のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:葉菜類の栽培コーナー > 玉葱の自家採種

👇は、第2菜園のミニハウスで、篠原早生白玉葱の自家採種を行っている画像である。
20240302_084743_copy_2268x3024


👇は、トウ立ちが始まっている画像である。
今年は、すでに10本以上のトウが立っている。
昨年は、ネギ坊主ができたのは、2つだけであった。
大きなネギ坊主からは、852粒の種が採れた。小さなものからは、315粒だった。
昨年の今頃の大きさは、3月9日で、開花が5月3日頃、種採りは6月24日であった。
今回の画像は、3月2日のもので1週間早い。
今のペースで自家採種が出来れば、7月1日の種まきは可能である。
20240302_084752_copy_2268x3024


20240302_084804_copy_2268x3024

玉の肥大が凄い。
20240302_084823_copy_2268x3024


きっと、大きなネギ坊主が出来そうな感じである。
20240302_084853_copy_2268x3024


20240302_084924_copy_2268x3024


👇は、同じハウス内の冬採りイチゴの苗の画像である。
花芽を綺麗にカットして、露地への移植を待っている状態である。
夏に、失敗した間欠冷蔵処理を、もう一度挑戦する予定である。
20240302_084957_copy_2268x3024


👇は、第1菜園のミニハウス内の画像である。
昨日溝を掘って、水を流し込みカラカラに乾いた土に浸み込ませて、これから土づくりをする予定である。
真ん中に30cmの深さにU字の溝を掘り、厚めのビニールシートを敷いて、その上に土を盛ってある。雨の多い梅雨時でも、外からの水の侵入は無く、乾いた状態でトマトを育てられるようにしてある。
20240302_085434_copy_2268x3024

冬の間、カラカラに乾いた土がしっとりとした。
これから、鶏糞や籾殻堆肥を投入して、土壌内の微生物を活性化させる計画である。
20240302_085440_copy_2268x3024



👇は、1月にベトビョウに罹り、生長が著しく止まってしまった篠原早生白玉葱である。
20240302_085506_copy_2268x3024



20240302_085519_copy_2268x3024



👇は、一番大きく育ったもので、直径が8.5㎝に育った。
ベトビョウに罹らなかったら、普通に収穫できたかもしれない。
20240302_111751_copy_2268x3024




来年度の種玉葱として使う予定である。
20240302_111839_copy_2268x3024



👇は、篠原早生白玉葱よりも、1ヶ月遅い9月1日に種を蒔いて育てた、加津佐13号である。
20240302_085545_copy_2268x3024


👇は、一番大きなもので7.5㎝の大きさに育っている。
20240302_111915_copy_3024x2268



こちらも同じビニトン内で栽培していたので、ベトビョウに罹ってしまった。
20240302_111930_copy_2268x3024



殆どが根腐れしてしまった。
ビニトン無しでも、それなりに育ったかもしれない。来年度の課題となった。
20240302_111958_copy_2268x3024





👇は、坊主知らずネギである。
今年は、ようやく復活した感じである。
20240302_112045_copy_2268x3024



良い感じで育っている。
大きさのピークは、4月から5月頃になるだろう。
坊主知らずのプロ農家の出荷時期である。
20240302_112049_copy_2268x3024



👇は、石倉一本ネギである。
20240302_112108_copy_2268x3024


自家採種用に残してある。
石倉一本ネギの自家採種は、初めてである。
20240302_112115_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、ミニハウスで篠原早生白玉葱の種を採るために、栽培している画像である。玉ねぎにトウが立ち始めたので、棚を作って支柱を立てた。
20240216_082656_copy_2268x3024


👇は、トウ立ちが始まった株の画像である。
現在4本のトウ立ちを確認している。
葉の白い模様は、Zボルドーの殺菌剤の汚れである。
20240216_082749_copy_2268x3024


👇は、別の株で2玉に分げつした株である。
どちらにも、トウが立ち始めている。
トウ立ちを期待して、10本以上の支柱を立てた。
20240216_082757_copy_2268x3024


👇は、4番目のトウ立ちの画像である。
20240216_082730_copy_2268x3024



👇は、苗を植え付けた時に、ヨトウムシに芯を食べられた。
脇芽が出たのを育てていたものである。
20240216_083155_copy_2268x3024


👇は、2株から玉になった物を収穫した。芽キャベツよりははるかに大きい。
20240216_110655_copy_2268x3024


👇は、子持ち高菜である。
ようやく収穫時期となったので、1株だけ収穫した。
20240216_095146_copy_2268x3024


👇は、1株カットして秘密基地に運んだものである。
20240216_095302_copy_2268x3024


👇は、子と小さな葉と外葉を解体した画像である。
20240216_100641_copy_2268x3024


👇は、子である。1株に全部で20個ぐらいの子が収穫できた。
今回は、子も含めて、全部の葉を一緒に漬けこむことにした。
20240216_101709_copy_2268x3024



👇は、子を包んでいた脇芽の小さな葉である。
大きな外葉を高菜漬けにして、現在食べている。
今回は、子と小葉と外葉の全部を、一緒に高菜漬けにした。
20240216_101720_copy_2268x3024


👇は、どかなり千成ミニキュウリと、ラリーノホワイトの種を蒔いた画像である。
ラリーノホワイトは、YUKIさんが自家採種したのを送って頂いたものである。
昨年と同じように、ミニハウスで促成栽培する計画である。
今年は、どかなり千成とラリーノホワイトのハーフを作って見ようと思っている。

20240216_145753


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村



👇は、第1菜園の東側にあるミニハウス内の画像である。
こちらでは、トマトのストレス栽培や玉ねぎの自家採種などの実験栽培を主に行なっている。
20240117_145921_copy_1512x2016



👇は、昨年自家採種に失敗した晩生種のノンクーラーの親株を育てている。
20240117_145929_copy_1512x2016



植えつけたのがやや遅かったために、やや生育が出遅れ気味である。
20240117_145939_copy_1512x2016



昨年は、篠原早生白玉ねぎと春一番が早くトウ立ちしたので、遅くトウ立ちしたノンクーラーの人工授粉が雑になってしまったために、受粉できなかった。
今年は、篠原早生白玉ねぎは、第2菜園の改良ミニハウス内で行っているため、交配の心配もなくじっくりと取り組むことが出来るだろう。
20240117_145950_copy_1512x2016



自家採種用の株数も7,8株作付けてある。
20240117_145958_copy_1512x2016



👇は、HAL_Kさんから来ている晩生菜花である。自家採種用に2株隔離栽培している。
自家受粉するアブラナ科であるので、交雑する心配は無いが確実に種を採りたいので、隔離栽培とした。
20240117_150006_copy_1512x2016



ハウスの中なので、葉も綺麗に育っている。
20240117_150016_copy_1512x2016



👇は、第2菜園の改良ミニハウスの中の画像である。
こちらでは、篠原早生白玉ねぎF2の自家採種のために親株を10株ぐらい栽培している。
20240117_150150_copy_1512x2016



葉の数も10枚以上で大きな葉が育っている。
大きな坊主が出来て、たくさんの種が採れそうである。
昨年度は1株しか生き残らなかった。
それでも大小2個の坊主が出て、1000粒以上の種が採種出来た。
20240117_150201_copy_1512x2016



👇は別の株であるが、こちらも2つに分げつしてそれぞれに元気な葉を伸ばしている。
20240117_150242_copy_1512x2016



👇は、3個に分げつしてそれぞれ立派な葉を伸ばしている。
夏に冷蔵庫で保管し、暑さで溶けてしまうのを防いだことが功を奏して、たくさんの種玉葱が生き残った。
20240117_150346_copy_1512x2016



👇は、溶けそうになってしまった親株だったが、何とか生き残ってセル玉葱のように玉だけが育った。葉は倒れてきたので、収穫できそうである。完結してしまって休眠期に入ってしまったようだ。
20240117_150434_copy_2016x1512





👇は、第1菜園のトンネル栽培している篠原早生白玉ねぎである。
12月30日以来、寒さで生長がストップしてしまった玉ねぎである。
玉の直径が6.4㎝で止まってしまった。
20240119_141234


👇は、トンネルの中央付近で、生長を続けている玉ねぎが1個見つかった。
玉の直径が7.5㎝と、収穫できるⅬサイズに育った。1月20日の計測である。
20240119_112533




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村




👇は、篠原早生白玉葱の坊主の開花画像と、受粉して実が出来た画像である。
1  3


篠原早生白玉葱のトウ立ちした大玉の種採りを、半分だけ行った。数は400粒であった。
20230624_141012_copy_1512x2016

大玉の残りの粒数は、452粒であった。 合わせて852粒の収穫である。
20230625_082931_copy_2016x1512



👇は、篠原早生白玉葱の小さいほうの花芽と受粉して実が付いた画像である。
  1  0109 


👇は、小さい坊主に出来た種の数は、全部で315粒であった。
20230625_085214_copy_2016x1512



👇は、今年の篠原早生白玉葱がトウ立ちして、開花した画像である。
20230513_144923_copy_1512x2016

👇は、上記の画像の種を採ったものである。受粉のさせ方が悪かったようである。
採れた種の数は26粒であった。
画像の殻のような中にもまだ種が入っているかもしれないが、小さい種は発芽しても、途中で溶けてしまう。
種は、大粒でしっかりした種で無いと、使える苗には育たない。

20230625_090236_copy_1512x2016


👇は、今年の篠原早生玉ねぎの自家採種の総粒数である。
全部で、1193粒であった。

昨年初めてノンクーラーの自家採種をした。
その種を800粒蒔いて、苗に出来たのは約150本だった。
2割しかものにならなかったことになる。購入した種だったらクレームが入る所だ。

今年、全部蒔いて2割の出来だとすると、238本の苗ができる計算だ。
20230625_090800_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   
 

篠原早生白玉ねぎの種玉葱を乾燥させて、夏を越させるのが非常に難しい。
というのは、巨大な玉ねぎで肉厚で水分をたくさん含んでいる。
普通の晩生玉葱のように、締めて栽培することは無い。そのため休眠期に入ったとたん、外側の鱗片が溶けだしてくる。そして、中身は3個ぐらいに分げつを始める。

YUKIさんからのアドバイスを頂いた。
『私ならホームタマネギ同様の育て方をして来春の種採りを目指すと思います。
時期的に無理があるかと。
掘り上げ、乾かしたら冷蔵庫のよく冷える場所に保存し、冬と錯覚させ、8月の終わりに半日陰の場所に植え、涼しくなったら日当たりの良い場所で育てます。
球が、大きいので間違いなく春とう立ちするはず。』

ホーム玉葱同様の育て方とは?
『ホームタマネギの種球の貯蔵は、風通しの良い日陰に置いておくのが基本。
しかしながら冷蔵庫に入れることで、腐りにくくなる。ホーム玉ねぎの種球を植え付けるのは、8月の終わり頃。掘り上げて貯蔵を始めるのが5月~6月頃なので、3ヶ月ほど貯蔵しておく必要がある。
ホームタマネギの種球は、一定期間10度程度の低温に当てることによって、発芽を揃えさせることができる。一定期間低温に当てることを、低温処理や冷蔵処理と呼ぶ。』➡転載元

種玉葱は十分に乾燥しているので、さっそく冷蔵庫の中を片付け、冷蔵処理を開始した。
現在休眠期に入っているので、10℃前後の温度に徐々にしていく予定である。
20230618_114948_copy_1512x2016


冷蔵庫は、「強」、「中」、「弱」のうちの「弱」にしてある。
内部温度は、現在13℃~14℃である。様子を見て、「中」にしていく。
8月には、イチゴ苗の「
間欠冷蔵処理」8月下旬に、冷蔵庫を使う。
さらに、8月いっぱいは、秋ジャガの「低温処理」で休眠打破を予定している。
なので、冷蔵庫を支配していた野菜の種は、常温保管となってしまった。
20230618_115135_copy_1512x2016

冷蔵庫の温度は、現在13℃である。
冷蔵庫は、まだ余裕があるので、イチゴの苗の
間欠冷蔵処理」も、ジャガイモの「低温処理」も十分にできるだろう。
20230618_115141_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ