のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果菜類の栽培コーナー > トマトの水ストレス栽培

👇は、第1菜園のミニハウスでトマトの水ストレス栽培を行っている。
現在、水やりをストップしてトマトの木を注意深く間作しながらストレス栽培を行っている。
トマトの品種は、中玉トマトのフルティカ、シンディースウィート、ミディアムルビーの3品種を作っている。
IMG_20240611_14727


👇は、中玉トマトのシンディースウィートの画像である。
一番房が色づき始めている。
今回は、第1房が通常の大きさに育って1個が色づき始めてから、水やりをストップしている。
2本の独立した苗があるのは、挿し木した苗を続けて栽培するためである。
IMG_20240611_20806


👇は、シンディースウィートの5段目迄の房が、着果した画像である。
この段階で、頂芽はカットしてある。
他のフルティカやミディアムルビーも同様に育っている。
IMG_20240611_2482

👇は、露地栽培の大玉トマトのアロイトマトの画像である。
開花してから、斜め植えをしたので、下のほうで着果している。
着果した株の大部分は、摘果したがいくつか1個だけ残して育てている。
無肥料でアロイトマトを2畝作っているが、残っている肥料分の違いか、畝によって育ち方に差が出ている。
IMG_20240611_15471




👇は、露地栽培のミニトマトのトスカーナバイオレットである。
ミニトマトは、苗の大きさが間に合ったので、寝かせ植ではなくそのまま普通に植えてある。
品種によって育ち方に差が出ている。
画像のトスカーナバイオレットやピンキー、鈴なりミニなどは、勢いよく育っている。
もちろん、すべて無肥料栽培を行っている。
IMG_20240611_15848



👇は、紫ダイジョを育てている畝である。
この畝には、大きなムカゴと雁首を植えてある。
木を大きく育てて、種用の大きなムカゴを収穫するものと、早採りして食べきりサイズのダイジョを収穫する計画である。
IMG_20240611_3684

👇は、日当たりの良い休耕地に紫ダイジョの小さめのムカゴを植え付けて、来年度の種薯を育てる計画である。
自然薯のムカゴを種芋にするには、約2年かかり、ムカゴは1年育てると一本種(1年苗)になり、その後さらに1年かけて食用の大きさまで成長する。
紫ダイジョの小さなムカゴは、自然薯のムカゴの大きさよりは大きい。
きっと、1年後には種芋に使える一本種になるかもしれない。
IMG_20240611_479

👇は、第1菜園の西側の日当たりの良い場所に丸形のつくね芋を植えている。
昨年は、春から夏に掛けて日陰になってしまう場所に植えてしまったので、日照不足で芋が大きく育たなかった。
今年は、一番日当たりの良い場所を選んで、作付けた。
IMG_20240611_4978


👇は、ツケウリのハグラウリである。
大きくは育っているが、ウリハムシがたくさん集まってきているので、トレボン粉剤を葉に掛けて、ウリハムシが集らないようにした。
IMG_20240611_43947


👇は、ウリハムシに齧られた大きな葉と、ハグラウリの雌花である。
IMG_20240611_43566




👇は、1株だけ同じ畝の一番南端に植えてあるマクワウリである。
マクワウリは、去年初めて作って2,3個収穫できたものを食べてみたら、ほんのりと甘くて美味しかった。
IMG_20240611_45189


👇は、マクワウリの雌花である。人工授粉はしていない。放任栽培である。
IMG_20240611_44310


👇は、5月30日に植えつけた紅はるかである。
植え付け後12日目の画像である。
植え付け後、葉を枯らさないように藁で日陰を作り、晴れた日は水を掛けて葉の周りの湿度を上げた。雨の日も何日かあったようで、結構たくさんの葉が枯れないで残った。
IMG_20240611_17801


サツマイモの葉が枯れてしまうと、芋の数が少なくなって大きな芋が2,3本着くような感じに育つ。
葉が枯れなければ、形の良い芋が5,6本育つようである。
IMG_20240611_18121



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園のミニハウスで中玉トマトの水ストレス栽培をしている画像である。
水ストレス栽培は、今年で4年目となるが、過去の経験から余り水を辛くすると、糖度上昇と引き換えに、トマトのサイズや風味が損なわれる場合があった。
特にミニトマトでは、アイコや乙女の涙など大きめの物なら良いが、小さなミニトマトではより小さくなってしまう。
そこで、露地栽培でも美味しい中玉トマトのフルティカなどを、少しだけ水を辛くするだけでかなり美味しいトマトとなることが分かった。
今年は、中玉トマトのフルティカ、シンディースウィート、ミディアムルビーの3品種を作っている。
IMG_20240506_44232



👇は、土が乾いていたのでたっぷりと水を流し入れた。
IMG_20240506_44898


👇は、1番花が着果して2番果が咲いている画像である。
水を辛くするのは、1番果の大きさが普通サイズに近くなったころから、土が乾くまで水を切って糖度を上げていく。
収穫は、完熟した物から採って行くようにしている。
再び水を掛けるタイミングは、上部の葉が萎れ始めた頃に土を湿らせる程度に掛けて、葉の様子を観察する。
IMG_20240506_44559


👇は、水を掛けるタイミングの画像である。昨年の6月18日の物である。
水が切れてくると上の方の葉がしんなりとなって、下に垂れてくる。
この状態を確認して、株ごとに個別にジョーロで、水を少し与える。
20230616_135353_copy_1512x2016





👇は、ミニハウスの外の畝である。
昨年までは、オカワカメを作付けた所である。
今年は、ここに紫ダイジョを作ってある。
IMG_20240506_46709


👇は、紫ダイジョの蔓である。紫ダイジョは、葉も厚みがあって大きいし、蔓の勢いもものすごい。
オカワカメやゴーヤの育ち方に似ていて、ジャックと豆の木の豆の様な勢いが感じられる。
今年は、隣の物置の屋根に張わせる計画である。
IMG_20240506_45642



👇は、大玉トマトの棚であるが、50株分の支柱を用意したので、画像手前の10株分に紫ダイジョのムカゴを植え付けた。
紫ダイジョは
葉が茂りながら大きく成長するが、南北の棚の北側なのでトマトは日陰にはならないだろう。
IMG_20240506_46327




👇は、オカワカメである。
今年紫ダイジョを植え付けた場所から、第3菜園の西の山側に移動した。
オカワカメは、ものすごい繁殖力があるので、隣の山の木に絡ませる計画である。
IMG_20240506_45949


👇は、第3菜園の西の山側である。
画像の木に絡ませようとの計画である。
IMG_20240506_45268



👇は、ミニカボチャである。
植えた場所は、境界の土手となっている元は杉が植えてあった場所である。
畑を購入した時に、西日を遮る木を自由に切っても良いとのことで、土手の状態にしたまま放置して置いた。
昨年、荒れ地になっていたのを刈り払い機で整備した所である。
IMG_20240506_47475


👇は、バターナッツである。種はHAL_Kさんの所から来ている。
丈夫なカボチャのようなので、土手カボチャのように育てる計画である。
IMG_20240506_48224


👇は、土手の全景の画像である。
西側には遮るものは何もなく、日当たりは抜群である。
IMG_20240506_48627


この場所は、秘密基地の裏側の西に位置している。
IMG_20240506_47858


👇は、我が家の花壇に咲いている花の画像である。
去年ハイビスカスの枝を切って、挿し木した物に花が咲いたものである。
IMG_20240506_44560


👇は、ペチュニアである。
IMG_20240506_44953


👇は、チェリーセージホットリップスであるが、勢いがつき過ぎてか、赤一色に咲いてしまっていた。
最近になってようやく本来の白と赤のバイカラーに戻ってきた。
IMG_20240506_45363



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園の東側に作ってあるミニハウスである。
ここでは、水を辛くして糖度を上げる水ストレス栽培を行っている。
昨年までは、接ぎ木苗等を利用していたが、今年からは実生苗で作付けているので連作障害が出るかもしれない。
その時は、次年度から場所を変えて第2菜園の改良ミニハウスに移動する予定である。
毎年、堆肥を投入したりして土壌改良には取り組んでいるので、そんなにはひどい障害は出ないのではないかと思っている。
IMG_20240429_55824



👇は、中玉トマトのシンディースウィートである。
今年初めて作った。
IMG_20240429_55487



👇は、4株だけ植えてあるミニトマトのプチぷよである。
露地栽培だと難しいので、ハウス栽培にした。自家採種している種である。
IMG_20240429_56593





👇は、中玉トマトのフルティカである。
去年は、フルティカF2であったので、形が変化していた。
不思議と味と食感は親と似ていて美味しかった。
IMG_20240429_56186




👇は、ダイソー中玉トマトのミディアムルビーである。
IMG_20240429_56937



相方の絵手紙 作品は貝合わせ
IMG_20240428_071604



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園に設置してあるミニハウスの仕掛けを、イラストにしたものである。
トマトの水ストレス栽培を行うため、外部から水が浸みこむことを防ぐために、中央にU字の堀を作り、厚めのビニールで覆った。
これにより大雨が降っても、外部から水が浸みこむことは無くなった。
1



👇が実際のミニハウスである。堀は地面左側から3分2を掘った。
通路の足場材までがU字に掘った堺である。
右側には、玉ねぎの自家採種やキュウリ栽培等に使っている。
こちら側は、外と水源は繋がっている。
20240412_151432_copy_2268x3024


👇は、植え付けの終わったトマトである。
品種は、シンディースウィート、フルティカ、ダイソーのミディアムルビー、ミニトマトのプチぷよである。
20240413_103206_copy_2268x3024



👇は、たっぷりと水を掛けた後、支柱で起こした。
根付いたら、ビニール紐に絡めて吊り下げ栽培にする。
20240413_104619_copy_2268x3024



👇は、ブルーベリーである。3本の内の一番若い木である。
20240413_111044_copy_2268x3024


今年は、昨年度よりもたくさんの花を咲かせている。
20240413_111052_copy_2268x3024



👇は、真ん中に植えてある一番古い木のブルーベリーである。
3年前から少しずつ剪定をしてきた。
20240413_111122_copy_2268x3024



こちらも、年々花の数が増えてきているようだ。
過去に、1本の木で5㎏以上の収穫が出来たこともあった。
20240413_111131_copy_2268x3024



👇は、今年背の高さを低くするために、強剪定をして切り詰めた木である。
こちらは、下のほうの枝に花が咲いているだけである。
1,2年は、辛抱の年になりそうである。
20240413_111139_copy_2268x3024


👇は、サクランボの佐藤錦である。
接ぎ木してから3~4年で花が咲き、4~6年で実が生るようである。
接ぎ木苗を育てて2年目なので、花が咲くのは2,3年先になるようだ。
20240413_111258_copy_2268x3024


下のほうにようやく芽が出てきたようだ。
20240413_111313_copy_2268x3024


👇は、佐藤錦と相性の良いナポレオンの木である。
サクランボは、単独では実は生るが美味しい実は出来ないようだ。
雄株と雌株の相性があるようで、品種を調べて相性の良い木を見つけて育てるのが良いという事である。
20240413_111324_copy_2268x3024




👇は、秋に紅葉する木を集めて育てている箱庭である。
枯れてしまったとがっかりしていたナツハゼの木の小枝から葉が展開してきた。
20240413_111401_copy_2268x3024


ナツハゼは、和製のブルーベリーと呼ばれていることもある。
夏には、もう少し赤みが増して紅葉する。
20240413_111405_copy_2268x3024

ジャーマンアイリス
IMG_20240414_50823


IMG_20240414_50473



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、実験ミニハウスで育てている、中玉トマトの水ストレス栽培である。
今までは、如何にトマトの糖度を上げるかだけを、目標に頑張ってきた。
しかし、去年アンジェレトマトで、14度の糖度を記録したが、食べて見たら小さい上に、苦みが出てしまった。
糖度が高いからと言って、甘くて美味しいわけでは無いことが分かった。
そこで、今年からは、適度に完熟したトマトからどんどん食べていくことに方針を変えた。

20230620_105946_copy_1512x2016


👇は、ダイソーの中玉「ミディアムルビー」である。
これはダイソーのトマトで、一番おいしい。
20230620_110317_copy_1512x2016


👇は、フルティカF2である。
フルティカは固定種では無いので、親と違うものが出来るが、こちらはそっくりである。
20230620_110332_copy_1512x2016


👇もフルティカF2である。こちらも親とそっくりである。
20230620_110350_copy_1512x2016


👇は、水が切れてしまっている株である。頂点の葉がお辞儀をしている。
20230620_110526_copy_1512x2016


👇が、個別に水やりをした後の画像である。これで3,4日は軽く持つ。
20230620_110745_copy_1512x2016


👇は、背が高くなったものを蔓下ろしをした画像である。
ビニールひもで吊り下げているので、天井に近くなったら紐を下ろしていく。
20230620_111517_copy_1512x2016


トマトの房が地面についてしまうので、スイカ用の座布団を敷いた。
20230620_111549_copy_2016x1512



蔓を下におろした画像である。
下のほうの葉は、どんどん切り取っている。
今の所は、まったくの無農薬栽培であるが、病気は出ていない。施肥は、鶏糞を元肥に撒いてある。
また春先に、籾殻堆肥をたっぷりと土に混ぜてある。
去年は接ぎ木苗栽培であったので、今年は実生苗である。
来年は、接ぎ木苗にする必要があるだろう。
20230620_112604_copy_1512x2016


👇が、完熟したものを、収穫した画像である。
下の画像で、形が大きくて歪なものがフルティカF2で、親と違った形のものである。
しかし、天下のフルティカなので、親と少々形が違っても、食べてとても美味しいものである。
20230620_110253_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

↑このページのトップヘ