のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 友人の畑

昨年、100坪の畑を購入した友人。
すぐに小屋作りを始めた。生まれて初めて小屋を作ったようで、大変苦労したようだ。
周りには、小屋作りの名人の大先輩たちがいる。しかし、みんな手伝いたいのだが小屋作りの楽しみは、自分で一から作ることである。それをみんな知っている。我慢して見守っていた。

笑ってしまうくらいの面白いエピソードを、たくさん残してくれて友人の秘密基地は、完成した。

今日は、娘夫婦が朝から仕事で、近くに住む友人夫婦が、孫たちのお守りを頼まれたようだ。
孫のために、サツマイモを作ったり、柿の木やミカンの木を育てたりしている。

今日はさっそく、サツマイモを掘って焼き芋を作っていた。
今日の日のために、薪を燃やして使う竈を、買って置いたようだ。
20201101_140438_copy_3024x2268


サツマイモを直に焼いていたので、アルミホイルを私の所から持ってきてあげた。
薪も提供してあげた。
これからどんどん、畑で遊ぶ、野外活動用に、色々なグッズが用意されていくことだろう。
20201101_140411_copy_3024x4032


20201101_140422_copy_3024x4032



孫たちは、おばあちゃんと土いじりをしている所だった。
20201101_140428_copy_3024x4032

私は、柿をお土産に持って行った。
20201101_140132_copy_3024x4032

上の子は4歳で下の子は1歳である。下の子は女の子だと思ったら、どちらも男のであった。
上の子は何回も畑に来て、私の緑の畑用イスが好きで、押し車にして遊んでいた。

しかしながら、下の子は初めての出会いだったので、突然現れたので、泣かれてしまった。
20201101_140151_copy_3024x4032

その場を離れて、秘密地基地の椅子から孫たちの様子を観察した。
20201101_140510_copy_3024x4032


お兄ちゃん。
20201101_140518_copy_3024x4032


弟。
20201101_140530_copy_3024x4032


二人仲良く遊んでいる。

20201101_140538_copy_3024x4032


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


今まで借りていた畑の地主の長老が昨年亡くなり、そのご子息が遠方に住んでいるので畑を買ってくれる人を紹介してほしいとの依頼があった。
友人に話したら、すぐに話がまとまった。
ここの菜園の中でも、一番日当たりの良い畑であった。
休憩する小屋も建て、休日には彼の娘が孫を連れて畑に遊びに来るようになった。

下の画像は、キャベツであるが苗は私が提供したものである。
友人は、鶏糞を大量に使って野菜作りしている。
20201025_135317_copy_2268x3024


肥料が良く効いているようで、キャベツの葉も大きく育っている。
20201025_135333_copy_2268x3024


私が作っているキャベツよりも、ずっと大きく育っている。
20201025_135352_copy_2268x3024

下は、ニンニクの畝である。中国ニンニクとホワイト6片が作付けされている。
20201025_135415_copy_2268x3024

下は、玉ねぎの畝である。すでに購入苗が植え付けられている。
20201025_135423_copy_2268x3024

今販売されている苗は、細いようである。
私の現在育苗している苗よりは、長くて太いようだ。
20201025_135428_copy_2268x3024


下は、青首大根である。今年は青首大根で沢庵を作るようだ。
すでに、食べられるサイズに育っている。先日3本頂いた。
20201025_135453_copy_2268x3024

先日頂いた青首大根の画像

20201023_092322_copy_2268x3024

友人の鶏糞大量投入のサツマイモ畝
20201025_135505_copy_2268x3024



下はブロッコリーである。早々と苗を購入して植え付けたので、大きく育っている。
20201025_135513_copy_2268x3024

白菜は、早々と結球して大きくなっている。
20201025_135521_copy_2268x3024

下は、サトイモのセレベスと土垂である。セレベスは私が苗を提供した。
20201025_135528_copy_2268x3024

下のネギは、坊主知らずである。春に私の所から引っ越ししたものである。
植え付けた時期が良かったので、順調に育っている。
20201025_135544_copy_2268x3024

下の中央に植わっているのはらっきょうである。
その右となりは根深ネギと下仁田ネギであるが、夏にだいぶ食べてしまって歯抜けになっている。
20201025_135554_copy_2268x3024

畑は全部で100坪の広さがあるので、たくさんの野菜が作れている。
下は青梗菜、小松菜、レタス、ほうれん草等である。
20201025_135606_copy_2268x3024

下は、ニンジンとカブが作付けられている。
20201025_135613_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

隣の菜園の大先輩の玉ねぎである。苗を買いに行ったら売ってないので、種を直播きしたようだ。
今までずっと苗を買っていたが、昨年初めて苗床で作ったが大失敗したので、直に蒔いたようだ。
一粒ずつ種を蒔いたようである。

20201009_084642_copy_2268x3024


ほとんどが発芽していて、素晴らしい。

20201009_084654_copy_2268x3024

下の画像は、友人の畑のにんじんの畝である。
昨年大失敗したので、種の蒔き方を教えてあげた。
コーティングされた種とダイソーの種の両方を蒔いたようだ。
下はダイソーの種だ。
20201009_084745_copy_2268x3024

友人は大量に撒くのは鶏糞だけでなく、種もごっそりと蒔くのが好きなようだ。
種を蒔いたら、燻炭を掛けてしっかりと踏みつけるという、種まきの極意を教えてあげたら、たくさんの芽が出た。
20201009_084800_copy_2268x3024



下の画像は、小松菜である。
こちらも種をごっそりと蒔いてある。
20201009_084830_copy_2268x3024


下の画像は、コーティングされたニンジンの畝である。
20201009_084858_copy_2268x3024

コーティングされた種は高いので、1粒ずつ蒔いたようだがうまく発芽していないようだ。
しっかり出ているところは、種が足りなかったので、ダイソーの種を蒔いたところのようだ。
20201009_084907_copy_2268x3024


下の画像は、ほうれん草であるがうまく発芽していない。
私が紹介した井原本の種まきの極意通りに蒔いたのだが、石灰を蒔き忘れたようだ。ほうれん草だけは、石灰を蒔かないとなかなか育たない。
画像で白い部分は、2度目に蒔いたときに、苦土石灰か何かを蒔いた後であるようだ。
20201009_084922_copy_2268x3024


出なかったところに、石灰を蒔いて種を追加蒔きしたようだが、種が浮いている。
20201009_084945_copy_2268x1701


種を蒔いて、燻炭を掛け、踏みしめるまでは覚えていたようだが、芽が出るまでは、新聞紙か不織布でも被せて置いて、雨などに種を穿られないようにするという注意点を忘れたようだ。
種が発芽して、踊っている。一回目の種まきの時は不織布で覆っていた。
20201009_085001_copy_2268x1701

下は、青梗菜の畝だ。
20201009_085023_copy_2268x3024



青梗菜は我が家では人気が無いので作らないが、移植は簡単なので、下の画像の1か所だけで20株ぐらいになる。
なにも、1袋全部蒔かなくとも、3年分ぐらいの種が入っている。
20201009_085035_copy_2268x3024



下の画像は、私のところから分家した坊主知らずである。
春に移植したので、順調に育っている。
私のところの物よりも数倍元気に育っている。移植時期が大事なようだ。
20201009_085137_copy_2268x3024



下が、坊主知らずの畝である。
20201009_085143_copy_2268x3024


下の画像は、1本根深ネギと下仁田ネギである。
春先に、太い苗を買ったが途中で全部トウ立ちして、足踏みした。
友人はネギは一年中食べられると思っていたようで、左側の1本根深ネギは、夏に半分以上食べてしまった。
普通のネギは、冬に食べる品種である。
去年までは、私が彼の家族分までネギを作っていたが、夏に食べていたのは、坊主知らずであった。
坊主知らずは、上手に作ると夏に分げつしても、ちょっと細いが薬味程度には役に立つ。

20201009_085211_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

下の画像は、坊主知らずである。
春に私のところから分家した株である。
本家は、梅雨時に植え替えてしまったために、軟腐病でヘロヘロになってしまった。

20200823_101554_copy_2268x3024


最近、友人は車で5分の所にある無料の置き場から、馬糞堆肥をせっせと運んでいる。
軽自動車の後ろに、鶏糞堆肥用の袋に15袋ぐらいずつ運んできては、畑に投入している。下の画像の坊主知らずネギに撒いてあるのが、馬糞堆肥である。
20200823_101542_copy_2268x3024


下の画像は、下仁田ネギと一本根深ネギである。
こちらにも馬糞堆肥をふんだんに撒いてある。知り合いのプロのネギ農家の知り合いが、ネギには馬糞堆肥が一番いいと言っていたことがあった。
馬糞堆肥は、土壌改良にはとても良い資材である。
20200823_101636_copy_2268x3024


カインズホームで馬糞堆肥の値段を見てびっくりした。
40Ⅼであるが、袋の大きさは鶏糞堆肥と同じぐらいである。
20200823_133906_copy_3024x4032

なんと値段は700円近い。友人が15袋を運んできて撒いている馬糞堆肥をその値段で計算すると、1万500円となる。朝に5分で取りに行って20分ぐらいで15袋を積み込んでしまう。わずか30分の作業時間である。30分で1万500円だから、時給にすると2万1000円になる。
それが無料で頂けるなんて、本当にありがたいことだ。
20200823_133900_copy_3024x4032


下の画像は、馬糞を10袋ぐらい投入した後、1回耕耘した。そのあとに6袋ぐらいの大量鶏糞を撒いたあと、2回目の耕耘作業をした。耕耘作業は私の仕事である。畑はすでにフカフカになっている。
20200823_101646_copy_2268x3024


下の画像も同様に、馬糞堆肥と鶏糞堆肥を撒いてある。上と同様に1回ずつ耕耘してある。
20200823_101659_copy_2268x3024



サツマイモが出来ない畑だとずっと長老たちが言っていた。それを、友人が鶏糞の大量投入で、大きなサツマイモをゴロゴロ生らせて、都市伝説を覆してしまった。今年も友人のサツマイモは、順調に育っている。鶏糞の肥料分の割合とサツマイモの専用肥料の配分比が似ていた。
20200823_101717_copy_2268x3024


柿の木の下に植えた里芋も、もちろん鶏糞堆肥が大量に投入されている。
20200823_101749_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


友人は今年で61歳。あと20年から30年は遊べると秘密基地作りを始めた。小屋はほぼほぼ完成した。小屋の前でバベーキューなどしてみたい。
多少のプライバシーは必要だろうと、目隠しの塀を作った。
20200424_084237_copy_2268x3024

水道の蛇口が小屋の近くにある方が便利だろうと知り合いの電気屋さんに、簡単に作って貰った。
ポンプは、3.4年前に最新の物に取り替えてある。私と大先輩が資金を出した。私の秘密基地にも2本ほど伸ばしてある。


20200424_084350_copy_2268x1701

小屋から通路を見た画像である。前の小屋は隠れて互いのプライバシーは確保された。
20200424_084407_copy_2268x1701


通路から見た画像である。
20200424_084247_copy_2268x1701

通路の奥から見た画像である。畑の回りはフェンスで囲ってある。
20200424_084447_copy_2268x3024

友人の100坪の畑の全体画像である。
20200424_084508_copy_2268x1701

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


 

↑このページのトップヘ