のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:根菜類の栽培コーナー > 石焼き芋・干し芋・大学芋・イモケンピ

👇は、3,4年前から、この時期になると紅はるかやシルクスウィートを購入しているお店である。
今では、友人もお得意様になっている。
おばあちゃんが一人で経営している、小さなお店である。

20240201_111028

紅はるか 1袋200円
IMG_20240201_190324

A等級のSサイズである。
Sサイズは、約120ℊ~150ℊで、焼き芋にはちょうど良い大きさである。
20240131_130153


👇は、紅はるかのA等級のSサイズである。
通常は、1袋200円ぐらいに大小まぜて売っている。頼めば、1箱1500円で買うことも出来る。
キュアリングの済んだ、美味しい紅はるかである。
20240131_130003


綺麗な肌で、さすがプロ農家の作ったサツマイモである。
自家産だと、どうしてもコガネムシの幼虫などに齧られて傷が出来てしまう。
20240131_130008


👇は、箱から取り出して5本ずつに分けた画像である。
全部で25本入っていた。1本の値段は、60円であった。格安の値段である。
20240131_130122


👇は、例のごとく自家製の石焼き芋器で、薪ストーブを使って焼いている。
20240201_103429_copy_2268x3024

一時間以上の時間を掛けて焼き上げるので、焦げることも無く美味しい焼き芋が焼ける。
20240201_103402_copy_2268x3024


👇は、焼きあがった芋を、家に持ち帰った物である。
毎日、1回に7,8本焼いているので、余った焼き芋は冷凍保存している。
20240131_172205





👇は、温床の全景である。
20240131_142322_copy_2268x3024



👇は、Aブロックである。
唐辛子、ナス、ピーマンの催芽処理とシシトウ、ナスの発芽を促している。
温床の内部温度は、55℃前後である。
20240201_095055_copy_2268x3024



👇は、内部温度が72.8℃になっている。
内部温度の頂点近くなので、明日からは下降していくだろう。
無花果の挿し木ポット内の温度は、26.5℃となっているので、ちょうど良いだろう。
発泡箱の中身は、購入した紅はるかを保管している。温度は20℃前後になっている。
20240201_095114_copy_2268x3024




👇は、発芽したポットを、内部温度の低いCブロックで、低温栽培を行っている。
理由は、トマトの苗を早く蒔きすぎてしまったからである。
このままでは、徒長してしまう。なので、出来るだけゆっくりと育てるためである。
温床の内部温度は、29℃まで下がっている。ポット内は12、3℃ぐらいかもしれない。
20240201_094912_copy_2268x3024



👇は、発芽した苗の拡大画像である。まだ、徒長はしていない。
20240201_094933_copy_3024x2268



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、シルクスウィートの素揚げである。
160℃で5分揚げて、その後一度取りだして、油を180℃に上げてから30秒ぐらいあげてカリっとさせた。
綺麗な色に仕上がった。

IMG_20231011_114448


ブロ友さんからのプレゼントの海人の藻塩を掛けて、食べて見た。
上品な、素揚げの味となった。
IMG_20231011_114548



半分は、芋けんぴにした。
こちらは、砂糖のシロップに絡ませて、黒ゴマを振りかけてカリっと仕上げた。
私の得意のおやつ作りとなっている。
IMG_20231011_114500


 
本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

秘密基地で昨年までは、冬場に薪ストーブを使って、石焼き芋や鍋を使って紅はるかを蒸かして、干し芋を作った。
今年は、簡単に作れるサツマイモのイモケンピを作るために、カセットコンロを準備した。

大学芋の参考レシピ
準備
サツマイモ シルクスウィート500g
シロップ 砂糖 大さじ5 醤油 大さじ1 水 大さじ2 
 

①シルクスウィートを乱切りする。
IMG_20231003_102434_copy_2016x1512


②サラダ油で160℃で5分間揚げる。火が通ったことを確かめて、1度取り出す。
IMG_20231003_102747_copy_1512x2016


160℃を確かめて芋を入れる。
IMG_20231003_103107_copy_1512x2016


③サラダ油を再び180℃に熱し、さつまいもを戻し入れ、表面がカリッとするまで揚げる。
IMG_20231003_103611_copy_1512x2016



④画像が抜けてしまったが、フライパンにシロップの材料を入れて中火で熱し、とろみがつくまで加熱する。火を止め、芋を加えて絡める。
IMG_20231003_145943_copy_1512x2016
⑤👇は、完成した画像である。
IMG_20231003_105511_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

今日で、二日目である。
天気の良い日が2日続いて、次が曇りで、4日目にまた晴れる。
3日連続で晴れてくれれば申し分ないのだけれど。
寒くなるとサツマイモの保管が難しくなる。
IMG_20221208_170323

鍋とサツマイモを蒸かすための器具があれば、干し芋を作れる。
20221208_101800_copy_2268x3024

ダイソーで、250円の簡易蒸し器
1107

どうやって開くのか?




👇は、小と中形のタマユタカを、丸干し用に蒸かしている画像である。
20221208_101811_copy_2268x3024


私の自慢の手作りスライサー。
工作は、得意ではない。
時間がたくさんあれば、何とか作れるタイプのレベルである。
20221208_101905_copy_2268x3024


👇は、何にでも使えるマルチな、ミニビニールハウス。
つい最近まで、小糸在来と丹波の黒大豆を乾燥させていた。

昨日から、干し芋を干す場所となった。
網戸は、解体する家の二軒分の廃棄品を、タダで頂いたことがある。
カーポートから家の柱、ガラス戸、網戸に至っては20個ぐらいあった。
秘密基地は、それらの廃材で作った。
20221208_102025_copy_2268x3024


👇は、紅はるかである。もう2か月以上熟成してある。
とても甘くなっている。
3日も干せば、飴色に変わる。今年、最後の干し芋作りである。
20221208_102044_copy_2268x3024


👇の白っぽいものは、タマユタカである。
20221208_102111_copy_2268x3024


タマユタカの素晴らしい所は、筋が少なくカットした時にきめが細かいことである。
子供の頃に食べた干し芋は、透き通るような感じのものだった。
茨城県生まれの私は、タマユタカで作った干し芋を食べて育った。
20221208_102059_copy_2268x3024


👇は、上の画像にあった丸干しと半分に切って蒸かしたものを、追加して干したものである。
土曜日までには、完成するはずである。
20221208_110029_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      


👇は、ミニビニールハウス内で、干し芋を乾燥させている画像である。
干し芋に使っている品種は、紅はるかとタマユタカである。


👇は、3日間干した紅はるかである。ちょうど食べごろとなっている。
20221031_113223_copy_1512x2016

👇は、紅はるかの干し芋を拡大した画像である。
良い色に、仕上がっている。
20221031_113404_copy_1512x2016



👇の画像は、タマユタカである。干して2日目と3日目めのものである。
20221031_113213_copy_1512x2016


👇は、タマユタカであるが、大きくなりすぎたので半分に切って蒸かしたものである。
20221031_113427_copy_1512x2016



👇は、一番上の画像の紅はるかの干し芋を、家に持ち帰ったものである。
さっそく二人で食べたところ、ほんのりと甘く、味わい深い干し芋に仕上がった。
まだ、熟成期間が短いので、もっと甘くなるだろう。
20221031_114507_copy_1512x2016


 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

↑このページのトップヘ