のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果菜類の栽培コーナー > 金時豆 白花豆

👇は、第4畑の白花豆である。
今年初めて作っている。種はyoukouさんから頂いたものである。
かなり暑い時に植え付けたので、何本かは枯れてしまった。
最初は、支柱に直接蔓を巻きつけようとして失敗した。
その後海苔網を取り付けたら、容易に蔓が絡まってきた。

IMG_20230904_111422_copy_1512x2016


👇は、大きな葉が育ってきた画像である。
全部がこのような葉で覆われれば勢いが着くようであるが、まだ全体的には葉は小さい。
IMG_20230904_111436_copy_1512x2016


花が咲いているものも見られるが、気温がまだ高すぎるので受粉は出来ないだろう。
9月中旬以降なら受粉出来て莢ができるかもしれない。
しかしながら全体的に育ち方が悪いので、もっと大きな葉が育ってこないと、莢が出来てもうまく育てることはできないだろう。

IMG_20230904_111448_copy_1512x2016

ボチボチ大きな葉が見られるようになってきた。
初めての栽培なので、今年はどのように生長して、花がいつごろ咲いて、受粉はするのかどうか等の記録を撮ろうと思っている。
IMG_20230904_111458_copy_1512x2016


👇は、同じ畑のニンジンの後作に第2弾の金時豆を作付けた画像である。
IMG_20230904_111513_copy_1512x2016


金時豆は、春作よりも秋作の方が作りやすく、収穫量も多いという事である。
春作は、早めに苗作りをして、マルチトンネル栽培で育てたので、秋作に比べてははるかに手間が掛かった。
しかし、収穫量はとても満足いく物であった。

IMG_20230904_111608_copy_1512x2016


2畝作ってあるが、画像右側はどうしても乾燥気味になってしまって、木が小さい感じである。

IMG_20230904_111622_copy_1512x2016


👇は、現在花が咲きだしている所である。
IMG_20230904_111637_copy_1512x2016


👇の画像は、右側の畝のやや小柄な株の画像である。こちらも花が咲きだしている。
秋作は、ポット苗で育て、8月1日に植え付けを行った。

IMG_20230904_111642_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    



 

👇は、白花豆である。
平地では、花は咲いても着果せず莢が出来ないと言われている。
隣の県の茨城県で作った人がいた。ブロ友のyoukouさんである。➡青パパイヤと家庭菜園日記

20230814_104730_copy_1512x2016


種が大きいので、苗を背が高く植え付けてからどう扱ったらよいか難しかった。
とりあえず麻ひもで支柱に縛り付けたが、なかなか蔓が絡まない。
20230814_104745_copy_1512x2016


👇のように、蔓が上手く支柱に絡まっていく株もあるが、数株である。
20230814_104753_copy_1512x2016


何か所も縛るが、一向に蔓が支柱に絡まない。
そのうちに、風で蔓が折れていまう物も出た。
20230814_104811_copy_1512x2016


一番蔓を摘芯すれば、良かったかもしれない。
風で蔓が折れた物は、脇芽が出てきている。
20230814_104816_copy_1512x2016


とにかく、作って見てどんなものかを理解する必要がありそうだ。
北海道や東北の方が作りやすいという事なので、ググっても作っている人が少ない。
20230814_104837_copy_1512x2016


👇は、画像左側が丹波の黒大豆で右側が小糸在来である。
昨年は、畝幅が狭かったので、丹波の黒大豆が小糸在来に飲み込まれてしまった。そのため、丹波の黒大豆の収穫量は500gぐらいしか無かった。
20230814_144622_copy_1512x2016


👇は、丹波の黒大豆である。やはり、小糸在来に比べて育ちが遅い。
20230814_144631_copy_1512x2016


👇は、小糸在来である。畝の手前半分だけ作った。
小糸在来はたくさん出来て、枝豆だけの消費なので、1畝作ると作りすぎてしまう。
なので、今年は丹波の黒大豆を1畝半作った。
20230814_144640_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、第4菜園の水撒きが終わった後の画像である。
この畑は、3方を山と建物に囲まれていて、日当たりの悪い。
そのため、半日陰を好むサトイモや生姜を中心に作付けてある。

20230804_083124_copy_2016x1512


👇は、比較的に日当たりが良い東側に、南北の棚を作って作付けた白花豆である。
20230804_083146_copy_1512x2016



👇は、今年特に力を入れている大生姜である。
ここ2年ぐらい大生姜が不作である。
芽出しの失敗が多かったので、今年は芽が出るまでは植え付けをしなかった。
20230804_083204_copy_1512x2016



ここに来て脇芽が増えているので、籾殻堆肥で乾燥防止をして、毎日朝に水やりをしている。
20230804_083210_copy_1512x2016



👇の株も脇芽が増えて育ってきている。
20230804_083228_copy_1512x2016



👇は、蒟蒻である。
蒟蒻も昨年は不作だった。
今年は、芽をしっかり確認してから植え付けた。
20230804_083248_copy_1512x2016



👇は、白花芽である。今年初めて作るので、どの様に蔓が育つのか毎日観察している。
20230804_083517_copy_1512x2016


東側に白花豆の棚があるので、西側のサトイモは朝日を遮られてしまうだろうが、それはサトイモにとっては好都合だろう。
20230804_083505_copy_2016x1512

 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、金時豆の苗の画像である。
20230731_112417_copy_1512x2016

全部で60株以上作ってある。
20230731_112409_copy_1512x2016


👇は、人参の自家採種をした場所である。
幅が狭かったので畝幅は70㎝となった。
株間は、40㎝にして、2株ずつ植え付けた。
20230801_092503_copy_1512x2016_2




20230801_095449_copy_1512x2016_2




20230801_095456_copy_1512x2016_2




20230801_095508_copy_1512x2016_2




20230801_101543_copy_1512x2016_2




20230801_101612_copy_1512x2016_2


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

昨日の夕方、苗が伸びていた白花豆を植え付けることにした。
20230731_112352_copy_1512x2016


👇は、カラカラに乾いていた畝に、たっぷりと水を撒いて植え付けることにした。
20230731_145427_copy_1512x2016


植穴を掘ったら、まだ水が浸みこんでいないところもあった。
20230731_145434_copy_1512x2016


👇は、植穴に水をたっぷり入れて、水を浸み込ませた。
20230731_145516_copy_1512x2016



ポット苗は、しっかりと根鉢になっていた。
20230731_150631_copy_1512x2016


👇は、白花豆の苗を受け付け、麻ひもで支柱に蔓を縛り付けた画像である。
蔓性なので、反時計回りに誘引する予定である。
20230731_153354_copy_1512x2016


👇は、最後に全体にまんべんなく水撒きをして、植え付けを終了させた。
20230731_153402_copy_1512x2016





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ