のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > 葉物野菜

👇は、冬になると日照が悪くなる第3菜園の画像である。
露地栽培の120日白菜の晩輝、トンネル内は春菊、子持ち高菜、晩輝が植えてある。そして、右側のトンネルは、絹さやとスナップエンドウである。
20220112_082816_copy_2268x3024


トンネルは、防虫ネットのみである。
20220112_082850_copy_2268x3024


中の画像であるが、寒さに負けずに元気に生長しているようだ。
20220112_082833_copy_2268x3024


👇は、第1弾のほうれん草である。先日の雪に埋もれてしまったが、すこぶる元気である。
20220112_083140_copy_2268x3024


👇は、トンネル内の春菊である。1,2回収穫して終わってしまった感じである。トンネルは不織布とビニールで二重にしてあったが、寒さには勝てなかったようだ。
20220112_082904_copy_2268x3024


👇は、同じトンネルの真ん中に植えてある子持ち高菜である。寒さには、かなり強そうな感じである。
20220112_082926_copy_2268x3024


寒さで凍みたりしていないようである。何とか春まで頑張ってほしい。
20220112_082949_copy_2268x3024



👇は、120日白菜の晩輝である。今年初めて作っているので、どのように育っていくのか楽しみである。
20220112_083108_copy_2268x3024



👇は、露地栽培の120日白菜の晩輝きである。苗が余ったので、日当たりのすこぶる悪い場所だが、試しに植えてみた。結球しなくとも春に菜の花で収穫する予定である。
20220112_083021_copy_2268x3024


 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、人参の畦である。今回はうまく出来た。
20220110_103537_copy_2268x3024

👇は、な花とのらぼう菜である。
20220110_103544_copy_2268x3024



👇は、蕪である。
20220110_105540_copy_2268x3024


な花を収穫した。
20220110_105522_copy_3024x2268


人参と蕪を収穫した。人参は形の良い物を持ち帰った。
20220110_105518_copy_3024x2268

👇は、ほうれん草とミックスレタスを植えてある畦である。
20220110_105717_copy_2268x3024

👇は、ミックスレタスである。少し小さいが第1弾が終ってしまったので収穫した。
20220110_105751_copy_2268x3024

20220110_105808_copy_2268x3024

👇が、第1弾の残りとここのミックスレタスを収穫したものである。
 20220110_111243_copy_2268x3024


➡前回の記事へ  


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


👇は、第2畑の葉物を主体とした畝である。手前のビニトン栽培では、大和真菜の幼苗が植え付けてある。
20220104_111549_copy_2268x3024

1641034158498

12月19日に植え付けた。播種は11月に入ってからだったと思う。大きくなる前に、春が来てトウ立ちしてしまうリスクが、ありそうだ。
20220104_111701_copy_2268x3024


👇は、ソラマメの苗が余ってしまって、急遽空いていた場所で、春に予定の無い畝に定植した。畝幅も狭かったので、防寒用キャップを被せた。
20220104_111946_copy_2268x3024

キャップを外して、撮った画像である。小さいけれど、しっかり活着して育っているようだ。
20220104_112017_copy_2268x3024


👇は、第2弾のニンジンである。第1弾は、虫にやられてほとんど残っていない。今回は、直前に馬糞堆肥を撒いた後に、播種した。それが原因か、二股、三股のニンジンが、たくさん出来た。食べる分には何ら問題ないが、旨く発芽したので、若干悔しさが残った。
20220104_112107_copy_2268x3024


👇は、葉物野菜を中心に、定植した畝である。
20220104_112124_copy_2268x3024

👇は、な花である。蕾が出て、今が収穫時期となっている。
20220104_112129_copy_2268x3024


👇は、のらぼう菜である。カキナとも、言われている。花蕾や茎を食べる野菜である。
20220104_112136_copy_2268x3024

👇は、ミックスレタスとレタス、ハーフムーンレタス、サニーレタスを、作付けした畝である。ほとんど、収穫が終わっている。若干ハーフムーンレタスが残っている。
20220104_112153_copy_2268x3024



👇は、大和野菜の飛鳥あかね蕪である。紫色の大根や赤カブに、似ている。固定種なので、自家採種してある。甘酢漬けにして食べると、パリパリして美味しい。小さい時は、葉と一緒に漬物にするようである。
20220104_112218_copy_2268x3024


ダイコンのように、大きくなっている。葉は食べないが、太くても輪切りにして漬けると、とても美味しい。
20220104_112222_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




 

ホウレン草は、寒さには比較的強く、寒さに当たると糖分が貯まり甘くなる。根は、低温には比較的強く0℃でも根は伸長し、-10℃以下にも耐えるようだ。
20211228_072454_copy_2268x3024_1

3日も寒さが続いて、早朝は👇の画像のように凍みてしまっている感じだ。しかし、太陽が昇り昼頃になると元気になっている。
20211228_072503_copy_2268x3024_1


👇は、120白菜である。2月頃に結球する超晩生種である。画像は、露地にそのまま植えている。隣には不織布+ビニトンで同品種の晩輝を作付けしてある。
20211228_072509_copy_2268x3024_1


👇は、不織布とビニトンで育てている春菊であるが、何本か凍みてしまって黒くなっていた。春菊は案外寒さには弱そうである。0℃ぐらいまでは、寒さに耐えるようだが、それ以上冷え込むと凍みてしまって生長点が黒くなって枯れてしまう。
20211228_072528_copy_2268x3024_1


👇は、防虫ネットで若干の防寒対策をしてあるエンドウである。エンドウは小さい苗であれば結構寒さには強い。
20211228_072605_copy_2268x3024_1


👇は、友人の畑のカブであるが、種まき時期が遅かったので小さい。まったくの露地なので、生長はストップしている感じである。寒さには強そうである。
20211228_072633_copy_2268x3024_1


👇は、友人の畑の青梗菜である。青梗菜も寒さには強そうである。ここまで育っているので、露地栽培でも寒さに耐えているようである。
20211228_072652_copy_2268x3024_1



👇は、友人の畑の春菊である。種まきが早かったようで、すでに何回か収穫してあるようだ。
20211228_072718_copy_2268x3024_1


👇は、ミックスレタスのサニーレタスである。こちらも寒さには強そうである。
20211228_072750_copy_2268x3024_1


 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

『友人に野菜を届けるので、持って来て』と頼まれた。珍しいことである。普通は、私が自主的に多過ぎる野菜を持ち帰り、知り合い等に配って貰っている。

👇は、今収穫中のほうれん草である。
20211222_082749_copy_2268x3024

👇は、初収穫の白カブである。
20211222_082759_copy_2268x3024

良いサイズに、育っている。
20211222_082910_copy_2268x3024

まず、ほうれん草と白カブを収穫した。
20211222_083218_copy_2268x3024

続いて、キャベツとサトイモを用意した。
20211222_083604_copy_2268x3024



👇は、のらぼう菜である。
20211222_083640_copy_2268x3024


👇は、な花である。
20211222_083645_copy_2268x3024


な花に花蕾が出来ている。
20211222_083650_copy_2268x3024



👇は、ニンジンである。人参も何本か抜いてお裾分けした。
20211222_083658_copy_2268x3024


a



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

↑このページのトップヘ