のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > ジャガイモ 高松式

ながさき黄金の花
20210506_090006_copy_2268x3024



ランドペチカの花
20210506_085903_copy_2268x3024

👇の画像は、高松式で育てている「ながさき黄金」の畝である。
20210507_081529_copy_2268x3024


ここに来てぐんぐん育っている。
20210507_081551_copy_2268x3024


茎がめっちゃ太くなっている感じだ。
20210507_081628_copy_2268x3024


何かが起こりそうな予感。高松式栽培法。
20210507_081650_copy_2268x3024


真ん中のこんもりと盛り上がった畝。高松式「ながさき黄金」の畝だ。
20210507_081656_copy_2268x3024


反対側からの画像である。真ん中の畝が高松式「ながさき黄金」の畝である。
20210507_081727_copy_2268x3024



一方、👇の画像は、別の畑の高松式「グランドペチカ」の畝である。
20210507_083102_copy_2268x3024


ぼちぼち収穫が近づいている予感。
20210507_083144_copy_2268x3024


高畝から谷のほうに寝そべっている感じだ。
20210507_083153_copy_2268x3024


萌芽が早かった分、枯凋期も早くなるだろう。
20210507_083206_copy_2268x3024


試し掘りをしたくなるような、雰囲気である。
20210507_083216_copy_2268x3024

過去の記事へ ジャガイモ 高松式 (10)


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 





気の早いジャガイモが花を咲かせている。
この紫色で綺麗な花を咲かせるのはグランドペチカである。去年の種芋を空いた畝に植え付け、高松式を施したジャガイモである。

20210425_105231_copy_2268x3024


👇の画像が、上の全体像である。
20210425_105234_copy_2268x3024


👇は、上記画像の近くで1年前の種芋を使って高松式をやっているグランドペチカである。高松式で少しでも収穫量を増やすことと、枯凋期を早めて早期収穫することで、秋ジャガの種芋を確保する目的である。
20210425_105249_copy_2268x3024

今のところ綺麗な葉であり、病気もなく元気に育っている。
20210425_105300_copy_2268x3024


👇は、第1畑のジャガイモのメイン畝である。
20210425_105401_copy_2268x3024



👇は、この畑で唯一高松式をやっている「ながさき黄金」である。このジャガイモは休眠期が短く、ほかのジャガイモと同じく秋ジャガを種芋に使っているが、萌芽が早かったので5㎝に葉が伸びた時に、土を掛けて高松式にした。
20210425_105415_copy_2268x3024


👇は、2回目の土寄せを施したグランドペチカである。画像左側に並んでいるのは、高松式のながさき黄金である。よく見ると畝の高さが同じになっている。

2回の土寄せをすることで、ストロンの本数を増やすことができるようだ。
その記事を下に転載した。
20210425_105425_copy_2268x3024

👇は、2回の土寄せをやることによって、ストロンの数が増える様子が、イラストでわかる。


NOJI1

高松式の「ながさき黄金」の画像
20210425_105455_copy_2268x3024



👇が、2回目の土寄せをしたグランドペチカである。
20210425_105505_copy_2268x3024
 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

下の画像は、最初に萌芽したグランドペチカである。既に5cmの土を掛け、それを撥ねのけて育っている。
20210411_094000_copy_2268x3024




1年前の種芋では無いような、勢いのある容姿である。
20210411_094026_copy_2268x3024



👇は、秋ジャガイモの種を植えた「ながさき黄金」である。休眠期が短い品種なので、一足先に萌芽した。そこで、本命の畑ではこの品種だけ「高松式」で育てることにした。現在、土を破って葉芽を出した状態である。
20210411_094121_copy_2268x3024



種芋が新しく、エネルギーが感じられる芽である。
20210411_094134_copy_2268x3024




その他の畝では、ようやく萌芽が始まった。👇は、秋ジャガを種芋に使った、グランドペチカである。
この状態のジャガイモの姿が、葉が丸っこくて一番可愛らしい。今か今かと萌芽を待っていて、ようやく姿を見せてくれた感動的な萌芽である。
20210411_094152_copy_2268x3024


まだ、萌芽して間もないが見るからに葉が厚く、これから大きく育っていく勢いを感じる芽である。
20210411_094159_copy_2268x3024



👇の画像は、今まさに萌芽した感じのアンデスレッドである。
よく顔を出してくれたと、ほめてやりたい気持ちになる。
20210411_094231_copy_2268x3024


 本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ジャガイモの高松式の現在(4月5日)の生育状況である。
👇の画像の種芋は、1年前のグランドペチカの種芋を使った。種芋が古いと収穫量が少なくなってしまう。
そこで、収量が期待できる高松式を実験してみることにした。
5㎝ぐらいに萌芽した所に、土を被せた。
土を被せたのは3月24日であった1週間もしないうちに土を破って葉が出た。現在ほとんど土を押しのけて葉を出したが、何株かはまだ出てないのもある。
20210405_072644_copy_2268x3024


👇は、空き地を利用して、残り物の種芋を植え付けたものである。
同様に高松式を採用した。秋の種芋と来年の春の種芋確保のために、あちこちの空き地に余った種芋を植えてある。
20210405_072836_copy_2268x3024


👇の画像は、土を押し上げてしっかりと葉を展開したものである。
20210405_072851_copy_2268x3024


👇は、5畝作っている本命のジャガイモである。
すべて種芋は秋ジャガを使っている。その中でも「ながさき黄金」は一足先に萌芽し、5㎝ほどに育ったので、予定してなかったが高松式で育てることにした。
NOJI1


こちらは、畝幅がそんなに広くとらなかったので、土寄せで畝幅が広くないと高松式は難しそうなので、1畝だけにした。ゆくゆくは、グラインドペチカとながさき黄金の2本立てで作付けしていく予定なので、1畝しか作らなかったながさき黄金の収量を多くしたいので、計画を変更した。
まだ、アンデスレッドとジャガキッズは、2,3株しか萌芽していない。
20210405_072928_copy_2268x3024



 



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

3月23日に土を掛け、画像は3月29日のものである。約1週間で80%ぐらいが被せた土を破って、葉を出した。
20210329_082834_copy_2268x3024

ジャガイモを植え付けた時は、ほとんど平畝であった。植え付けた後土を掛けたので、畝が高くなったが5㎝に伸びた葉芽に土を掛けた時に、耕運機で畝を立てたので、ずいぶん高畝になった。
この後も土寄せをしていくので、かなり高畝になっていくだろう。
20210329_082845_copy_2268x3024



下の画像は、ガマさんのブログで紹介された画像であるが、5月23日の作業画像を見ると耕運機で土寄せをしている。ネギの土寄せに使う耕運機を使っている。ジャガイモ栽培で中耕作業はよくやるが、耕運機で土寄せしているのは見たことが無い。


画像引用元 ガマさんのブログ

b027c41212a217760e7f7118fd48eb8f
👇は、空いたところに高松式で土寄せした画像である。
土を被せてから2日しか経っていないが、もう土を撥ね退けているものもある。
高松式は、土寄せが大変である。
20210329_082942_copy_2268x3024


別の畑から一輪車で土を運んだが、それでも足りないので株周りの土を掘って被せた。
この時、息が切れてしまった。久しぶりの重労働だった。
高松式は、人力で土を掛けるには、相当な体力が必要だ。
20210329_083009_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

 

↑このページのトップヘ