のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:根菜類の栽培コーナー > 里芋、生姜、蒟蒻

👇は、第4菜園のサトイモの畝である。この畑は、3方が山と隣人の小屋に囲まれて、日当たりが悪い。
しかし、里いもにとってはそれが良い環境となっている。

IMG_20230831_111413_copy_3024x2268


👇は、まる八セレベスである。
タケノコ芋と海老芋を掛け合わせてできた品種である。
タケノコ芋のように大きく作ることもできる。
灰汁は去年まで作っていた赤芽のセレベスほどでは無く、イカと一緒に煮るととても美味しいサトイモである。
IMG_20230831_111344_copy_2268x3024


脇芽を欠いて、親芋だけを残して育てると30㎝から40㎝のタケノコ芋のようになる。
IMG_20230831_111350_copy_2268x3024



去年は2,3株しか作らなかったので、一回しか食べられなかった。
今年は10株位作った。
IMG_20230831_111400_copy_2268x3024



👇は、まる八さんから種芋を頂いたタケノコ芋である。
大きな芋は食べてしまって、小さな芋を種芋にしたが、7月頃からどんどん大きくなった。
IMG_20230831_111153_copy_2268x3024



タケノコ芋は5株ほど作付けたが、どれも大きく育っている。
IMG_20230831_111216_copy_2268x3024



👇は、土垂である。
脇芽欠きもしないで、育つがままに放任栽培にした。
種には親株を使っているので、大きな芽が3本出たが1本だけ残して、後は肥料と水をたくさんやって、大きく育てた。
IMG_20230831_111305_copy_2268x3024



👇は、2条を千鳥植えで作った土垂である。
どの株も大きく育っている。
IMG_20230831_111317_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 




👇は、第4菜園のサトイモや生姜を植えてある畑である。
連日の猛暑で、毎日水やりをしているが、カラカラに乾いてしまっている。
20230729_100107_copy_2016x1512


👇は、生姜の畝の溝にホースで水を流している画像である。
この菜園には、共同の深井戸が掘ってあり、50坪ごとの菜園の区画に1つずつ水道の蛇口が設置してある。
約5分ぐらい水を掛けて、畑に水を浸み込ませている。
20230729_100228_copy_1512x2016


今年は、何とか生姜が育っている感じである。
品種は、大身生姜と
小生姜の房州赤芽生姜である。
20230729_101331_copy_1512x2016


👇は、蒟蒻の畝である。
昨年は、芽出しに失敗してようやく種を残した感じだった。
今年は、しっかり芽が出てから植え付けたので、上手く育っている感じである。
20230729_101349_copy_1512x2016


👇は、サトイモとコンニャクの堺の谷である。
サトイモの土寄せのために少し畝間を広くしてある。
サトイモは、特に水を好むのでたっぷりと水を掛けている。
20230729_101403_copy_1512x2016


👇は、まる八セレベスである。
タケノコ芋と海老芋との交配種で、とても美味しいサトイモである。
20230729_101606_copy_1512x2016



去年は、1回しか食べていないので、今年は種を残して量産した。
赤芽のセレベスが灰汁が強くて評判が悪かったので、作付けをやめてまる八セレベスに乗り換えた。
20230729_101615_copy_1512x2016


👇は、関東で良く作られている土垂と言う品種である。
こちらは灰汁が少なく、若いうちに収穫してみそ汁の具にしてもとても美味しいサトイモである。
我孫子市では、バカ芋と呼ばれている。
昔は、サトイモと言うとヤツガシラと土垂だけしか見られなかった。
ヤツガシラは親芋の子芋も食べられるが、土垂は子芋しか食べないで、親芋は畑に捨ててあることが多い。それで、土垂のことをバカ芋と言っているのかと思った。
親芋を食べて見たが、普通に美味しく食べられた。
20230729_101628_copy_1512x2016


私は毎年、土垂は親芋を種芋に使っている。そうすると大きな芽が3本ぐらいできる。
それを全部育ててしまうと、子芋まで栄養が回らず収穫量が少ない。
大きな芽を1本だけ残して、施肥と土寄せを2,3回やると、大きな子芋孫芋がたくさん出来る。
20230729_101636_copy_1512x2016


👇は、今年初めて作るタケノコ芋である。
まる八セレベスの元親となった片割れである。
まる八セレベスは、芋の色は茶色であるが、こちらは緑色である。
粘りは、まる八芋の方がねっとりとしていて、よりおいしい。
20230729_101654_copy_1512x2016



この第4菜園は、午前中しか陽が射さない半日陰の畑である。
そのためか、サトイモは毎年苦労しないで、豊作が続いている。
水と施肥と土寄せさえやっていれば、病気にも罹らず元気に育っている。
20230729_101711_copy_1512x2016



👇は、全体に水やりが終わった後の画像である。
約40分ぐらい水遣りに時間が掛かった。水を流している間に、除草をマメにしている。
20230729_102634_copy_2016x1512

 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

👇は、生姜とコンニャクとサトイモを作付けてある第4菜園の画像である。
20230715_095106_copy_2016x1512


生姜は、ここに来てようやく勢いがついてきた感じである。去年は、殆ど発芽しなかったので、種芋が少し残っただけであった。
その種芋も越冬に失敗して、小さなものが2,3株残っただけだった。
今大きく育っているのは、今年購入した種芋から出たものである。
20230715_095118_copy_1512x2016


何か所か歯抜けがあるが、今年は何とか物になりそうである。
今までは大生姜だけ作っていたが、今年から小生姜も1㎏、画像の畝の奥半分に植えてある。
20230715_095126_copy_1512x2016


👇は、蒟蒻の畝である。去年は虫に食われたのか歯抜けが多く、量産できなかった。
今年は、数的には去年よりも多いようだ。
20230715_095137_copy_1512x2016


👇が、去年の不作の原因を作ったセスジスズメである。
こいつはサトイモについて、葉を食べ散らかす悪い虫だ。
20230715_095148_copy_1512x2016


👇は、今年4年生になるこんにゃくである。1㎏ぐらいの大きなものが採れたら良いのだが。
20230715_095201_copy_1512x2016


👇は、おのればえで出た昨年の生子の取り残しである。
去年も何か所かから出ていたので、1年生や2年生物は、掘り起こさないで土を多めに掛けて置けば、畑で越冬できそうである。
20230715_095212_copy_1512x2016


👇は、サトイモの畝である。サトイモは3品種作付けてある。
20230715_095403_copy_2016x1512


👇は、まる八セレベスである。海老芋とタケノコ芋の交配種である。
今年は量産するために、冬に食べるのを1回にして種に残した。
赤芽のセレベスは、灰汁が強すぎたので畑の端の方で、種を繫いでいる。
20230715_095415_copy_1512x2016


👇は、画像左側がタケノコ芋で、右は土垂である。
👇の画像のように、土が乾いていたので水をたっぷりかけている。
20230715_095428_copy_1512x2016


👇は、全体の画像であるが、水を全体に時間を掛けてたっぷりと撒いた。
20230715_100034_copy_2016x1512





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村        

👇は、第4菜園の生姜の畝である。
マルチを剥いで、追肥をやって土寄せすることにした。
生姜は、肥料が好きな野菜のようである。

20230712_082017_copy_1512x2016

👇は、マルチを剥がした画像である。
20230712_082853_copy_1512x2016

👇は、追肥に鶏糞を株の周りに蒔いた画像である。
20230712_083527_copy_1512x2016

👇は、土寄せをした画像である。
20230712_084343_copy_1512x2016



👇は、蒟蒻の施肥基準である。こちらは、さほどの施肥量ではない。

IMG_20230712_165152

今年は、芽が出たのを確かめてから植え付けたので、昨年度よりも萌芽は良かった。
画像の奥の方は、生子や1年生の物が多いので、土を掛けて越冬させようと考えている。
生子などは、越冬中に腐ってしまうことが多いので、春まで土の中に置いて芽が出てから、植え替えようと計画している。
20230712_082024_copy_1512x2016



👇は、マルチを外した画像である。
20230712_082902_copy_1512x2016



👇は、追肥に鶏糞を撒いた画像である。生姜の半分の量の鶏糞堆肥を撒いた。
20230712_083533_copy_1512x2016



👇は、土寄せをした画像である。
20230712_084351_copy_1512x2016



土寄せが終わった後に、畝の谷間に水をたっぷりと掛けた。
20230712_084902_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、半日影の第4菜園である。
ここでは、サトイモとコンニャク、生姜を中心に栽培している。

20230709_080121_copy_2016x1512


👇は、タケノコ芋である。追肥と土寄せをしてから、ぐんぐん成長している。
20230709_080129_copy_1512x2016


👇は、土垂である。
こちらは、親芋を種芋に使っているので、大きな芽が出た。
脇芽が何本か出たので、すべてカットした。
20230709_080138_copy_1512x2016


👇は、まる八セレベスである。
まだ本調子ではない。
これからぐんぐん育っていくだろう。
20230709_080148_copy_1512x2016


👇は、大先輩の畑の土垂である。
サトイモの苗は、芽が出た物を同じ時期に、私がお裾分けしたものである。
一日中日が当たる場所に植えてある、サトイモである。
無肥料栽培なので、同じころに植えたのに、まったく育っていない。
サトイモは、半日陰を好み、肥料食い野菜である。

20230709_074825_copy_1512x2016


👇は、蒟蒻である。
画像手前から玉の大きい順から植えてある。
一番奥の方は生子である。
コンニャクの葉は、大きな1枚の葉である。
枯れてしまった場合には、そこで生長はストップしてしまう。

こんにゃくいもは掘り上げると管理が面倒なので畑に植えたままでも作れます。 イモは凍ってしまうと腐るので冬でも凍らない深さに植えておけば毎年出てくるので大きくなったものから掘ればいいのです。』➡記事参考元
20230709_080202_copy_1512x2016


👇は、大生姜と小生姜を植えた畝である。
画像手前半分は、大生姜の大身生姜である。
後ろ半分は、小生姜の房州赤芽生姜である。小生姜は今年初めて作る。
20230709_080213_copy_1512x2016


👇は、碧南鮮紅五寸人参の自家採種をしている畝である。
白い花が咲き、黄色から茶色に変わってきている。
そろそろ、種が零れないうちに収穫する時期であろうか。➡種を採るタイミングYouTube
20230709_080338_copy_1512x2016


良い種を採るには、しっかり受粉しているかどうかを確かめてから採ることが大事だという事である。それを確かめるには、茎がしっかり生きていて、種の部分が茶色に熟成している物である。
20230709_080352_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ