のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:ハウス内の温床と貯蔵穴 > ハウス内貯蔵穴・芋類の越冬

👇は、ブドウハウス内に深さ150㎝に掘った貯蔵穴である。
縦穴だけでなく、底の位置に、南、西、北に高さ40㎝、奥行き30㎝の横穴を掘ってある。
縦穴だけでは、どうしても空気の移動で、外気温に左右されてしまう。
横穴は、芋類を貯蔵した後、合板で蓋をしてしまうことで、高い温度を維持させた
20240203_103557_copy_2268x3024




👇は、貯蔵した時の横穴の画像である。
横穴は、縦穴から遮断して空気の移動を遮断して、温度を保った。
現在の内部温度は、12℃~14℃であった。
IMG_20231104_104029_DRO_copy_2016x1512


👇は、横穴から籾殻を掻き出して、シルクスウィートを取り出した画像である。
横穴には、今回掘り出さなかった大生姜、紫ダイジョのムカゴ、丸形つくね芋が保管してある。
20240203_103302_copy_2268x3024



👇は、貯蔵穴の縦穴から取り出したジャガイモ、サトイモ類である。
縦穴は、空気の移動が若干あるので、貯蔵した底の温度は10℃~12℃ぐらいであった。
20240203_104643_copy_2268x3024


👇は、発酵箱に入れて保管した紫ダイジョ、丸形つくね芋、まる八芋である。
蓋を発泡板にしたら、取り出すときに体重を掛けたので、割れてしまった。
それで、段ボールの蓋に替えた。
20240203_104443_copy_3024x2268



👇は、底の横穴から掘り出した、紅はるかとシルクスウィートである。
11月頃に、温度が20℃前後あったので、殆どの芋に芽が出ていた。
芽出しの手間が省けた感じである。
20240203_110436_copy_2268x3024



👇は、昨日切り返しを行った、Dブロックである。
内部温度は、まだ30℃である。明日には50℃以上には上がってしまうだろう。
苗床は、トレーに籾殻燻炭を敷いて、水を含ませ90%以上の湿度で、芽出しを行う。
トレー内温度は、20℃~30℃ぐらいに保って、発芽・発根を促していく。
1




👇は、HAL_Kさんの作型を真似して、作付けしたキャベツである。

春キャベツ「春波」種播き10/11  ➡定植11/27 ➡収穫4/8~4/18
  ➡HAL_Kさん作型 ブログへ2/20

20240203_153109_copy_2268x3024


10月11日と21日に分けて苗作りをしたが、途中で10月21日の物が追いついてしまった。
北側が杉林となっていて、北風を完全に防いでいるので、陽だまりのような環境になっている。
そのためか、12月から1月に掛けて、どんどん生長している感じである。
20240203_153053_copy_2268x3024


中心の葉が立ち上がって、結球に移行しているようにも見える。
20240203_153134_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 



👇は、ブドウハウスに設置してある温床である。
メイン目的のナス科の催芽処理が始まったので、A、B、Cブロックを本格稼働することにした。
20240127_140302_copy_1512x2016


👇は、Cブロックの画像である。無花果の挿し木とパイナップルの越冬を行っている。
温床内部温度は、59.6℃に上昇中である。明日には65℃以上になっているだろう。
70℃を超えると頂点となり、3、4日で温度は下がって行く。
切り返しをしてから次の切り替えしまでは、1週間から10日ぐらいを予定している。
特に催芽処理では、25℃~35℃ぐらいの温度を必要とするので、温床の内部温度は70℃以上の高温発酵にしている。
20240127_140137_copy_1512x2016


👇は、Bブロックである。
ナス科の催芽処理と発芽・育苗を行っている。
トマトの品種は、①ピンキーF2、②トスカーナバイオレット、③ピッコラルージュ、④プチぷよ、⑤ダイソー中玉、⑥黄色ミニF2、⑦ピッコラカナリア、⑧アンジェレ、⑨アロイトマト
⑩極アマミニである。

カルガナスと千両二号が発根した。シシトウではばななペッパーと万願寺が発根した。唐辛子はまだである。

温床内部温度は、41.5℃、催芽処理の温度は28.0℃となっている。
20240127_140206_copy_1512x2016

👇は、昨年度収穫したミニトマト類である。今年は、カプリエメラルドは除いた。グリーンガードとLS-89の台木用も除いてある。
2


👇は、水ストレス栽培した時の品種ごとの糖度を測った時の画像である。
1
1


👇は、切り返しのために、保管してあったサツマイモ、サトイモ、紫ダイジョを移動させた後の画像である。温床の内部温度は24℃に下がっていた。
20240127_140217_copy_1512x2016


👇は、底の方の籾殻を掻き出した画像である。まだ発酵していない籾殻が見られた。
20240127_141434_copy_1512x2016


👇は、新たに糠と水を掛けて切り返しを行い、最後に鎮圧した画像である。
内部温度が22℃と比較的高い温度なので、明日には50℃ぐらいに上昇するだろう。
20240127_142615_copy_1512x2016


現在、本格稼働している温床はA、B、Cブロックである。
D、Eブロックは休眠中である。
20240127_142623_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


10月29日に最終収穫した紅はるかも2か月が過ぎたので、貯蔵穴から出すことにした。
20240112_095440_copy_1512x2016


👇は、貯蔵穴の蓋を開けた時の画像である。
20240112_095456_copy_1512x2016


👇は、座布団を取り外した後の画像である。
防虫ネットでもみ殻を包み込み、蓋をして外部の空気を遮断したものである。
20240112_100827_copy_1512x2016


👇は籾殻の蓋を取り除いた画像である。
鶏糞の袋にもみ殻を詰め込んで、籾殻枕のようにして、外部の空気を遮断したものである。
20240112_095736_copy_1512x2016


👇は、籾殻枕(4袋)を取り除いた画像である。
座布団で、外部の空気を遮断したものである。
20240112_100622_copy_1512x2016


👇は、座布団を取り外した画像である。
真ん中にネットに入れた紅はるかを保管した画像である。
紅はるかは、座布団の上に保管してあるが、その下には、里芋とジャガイモの種芋が保管してある。
縦穴の底の温度は12℃前後の温度である。
また、横穴は外部と籾殻とべニア合板で遮断してあるので、内部温度は14℃前後になっている。
20240112_095938_copy_2016x1512



👇は、取り出した紅はるかである。
太めの物は干し芋にして、細いものは焼き芋にしていただく予定である。
20240112_100150_copy_1512x2016


👇は、取り出した空気遮断用の座布団や籾殻枕を基に戻して、蓋をした画像である。
次に取り出すのは、サツマイモの苗作りのための種芋とジャガイモの種芋である。
こちらは2月に入ってからとなる予定である。
20240112_101409_copy_1512x2016


夜は連日の氷点下の気温なので、サツマイモは5℃以下になると低温障害で腐る心配がある。
そのため、下の画像のように籾殻を敷いた入れ物に入れて、温床の中に保管する。
温度は10℃~15℃ぐらいに調整して保管する予定である。
20240112_101948




👇は、籾殻を掛けて包み込んで、温床に置いた画像である。
3、4日で焼き芋と干し芋にしてしまうので、保管は短期間である。
20240112_102227_copy_1512x2016




👇は、サツマイモを埋めたもみ殻内の温度を10℃~15℃ぐらいに保つようにする。
20240112_102311_copy_1512x2016



👇は、さっそく貯蔵穴から出した紅はるかを、秘密基地の薪ストーブで石焼き芋にしている画像である。
サツマイモを昼に食べるようにすると、驚くように便通が良くなる。
これは、昨年から積極的サツマイモ食べるようになって気付いたことである。
20240112_103008_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、温床を稼働して次の日の画像である。
IMG_20231104_112811_DRO_copy_1512x2016



温床稼働から1日目の内部温度は、32℃になっている。
今の時期は、資材も20℃ぐらいの温度になっているし、気温も季節外れに夏日のような天気なので、発酵の進むのが早いようだ。
IMG_20231104_112804_DRO_copy_1512x2016


温床稼働から2日目の内部温度は、50℃になっている。
籾殻を発酵させるのに、糠だけでなく鶏糞堆肥も混ぜたことで、高温になるのが早そうである。
明日には、60℃を超えてしまうかもしれない。
IMG_20231105_080955_DRO_copy_1512x2016



👇は、来年度の種用の、紫ダイジョのムカゴや蒟蒻芋を越冬させるために、横穴に保管した画像である。
IMG_20231104_104008_DRO_copy_2016x1512



👇の横穴には、段ボール箱には大生姜が1㎏、紅はるか10本、シルクスウィート8本、紫ダイジョの大きなムカゴを全部保管した。
IMG_20231104_104029_DRO_copy_2016x1512




👇は、横穴を板で塞いだ画像である。
横穴の隙間には、後からもみ殻を投入していっぱいにした。
IMG_20231104_111317_DRO_copy_1512x2016


サツマイモを掘り出した後に、貯蔵穴に保管したら暑さと湿度で、芽が出てしまった。
慌てて、芽欠きをして風通しの良い所で吊るして保管していた。
IMG_20231030_084722_DRO_copy_1512x2016


👇は、秘密基地の金魚池の上に保管した紅はるかである。
風も通り抜ける涼しい場所である。
IMG_20231030_103148_DRO_copy_1512x2016



👇は、上記のサツマイモをネット袋に入れたまま、段ボール箱に立ててそのまま貯蔵穴に保管した。
紅はるかとシルクスウィートで、段ボール箱2段分の量になった。
IMG_20231105_100515_DRO_copy_2016x1512



👇は、縦穴の仕切りのために拵えた、断熱用の仕切りである。
鶏糞袋に籾殻を詰めて、もみ殻枕にしたもの4袋分を、大きな防虫ネット袋に入れて、蓋を作った。
IMG_20231031_081702_DRO_copy_1512x2016


👇は、上記の大きな袋を、サツマイモの入った段ボールの上に被せた。
この上には、比較的寒さに強いサトイモや秋ジャガを保管する。
IMG_20231105_100957_DRO_copy_2016x1512




👇は、昨年度の保管状況の画像である。
貯蔵穴に、収穫した秋ジャガイモを、最上段に保管した画像である。
ジャガイモは、4℃以上の温度があれば、保存できるので、上の方に保管しても全く問題ない。
20230105_090625_copy_2268x3024


👇は、蓋を締めた画像である。
サツマイモの熟成期間は、2か月以上なので、掘り上げた期日別に保管して置いた。
熟成が終わった順から取り出して食べていくので、マイカ線にわかるように品種と収穫日を書いて置いた。
IMG_20231105_101814_DRO_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 



👇は、越冬用のサツマイモの種芋である。
ネット袋に燻炭と一緒に入れて、150㎝の深さのハウス内に掘った貯蔵穴の一番下の横穴に保管する予定である。
最低気温が10℃を下回らないように、昨年度よりも40㎝深く掘った。
昨年は110㎝の深さであったが、9℃は2回あっただけで、10℃以上の温度が保てたようだ。
昨年よりも40㎝深く掘ったことと、底に横穴を掘って、縦穴と隔離したことでより温度変化は少なくなると期待している。

IMG_20231104_100835_DRO_copy_2016x1512



👇は、150㎝の縦穴の底に横穴を掘った画像である。この横穴に、寒さに弱いサツマイモ、紫ダイジョのムカゴ、生姜等を保管する予定である。
IMG_20231030_142151_DRO_copy_2016x1512




👇は、紅はるか、シルクスウィート、紫ダイジョムカゴ、段ボール箱に詰めた生姜を横穴に入れた画像である。
IMG_20231104_104029_DRO_copy_2016x1512


👇は、西側から北側に掘った横穴の画像である。
こちらの横穴にも同様に寒さに弱いものを保管する予定である。
IMG_20231030_142141_DRO_copy_2016x1512



👇は、紫ダイジョ、こんにゃく、そして、まだ保管していないつくね芋を保管する予定である。
IMG_20231104_104008_DRO_copy_2016x1512


根菜類の越冬適温は、以下のようである。
ジャガイモ3.5℃~(参考元
3.5度~4.5度の環境が良い
蒟蒻   5.0℃~(参考元適温は、5℃~
里芋   7.0℃~(参考元適温は、7℃~12℃
生姜   11℃~ (参考元適温は、11℃~
サツマイモ11℃~ (参考元)適温は、13℃~15℃ 10℃以下で低温障害
つくね芋 11℃~      適温は、11℃以上 湿度90%
紫ダイジョむかご 資料が少ないのでサツマイモ並みでは無いかと思っている。


👇は、横穴に仕切りをして、内部にもみ殻を入れて空間を埋めた画像である。
貯蔵穴の湿度は、夏の間で80%以上であった。
IMG_20231104_105709_DRO_copy_2016x1512


👇は、横穴を板で塞いだ画像である。
IMG_20231104_111317_DRO_copy_1512x2016

 

👇は、縦穴に食用のサツマイモ、ジャガイモ、サトイモ等を保管するために、部屋を仕切るための工夫である。一番下には、サツマイモを保管し、ジャガイモ、サトイモと上に上がっていく。
IMG_20231104_112436_DRO_copy_1512x2016


仕切り板を準備した。
断熱は、鶏糞袋に入れた籾殻枕を使う予定である。
実際にやりながら試行錯誤して、保管しやすい方法を見つけていく予定である。
昨年は、画像の左側に置いてある、座布団を利用した。
IMG_20231104_141310_DRO_copy_1512x2016

👇は、仕切りを縦穴に置いたイメージ画像である。
IMG_20231104_141624_DRO_copy_1512x2016


👇は、昨年度の貯蔵穴の保管状況の記事である。
本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     





↑このページのトップヘ