のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 友人の畑のコーナー

👇は、友人の畑の中に建てた掘立小屋である。
IMG_20240623_8532


👇は、南側の大先輩の畑から、100坪の全景を撮った画像である。
IMG_20240623_10345


👇は、スイカの畝である。
IMG_20240623_11320


👇は、防虫ネットで囲ってあるのは枝豆だろうか。奥は人参である。
すごい量なので、時々お裾分けを頂いている。
IMG_20240623_8950


👇は、千両二号ととんがりパワーである。どちらも私が育てた苗を提供している。
IMG_20240623_9431


👇は、オクラである。こちらのオクラも苗を提供している。
何株かは、ネキリムシにやられてしまったようだ。
IMG_20240623_8141


👇は、Qナッツである。
今年は、オオマサリがネズミに食われてしまったので、小さな落花生で我慢してもらっている。
IMG_20240623_7730


👇は、長崎こがねである。
友人は、ジャガイモでは失敗したことは無い。いつも大きなものがゴロゴロと収穫できている。
施肥は、元肥に鶏糞堆肥を撒いている一発施肥である。
IMG_20240623_6516


👇は、カボチャである。
カボチャも毎年、3、40個を収穫している。
IMG_20240623_6889


👇は、畑の境界の所に無肥料で栽培しているミニトマトである。
苗は私が提供したものである。
IMG_20240623_11759


👇は、西側の通路にあるフェンス際に、アロイトマトやミニトマトを作ってある。
こちらも無肥料栽培をしている。剪定をしない放任栽培である。
IMG_20240623_9922


👇は、インゲンである。モロッコインゲンと蔓ありインゲンを作っている。
苗は私が提供している。
35年ぐらい前に、周りの山と同じような山を開墾して、家庭菜園として売り出した約500坪の畑である。
元の地主は亡くなってしまって、その家族から私に依頼があって、友人を紹介したものである。
この場所が、日当たりが一番良い畑である。友人はラッキーであった。
IMG_20240623_10804



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、友人の畑の玉ねぎとニンニクの畝である。
20240309_082729_copy_3024x2268


👇は、中晩生の玉葱のである。
毎年、画像のような立派な株立ちに育っている。
彼の施肥は、とても特徴的である。玉ねぎもニンニクも鶏糞の一発施肥である。
施肥量は、一般では考えられない3kg/㎡の多肥栽培である。
1畝に、15㎏の鶏糞を3袋投入する。
20240309_082742_copy_2268x3024


👇は、赤玉ねぎである。こちらもかなり立派に育っている。
1ヶ月に2回の、Zボルドー散布の、ベトビョウやさび病対策を行っている。
消毒は、私が自分の所と一緒に行っている。
20240309_082811_copy_2268x3024


👇は、ホワイト6片である。自家産の種ニンニクを使っている。
今年は発芽率も良かったし、生育も素晴らしく順調である。
20240309_082843_copy_2268x3024


👇は、我が家の第1菜園のエンドウの棚である。
20240309_083111_copy_2268x3024


👇は、絹さやである。花は咲いているが、まだ莢は出来ていないようだ。
20240309_083134_copy_2268x3024


👇は、スナップエンドウである。1畝を半分ずつ作付けてある。こちらはまだ花が咲いていない。
20240309_083220_copy_2268x3024


👇は、12月に直播した下仁田ネギである。
20240309_083303_copy_2268x3024


育ち方はバラバラであるが、確実に育っているようだ。
20240309_083311_copy_2268x3024


👇は、残り3株となった90日白菜である。
月曜日に絵手紙の先生が妻の塾に英会話の勉強にやってくるので、二人分と相棒と我が家の4軒分で、7,8㎏の重さの白菜を4等分する予定である。4分の1でも2㎏近くになる。
20240309_083414_copy_2268x3024


👇は、温床で低温栽培しているトマトの苗である。
早く種を蒔きすぎてしまったので、4月下旬の植え付けまでに育ち過ぎないように、ゆっくりと育てている。
中玉が3品種とミニトマトが9品種の画像である。
20240309_095626


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、友人の畑の玉ねぎの畝である。
月に2回の殺菌消毒を行っている。
私の畑をやる時についでに行っている。
特に、友人の玉ねぎは、鶏糞の1発施肥でかなりの施肥量なので、春先にベトビョウに罹りやすい。
昨年も、4月頃に若干ベトビョウにやられた。
20240209_112427_copy_2268x3024



👇は、中晩生種の玉ねぎを作付けてあるが、いつものようにかなり太く育っている。
鶏糞の1発施肥だと、かなり茎が太くなってもトウ立ちすることは、非常にまれである。
20240209_112455_copy_2268x3024



👇は、自家採種の種ニンニクを作付けた所である。
去年は、種を吟味しなかったために大きさがバラバラであった。
今年は、良い種を植え付けたので平均に育っているようだ。
20240209_112531_copy_2268x3024


👇も、玉ねぎ同様に、3kg/㎡の鶏糞一発施肥で育てている。
20240209_112540_copy_2268x3024



👇は、私の第1菜園の、中晩生種の玉ねぎの畝である。
20240209_112805_copy_2268x3024



所々が苗が小さかったためか、枯れている所もある。全体的には、上手く育っている感じだ。
20240209_112813_copy_2268x3024



👇は、第2菜園のニンニクとジャンボニンニクの畝である。
ニンニクは、手前に100株ほど作っている。
残りは、全部ジャンボニンニクである。
ジャンボニンニクは、黒ニンニクにする予定である。
20240209_112917_copy_2268x3024



👇は、にんにくの拡大画像である。
友人の所ほどでは無いが、まあまあに育っている。
私は、鶏糞と化成を半々に使っている。
20240209_112922_copy_2268x3024



👇はミニハウスの中で、自家採種用の篠原早生白玉ねぎを育てている。
この品種は、12月に収穫できてしまうので、種に使うためには、夏を越させないとならないが、それが難しい。
なので、乾燥させた後、夏になったら冷蔵庫に保管して、秋に植え付けることでなんとか乗り越えた。
20240213_144047_copy_2268x3024




今年は、生き残った玉ねぎが10個以上あったので、分げつしてそれぞれの玉が大良く育った。
年内に画像のような大きな玉ねぎが出来たら、とても素晴らしい事である。超極早生玉ねぎは、3月頃に収穫できるが、そんなに大きくならない。
👇は、玉ねぎの幅が12㎝近くなっている。
玉ねぎは、2Ⅼサイズでも8~9㎝である。10㎝以上は、特大サイズである。
20240213_143741_copy_2268x3024



👇は、ベスト5を選んで、画像に撮ったものである。
3個に分げつして、11㎝クラスに育った。
20240213_143832_copy_2268x3024



👇は、4個に分げつしたが、1個だけ11㎝に育った。
20240213_143911_copy_3024x2268



👇は、10㎝弱の1個だけの玉ねぎである。
20240213_144012_copy_2268x3024





👇は2個に分げつして、それぞれ11㎝級の玉ねぎに育っている。
来年は、3個に分げつした物を、トウ立ち前の今頃に収穫して、サラダにして食べてみようと思っている。
20240213_143930_copy_3024x2268





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村




1、2か月に1回ぐらい友人の畑の画像を撮って置き、作付けの参考になればと考えている。
👇は、友人の畑を大先輩の畑から撮った画像である。
友人の畑は、全体で500坪の共同開発された菜園の中で、日当たりが一番良い畑である。
20231214_073758_copy_2016x1512



今年は、種を早く蒔きすぎたようで、大きくなりすぎて沢庵大根に使えるものが少なかったようである。
20231214_073813_copy_2016x1512



👇は、小屋のある所から、西側に向かって撮った画像である。
畑に流し場を作ることが出来るのも、私たちの菜園の恵まれた環境の一つである。
20231214_073844_copy_2016x1512


キャベツと人参とネギである。
キャベツは一斉に収穫時期を迎え、捌くのが大変だったようだ。
ネギは坊主知らずと1本ネギが植えてある。購入苗だと、ズラシての収穫が難しい。
20231214_073859_copy_1512x2016


👇はそら豆である。私の育苗した苗をお裾分けしたものである。
1畝で十分な収穫ができると言って、それ以上は遠慮されてしまった。
20231214_073927_copy_1512x2016


👇は、大根と白菜の畝である。
20231214_073939_copy_1512x2016


👇は、イチゴの苗である。私が提供した章姫である。
来春は、孫にいちご狩りをさせてあげようと、導入した。
20231214_073953_copy_1512x2016




👇は、ニンニクの畝である。
自家産の種ニンニクを使ったようである。品種はホワイト6片である。
去年よりも生育に勢いがある。
20231214_074005_copy_1512x2016


👇は、早生の赤玉ねぎと中晩生の玉ねぎ畝である。今年は1畝にしたようだ。
今の所、殺菌消毒はしていないが、生育状況は非常に良好である。
20231214_074035_copy_1512x2016


👇は、白菜と大量のスティックセニョールである。
20231214_074045_copy_1512x2016



👇は、スティックセニョールである。
毎年、食べきれないほどのスティックとブロッコリーを作付けている。毎年春まで収穫が続いている。
20231214_074054_copy_1512x2016


野菜は、食べきれないぐらい作るのが楽しいようである。
私もブロッコリーは大好きなので、時々頂いている。
20231214_074109_copy_1512x2016



👇は、私が自家採種した碧南鮮紅五寸人参の種を提供した。
発芽率も良く作付けもばっちりなようである。
私は、3回蒔き直したが、友人は一発でうまく行った。
20231214_074239_copy_1512x2016


👇は、私が提供したとんがりパワーであるが、霜にも負けずまだ現役である。
20231214_074312_copy_1512x2016


画像のような立派なピーマンがまだいくつも生っている。
20231214_074339_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、友人の畑を大先輩の畑から撮った画像である。
友人の畑は、日当たりが一番良い畑である。
20231122_101431_copy_2016x1512


👇は、小屋のある所から撮った画像である。
20231122_101456_copy_2016x1512




キャベツと人参とネギである。ネギは坊主知らずと1本ネギが植えてある。
20231122_101512_copy_1512x2016



キャベツは、購入苗を育てている。
20231122_101521_copy_1512x2016


👇は、碧南鮮紅五寸人参である。
種は私が提供した。今年は、大豊作の様である。
20231122_101533_copy_1512x2016


👇は、株の大きなものを掘り起こして、生育状況を見させてもらった。
すでに、収穫サイズになっているようだ。
20231122_101654_copy_1512x2016


👇は、ほうれん草と小松菜、水菜の畝である。
ほうれん草は治郎丸ほうれん草である。
こちらも種を提供してある。3品種とも綺麗の発芽が揃っている。
20231122_101800_copy_1512x2016


よく見ると、所々に欠株があるが全く問題ないだろう。
大きくなると、直ぐにいっぱいになるだろう。
20231122_101807_copy_1512x2016



画像手前が小松菜で、奥が水菜だろう。
20231122_101834_copy_1512x2016



👇は、長崎こがねである。
何株か掘り起こしたら、結構豊作の様だと言っていた。
20231122_101848_copy_1512x2016



👇は、大根と白菜の畝である。
大根は早く種を蒔いたようで、すでに足の太さになっていた。
20231122_101927_copy_1512x2016


👇は、ニンニクとレタスミックスの様だ。
20231122_101941_copy_1512x2016


レタスミックスとサニーレタスとエシャレットが植えてあった。
20231122_101953_copy_1512x2016


👇は、早生の赤玉ねぎと中晩生の玉ねぎ畝である。今年は1畝にしたようだ。
20231122_102008_copy_1512x2016


👇は、白菜と大量のスティックセニョールとブロッコリーである。
20231122_102021_copy_2016x1512


👇は、スティックセニョールである。
今年は、頂花蕾をカットしてあるので、食べごろの茎ブロッコリーがたくさん出来ている。
20231122_102034_copy_1512x2016


👇は、その食べごろとなっている茎ブロッコリーである。
20231122_102045_copy_1512x2016


👇は、ブロッコリーが、これまた2畝作付けてある。
20231122_102053_copy_1512x2016


ブロッコリーも収穫時期を迎えている。
20231122_102101_copy_1512x2016


👇は、八朔か夏ミカンである。5年ぶりぐらいで実が生った。
その頃は、私がこの畑を借りて管理していた。
20231122_102119_copy_1512x2016


👇は、土垂である。今年はちゃんと土を掛けているようだ。
毎年、土寄せをやっていなかったので、子芋孫芋が飛び出していた。
20231122_102129_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ