のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > サツマイモの垂直仕立て栽培 空中栽培

👇は、垂直仕立て栽培のサツマイモの棚である。
植え付けてから、130日が経った。
紅はるかの収穫適時期である。
20220927_074104_copy_3024x2268



植え付け日5月20日➡収穫時期9月27日 植え付け後130日目
IMG_20220927_165619


蔓は、麻ひもで縛ってあるので、簡単に切って下に落とせる。
全部で20株位なので、作業は簡単である。
20220927_075909_copy_2268x3024


👇は、株元を切り離した画像である。
20220927_080534_copy_2268x3024


切り離した蔓は、一輪車で隣の杉林の中に運んで発酵させる。
4回ほど運んで、終わった。
20220927_082148_copy_3024x2268



第1畝は、紅はるかで9株であった。
残りは、たまきちゃんから苗木を送って頂いた、タマユタカである。
びっくりするほどの大豊作であった。
サツマイモ作りを初めて、5年掛かって、ようやく満足のいく収穫が出来た。
良い結果が出たのは、垂直栽培の凄さであると思った。
20220927_091517_copy_2268x3024


👇は、昔からの干し芋の定番のタマユタカである。
たまきちゃんが作っても、この品種は数が少ないと言っていた。
大きな芋が、1個か2個しかできない感じである。
20220927_091803_copy_2268x3024


紅はるかである。丸々と太った大きな芋が出来た。
干し芋にして食べるので、太くて丸々としたものが干し芋には適している。
20220927_091649_copy_3024x2268


👇のように大きな芋で数がたくさん出来たのは、この畑では過去に経験が無い。
20220927_091715_copy_2268x3024


タマユタカの大きさと重量感は、半端ない。
干し芋を作るのには、大きな鍋が必要かもしれない。
20220927_084627_copy_2268x3024



大きな芋が2個と小さな芋が1個出来た。
斜め植えをしたが、垂直植えのほうが良かったかもしれない。
20220927_090511_copy_3024x2268



垂直栽培すると、一番高い棚は230㎝ぐらいまでになった。
蔓を縛るのは180㎝で、そこからは自然に空中栽培に切り替えたが、さらに上に伸びてから蔓が垂れ下がったためである。

すると、畝幅が100㎝ぐらいであったので、蔓が上に伸びるたびに畝間がどんどん狭くなっていく感じがした。
つまり、外側の棚は、日が十分に当たるが中の棚ほど、日照が遮られてしまった。
垂直仕立て栽培で、複数畝を作付けるためには、150㎝以上の畝幅を取る必要があると思った。

👇は残りの3畝 紅はるか 畝間100㎝
20220927_135752_copy_3024x2268



👇が、2番目の畝のサツマイモの育ち具合を、撮った画像である。
20220927_094934_copy_2268x3024



サツマイモは、しっかり生っているが、太さが3㎝ぐらいである。
隣の株も同じような太さであった。
垂直栽培の一番の狙いは、葉の一枚一枚に十分に日光が当たって、十分に光合成させることである。
それが十分な畝幅が無いと、互いに日陰を作り合ってしまって、芋の育ちが悪くなってしまうという事である。

収穫は10月17日以降になるだろう。
20220927_135526_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

サツマイモの苗を定植してから約120日目となった。
100日目に試し掘りをしたところ、焼き芋にはちょうど良い大きさになっていた。
あれから3週間ほど経った。

1


👇は、4畝の一番西側の棚である。
サツマイモの蔓は、2m30㎝ぐらいの高さになっている。
20220916_145415_copy_2268x3024


サツマイモの葉に、変化がみられる。
下のほうの葉が、黄ばんできた感じがする。
20220916_145427_copy_2268x3024



👇は、玉豊の苗が植えてある場所である。
こちらも、葉の色が黄緑色に変わっっている場所が見られる。
今回は、葉色が変わっている場所を中心に、試し掘りしてみた。
20220916_145446_copy_2268x3024


👇は、紅はるかである。
丸く育った芋が4,5本着いている。
3週間前よりも、かなり太く育っている。
20220916_145759_copy_2268x3024


👇も、芋が丸みを帯びている。
こちらは5,6本生っている。
20220916_145803_copy_2268x3024


👇は、干し芋の代表品種のタマユタカである。
苗木は、たまきちゃんから送って頂いた。
芋が3本生っている。
20220916_150050_copy_2268x3024



👇は、丸々と太ったタマユタカが2本生っている。
たまきちゃんに送って頂いた最高級の芋に、似た大きさに育ちそうである。
20220916_150100_copy_2268x3024

👇もタマユタカの畝であるが、土が盛り上がっている感じがする。
芋が育っている証拠である。
20220916_150246_copy_2268x3024



👇は、南側から見た画像である。
今回のポイントは、垂直仕立て栽培にすると日照を効率よく集めることができるが、畝幅が狭いと日が下まで差し込まない状態になってしまって、光合成が弱まってしまうのでは無いかという事である。
蔓の高さが1mぐらいまでの時の芋の育ち方は、どの畝も差が無かった。
しかし、蔓の高さが高くなるにつけて、畝によって芋の大きさに差が出て来ていた。
20220916_145511_copy_3024x2268

今回は、上の画像の左から2列目の畝のサツマイモを試し掘りした。
👇は、紅はるかである。4本ぐらい生っているが、やや小ぶりである。
上記の画像の一番左側の畝に生っている芋とは、明らかに太さが違う。
20220916_150614_copy_2268x3024


👇は、一本しか生っていない。
全部の畝を、何か所か探り掘りしたが明らかに、芋の肥大のスピードが遅くなっていることが良そうで来ていた。
垂直仕立て栽培は、太陽光が平均に当たるように、畝幅を広く取るか、1畝だけにするかである。
20220916_150631_copy_2268x3024


👇は、2番、3番苗を、畑の端の土手を利用して、1m50㎝ぐらいの高さまで垂直仕立てにして、その後は西側の土手下に這わせたものである。
こちらは、日当たりを遮る障害物は、何もない。
20220916_150803_copy_2268x3024


👇は、段差のある土手下から撮った画像である。
こちらは、かなり遅れての植え付けだったので、じっくり育てて結果を確かめようと思っている。
20220916_150817_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、サツマイモの垂直仕立て栽培である。植え付け後93日目の画像である。
20220821_135550_copy_2016x1512

👇は、南側からの画像である。画像左側は、玉豊である。
高さは2mを優に超えている。既に、空中栽培に移行している。
20220821_135625_copy_1512x2016



👇は、上から垂れ下がってきている蔓を、撮った画像である。
 20220821_135638_copy_1512x2016

👇は、丁度180㎝の高さになっている紅はるかの画像である。
葉の特徴は、比較的大きな葉である。
さらに立体的になっているので、それぞれの葉が太陽の光をたくさん浴びているような感じである。
20220821_135710_copy_1512x2016


植え付け後93日目の、紅はるかを探り掘りした画像である。
かなりいい感じで肥大している。
1640509118849




👇は、隣の畑の普通栽培のサツマイモである。葉が、小さい感じがする。
20220821_135725_copy_1512x2016


葉が何枚も重なり合って、下のほうの葉は太陽光が当たっていない感じである。
20220821_135737_copy_1512x2016

たったの2畝栽培であるが、葉が一面に広がっている。
この畑は、畝間をかなり幅広で作付けしてあるが、それでも蔓の伸びが凄い。
20220821_135745_copy_1512x2016


👇は、第2,3番苗を、畑の端の土手に、1畝植え付けたものである。
植え付けは、6月12日である。植え付け後70日経っている。
何株か探り掘りをしてみたら、玉豊も紅はるかも、まだ小さいが芋が出来ているのを確認できた。
垂直仕立て栽培の高さは、150㎝ぐらいである。西風が強いので、倒伏を防ぐために低くした。
20220821_135903_copy_1512x2016


👇の画像は、高い所から土手の方にナイアガラの滝のように、サツマイモの蔓を垂らして、西日をしっかり浴びさせようとの目論見である。
うまくイメージ通りに、葉と葉が重ならないで蔓が伸びて行っている。
20220821_135919_copy_1512x2016

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

台風が接近している。
明日の夜には東海、関東地方に上陸するかもしれない。
今回は、風よりも雨台風のようだ。しかしながら、野菜の暴風対策は必要である。

👇は、垂直仕立て栽培のサツマイモの棚である。

20220812_160108_copy_2016x1512


足場丸太を使って、4畝分の棚をマイカ線で縛り付けた。
画像は西風で倒されないように東西に足場丸太を縛り付けた。
畝は、南北なので南風には強い。
20220812_160058_copy_1512x2016

👇は、南側からの加増である。
こちらも2本の足場丸太材を使って、1mの高さの所を縛り付けた。
20220812_154852_copy_1512x2016



👇は、畑の一番西側の土手に、サツマイモの垂直仕立て栽培をしている畝である。
20220812_160546_copy_1512x2016


こちらは、120㎝ぐらいの高さなので、倒される事は無いだろう。
80㎝ぐらいの所に、19㎜の直管パイプを横に通して、支柱で支えている。
サツマイモの蔓は、イメージ通りに土手の下に這って行っている。
20220812_160524_copy_1512x2016




👇は、トウモロコシを作付けしたネットハウスである。
こちらも足場丸太材で、筋交いを3本入れた。
画像右側が、南である。
20220812_161415_copy_1512x2016


👇は、ミニビニールハウスである。
今までは竹の筋交いを使っていたが、今回足場丸太材を3本補強した。
竹と足場丸太材では、重量感が全く違う。
どっしりとして、少々の大風ではハウスはびくともしない。
20220812_161516_copy_1512x2016
 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

👇は、垂直仕立て栽培のサツマイモの棚である。
苗作りから始めて、第2,3苗がかなり余ったので、畑の隅の境界の土手に1畝作った。1ⅿぐらいの棚を作り、垂直仕立て栽培をした後に土手になっている所に吊り下げるようにした。
20220804_090006_copy_1512x2016


👇は、土手側からの画像である。
土手の草を刈ってあるので、そこにナイアガラの滝のように高い所から蔓を垂下げて行く。
20220804_090024_copy_1512x2016


👇の画像は、本命のサツマイモの垂直仕立て栽培の棚である。まだ、目標の高さの180㎝までは届いていない。
20220804_090047_copy_2016x1512


👇の画像は、180㎝の高さを越えて、垂直仕立て栽培から空中栽培に移行したタマユタカである。
既に、頂点から蔓と葉が、下に垂れ下がっている。
20220804_090114_copy_1512x2016


👇は、紅はるかの棚である。
一番背の高くなっている中央の1株を、探り掘りした。
昨年度は、畝の中央に位置した株は、ほとんど細い根っこのようなサツマイモしか出来ていなかった。
1



👇が、一番背の高くなっている紅はるかの株を、探り掘りした画像である。
植え付け後、約80日目の芋の状態である。
傷をつけないようにそっと土をどけて芋の状態を撮った。
はっきりと、4本の紅はるかが確認できた。
このことは、昨年度の畝の真ん中辺の不作は、葉が重なり合ったことが原因となっていることが証明できたことになる。
20220805_105604_copy_2016x1512

背の低い株 親指大5本
20220806_142123_copy_1512x2016

タマユタカ 親指大1本+小1本
20220806_142614_copy_1512x2016



👇は、昨年10月17日に、紅はるかを掘り起こした時の画像である。
畝の真ん中辺りの10株位は、細い根っこのようなサツマイモであった。
20211016_144405_copy_2268x3024

👇の表は、5月16日に植え付けてからの日数である。
紅はるかは、収穫標準の生育日数は130日以上ということである。(千葉県)
IMG_20220805_131646

千葉県高品質サツマイモの安定供給による産地の強化
2


👇は、私の畑と地続きの所で、サツマイモの栽培をしている教え子の畑である。
彼は、畝間を広く取っての栽培とサツマイモの専用肥料を施肥することで、普通の出来の収穫が出来ている。昨年は4畝作っていたが、今年は2畝に減らしたようである。
20220804_090213_copy_2016x1512


葉は重なり合って、下の葉は光合成に支障が出ている感じもする。
ただ、畑が広くゆとりが感じられる作付けである。
彼は、米作りの兼業農家であり、畑は3,4年前から少しやりだした感じで、それまでは除草を兼ねて耕しているだけだった。サツマイモも食べるためというよりも、孫にサツマイモ掘りを体験させるために始めた感じである。
20220804_090222_copy_1512x2016






本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村  
 

↑このページのトップヘ