のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:踏み込み式温床 > 野菜残渣槽・芋類の越冬

畑に来ると必ず秘密基地のストーブを焚く。大概は、シルバーの仕事が3月まで入らないので、相棒が早朝にやってくる。なので、私の到着する頃には暖かくなっている。
20220102_080837_copy_2268x3024


昨日は、友人も畑にやって来た。箱根駅伝を見ながらストーブにしばし当たっておしゃべりをした。
20220102_080851_copy_2268x3024_1



👇は、里芋、蒟蒻、生姜、サツマイモの種芋を野菜残渣槽に穴を掘って、越冬させている。
昨年初めて、生姜を越冬させたところ難なく成功した。生姜が出来るのならサツマイモも越冬させられるに違いないと、実験をしている。
20220102_104802_copy_2268x3024


👇は、30㎝ぐらいの内部温度を測った。15℃であった。種芋は、100㎝ぐらいの深さから60㎝ぐらいの所に、ネットに包んで埋めてある。
20220102_104700_copy_2268x3024



👇は、ブドウハウスの温床である。サツマイモは、種芋用と食用を2ケースに入れて、籾殻を掛けて越冬させている。
20220102_105721_copy_2268x3024


温床の内部は50℃~60℃ぐらいあるので、暑くなり過ぎないように、トレーの下に発泡板で熱を遮断して、20℃前後にコントロールしている。
IMG_20220102_113723


トレーの内部の温度は、13℃~24℃となっている。日中はどうしても日が射すと温床の表面の温度も上がってしまう。種芋の越冬には少し温度が高そうである。
IMG_20220102_113752



👇は、今年初めて畑に50㎝ぐらいの穴を掘って、里芋を埋め込んで越冬させている。野菜残渣槽でもサトイモを越冬させている。こちらがうまく行くなら、穴を掘って埋めるだけなので、手間が掛からない。
20220102_112908_copy_2268x3024


内部温度を表面から30㎝ぐらいの所と50㎝ぐらいの所の2か所の測定をした。30㎝ぐらいの所の温度は、
IMG_20220102_113651


50㎝ぐらいの所の温度は13℃弱であった。

IMG_20220102_113630


30㎝ぐらいの表面に近い所では、8℃弱であった。

20220102_112959_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、ミニビニールハウスで、秋ジャガイモを保管している画像である。
ハウス内の土をU字に掘って、下に厚目のビニールを敷いた。外からの水の浸入を防ぐためである。

土を30cm位の深さに掘って、ジャガイモの大きさ別に
ミカンネットに入れて、埋め込んである。上に土と馬糞堆肥を混ぜて被せ、更に籾殻を被せた。
20211208_085647_copy_2268x3024


ジャガイモの埋めてある底の温度は、11°Cである。ジャガイモの保存は、4.5℃ぐらいが理想であるが、氷点下にならなければ、凍みる事は無い。昨年度は、隣の野菜小屋に保管して置いたら、半分ぐらいが凍みてしまって、腐ってしまった。
20211208_085659_copy_2268x3024






👇は、野菜残渣槽である。
こちらには、土垂、生姜、蒟蒻、サツマイモをネット袋に入れて、底のほうに埋め込んである。
20211208_085733_copy_2268x3024


一番底のほうを測ったら、23°cから25°cぐらいまであった。これでは、芽が出てしまうのでの、野菜残渣を外に掘り出し、やり直すことにした。
20211208_085839_copy_2268x3024


『9℃以下で冷害を受け、10~15℃で休眠状態、16℃以上で発芽、発根を始め、温度が高いほど生育は良いが、35℃以上では生育が減退する。』記事元「日本いも類研究会」




👇が、掘り返した画像である。この中に、各ネット袋に入れて埋め込んである。
20211214_082016_copy_2268x3024



👇の画像の奥の袋は、取り出した籾殻が入っている。手前は、取り出した野菜残渣である。
20211214_081957_copy_2268x3024



中の野菜残渣ともみ殻を外に出して、1昼夜が経った。ようやく底の温度が、12°cに下がっていた。
この上に籾殻を投入して土を入れる予定である。
野菜残渣は、もう少し寒くなってから投入することにした。
今回の温度上昇の原因は、籾殻と一緒に馬糞堆肥を混ぜて入れたことで、馬糞堆肥が再発酵したのかも知れない。
20211214_081910_copy_2268x3024


根菜類の越冬最低温度
ジャガイモ  3.5℃~  参考元 

蒟蒻     5.0℃~  参考元
里芋     7.0℃~  参考元
生姜     11℃~  参考元
サツマイモ  11℃~  参考元


 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

👇は、昨日野菜残渣槽を掘り起こして、中に芋類を埋め込んだ画像である。
今年は、サツマイモをこの残渣槽で、越冬できるかの実験をしている。

20211204_151701_copy_2268x3024_1


『さつまいもの保管温度は13~17℃前後とされており、18℃以上になると芽が動き出し、10℃以下になると傷みが出やすくなるといわれています。もちろん、芋は生きていますので10℃以下になるとすぐに腐るとか、全部ダメになってしまうということはありませんが、弱っている芋から傷んでいきます。』➡記事元

👇は、設置から1昼夜経った、1m底近くの温度である。16℃である。
まだ、昨日野菜残渣を入れたばかりなので、発酵はしていない。現在の地熱が高いということだろう。
昨年度の極寒期に測ったら、底の温度は、10℃~12℃ぐらいであった。
20211205_121104_copy_2268x3024



去年は、雨ざらしであったが今年は、ブルーシートを畝にカバーして雨水が残渣槽に入らないようにした。
20211205_121406_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

野菜残渣槽を使って、冬越しの比較的難しい芋類を越冬させている。残渣槽の高さは90㎝ぐらいであるが、さらに地面を掘り下げることで、110㎝ぐらいの高さを確保してある。
20211204_141545_copy_2268x3024



20211204_141517_copy_2268x3024


一番下にもみ殻を敷いた。
20211204_141633_copy_2268x3024


👇の画像の網の中には、土垂が掘り起こしたままの状態で子芋が付いている。子芋をばらしてしまうと、傷口から菌が入り込んで腐ってしまうことがある。
20211204_141656_copy_2268x3024


👇は、大生姜である。自家産芋で、作に失敗して大きく育たなかった。子割していないので、来年の種にはそのまま使おうと考えている。
20211204_142800_copy_2268x3024


👇は、生姜をネットに入れて、燻炭で包むようにした。生姜は、温度と湿度が重要である。
20211204_143050_copy_2268x3024


一番下には、土垂と生姜を並べた。
20211204_144434_copy_2268x3024


その上からもみ殻を掛けて、呼吸が出来るようにした。
20211204_144539_copy_2268x3024


籾殻の上に馬糞堆肥を投入して、湿度を確保した。その上に、今年初めての実験で、サツマイモの越冬に挑戦した。
20211204_144945_copy_2268x3024


👇は、コンニャク芋である。生子、1年生~3年生までをネットに包んで籾殻と燻炭を入れた。
20211204_143544_copy_2268x3024


👇は、今年初めてサツマイモを越冬させる実験をすることにした。極寒期でも残渣槽の底の温度は、10℃を下回らないので、サツマイモでも越冬できるのでないかと思って、実験して見ることにした。品種は、紅はるかである。
20211204_143902_copy_2268x3024


👇は、真ん中にサツマイモ、周りにこんにゃく芋を並べた。
20211204_145034_copy_2268x3024


上に土を掛けて、その上には馬糞堆肥を掛けた。馬糞堆肥を入れたのは、適度な湿度と芋類が呼吸できるようにした。
20211204_145943_copy_2268x3024

ここまでの高さが50㎝ぐらいとなった。この上には、野菜残渣を放り込んで発酵させ、地温が逃げないようにして、底の温度が10℃を下回らないようにする。
20211204_145952_copy_2268x3024



👇の画像は、白菜、大根、ニンジン、キャベツ、ブロッコリー等の野菜残渣を放り込んだものである。
生野菜はたくさんの水分を含んでいるので、すぐに腐って発酵する。
20211204_151548_copy_2268x3024


堆肥を投入した高さが50㎝だったので、30㎝ぐらいの野菜残渣を投入したことになる。これからは、葉物野菜の残渣が多量に出るので、常に満杯の状態になるよう管理していくことになる。
20211204_151555_copy_2268x3024


野菜残渣槽での芋類の越冬を思いついたのは、昔、野菜残渣槽の堆肥を春に取り出した所、底の方にカブトムシの幼虫が、100匹以上も出てきたことがあった。幼虫が卵から孵って、一冬で大きく育つだけの栄養と温度があったからだろう。
20211204_151701_copy_2268x3024



根菜類の越冬最低温度
ジャガイモ  3.5℃~  参考元 

蒟蒻     5.0℃~  参考元
里芋     7.0℃~  参考元
生姜     11℃~  参考元
サツマイモ  11℃~  参考元 





➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、野菜残渣槽である。ここに穴を掘ってサトイモや生姜、コンニャク芋を埋めて越冬させようと思っている。
20211202_074827_copy_2268x3024

野菜残渣は、サツマイモの蔓や白菜、大根等の葉を入れている。
20211202_074833_copy_2268x3024

👇は、野菜残渣や腐葉土を、外に取り出した画像である。。
20211202_080732_copy_2268x3024



槽の下のほうは、ほとんど腐葉土となっている。培養土に、使えそうである。
20211202_080654_copy_2268x3024


👇は、底まで掘り進んだ画像である。
20211202_080633_copy_2268x3024

底の温度を測ったら、13°Cであった。
20211202_080607_copy_2268x3024


ちなみに、外の貯め水の温度は、7°C以下になっていた。残渣槽の中では、低温発酵しているのだろう。
20211202_080339_copy_2268x3024

 

昨年、残渣槽の底の温度を極寒期に測ったら、10°C以上であった。
👇は、昨年の画像で、種芋類を埋め込んだ時のものである。

燻炭のベッドに、生姜2品種、里芋3品種、コンニャク芋を並べた。

ca5faf9f-s



👇は、今年の2月28日の画像である。残渣槽から掘り上げた、芋類の画像である。

セレベス
a

土垂
b


大生姜
c


蒟蒻芋
d


2月下旬に、掘り出した。その後の保管がまずくて、生姜をほとんど腐らせてしまった。
まだ、氷点下になる日もある寒い時期であった。ブドウハウス内で、寒さ対策をして保管したが、生姜には温度が足りなかったようであった。

来年度は、1ヶ月遅らせて、3月下旬の掘り出しにしようと思っている。
また、同じ場所で、サツマイモの越冬実験もやってみようと考えている。



前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ