のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > ゴボウの2段立体栽培

下の画像は、大浦太牛蒡である。
今年初めて、斜め2段立体栽培に挑戦している。
20210708_075417_copy_2268x3024



👇は、お借りしたイメージ画像
IMG_20210708_111223



上記参考は、3段の斜め植え立体栽培である。
私の場合は、2段の立体栽培である。
1


👇は、予備で1段の斜め栽培をしているが、芽の出が悪かったので種をまいた。
20210708_075435_copy_2268x3024

何本か発芽している。
20210708_075427_copy_2268x3024




👇は、同じ畑に出た、おのれ生えの赤紫蘇である。
20210708_075452_copy_2268x3024

そして、👇は種採り用の大浦太牛蒡である。
20210708_075511_copy_2268x3024


綺麗な花であるが、トゲトゲが鍵形になっていて服に引っ付くので注意が必要である。
また、枯れて種を採るときに、そのトゲトゲがバラバラになって衣服にくっ付いて取れなくなるので、ちくちくして着れなくなるそうだ。欲張ってたくさんの種を確保するのは、やめた方がよさそうだ。
20210708_075518_copy_2268x3024

サラダ用の菜っ葉を作ったが、消費が少ない。きっとトウ立ちするだろう。
20210708_075531_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


 

👇は、ゴボウの斜め立体栽培をしている画像である。
2列に植えてある。画像左が下で、右が上になる。

20210630_085039_copy_2268x3024


👇の画像は、正面から見たもので、上が1階部分で、下が2階部分である。
20210630_085056_copy_2268x3024


👇は、予備で1段の斜め植えをした画像である。
しかしながら、発芽がうまく行かず2,3株しか生き残らなかった。
種は全部使ってしまったので、そのままになってしまった。
20210630_085112_copy_2268x3024


👇は、大浦太牛蒡の花である。
自家採種するために、育てている。
20210630_085121_copy_2268x3024


👇が、全体画像である。背の高さをはるかに超えている。
20210630_085131_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

👇は、大浦太牛蒡の斜め2段立体栽培の画像である。2段目の牛蒡の数が少ない感じである。
20210611_080134_copy_2268x3024_1


👇の画像は、斜め2段立体栽培と予備の1段斜め栽培である。
20210611_080143_copy_2268x3024_1


👇は、予備に植えた物だが発芽は良かったが、虫に食われてしまったか、予備にならない感じである。
種は、使い切って無い。
20210614_083319_copy_2268x3024



2年目の大浦太牛蒡である。固定種なので自家採種するために育てている。
20210614_083241_copy_2268x3024



花の蕾が膨らんできた。
20210614_083249_copy_2268x3024
 
牛蒡の隣に赤紫蘇の種が零れてたくさん芽が出たのでそのまま育てている。
20210614_083328_copy_2268x3024


毎年、梅干しを漬けているので、突然『赤紫蘇はないか』と要求されるので、今年は前もって準備した。
20210614_083332_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、大浦太牛蒡の2段立体栽培の画像である。
雑草が生えてしまっていたので、綺麗に除草した。

20210530_095421_copy_2268x3024


もう少し育ててから、最後の間引きをしようと思っている。
20210530_095433_copy_2268x3024



👇は、保険のために1段の斜め植えをしてある。
20210530_095507_copy_2268x3024


こちらももう少し苗を大きく育ててから、最後の間引きを行う予定である。
20210530_095518_copy_2268x3024


👇は、2段立体栽培と1段の斜め植え栽培の全体画像である。
20210530_095526_copy_2268x3024


👇は、越冬させた大浦太牛蒡である。
固定種なので、種を採ろうと3株残した。既に背の高さほどになっている。
20210530_095545_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

今年は、畔波板を使って『斜め2段立体栽培』に取り組んでいる。
牛蒡の品種は『大浦太牛蒡』である。
20210517_082734_copy_2268x3024


種を直蒔きしたところ、発芽し始めた。
20210517_082745_copy_2268x3024

波板の溝に沿って、3粒ずつ蒔いた。やや不揃いに発芽している。
発芽の悪い所には、種を蒔きなおした。
20210517_082750_copy_2268x3024


👇は、隣に1段のものを追加した。
2段が失敗した時の保険の為だ。
20210517_082803_copy_2268x3024

こちらは、種を発根させてから蒔いた。
20210517_082815_copy_2268x3024

2段の立体栽培と1段の全体画像である。
20210517_082832_copy_2268x3024


👇は、現在越冬した2年目の大浦太牛蒡である。
6本あったが、3本は掘り起こして、すでに食べた。
残りの3本は、自家採種用である。大浦太牛蒡は、在来種である。
20210518_090926_copy_2268x3024


ところで、こんなに大きくなる牛蒡を波板の溝に並べて作れるのだろうか。

隣に、普通栽培の牛蒡を、何本か作っておこう。不安になった。
20210518_090937_copy_2268x3024

前回の記事へ    


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



↑このページのトップヘ