のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:ミニビニールハウス > トマトの水ストレス栽培

今年のトマトの抑制栽培は、袋栽培による水ストレス栽培である。
春には、6本仕立ての垂直仕立て栽培を行ったが、すぐに天井に達してしまって失敗してしまった。
トマトはたくさん生ったが、梅雨の長雨でトマトの糖度は全く上がらなかった。
ミニハウスなので、ほとんど土中は露地栽培と同じように、雨が降ればトマトは水分過多で実割れがしてしまった。

そこで、今回は水は意図的に与えないとならない袋栽培にした。
水をコントロールして、トマトにストレスを与えることで糖度をあげようとの実験である。

トマトの品種は、プチぷよのF1の挿し木苗を3本頂いたものである。
我が家のプチぷよF3は、糖度10度を記録したが露地栽培すると皮がざらざらになってしまう欠点があった。今回、新しく種を採る目的も含まれている。
20200902_084138_copy_2268x3024

二株のプチぷよに花芽が着き、花が咲きだしている。
現在育てているプチぷよF3は、この段階で葉に病変が出てしまう。
画像のプチぷよは、綺麗な健康的な色である。

「cfプチぷよ」は、葉カビ病抵抗性(cf9)を持っているとある。
F2になると、この葉カビ病抵抗性が無くなってしまうのだろうか。
20200902_084146_copy_2268x3024

葉カビ病
6
これほどひどくは無いが、小さな薄い斑点がでる。



そのほかに、アロイトマト、ピッコラルージュ、アンジェレ、乙女の涙も挿し木苗に根が出たものから順に定植して行っている。
20200902_084125_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

暑い時期のトマトの挿し木は難しい。
直ぐに腐ってしまう。
挿し木苗を半日ぐらい日陰に置いて切り口を乾かす。葉はあまり水分が飛ばないように、ポリ袋でカバーした。
IMG_20200828_101020

水は、茎1cmぐらいまで入れる。
出来るだけ、切り口のまわりに根を出すのがポイントだそうである。水が多過ぎると、茎が溶けてしまう。水は毎日換える。
20200828_081225_copy_2268x3024

涼しい場所で4、5日置いておく。
20200828_073402_copy_2268x1701


下の画像は、先日挿し木苗を頂いたものを、袋栽培している。
今回の抑制栽培では『水ストレス栽培』がテーマである。
水を出来るだけ少なくして育て、トマトの糖度を上げようとする試みである。
昨年ども余った苗を鉢に植えて、ブドウハウスの中にある温床の上に置いて育てた。
プチぷよやピッコラルージュで、糖度10度を記録した。

20200828_073718_copy_2268x3024



定植して1週間ぐらいたが元気に育っている。
まだ、水は普通に与えている。
トストの木がある程度大きくなってきたら、徐々に水を辛くして行こうと考えている。
木が小さいとミニではなく、マイクロトマトになってしまう。

20200828_073707_copy_2268x3024



一昨年、残り苗をハウス内で、鉢で『ストレス栽培』をした結果、
『プチぷよ』で糖度10度を記録した。
blog_import_5c7d2e3285fbe





下の画像は、ミニビニールハウスである。
トマト専用のハウスとして使っている。
20200826_081313_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >






↑このページのトップヘ