のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 友人の畑

👇は、友人の畑のニンニクの畝である。
20220323_085842_copy_2268x3024



友人の施肥は、鶏糞オンリーである。3kg/㎡の多肥栽培である。
この施肥量で、過去3年間失敗は無い。と言うよりも、毎年豊作である。私も昨年から、ニンニクと玉ねぎ栽培で、鶏糞大量施肥栽培を、真似している。私の場合は2.5kg/㎡の施肥量である。
👇のニンニクの品種は、ホワイト6片である。どの株も立派に育っている。
20220323_085851_copy_2268x3024


👇は、玉ねぎの中晩生種である。当初、苗が活着して、直ぐに何らかの原因で、かなりの株が消えてしまった。第2弾に、やや細めの苗を補強して植えたが、しっかりと育っている。
20220323_085906_copy_2268x3024



この時期としては、立派に育っている感じである。毎年大きなタマネギが収穫出来ている。
20220323_085913_copy_2268x3024




👇は、赤タマネギと早生玉ねぎである。晩生種とは、明らかに太さ大きさが違う。
20220323_085921_copy_2268x3024



こちらは、例年太過ぎる感じで育っているが、何本かトラ立ちするぐらいである。鶏糞一発栽培は、窒素肥料の消化が早いので、大きく育ってもトウ立ちするものが少ない感じである。
20220323_085930_copy_2268x3024



👇は、昨年同じものを作ってリベンジ栽培をした超晩生白菜である。今年は、適期に苗を購入して作したが、やっぱり駄目だったようだ。私も同じような品種で120日白菜を種から育てたが、ダメだった。
20220323_085941_copy_2268x3024

立派な花芽が出ている。
12月か1月には、ある程度結球させておかないと、トウ立ちしてしまうようだ。
20220323_085949_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

時々友人の畑の野菜を記事にしている。
今回は、葉物野菜を中心に載せた。

👇は、ほうれん草である。友人の作付けの特徴は、1畝全部同じ野菜が作られている。ほうれん草が食べごろとなっている。第1弾の発芽が思わしくなかったので、二度蒔きしていた。
20220205_165239_copy_2268x3024


友人は、3月下旬ごろにほうれん草がトウ立ちしても、結構長い間収穫して食べている。きっと今年も4月ごろまで、ここのほうれん草を収穫しているだろう。
20220205_165252_copy_2268x3024


👇は、青梗菜である。さすがに青梗菜は、畝の半分の作付けである。
20220205_165257_copy_2268x3024


種を蒔いたのが遅かったようで、今頃がちょうど食べごろになっている。青梗菜もほうれん草も寒さには、比較的強いので防寒対策はしていない。
20220205_165303_copy_2268x3024


家庭菜園で売り出された時に、全部で500坪の畑であった。友人の畑を作っていた前の地主は、売り出した人と知り合いだったので、一番条件の良い畑を購入した。周りは山に囲まれていて、東側と南側が日陰となるものが無いので、日当たりも良いし、寒風も北と西側の山に遮られて暖かい。

👇は、青梗菜の隣の小松菜だと思う。
20220205_165324_copy_2268x3024


友人は、小松菜を毎年作っているが、私の所では小松菜は食べない。
20220205_165334_copy_2268x3024


👇は、京水菜である。外葉は枯れたようだが、内部からは次々と新芽が出ている。
20220205_165354_copy_2268x3024


水菜も比較的寒さには強そうである。これも日当たりが良くて、風よけのある畑だからだろう。
20220205_165358_copy_2268x3024



👇は、白カブだが、種まき時期が遅かったようである。
20220205_165521_copy_2268x3024





👇は、大先輩の畑のそら豆である。種を早く蒔きすぎて、大きくなった枝がうなだれてしまっている。葉も黒くなって枯れている。
20220204_084938_copy_2268x3024_1


株元をよく見たら、小さな脇芽がたくさん出ている。この画像を撮ったのは、金曜日であるが、昨日大先輩がみえたので、ある実験を提案してみた。
20220204_084932_copy_2268x3024_1


それが、👇の画像である。
大きくなってしまった枝を全てカットして、下のほうから出ている脇芽を伸ばしたら、そこに花が付き莢が着くのではないか。そう思って、大先輩に実験栽培を提案した。
20220205_164723_copy_2268x3024


👇の画像を見ると、普通に育っているソラマメのようだ。長くなった親枝はすべて切り取った。
20220205_164729_copy_2268x3024


他のカブも大きく育ってしまった親枝はすべてカットして綺麗にした。根はしっかり育っているようなので、小さな脇芽もだんだん太く大きな枝に育つかもしれない。
20220205_164735_copy_2268x3024


暖かい日に、追肥をやることを勧めようと思っている。
20220205_164835_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

一緒に家庭菜園をやっている友人の娘さんが、マイナビ2022の取材を受けて、記事になったと教えてくれた。マイナビ2022は、企業と学生とを結びつける新卒採用サイトである。

娘さんは、二人の男の子を育てながら働いている。記事では、ベーカリーの担当者として、パンの製造、販売、発注、作業工程の構築、十数人いる従業員の勤務管理など、マネジメント全般を行っているという。大学で管理栄養士の資格を取り、それが生かせるのではと、株式会社マルエツに入社した。マルエツは、カスミ、マックスバリュ関東などと、イオン系のユナイテッド・スーパーマーケットホールディングスの傘下にある一流企業である。

父親としては、どんなことがあっても仕事は絶対やめるなという、友人らしい教育であった。
娘さんは、小さいころから私の畑に連れてこられて、休日には兄弟とも土いじりをして遊んでいた。
小さな小屋も、私が建ててあげた。娘さんと私との縁は、それだけでない。中学1年生の時に、私の妻が彼女の担任になったりした。そして弟は、妻が教員をやめて塾を開業した時の、第1号の塾生であった。

記事元 女性のキャリアを考える本2022 (mynavi.jp)

1641034157808
1641034157838


マイナビ2022とは?
『学生からも求人企業からも業界トップクラスのサイトとして信頼を集めている新卒採用サイト。
学生の"知りたい"と企業の"伝えたい"をつなぐ充実したコンテンツで求人企業の強みや特徴、働く人のリアルを届け、学生の属性・志向に合わせた、きめ細やかなコミュニケーションが実現できるサービス設計となっている。』


👇の画像は、孫たちが友人の畑の秘密基地に遊びに来た時に、スナップ写真を撮らせてもらった時のものである。
1641034157891


1641034158498



1641034158817



1641034159116




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


時々、友人の畑の様子を記録している。
👇は、入口から入って、小屋の前の畝を撮った画像である。主に葉物野菜が作られている。青梗菜、小松菜、ほうれん草、水菜等である。
20211222_081410_copy_3024x2268

👇は、ミックスレタス類とホワイト6片ニンニクである。
20211222_081424_copy_3024x2268

ニンニクは、大きく育っている。
20211222_081432_copy_2268x3024

👇は、坊主知らずネギと1本ネギである。
20211222_081443_copy_2268x3024

坊主知らずネギは、私の所から行った物である。既に、収穫出来る大きさに育っている。
20211222_081453_copy_2268x3024

👇は、秋ジャガイモ2畝、青首大根2畝、沢庵大根2畝が植えられていた畝である。
20211222_081503_copy_3024x2268



👇は、中晩生玉ねぎと早生と赤タマネギの畝である。
20211222_081521_copy_3024x2268



👇は、大きく育ったダイコンを、穴を掘って埋めて、防寒対策をした所である。
20211222_081530_copy_2268x3024


立派な青首ダイコンである。
20211222_081533_copy_2268x3024



👇は、120日白菜かも知れない。今年の3月頃に結球を始めたが途中で、とう立ちしてしまった。今年はそのリベンジかも知れない。 
20211222_081544_copy_2268x3024

👇は、そら豆である。苗は、私が提供した。
20211222_081549_copy_2268x3024


👇は、ブロッコリー2条とスティックセニョール2条である。毎年沢山作って3月一杯まで収穫している。
20211222_081602_copy_3024x2268

今年は、ブロッコリーの生長が早い。
20211222_081614_copy_2268x3024

👇は、第2弾の90日白菜だろう。彼は、ブロッコリーやキャベツ、白菜は、全て苗を購入している。
20211222_081619_copy_2268x3024


👇は、人参である。今年は出荷出来るほどたくさん、上手く生長している。昨年失敗しているので、今年は気合いを入れたのだろう。さて、近くに娘さん家族が住んでいるが、畑の野菜は、一向に減っていない。この人参もどう処理するのか、他人事ながら気になってしまう。
20211222_081628_copy_2268x3024


👇は、夏みかんである。とても甘くて美味しい。私が畑を借りて作っていた時には、沢山生った。その後、大先輩と隣の長老が、強剪定してから生らなくなってしまった。その後私が管理するようになってから、ようやく今年着果した。
20211222_081633_copy_2268x3024


👇は、みかんでも柚子でも無い。とても酸っぱいのでカボスかスダチだと思う。元地主の故人が植えた物だ。
20211222_081652_copy_2268x3024



太くなった青首系のダイコンを干して、沢庵を作ろうとしているようだ。吊るしかたは、私が紹介してあげた。太いのではないかと心配していたので、私の作っている練馬大根は、プロ農家がこの倍の長さで同じような太さので沢庵を作っているという画像を見せてあげた。
20211222_081800_copy_2268x3024
 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

友人が、グランドペチカとながさき黄金を収穫した。
種芋は、私がお裾分けしたもので、同じ時期に植え付けてある。
なので、私のジャガイモも、どのくらいの状態に育っているかがわかる。

20211120_113004_copy_2268x3024


ながさき黄金が4,5個、グランドペチカが3,4個の感じである。
どちらも1畝ずつ作付けしてある。

20211120_113116_copy_2268x3024




大きな芋は、グランドペチカで1,2個で、ながさき黄金は、中サイズが3,4個という感じか。
20211120_113016_copy_2268x3024



20211120_113026_copy_2268x3024



20211120_113057_copy_3024x2268


豊作というほどではないが、秋作としては上出来な方だと思う。友人のジャガイモも茎は細く弱々しかったということだった。私の畑同様に徒長してしまったようだった。
20211120_113229_copy_2268x3024



前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

↑このページのトップヘ