x4032
アンデスレッド 5月31日収穫 
休眠時間を120日で計算すると、萌芽予定日9月28日



20200811_100733_copy_3024x4032
ニシユタカ 5月30日収穫 
ニシユタカは休眠期は短いので100日で計算すると萌芽予定日は、9月7日。
画像の上の3個ぐらいは、芽が動いている。

20200811_100741_copy_3024x4032
グランドペチカ 5月26日収穫 
グランドペチカは、休眠期は普通なので130日とすると萌芽予定日は、10月3日。


5
ジャガキッズパープル 6月3日収穫 ジャガキッズパープルは、アンデスレッドと兄弟なので、休眠期を120日とすると萌芽日は、10月1日。

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

1個の重さが10g以下のグランドペチカを、ダメもとで下の画像の通路の縁に植えた。種イモに使えるものがいくらかでも収穫できれば良いと思って、埋めた。
20200711_090700_copy_2268x3024


下の画像は、5月9日の画像である。
20200508_074636_copy_2268x3024

※参考 1個10gの大きさ 5個で50g

20200711_090917_copy_2268x3024

予想に反して、かなりの量の種芋が収穫できた。

20200711_090711_copy_2268x3024



重さを測ったら全部で、2㎏の収穫であった。もっと条件の良い畑で栽培すれば、より多くの収穫ができただろう。
20200711_090831_copy_2268x3024


大きめの5個の芋を測ったら、400gであった。平均で1個80gである。種イモは、40g以上なので倍の大きさである。種イモにするには、もったいないぐらいの大きさであった。
20200711_091146_copy_2268x3024

たとえ1個10gの小さなジャガイモでも、種イモを作るには、十分に使えるという実験となった。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

自家採種の種芋で、春秋の二期作に挑戦している。
デジマやニシユタカのように休眠期の短い品種なら、どのように作っても二期作は容易である。
しかし、休眠期の長い品種で二期作は難しい。
比較的、休眠期の短い品種、アンデスレッド、ジャガキッズ、グランドペチカなどは、購入種を使えば、簡単に二期作はできるが、自家採種の種芋だと萌芽時期がずれ込んでしまう。
秋作で大きくしようとぎりぎりまで育ててしまうと、春作に萌芽が遅れてしまい、次の秋作にもそれが続いてしまう。

休眠期を早める方法は、いくつかある。誰もやっているのは植え込み前1か月ぐらいから浴光催芽である。しかし、この方法で休眠期を短くできるは、4,5日ぐらいだそうだ。
もう一つは、ジベレリン処理して休眠期を破る方法である。これも実験してみたがやはり4,5日早められるぐらいだった。

そして、現在実験しているのが、次に使う種芋だけを早採りする方法だ。
ジャガイモの休眠期の性質として、早採りすることは未熟芋を収穫するわけであるが、これは休眠期が長くなるということである。どのくらい長くなるのかの資料は見当たらない。
別の性質で、休眠期間の温度が高いと休眠期は短くなるというのもある。
これから夏に向かうので、風通しの良いところに保管したとしても25℃ぐらいの温度での保管となるだろうから、十分に温度が高い状態での保管だろうから、休眠期は短くなるだろう。

つまり、未熟芋を収穫して休眠期を長くしても、これから温度が高いところでの保管となるので、延びた分ぐらいは縮まるので、早く収穫した分だけ余裕ができるのではとの仮説である。

私の今までの記録では、春作で作った種芋を秋作で蒔いて萌芽するまでの日にちは、122日ぐらいであった。6月1日に早採りして、秋作で萌芽するのは10月1日ぐらいの計算となる。そのあと約2か月ぐらい育てる期間があるので、十分に芋も大きくできるだろう。


20200531_132551_copy_2268x3024
昨日アンデスレッドを早採りした。

20200531_132601_copy_2268x3024
ジャガキッズは、萌芽が遅れた分だけ育ちが遅れている。

20200531_132447_copy_2268x3024
ニシユタカは、3作しているが、容易に二期作ができている。



9
先日の5月22日に、早採りしたグランドペチカ


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



グランドペチカが、萌芽が遅れ気味なので早めに収穫した。一株試し掘りしてみたら、種イモには、ちょうど良い大きさになっていた。
20200522_100745_copy_2268x3024


4,5株掘り起こして秋ジャガの種イモを確保した。
20200522_104409_copy_2268x3024


下の画像の左は30gで、右は70gである。

20200522_104538_copy_2268x3024

70gの種芋
20200522_104619_copy_2268x3024

種芋には不適な30g
20200522_104634_copy_2268x3024



左側は種芋40g以上。右は落選組。

20200522_105039_copy_2268x3024


取り敢えず、秋ジャガの種イモを32個確保した。40g~80g
20200522_105331_copy_2268x3024
グランドペチカの休眠期は、中ということである。アンデスレッド、ジャガキッズはやや短いほうだ。
また、ニシユタカは休眠期は短く二期作向きのジャガイモである。

グランドペチカの2018年の秋作で、暖冬のため12月15日まで収穫期を伸ばしてしまった。次の年の春作では、その影響か4月20日の萌芽となり、他の人のジャガイモよりも1か月ほど遅れてしまった。
そのため収穫を早めざるを得なくなり、種芋だけの収穫となってしまった。それが現在まで尾を引いている。今回の春作では、1年前の種芋も使って、今回の早採りにこぎつけた。今回は、早採り種イモと1年後の来春の種芋の確保も計画している。現在のところ計画通りに行っているようだ。



収穫から次作の萌芽までの日数を、計算した資料である。
2018年  秋作        10 / 3萌芽日( 9/17 植付け )          ×12 /15 収穫   

2019年  春作       ×4/20萌芽日(3/22植付け前収穫から(126曰 6 /10~ 6 /24収穫
                         
2019年  秋作       10/ 9萌芽日(8/14植付け)前収穫から (121日 11/ 26~11/30収穫
                          
2020年  春作       3/ 31萌芽日(3/8植付け ) 前収穫から (126日)   5 /22収穫
 
予想                             
2020年  秋作   9/2110/1萌芽日(8/中旬 植付け)(5/22から 122日目 11/20~11/30収穫                      




①未熟な状態で収穫すると、休眠期が長くなる。
②貯蔵温度を高くすると、休眠期は短くなる。


3



我が家のじゃがいもの品種と特徴。
http://nojisan1.livedoor.blog/archives/21698085.html
4

ジャガキッズパープル『皮は紫色で、肉色は濃いめの黄色。やや煮崩れはしやすい。舌触りが滑らかなので、ポテトサラダなどすると、色も濃い目の黄色で見た目もきれいで、おいしい。 火の通りが早く、煮くずれしやすいので、調理の火加減には注意が必要。』引用元

アンデスレッド『果肉はカロテンやビタミンCが豊富で、甘味のあるクリーミーな舌ざわり。加熱をすることで、ホクホクとした食感に仕上がり、煮崩れしやすいので、ベイクドポテトやコロッケ、ポテトサラダに利用するのがおすす。』引用元

ニシユタカ『肉色は淡い黄色で肉質は硬い。昔食べたような、懐かしい味。じゃがいも特有の香りと味。特にじゃがバターで食べるとよくわかる。あまり好みじゃない方は煮物がお勧め。煮くずれが少なく、ほくほくしていておいしい。』引用元

グランドペチカ(デストロイヤー)『
デストロイヤーは、サツマイモと栗とジャガイモを合わせたような、食感と風味を持っています。 火を通すとほくほくとした食感が出て、しかも火が通るのが早いにも関わらず、煮崩れにくいという珍しい特性を持っています。そういった意味では、肉質はやや粉質っぽい食感ではあるものの、性質としては粘質です。 また、栗のような甘みとコクがあり、非常においしいジャガイモといえます。表皮の色も珍しいので、皮つきのまま調理するのも良いでしょう。』引用元

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




↑このページのトップヘ