のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:種子の自家採種 採種の方法と画像 > 玉葱の自家採種

👇は、実験用のミニハウスの現在の様子である。
現在は、玉ねぎの種を採るために、3品種の玉ねぎを栽培してる。
足場板を敷いている左側は、厚めのビニールで外との根域制限をしてある。トマトのストレス栽培をやるために、30㎝ぐらいの深さにビニールでU字にしてある。
20230126_110112_copy_1512x2016


👇は、まる八さんが自家採種した篠原早生白玉ねぎの種を頂いてf2の苗を育てている。
玉が出来ても、収穫しないで越夏させて、秋に芽を出させる計画である。
20230126_105918_copy_1512x2016


まだ、玉が肥大を始めた段階で、収穫の大きさになるのは3月に入ってからだろう。
20230126_105924_copy_1512x2016


👇は、超極早生の春一番のF1の自家採種をするために、育てているものである。
20230126_105942_copy_1512x2016


👇は、春一番の拡大画像である。
現在の所、順調に生育しているようだ。
20230126_105956_copy_1512x2016


👇は、まる八さんから昨年収穫したものを、芽出ししたものである。
10個を芽出ししたが1個だけ生き残った物である。
篠原早生白玉ねぎを、保管して夏を越させるのは、一筋縄ではいかないようだ。
20230126_110008_copy_1512x2016


👇は、浜松産の篠原早生白玉ねぎを2個だけ購入したものである。
全国展開している「業務用スーパー」に並んでいた。
土に半分だけ埋めて、根や葉が伸びた後に、どのように変化していくのかを、観察するのが目的である。
12月に収穫して、全国的に出荷された玉ねぎなので、このまま越夏できれば、来年度に種が採れるという期待である。
20230126_110020_copy_1512x2016


👇は、中晩生種のノンクーラーである。
ノンクーラーはすでに種を採ったが、良い種が採れなかった。
今年こそは、良い苗を残して、大きなネギ坊主を育て、良い種を採ろうと頑張っている。
20230126_110044_copy_1512x2016


かなりいい感じで株が育っている。
20230126_110056_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

👇は、ミニハウスで玉ねぎの自家採種を進めている画像である。
品種は3種類。
超極早生春一番、篠原早生白、そしてノンクーラーである。
20221228_075209_copy_2268x3024


👇は、超極早生の春一番である。
食べきれずたくさん芽が出てしまった。
実験的に、自家採種して見ることにした。
20221227_084740_copy_2268x3024


芽が出た物がたくさんあったので、元気な株だけを残して自家採種することにした。
20221227_084750_copy_2268x3024


👇は、篠原早生白玉葱のF2である。
こちらは来年までこの場所で栽培し、越夏させて自家採種する予定である。
今年、10個ほど種採り用の玉ねぎを頂いたが、夏にほとんど腐ってしまった。
水分が多すぎて乾燥させることが出来ず、次々と腐ってしまった。
2,3個生き残った物をプランターに埋めて置いたら、芽と根が出た。
乾かして保存するというより、いつでも根を出せるような環境に置くことのほうが、越夏させられるのではと思った。
20221227_084840_copy_2268x3024



玉ねぎの自家採種は、2年掛かるのでかなりの労力がいるようだ。
20221227_084816_copy_2268x3024


👇は、篠原早生白玉ねぎである。生き残ったのはこの株だけとなった。
20221227_084825_copy_2268x3024


👇は、中晩生のノンクーラーである。
今年自家採種に成功したが、半信半疑での実験だったので、良い種が採れなかった。
未熟種も多く発芽率がかなり悪かった。
なので、今回はかなりの数の玉ねぎの芽出しを行った。
そして、良い株だけ残して良い種を採ろうと思っている。
20221228_075256_copy_3024x2268_1


👇は、何本もの芽が出て全体的に元気に育っている。
20221228_075307_copy_2268x3024_1



👇は太い芽が8本も出ている。
こちらも勢いがあって良い株立ちである。
20221228_075326_copy_2268x3024_1



👇は、本数は少ないが、立派な葉タマネギに育ちそうである。
20221228_075359_copy_2268x3024_1


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、実験栽培用のミニビニールハウスである。
20221206_100640_copy_2268x3024


現在は、3品種の玉ねぎの種を自家採種するために育てている。
👇は、超極早生玉ねぎの春一番のである。順調に生育している。
20221206_100650_copy_2268x3024


👇は、1株だけ生き残った、篠原早生白玉ねぎF1である。
20221206_100728_copy_2268x3024


👇は、篠原早生白玉ねぎF2の苗である。
この場所で育てて、収穫しないでそのまま越夏させて、秋に芽を出させて来年度F3の自家採種する。
20221206_100740_copy_2268x3024


👇は、中晩生のノンクーラーである。
今年自家採種したが、未熟種が多く発芽しても小さくて途中で溶けてしまうものがたくさん出てしまった。
そのリベンジで、今回は沢山の種を採ろうと数を増やした。
20221206_100753_copy_2268x3024



現段階の生育状況も昨年よりかなり元気である。
20221206_100811_copy_2268x3024


数も、昨年度の倍の株数を植えてある。
20221206_100800_copy_2268x3024

真ん中の畝は、ミニトマトを植える予定なので、ノンクーラーは両側に分けて栽培している。
20221206_100822_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      
 

↑このページのトップヘ