のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > 干し芋作り

 12月30日に、サツマイモをトロトロに蒸かして、スライサーで10㎜にカットした。干し始めて5日目の画像である。今回は、やや柔らかめで収穫した。一度には食べきれないので、日に日に硬くなっていくので、このタイミングで完成とした。
20220103_105511_copy_2268x3024


12月30日の画像である。サツマイモは6本蒸かした。
d9035040-s


手作りのスライサーは、10㎜の幅である。
9ed1ffbd-s


画像では、横切りであるが、縦切りの方が綺麗に切れる。
4e2b0434-s


0fb42e5d-s


手作りの簡易干し器である。4段~5段ぐらいが、我が家の鍋での一回分には、ちょうど良い。
df47a3ea-s



日当たりの良いミニハウスので乾燥は、使い勝手が良い。
0e6a4144-s

➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

今年は、せっせとサツマイモの干し芋を作っている。毎週水曜日に、会社の帰りに立ち寄るお店がある。旧昭南町の手賀地区に、1軒だけある田舎のお店である。なんでも売っている昔の田舎のお店だ。
そこのおかみさんの実家が農家である。そこから、規格外の大きなサツマイモを譲っていただいている。本当は、自家産の芋で作りたいのだが、今年も大きな芋は少ししか採れなかった。
20211228_135620_copy_2268x3024


例のごとく、秘密基地の薪ストーブでトロトロになるまで蒸かして、自家製のスライサーで1㎝の厚さにカットする。 
20211228_135616_copy_2268x3024


相棒に端材で拵えてもらった干し器で、ミニハウスの中で干す。約1週間で、干し芋が完成する。
20211228_152718_copy_2268x3024


今回は、芋の大きさが揃ったので、綺麗にできた。規格外と言ってもプロ農家の作ったサツマイモは、しっかりと熟成していて、干し芋にしてもとても甘くて美味しく仕上がる。
20211228_152741_copy_2268x3024



20211228_152745_copy_2268x3024


ミニハウスで、乾燥させている画像である。
20211228_153014_copy_2268x3024


👇は、ダイソーで購入した干し器を2個つなぎ合わせたものである。干し芋作りには、やや不便である。
20211228_153101_copy_2268x3024




➡前回の記事へ 
 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


昨日は、からりと晴れて天気だったが、風が異様に冷たかった。サツマイモの干し芋作りを行った。天気が良くて風が結構吹いていたので、3,4時間外に干した。
20211226_105054_copy_2268x3024


毎週水曜日ぐらいに、会社の帰りに立ち寄るお店がある。1週間分のお茶菓子を調達している、田舎のお店である。昨年、実家で作ったという規格外の大きな芋を頂いた。今年は無いのか聞いて見たらあるというので、それを分けてくれと頼んだ。このまえ近所で購入した規格外と同じぐらいの大きさだったので、1本100円で買った。お金はいらないと言ったが、もっと欲しいので5本だけ譲ってもらった。
熟成していたようで、トロトロに蒸かしてから専用のスライサーで切って干した。
20211226_105028_copy_2268x3024



20211226_105048_copy_2268x3024


👇は、先週の水曜日に作った干し芋である。細いのは、固くなっていたので家に持ち帰った。規格外の大きなものは、あと2日ぐらいで仕上がりそうだ。干し芋は美味しいので、すぐに食べきってしまう。
20211226_105132_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

👇は、近所の地元の野菜を販売している所で、紅ハルカを買った。細長いのは、2本で250円だった。一方規格外の双子のほうは、80円だった。重さを測ったら上のは、2本で200gで、下の規格外は400gだった。
重さだけに注目すれば、2本組の2倍なので500円という事になる。

私にとっては、どちらも蒸かして干し芋にするので、下のものが太くて断然高級品となる。しかも80円なので、6分の1の値段で買った事になる。
20211222_072648_copy_2268x3024

双子の芋は半分に切って、皮を剥いて蒸かした。
20211222_080107_copy_2268x3024

勿論、朝の秘密基地での作業である。
20211222_080114_copy_2268x3024
 
👇が手作りのスライサーである。
この冬は、自家産芋は既に種芋しか残って無いので、スーパーの完熟芋を購入して、何度も干し芋作りをする事となる。
20211222_084915_copy_2268x3024

👇は、相棒がちょちょっと端材で作ってくれた、干し器である。スライサーで切った物を並べた。
20211222_084921_copy_2268x3024


プロの作る干し芋は、黒くなった所は、全て削りとってしまう。しかし、私はそのままで干している。味は全く変わらない。
20211222_084930_copy_2268x3024

切った物を、菜箸を使って並べる。中は綺麗な、黄色である。
20211222_085631_copy_2268x3024

練っとり感が有るのは、トロトロに蒸かせてある印である。きっと美味しい、干し芋に仕上がるだろう。
20211222_085634_copy_2268x3024




干す場所は決まっている。多目的に使っている、ミニビニールハウスの中である。私の畑の中で、一番陽当たりの良い場所だ。
20211222_085759_copy_2268x3024

このミニハウスでは、秋ジャガの保管やノンクーラーの玉ねぎの自家採種を進めている。
20211222_085750_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

干し芋を作って、秘密基地の薪ストーブで炙って食べている。週末は、友人も畑にやってくるので、おやつにはちょうど良い。
本当は、もっと幅広い干し芋を作りたいのだが、いかんせん我が家の畑で作れるサツマイモは、スマートなものが多い。サツマイモを買って、干し芋を作ったのでは面白くないので、細いのでも我慢して作っている。

20211128_112530_copy_2268x3024


サツマイモの干し器は、木工の得意な相棒が作ってくれる。既に、3台作ってもらった。
20211128_112622_copy_2268x3024


👇は、やや太いサツマイモの干し芋である。幅がちょっとだけ広い。
20211128_112627_copy_2268x3024


👇は、細過ぎて皮を剥いたら無くなりそうだったので、剝かないでそのまま干した。
20211128_112650_copy_2268x3024


まだ、水分がありそうなので、しばらく干して置くことにした。
20211128_112657_copy_2268x3024


👇は、友人の畑で作っているヤツガシラである。先日友人の畑を見たら、ヤツガシラが親芋を付けて捨ててある。どうしたのかと聞いたら、子芋が生っていないので捨てたと言っていた。セレベスも親芋を残して捨ててあった。どちらも親芋を食べることを知らなかったようだ。
20211127_162050_copy_2268x3024



捨ててあったヤツガシラの茎を頂いて、皮を剥いて干した。
芋柄作りである。
20211120_104211_copy_2268x3024

乾いてきたので、ハウス内のネットにさらに乾燥させるために吊るした。下のほうに新しい仲間を増やした。セレベスの茎も芋柄にできるというが、ちょっと太いので乾きが悪そうなのでやめた。
20211128_112706_copy_2268x3024
 



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ