のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:葉菜類の栽培コーナー > ホウレン草の自家採種

👇は、第1菜園のエンドウの棚である。
1畝に、絹さやとスナップエンドウを半分ずつ作付けてある。

20240403_073414_copy_1512x2016


👇は、絹さやの画像である。花の数がかなり増えてきている。
20240403_073424_copy_1512x2016


よく観察したら莢が出来ていた。
まだ、画像のものが初めての着莢なので、収穫できるのは1週間ぐらい先のことになるだろう。
20240404_075024_copy_2268x3024




👇は、トウ立ちした治郎丸ほうれん草である。愛知県の伝統野菜である。
種は、HAL_Kさんの所から来ている。
特徴は、アクが少なく、甘みと旨味が強い。また、繊維質が少なく、柔らかい。
昨年自家採種したが、1年で使い切ってしまったので、今年も種を採ることにした。
20240404_075152_copy_2268x3024



👇は、雄株に咲いた雄花である。ほうれん草は、雄株と雌株に分かれている。
20240404_075157_copy_2268x3024


👇は、雌株に着いた雌花を撮った画像である。
雌株の雌花は、葉の付け根に2~3個ずつ花が咲いて行く。

3



👇は、温床で越冬させたキャベツの苗を3月初旬に、レタスの畝の空いた所に、植え付けた。
ところが、ヒヨドリがやって来て、キャベツだけは葉を齧られてしまった。
それでも何とか復活し、新葉が大きくなってきた。
20240404_075435_copy_2268x3024



👇は、周りのレタスに守られて、無傷だったキャベツである。
20240404_075457_copy_2268x3024




👇は、ミニハウスの中に植えてある晩生菜花である。
自家採種するために、二株だけ隔離して栽培してある。
20240404_075912_copy_2268x3024


最初に伸びだしたトウが開花し始めている。
貴重な固定種の晩生菜花なので、きっちりと実家受粉させて種を取る計画である。
20240404_075919_copy_2268x3024


👇は、同じハウス内に植えてある晩生種の玉ねぎである。
固定種のノンクーラーである。昨年も自家採種に挑戦したが、受粉させることが出来なかった。
20240404_075942_copy_2268x3024


今年は、去年よりも株がしっかりしているので、大きなネギ坊主が出来ることを期待している。
20240404_075951_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇のニンジンの種は、まる八さんお勧めの「碧南鮮紅五寸人参」である。
『碧南の砂地土壌に適した品種である。根は先の詰まった総太タイプ。色が濃く芯の老化も遅く春先まで収穫できる晩生品種である。』➡参考元

人参の自家採種は、初めてである。
種を収穫するときは、茎が枯れた物よりも青みが残っているものを選ぶのが、ポイントだという。
理由は、茎が枯れているものは、茎が枯れたから種の方も枯れて茶色になったかも知れない。
なので、茎が青いうちに、種が枯れた物が確実に採れるという事である。

👇は、それを頭に置いて、種が熟成していると思われるものを収穫した物である。
20230711_103640_copy_1512x2016


👇の茎は青くてまだ枯れていない。しかし種の方はすっかり熟成している感じである。
20230711_103724_copy_1512x2016


👇は、しっかりと受粉して熟成されたものの種を確かめてみることにした。
20230711_112538_copy_1512x2016


👇は、種である。
後は、発芽実験をする予定である。
20230711_112727_copy_1512x2016



👇は、治郎丸ほうれん草である。
HAL_Kさんから頂いた種で育てている。

治郎丸ほうれん草は、『大正時代から栽培され、原産地は稲沢市治郎丸。葉はやや細長で切れ込みが多く、根部の桃色が鮮やか。気温の低下によって糖度が高まる。あいちの伝統野菜。』である。
20230711_110506_copy_1512x2016


ホウレン草は、雌株と雄株に分かれている。
👇は、雌株に種が着いたものである。
20230711_111605_copy_1512x2016


枯れた葉を取り除くと、トゲトゲの種が残る。
これを指で採ろうとすると、とげが刺さってとても痛い。
20230711_111800_copy_1512x2016



剪定ばさみを使って、こそぎ落とした。
厚手のゴム手袋が必要であろう。
20230711_112334_copy_1512x2016



👇が、ほうれん草の種である。
受粉しているかどうかは、確かめることも無い。
すでにこぼれ種から、芽が出てほうれん草が育っていた。
20230711_112415_copy_1512x2016





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、治郎丸ほうれん草である。
HAL_Kさんから頂いた種で育てている。

治郎丸ほうれん草は、『大正時代から栽培され、原産地は稲沢市治郎丸。葉はやや細長で切れ込みが多く、根部の桃色が鮮やか。気温の低下によって糖度が高まる。あいちの伝統野菜。』

そのような野菜には目が無いので、今年の野菜の自家採種のメインである。

20230518_081020_copy_1512x2016


ホウレン草には、雌株と雄株がある。
👇は、雌株に受粉した治郎丸ほうれん草の種が育っている。
20230518_081027_copy_1512x2016


👇は、高く伸びた雌株ある。上に行くほどたくさんの種が着いている。
20230518_081209_copy_1512x2016


葉の出ている節々に、数個の種の塊が着いている。これを「種子塊」という。
株全体が茶色く枯れ始めたら種採りが可能だという事である。
それ以上置いて置くと、種が零れたりしてしまうことがある。
20230518_081312_copy_1512x2016



雄株は、受粉が終わればすぐに枯れてしまうようである。
ホウレンソウの花粉は「風媒花」なので、自然に授粉する。
同一畑で、異品種を栽培しないほうが良い。
20230518_081241_copy_1512x2016



👇は、HAL_K菜花である。のらぼう菜の在来種だと思われる。
私の育てている「YUKIのらぼう菜」とは、葉の色が若干違う感じがした。
私ののらぼう菜は、島根在来である。
20230518_081335_copy_1512x2016


👇は、HAL_K菜花が、熟成している画像である。
20230518_081341_copy_1512x2016


👇は、HAL_K菜花の莢を割ってみた画像である。
ほぼ熟成している感じである。
この状態で収穫して、熟成すれば安全に採種できるだろう。
IMG_20230518_154140

👇は、我が家のYUKIのらぼう菜である。
こちらは、一部種を採るが、あとは自由に種をこぼして、野良栽培をさせている。
のらぼう菜は、数株あれば食べきれないほど収穫できる。
20230518_081451_copy_1512x2016_1



👇は、YUKIのらぼう菜の莢を割った画像である。
こちらも、しっかりと種が熟成しつつある。
IMG_20230518_154110



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    






 

↑このページのトップヘ