のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:根菜類の栽培コーナー > サツマイモの垂直仕立て栽培 空中栽培

👇は、ブドウハウスである。ピオーネと巨峰を育てている。
ピオーネは1房30粒を目標に、巨峰は35粒を目標に、日差しが強すぎる日はブドウハウスの摘粒作業を行ってきた。
IMG_20240619_45805


👇は、ほぼ摘粒が終わった房の画像である。
摘粒は、込み合っている物や周りの粒と比べて小さいものを落とした。
全部で70房から80房生っているので、結構時間がかかる。
IMG_20240619_43267


👇は、30粒ぐらいの房に摘粒した画像である。
IMG_20240619_46224



IMG_20240619_42781


👇は、秘密基地の西側にある境界の土手である。
以前は杉の木が何本か植えてあった山の続きである。地主は教え子の親の山であったが、菜園を始めた時に邪魔になる木は自由に伐採して良いとの許可をもらっていた。
三角土地の様な場所だったので5,6本の杉や樫木が生えていた。相棒に切り倒してもらった。その後は、篠山になっていた。
昨年から篠竹を刈り払い機で整備して、燕麦の種を蒔いたりした。
今年は、さらに開墾してカボチャと紫ダイジョを植えてある。
IMG_20240620_3432


👇は、HAL_Kさんから種を頂いたバターナッツを2株植えてある。
IMG_20240620_31338



バターナッツの雌花が咲いている。
IMG_20240620_3271



南北に10mの長さで、幅は5mぐらいの土手になっている。
IMG_20240620_34735


👇は、ハマユウの花が咲いている。
IMG_20240620_33603



👇は、第1菜園のサツマイモの垂直栽培の棚である。一番西の外れである。
黄色いカンナが咲いているのは境界の土手である。隣の畑は1mぐらい下がっている。
カンナは大きくなるので、夏には刈払い機で刈り取ってしまう予定である。
IMG_20240620_32860




👇は、紅はるかの苗であるが、画像のように生長点のある蔓から複数本の脇芽が出ている。
昨年は、脇芽もすべて垂直に棒に縛り付けた。しかしながら何本も出てくるので、ものすごい葉の量となってしまった。
シルクスウィートは、脇芽の数が少なくすっきりとした株となった。
シルクスウィートは110日ぐらいで収穫できたが、紅はるかは140日ぐらいの時間がかかった。
どうやら蔓ボケ状態になってしまったようである。
今年は、脇芽が多すぎる時は、切り取って間引きしてみようと思っている。
0109

サツマイモの蔓から出ている脇芽や葉が多すぎると、蔓ボケ(ツルボケ)と呼ばれる現象が起こることがある。蔓ボケは、根を肥大させるべき養分が葉や茎に優先的に使われ、根が大きくならない状態を指す。』


👇は、シルクスウィートが2畝、紅はるかが1畝植えてある棚である。昨年、紅はるかを植えたら蔓と葉が多かったため蔓ボケ状態になり、収穫に日数が多くかかったので、紅はるかは、1畝にして他の2畝は西の端と畑の真ん中に1畝作った。
IMG_20240620_29444



👇は、同じ日に植えたシルクスウィートである。
こちらは、生長点から1本の蔓が伸びていてすっきりしている。
脇芽は余りでないので、風通しも良くすべての葉に日が当たり、芋の育つ日数も短くて済むようである。
紅はるかと一緒に育てて見て、品種によって育ち方が全く違うことが分かった。
IMG_20240620_30257




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

昨年度は、サツマイモの施肥においてNPKの割合を2-8-12とした。
窒素を少なくし、リン酸とカリを増やすことで、サツマイモの成長を促進した。
しかし、今年は無肥料で作付けを行うことに決めた。
この畑でのサツマイモの栽培は、5年目を迎えた。
2年前からまったく施肥をしていない大先輩の畑でサツマイモを作付けたところ、2年連続で豊作となった。
昨年度は、シルクスウィートには2-8-12の施肥量がちょうど良かった一方、紅はるかは蔓ボケ気味で収穫までに時間がかかった。
そこで、今年は無肥料栽培に挑戦してみようと思った。

👇は、草マルチを退かして、苗を植え付けた画像である。

IMG_20240601_58838


IMG_20240601_59353


👇は、畑の中央に棚を作った所に植え付けが終わって、敷き藁をサツマイモの葉に被せた画像である。この時期は晴れると日照が強くなるため、葉を枯らさないように、敷き藁を日除けとして使用した。
IMG_20240601_57900


👇は、メインのサツマイモの棚である。
垂直栽培を行う場合、畝間が狭いと隣り合う植物同士が日照を遮ってしまうことがある。
そのため、今年は昨年度よりも広い畝幅にした。
メインのサツマイモの畝には、下の画像の1畝だけに紅はるかを植え付けた。
後の2畝は、それぞれ西の端と中央に1畝ずつ作付けた。
紅はるかは、シルクスウィートよりも蔓や葉が伸びるのが旺盛で、蔓ボケしやすい特性があるようだ。
IMG_20240601_56932


👇の2畝は、シルクスウィートである。
この3畝で垂直栽培すると、シルクスウィートは普通に育つのだが、紅はるかは本数も少ないし、栽培時間が長くなってしまう。
おそらく品種の違いだろうと思うが、紅はるかの場合には日照条件を良くしてあげないと、生育に影響してしまうようだ。
IMG_20240601_55656


👇は、植え付けが終わった後、葉の上に敷き藁を敷いて日除けをし、水をかけて湿度を高め、葉を枯らさないようにしたものである。
 IMG_20240601_5624


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ハグラウリ、シロウリ、マクワウリの畝である。
エンドウの棚を取り外さないでネットを残して置いた。
片側に藁を敷いて、そこを這わせるものとネットに蔓を絡ませて立体栽培させる計画である。
IMG_20240529_12376

IMG_20240529_11520


👇は、第2菜園の露地栽培のキュウリ棚の隣に、オクラを植え付けた。
IMG_20240529_12817

👇は、ポットで育てた丸オクラと角オクラを、3本ずつまとめ植えをした。
オクラは大木になるので、密植植えをすることで、それを防ぐ目的でもある。
IMG_20240529_11900



👇は、ミニ菜園で中玉トマトの水ストレス栽培を行っている画像である。
かなり大きくなって、3段目までトマトが生っている。花は5段目迄咲いている。
IMG_20240529_51574


👇は、中玉トマトのシンディースウィートである。
IMG_20240529_53953


👇は、同じく中玉トマトのフルティカである。
IMG_20240529_469



👇は、ダイソーの中玉トマトのミディアムルビーである。
IMG_20240529_54801


👇は、露地栽培が難しいミニのプチぷよトマトである。3株だけ作っている。
IMG_20240529_50432

👇は、プチぷよの房である。綺麗に育っている。
今年は、接ぎ木苗は1本も無い連作となっている。
今のところ目立った連作障害は出ていない。
連作障害によってでるミニトマトの代表的な土壌病害には、「青枯れ病」と「半身萎凋病」があるようだ。
IMG_20240529_53206


👇は、第1菜園の西側の外れのサツマイモの畝である。
ナイアガラの滝と呼んでいる場所である。
サツマイモの垂直栽培を行っている場所であるが、隣が段差のある土手となっている。
150㎝の高さから土手の下の方までサツマイモの蔓が伸びていく。
IMG_20240530_19954


👇は、サツマイモの苗を植え付けている画像である。
植え付けで大事なポイントは、植え付けたサツマイモの葉を、一枚も枯らさないことである。
サツマイモは、土の中にある葉の付け根の節から2本の根が出る。
この根が芋になるか、あるいはただの根っこになってしまうかは、葉を生かすか枯れさせるかにあるようだ。
葉が枯れた節から出た根は、吸収根と言われる水や栄養分を運ぶだけの細い根となってしまう。
葉を枯らさなければ、2本の根は不定根と言われる肥大して芋になると言う事だ。
葉が3枚生き残れば、6本の芋が収穫できる計算である。
IMG_20240530_19158



昨年、色々と実験した結果、葉を枯らさない方法を見つけた。
それが下のように、植え付けた後に葉を藁のようなもので覆って、葉の隠れている藁全体に水を掛けて、湿度を保つことである。
これは、根が根付く3、4日間続けることで一枚も枯らさないで、育てることが出来た。
IMG_20240530_18759


👇は、苗の植え付けが終わった後、葉を覆った場所の藁に水を掛けて湿度を保つようにした。
IMG_20240530_18348


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、先日サツマイモの垂直栽培の棚を設置した画像である。
IMG_20240512_28826



👇は、近くの耕作放棄菜園の雑草を刈って、草マルチにした画像である。
IMG_20240515_55493


👇は、耕作放棄地の草を刈って、ワゴンRで秘密基地の入り口前に運んだ雑草の山である。
IMG_20240515_56270



👇は、一輪車で杉林の南側の第1菜園のサツマイモの棚に、雑草を運び終わった画像である。
既に、同じ畑の中央に作付けてあったエンドウの残渣を、畝に運んで残渣マルチにして置いた。
その上に、今回雑草を刈り採って運んだわけである。
IMG_20240515_56634


👇は、畝に草が生えないようにたっぷりと雑草で、草マルチを完成させた画像である。
この状態で2、3日天日干しすれば、しんなりと落ち着くはずである。
IMG_20240515_55930



👇は、畑の中央に植えた絹さやとスナップエンドウを、片付けた畝の棚である。
この場所に、今回ハグラウリ、シロウリ等の漬け瓜とマクワウリを植え付けた。
エンドウなどの後作には、キュウリなども良いということなので、問題ないと考えた。
落ち葉は、隣の杉林の境界の大きな樫木から落ちたものである。
IMG_20240515_29861


👇は、ハグラウリ3株、シロウリ2株、マクワウリ1株を植え付けた画像である。
ネットは、そのままにしてある。
漬け瓜の空中栽培は、やったことないがネットに絡まって上に登るものがあれば、そのまま育てようと思う。
地べたに這えば、黒マルチはそのままにしてあるので、これまたそのまま育てようと思っている。
IMG_20240515_30251


👇は、西の外れの境界の土手に作った、ハヤトウリの空中栽培を行う棚である。
IMG_20240515_29544



👇は、2個芽出しをしていたハヤトウリの1つである。
もう1つはあまり芽が伸びていないので、この株だけ植え付けた。
ハヤトウリを鉢植えにした理由は、周りに篠竹の根が張り巡らされ根域を確保できないためである。
IMG_20240515_29859



👇は、ジャンボニンニクの芽である。
坊主も食べられると言う事で、秘密基地に置いてあるカセットコンロを使って、天ぷらにした。
IMG_20240515_30591


👇は、ダイソーの百日草の種を購入して、苗を作ったものを相方にプレゼントしたものである。
苗の一部を、私道側の端に植えつけたものである。
百日草は、結構背が高くなる花である。
IMG_20240515_16568


👇は、同様にダイソーのミニひまわりである。こちらも苗にしてプレゼントしたものである。
こちらは、プランター植えにしてメインの場所に飾られたようだ。
IMG_20240515_16209

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇の動画は、10月27日に最後の紅はるかの棚を収穫した物である。



👇は、第1菜園の真ん中の一番日当たりの良い場所に、1畝だけ紅はるかを作付けた。
狙いは、日照を全面的に浴びさせるためである。棚の高さは120㎝と低く設定した。

この畝のサツマイモ栽培は、今年の垂直栽培の集大成の作付けであった。
苗も2番苗を使ったので、植え付けが6月20日とかなり遅くなっていた。
毎年苗を自家栽培しているので、2番苗が使えればかなりの数の苗が使えることとなる。

IMG_20231027_111931_copy_1512x2016


👇は、サツマイモの蔓を最初に取り払っている画像である。
サツマイモは6月20日に植え付けているので、10月27日で129日目の収穫という事になる。
紅はるかの収穫日数は、植え付け後130日~140日である。



IMG_20231027_112515_copy_1512x2016



👇は、1畝全部を掘り起こした画像である。全部で20株植え付けてある。
IMG_20231027_140326_copy_1512x2016


👇は、サツマイモの株の拡大画像である。
IMG_20231027_140349_copy_1512x2016



👇は、個別の株の画像である。垂直栽培でうまく育つと芋が丸くなるようだ。
IMG_20231027_135802_copy_2016x1512


👇のように細長く育つときは、蔓や葉が多すぎて粒ボケ気味の時である。
芋に成り切れなかった蛸根ができる時も同じである。
IMG_20231027_135828_copy_2016x1512


👇は、典型的な蔓ボケ状態で育った芋である。
植え付けでは、5,6枚の葉が枯れないで残ったので、10本以上の芋が生るはずである。
しかし、窒素過多や蔓ボケ状態だと芋が育たず蛸根となってしまう。

後20日ぐらい時間を掛ければ、育たなかった芋が一回りぐらいは太くなるだろう。
原因は、隣通しの蔓が日照を邪魔してしまったことだろう。
株間が広ければ防げたかもしれない。今年は、株間は50㎝としたが、私の畑では60㎝ぐらい必要かもしれない。
IMG_20231027_135927_copy_2016x1512



👇は、焼き芋や干し芋にするため、やや大きめの芋をあつめた。
全体の重さは11㎏であった。
IMG_20231027_143422_copy_2016x1512


👇も、同じく焼き芋や干し芋にする芋である。
全体の重さは約11㎏であった。
IMG_20231027_143506_copy_2016x1512


👇は、小さい芋をまとめたものである。
全体の重量は約6㎏であった。
大学芋や芋ケンピで食べる予定である。
今回収穫した20株の総重量は、11kg+11kg+6kgで計28㎏であった。
私の畑では、大豊作となった。
IMG_20231027_143541_copy_2016x1512


👇は、6月20日に植え付けた苗の9日目の画像である。
葉の茎が土の中に、5,6本入っている。不定根を10本から12本出させる計画である。
理論上は、節の部分から不定根が2本ずつ伸びて芋になるので、10本以上の芋が生る計算である。
2


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

↑このページのトップヘ