のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:踏み込み式温床 > 野菜残渣槽・芋類の越冬

野菜残渣槽を使って、冬越しの比較的難しい芋類を越冬させている。残渣槽の高さは90㎝ぐらいであるが、さらに地面を掘り下げることで、110㎝ぐらいの高さを確保してある。
20211204_141545_copy_2268x3024



20211204_141517_copy_2268x3024


一番下にもみ殻を敷いた。
20211204_141633_copy_2268x3024


👇の画像の網の中には、土垂が掘り起こしたままの状態で子芋が付いている。子芋をばらしてしまうと、傷口から菌が入り込んで腐ってしまうことがある。
20211204_141656_copy_2268x3024


👇は、大生姜である。自家産芋で、作に失敗して大きく育たなかった。子割していないので、来年の種にはそのまま使おうと考えている。
20211204_142800_copy_2268x3024


👇は、生姜をネットに入れて、燻炭で包むようにした。生姜は、温度と湿度が重要である。
20211204_143050_copy_2268x3024


一番下には、土垂と生姜を並べた。
20211204_144434_copy_2268x3024


その上からもみ殻を掛けて、呼吸が出来るようにした。
20211204_144539_copy_2268x3024


籾殻の上に馬糞堆肥を投入して、湿度を確保した。その上に、今年初めての実験で、サツマイモの越冬に挑戦した。
20211204_144945_copy_2268x3024


👇は、コンニャク芋である。生子、1年生~3年生までをネットに包んで籾殻と燻炭を入れた。
20211204_143544_copy_2268x3024


👇は、今年初めてサツマイモを越冬させる実験をすることにした。極寒期でも残渣槽の底の温度は、10℃を下回らないので、サツマイモでも越冬できるのでないかと思って、実験して見ることにした。品種は、紅はるかである。
20211204_143902_copy_2268x3024


👇は、真ん中にサツマイモ、周りにこんにゃく芋を並べた。
20211204_145034_copy_2268x3024


上に土を掛けて、その上には馬糞堆肥を掛けた。馬糞堆肥を入れたのは、適度な湿度と芋類が呼吸できるようにした。
20211204_145943_copy_2268x3024

ここまでの高さが50㎝ぐらいとなった。この上には、野菜残渣を放り込んで発酵させ、地温が逃げないようにして、底の温度が10℃を下回らないようにする。
20211204_145952_copy_2268x3024



👇の画像は、白菜、大根、ニンジン、キャベツ、ブロッコリー等の野菜残渣を放り込んだものである。
生野菜はたくさんの水分を含んでいるので、すぐに腐って発酵する。
20211204_151548_copy_2268x3024


堆肥を投入した高さが50㎝だったので、30㎝ぐらいの野菜残渣を投入したことになる。これからは、葉物野菜の残渣が多量に出るので、常に満杯の状態になるよう管理していくことになる。
20211204_151555_copy_2268x3024


野菜残渣槽での芋類の越冬を思いついたのは、昔、野菜残渣槽の堆肥を春に取り出した所、底の方にカブトムシの幼虫が、100匹以上も出てきたことがあった。幼虫が卵から孵って、一冬で大きく育つだけの栄養と温度があったからだろう。
20211204_151701_copy_2268x3024



根菜類の越冬最低温度
ジャガイモ  3.5℃~  参考元 

蒟蒻     5.0℃~  参考元
里芋     7.0℃~  参考元
生姜     11℃~  参考元
サツマイモ  11℃~  参考元 





➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、野菜残渣槽である。ここに穴を掘ってサトイモや生姜、コンニャク芋を埋めて越冬させようと思っている。
20211202_074827_copy_2268x3024

野菜残渣は、サツマイモの蔓や白菜、大根等の葉を入れている。
20211202_074833_copy_2268x3024

👇は、野菜残渣や腐葉土を、外に取り出した画像である。。
20211202_080732_copy_2268x3024



槽の下のほうは、ほとんど腐葉土となっている。培養土に、使えそうである。
20211202_080654_copy_2268x3024


👇は、底まで掘り進んだ画像である。
20211202_080633_copy_2268x3024

底の温度を測ったら、13°Cであった。
20211202_080607_copy_2268x3024


ちなみに、外の貯め水の温度は、7°C以下になっていた。残渣槽の中では、低温発酵しているのだろう。
20211202_080339_copy_2268x3024

 

昨年、残渣槽の底の温度を極寒期に測ったら、10°C以上であった。
👇は、昨年の画像で、種芋類を埋め込んだ時のものである。

燻炭のベッドに、生姜2品種、里芋3品種、コンニャク芋を並べた。

ca5faf9f-s



👇は、今年の2月28日の画像である。残渣槽から掘り上げた、芋類の画像である。

セレベス
a

土垂
b


大生姜
c


蒟蒻芋
d


2月下旬に、掘り出した。その後の保管がまずくて、生姜をほとんど腐らせてしまった。
まだ、氷点下になる日もある寒い時期であった。ブドウハウス内で、寒さ対策をして保管したが、生姜には温度が足りなかったようであった。

来年度は、1ヶ月遅らせて、3月下旬の掘り出しにしようと思っている。
また、同じ場所で、サツマイモの越冬実験もやってみようと考えている。



前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

野菜残渣槽を利用してのサトイモ、生姜、こんにゃくの越冬計画を進めている。冬場は、白菜やキャベツ、大根などの野菜残渣が多量に出る。それを、雨戸を利用して槽を拵えたところに、捨てている。夏場は、野菜残渣を捨てるだけの目的である。
 20211101_075004_copy_2268x3024


👇は、サツマイモの蔓が捨ててある。
20211101_075011_copy_2268x3024


残渣槽の高さは80㎝から90㎝である。
20211101_075033_copy_2268x3024

残渣槽の設置場所は、畑と杉林の境界の所にある。


20211101_075047_copy_2268x3024




👇は、昨年度の野菜残渣槽の活用によるサトイモ、生姜、コンニャク芋の越冬方法である。


野菜残渣槽
➡生姜、サトイモ、コンニャクの越冬計画 2020/12/06


残渣を掻き出したら、下のほうは、ほとんど土になっている。
残渣槽の高さは、70㎝~80㎝ぐらいである。
5abddcfa

燻炭のベッドに、生姜2品種、里芋3品種、コンニャク芋を並べた。
ca5faf9f-s


そのあと、燻炭を被せて、さらにもみ殻で覆った。
4e64ed17
次に、先ほど掻き出した腐葉土になった土を10㎝ぐらい被せ、野菜残渣を戻した。
上の方には、馬糞堆肥を撒いて、野菜残渣の発酵を促した。





野菜残渣槽の底の温度を、極寒期に測ったら、10度前後で安定していた。
残渣槽の底は、地面からの地熱で温まり、上からは、野菜残渣の発酵熱で、外気からガードされている感じだ。
地面に1mぐらいの穴を掘って、芋類を埋めて越冬させる方法もあるが、シャベルで1mの穴を掘るのは至難である。







本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

毎年、サトイモと生姜を越冬させている、野菜残渣槽である。今年は、頂いたこんにゃく芋を途中から穴を掘って、一緒に越冬させた。
20210227_093540_copy_2268x3024

野菜残渣槽の底の温度は、16℃であった。
20210227_093554_copy_2268x3024

上に乗っている残渣を取り出した。
20210227_093603_copy_2268x3024

上のほうには、カブトムシの幼虫が入り込んでいた。
キャベツや白菜の野菜残渣が冬場にたくさん出るので、どんどん重ねていくと発酵して温度が上がる。
その熱が、底のほうにも伝わっていくのだろう。
20210227_093609_copy_2268x1701


半分ぐらい残渣を掻き出していくと、もみ殻の層が出てくる。
この、もみ殻の下にネットに詰めたサトイモや生姜を、埋め込んである。
20210227_094249_copy_2268x3024

もみ殻を掻き出すと、オレンジのネット袋が現れる。
20210227_094350_copy_2268x3024

👇は、一番下から30㎝ぐらいのところに、ネット袋に燻炭に包んで入れたサトイモや生姜を取り出した跡である。
20210227_094912_copy_2268x3024


👇の画像が、取り出した芋類である。
20210227_095201_copy_2268x3024

👇は、燻炭に水を浸み込ませ湿度を確保し、その上にもみ殻を被せた。
並べてあるのは、こんにゃく芋である。2年芋や木子がちゃんと越冬できた。
20210227_100157_copy_2268x3024

2年子のこんにゃく芋である
20210227_100202_copy_2268x3024

👇は、木子である。芽が出ている。
20210227_100209_copy_2268x3024


👇は、生姜である。2品種作っている。
20210227_101704_copy_2268x3024

ブランド品に「近江生姜」があるが、こちらは一般品の「大身生姜」である。
大きさも、性質も近江生姜と同じような感じである。
野菜残渣槽の中の温度が上がっていたので、芽が出ている。
20210227_101715_copy_2268x3024

生姜は、湿度と温度が無いと枯れてしまうか腐ってしまう。2年前まで温床で越冬させようと努力したが、温度が高すぎることと湿度をうまく取れないで、枯れさせてしまった。
野菜残渣槽は、燻炭に水を浸み込ませて袋に入れておくと、春までしっとりとしていて、湿度は90パーセント近くある感じである。
20210227_101725_copy_2268x3024

👇は、ブランド品の近江生姜である。
生姜の種は、1㎏あたり1000円以上するので、種生姜が越冬できれば毎年たくさん作れる。
近江生姜も大身生姜も大きくて、佃煮にしたり、冷凍保存しておくと一年中利用できる。
20210227_102132_copy_2268x3024

近江生姜も芽が出ていた。
20210227_102140_copy_2268x3024



👇は、土垂である。我が家では昔から作っているこのサトイモが人気である。
こちらでは、土垂のことをバカ芋と呼んだりする。我孫子市や柏市の方言のようだ。
私の生まれ故郷の高萩市では、サトイモと言ったらこの土垂のことであり、ヤツガシラと区別していた。他に品種は無かった。
20210227_102424_copy_2268x3024

私の住んでいる我孫子市では、土垂の親芋は食べないで、畑に捨ててある。
子芋と孫芋を食べる。親芋を2年前から種芋に使っている。太い芽が2本も3本も出る。そのまま育てても十分に育つ。ただ、親芋ばかりに栄養が取られて、子芋が少ない感じがする。今年は、1本の芽を育ててみることにするつもりである。

20210227_104047_copy_2268x3024


👇は、セレベスである。
昨年は、とても美味しかったが、今回は早採りしたものを食べたときに、灰汁があっておいしくなかった。そのイメージが強く、我が家では土垂だけ食べることになった。
しかし、セレベスの種芋をたくさん保管したので、普通に作ることにした。
20210227_104059_copy_2268x3024

セレベスは、元気な芽が伸びていた。なのでプランターの培養土に埋めた。
20210227_104104_copy_2268x3024


20210227_104115_copy_2268x3024

まだ、畑の地温は上がっていないので、しばらくビニールハウスで保管しておくことにした。
燻炭に水を浸み込ませて、湿度を保ちその上にもみ殻で覆って、寒さから守る。昨年は、生姜を早く定植してしまったため、土中温度が低く新しい根が伸びずに、最初の芽が枯れてしまった。
十分に暖かくなるまで、ビニールハウス内で育苗して置くことにした。
20210227_105936_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


サツマイモの芽出しを始めた。水耕での芽出しである。燻炭に水を含ませてある。
その水の温度は、17℃から31℃になっている。
20210201_073924_copy_2268x3024


通常より1ヶ月ほど早い苗作りであるが、もろもろの事情で早くしている。
20210201_073948_copy_2268x1701


シールドケースで、催芽処理によるナス科の種の発根処理をしている。そのケース内の温度は、22℃~31度となっている。ナス科の発芽温度は、30℃前後と比較的高い温度が必要である。
20210201_074311_copy_2268x3024

👇の画像は、20日近く掛かってようやく発根し始めたハバネロである。普通は、遅くとも1週間程度で発根する。何かの手違いで遅れたのだろう。まだ種自身は生きていたようだ。
1


👇は、2日前に切り返しをやった、Aブロックの温床内部の温度である。70℃になっている。
20210201_074747_copy_2268x3024

Aブロックには、生長が遅れてしまったネギ苗と発根が遅れた唐辛子をポットに直播きして、ポットの下部を埋め込んである。
20210201_080441_copy_2268x3024



Cブロックの温床の内部温度は、60℃である。
20210201_080425_copy_2268x3024


Çブロックには、ナス、シシトウ、唐辛子、ナスとトマトの台木の発根、育苗のをしている。
20210201_080431_copy_2268x1701


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >






↑このページのトップヘ