のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:ハウス内の温床と貯蔵穴 > ハウス内貯蔵穴・芋類の越冬

👇は、越冬用のサツマイモの種芋である。
ネット袋に燻炭と一緒に入れて、150㎝の深さのハウス内に掘った貯蔵穴の一番下の横穴に保管する予定である。
最低気温が10℃を下回らないように、昨年度よりも40㎝深く掘った。
昨年は110㎝の深さであったが、9℃は2回あっただけで、10℃以上の温度が保てたようだ。
昨年よりも40㎝深く掘ったことと、底に横穴を掘って、縦穴と隔離したことでより温度変化は少なくなると期待している。

IMG_20231104_100835_DRO_copy_2016x1512



👇は、150㎝の縦穴の底に横穴を掘った画像である。この横穴に、寒さに弱いサツマイモ、紫ダイジョのムカゴ、生姜等を保管する予定である。
IMG_20231030_142151_DRO_copy_2016x1512




👇は、紅はるか、シルクスウィート、紫ダイジョムカゴ、段ボール箱に詰めた生姜を横穴に入れた画像である。
IMG_20231104_104029_DRO_copy_2016x1512


👇は、西側から北側に掘った横穴の画像である。
こちらの横穴にも同様に寒さに弱いものを保管する予定である。
IMG_20231030_142141_DRO_copy_2016x1512



👇は、紫ダイジョ、こんにゃく、そして、まだ保管していないつくね芋を保管する予定である。
IMG_20231104_104008_DRO_copy_2016x1512


根菜類の越冬適温は、以下のようである。
ジャガイモ3.5℃~(参考元
3.5度~4.5度の環境が良い
蒟蒻   5.0℃~(参考元適温は、5℃~
里芋   7.0℃~(参考元適温は、7℃~12℃
生姜   11℃~ (参考元適温は、11℃~
サツマイモ11℃~ (参考元)適温は、13℃~15℃ 10℃以下で低温障害
つくね芋 11℃~      適温は、11℃以上 湿度90%
紫ダイジョむかご 資料が少ないのでサツマイモ並みでは無いかと思っている。


👇は、横穴に仕切りをして、内部にもみ殻を入れて空間を埋めた画像である。
貯蔵穴の湿度は、夏の間で80%以上であった。
IMG_20231104_105709_DRO_copy_2016x1512


👇は、横穴を板で塞いだ画像である。
IMG_20231104_111317_DRO_copy_1512x2016

 

👇は、縦穴に食用のサツマイモ、ジャガイモ、サトイモ等を保管するために、部屋を仕切るための工夫である。一番下には、サツマイモを保管し、ジャガイモ、サトイモと上に上がっていく。
IMG_20231104_112436_DRO_copy_1512x2016


仕切り板を準備した。
断熱は、鶏糞袋に入れた籾殻枕を使う予定である。
実際にやりながら試行錯誤して、保管しやすい方法を見つけていく予定である。
昨年は、画像の左側に置いてある、座布団を利用した。
IMG_20231104_141310_DRO_copy_1512x2016

👇は、仕切りを縦穴に置いたイメージ画像である。
IMG_20231104_141624_DRO_copy_1512x2016


👇は、昨年度の貯蔵穴の保管状況の記事である。
本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     





保管してあったサツマイモが芽を出してしまったので、全部取りだして点検した。
そのついでに、途中までだった底に空けた横穴を少し整備した。
まだ、間に合わせであるが、なんとか今年の冬分の越冬貯蔵横穴ができた。
👇は、横穴を映した動画である。


👇は、貯蔵穴の底を撮った画像である。
画像の下の右側部分に30㎝ぐらいの奥行きの小さな横穴を掘ってある。
縦穴には、サツマイモの熟成や秋ジャガイモの収穫した物を積めていくので、横穴を外側から板で蓋をして、別々にすることで、温度変化を防ぐ目的である。
1


貯蔵穴の平面図
1

👇は、横穴1である。
ここには、紅はるか、シルクスウィート、
紫ダイジョのムカゴ、生姜の種芋を越冬させる予定である。
発泡箱に籾殻と燻炭を入れて、種芋を埋め込み横穴を板で遮断して、熟成保存の芋類とは部屋を分ける予定である。
3月に取り出すまでは、横穴は板で閉じたままにする。
IMG_20231030_142151_DRO_copy_2016x1512



👇は、横穴2である。
つくね芋、蒟蒻、里芋、ジャガイモの種芋をそれぞれ発泡箱に籾殻と燻炭を混ぜて詰め込み越冬させる。
こちらも、詰め込みが完了したら横穴は板で閉じる予定である。
IMG_20231030_142141_DRO_copy_2016x1512



👇は、横穴をベニヤ板で閉じた画像である。
横穴に保管した種芋は、この状態で掘り起こす3月まで動かさない。
IMG_20231031_074124_DRO


👇は、縦穴を3重ぐらいに仕切るために、袋にもみ殻を積めて断熱枕を拵えた。
昨年は、座布団などを使って断熱したが、下のほうから取り出すのが大変だった。
今年は、温床も利用して貯蔵穴の出し入れの回数を少なくする工夫を考えている。
IMG_20231031_081711_DRO_copy_1512x2016

👇は、断熱用の籾殻枕である。
IMG_20231031_083222_DRO_copy_1512x2016


👇は、仕切り用の籾殻枕を4袋入れがものである。
これを、あと2つ作る予定である。
IMG_20231031_081702_DRO_copy_1512x2016


👇は、現在の貯蔵穴の底の温度である。あと1週間ぐらいで15℃前後に下がるだろう。
そうしたら、種用のサツマイモの保管を始める予定である。
同時に、食用のサツマイモの保管も始める計画である。
IMG_20231031_074322_DRO




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    




👇は、10月2日に掘り上げた紅はるかを天日干しした後、風通しの良い所で乾燥させて置いた。
そのサツマイモを1本ずつ新聞紙にくるんで、ネット袋に4本ずつ入れた。

IMG_20231013_110237_copy_2016x1512


👇は、ブドウハウスの中に150㎝の深さに掘った貯蔵穴である。
ここで、2か月ぐらい貯蔵して熟成させる。
IMG_20231013_110401_copy_1512x2016



👇は、すでに底の方に保管してあるシルクスウィートである。
IMG_20231013_110721_copy_1512x2016



4袋分を1本のマイカ線に結んで、下におろす。
紅はるかが、16本である。
IMG_20231013_110827_copy_1512x2016


取り出すときにわかるように収穫日と品種をテープに表示している。
IMG_20231013_111013_copy_1512x2016


👇は、底の温度である。20℃~21℃に安定している。
IMG_20231013_111330_copy_1512x2016


👇は、現在までに保管してある紅はるかである。
4袋分が3セットで12袋分である。全部で36本が保管してある。
IMG_20231013_111223_copy_1512x2016





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    


 

👇は、2日ぐらい乾燥させた後、1本ずつ新聞紙に包んで、ネット袋に4,5本入れたものである。
この状態で、2か月から3か月の間、熟成する予定である。
場所は、ブドウハウス内に掘った地下150㎝の貯蔵穴の中である。
サツマイモの熟成温度の理想は、15℃ぐらいであるが、自然の穴を利用するわけであるので、その温度をにはならない。
現在は、22℃前後の温度となっている。

IMG_20230926_085833_copy_1512x2016


👇は、3袋と2袋に分けて、マイカ線に縛り付け150㎝の深さの底に下ろした。
IMG_20230926_085845_copy_1512x2016


👇は、底に置いた袋を拡大した画像である。芋は全部で50本以上保管してある。
IMG_20230926_085857_copy_2016x1512



👇は、食べる時に取りだすために、マイカ線にビニールテープを張って品種名と保存した日にちがわかるように書いて置いた。
IMG_20230926_090534_copy_1512x2016



👇は、外気温に左右されないために、蓋をしてある。
外気温は、昼夜で10℃以上の気温差が出るが、貯蔵穴の中では1℃前後しか変わらない。
IMG_20230926_090648_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、ブドウハウスに作った150㎝の深さの貯蔵穴である。
当初の目的は、ジャガイモやサトイモ、サツマイモ等の芋類の越冬の保管のためであった。
昨年110㎝の深さで、サツマイモが越冬できた。
ただ、ぎりぎりの温度だったので、今年は150㎝まで掘り下げた。

今年の春ジャガイモを風通しの良い小屋に保管して置いたら、暑さのためかどんどん腐って行った。
そこで、20℃前後の温度で安定していた、この貯蔵穴に保管した置いた。

先日、どうなっているか確かめるために、取り出してみて驚いた。
保管していたジャガイモは、1,2個怪しいのがあっただけであった。
それどころか、グランドペチカに芽当たりが出ていた。
➡前回の記事(ジャガイモに芽当たりがあった。)
冷蔵庫で行う低温催芽の感じだった。

逆に9℃ぐらいの冷蔵庫に保管して置いたジャガイモは、腐れも無かったが、芽も出ていなかった。
完全に、休眠していた感じであった。

👇は、中間に蓋をするために、台を拵えた。まだ作成途中である。

20230805_142642_copy_1512x2016



👇は、収穫したカボチャがこの暑さで、腐れが出ていた。
それで、実験的に貯蔵穴で保管することにした。
毎年、収穫した後にどんどん劣化が進み、10月ぐらいでほとんど腐ってしまっている。

『カボチャは、貯蔵温度10~13℃貯蔵湿度RH70~75% に保つと、4~6か月の長期貯蔵が可能とされているが、これは主に腐敗抑制の面からの考察であると考えられる。 一方、長期に貯蔵すると、呼吸による内容成分の消耗から、食味が低下する懸念がある.』➡文章転載元
また、『かぼちゃの最適保存温度は13℃〜15℃。』という記事もある。➡記事元
1



👇は、平均9℃の冷蔵庫に保管して置いたグランドペチカである。芽当たりは全くなかった。
1



👇は、この穴に貯蔵して置いた長崎黄金である。
2



ちょっとピンぼけであるが、貯蔵穴に保管した画像である。
20230805_144210_copy_1512x2016



貯蔵してあるものに紐づけした。そして、間違わないように紐に野菜の名札を書いて置いた。
「くり大2個」とは、「クジュウクリカボチャの大きいのが2個」という意味である。
20230805_144219_copy_1512x2016


昔、子供の頃、駄菓子屋には糸引き飴が売られていた。
たいがいお婆ちゃんが、店の番をしていた。1回5円のくじだった。
いつも、2番目に大きいのをうまいこと引き当てた。悪いガキだった。

昔懐かしい 糸引き飴からのヒント
3
👇は、蓋がまだできていないので、段ボールで代用した。
昨年は、一番下に芋類を保管した後、座布団や籾殻枕を作ったりして、穴をふさいだ。
しかし、今回底の温度を測ったら、上に蓋をして置けば、外の温度にはあまり影響されない感じだった。
20230805_144513_copy_1512x2016



👇は、台を拵える間、30分以上は蓋を開けていたが、底の温度はほとんど変わらなかった。
20230805_144600_copy_1512x2016


👇は、ブドウハウス内の温度である。35度であった。
20230805_144608_copy_1512x2016



👇は、蓋を閉じた画像である。一度冷えた空気の層は、そう簡単に熱伝導しないようである。
20230805_144616_copy_1512x2016




これから、この貯蔵穴の利用の可能性をまとめると、以下のようである。

<梅雨から夏の保管>
①春ジャガイモの保管
②種ジャガイモの低温催芽(芽出し)
③カボチャの保管

<ここから越冬用>
④秋ジャガイモの保管 
3.5℃~(参考元)適温は、3.5度~4.5度の環境が良い
⑤サツマイモの保管 
11℃~(参考元)適温は、13℃~15℃ 10℃以下で低温障害
⑥サトイモの保管 
7.0℃~(参考元適温は、7℃~12℃
⑦生姜の保管 
11℃~(参考元適温は、11℃~
⑧コンニャクの保管 
5.0℃~(参考元適温は、5℃~
⑨紫ダイジョの保管
⑪つくね芋の保管





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

↑このページのトップヘ