のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:そら豆

👇は、第4菜園で、露地栽培をしているそら豆である。
20240210_084442_copy_2268x3024


👇は、主枝をカットした後脇芽が4,5本出てきている。
20240210_084459_copy_2268x3024




👇は、除草を兼ねて中耕した画像である。土寄せすることで倒伏防止を行った。
20240210_091217



👇は、余っていた苗木を後から追加植えした畝である。
まだ、主枝を残してある。
20240210_084511_copy_2268x3024


👇のように、脇芽が3,4本出ているものもあるが、多くは2,3本しか出ていない。
主枝のカットは、もう少し様子を見てから行うことにした。
20240210_084528_copy_2268x3024


穴あきマルチの両側に植え付けてあるので、除草と外側から土寄せを行った。
20240210_093542


👇は、除草と土寄せを行った全体画像である。
20240210_093906




👇は、第1菜園でビニトン栽培をしていたレタスやほうれん草の畝である。
収穫サイズに育っているので、ビニトンを外した。
第1菜園のこの場所は、一昨年に開墾した二畝の畑であるが、冬の間が北側の杉林が風よけとなって、陽だまりのような環境となっている。
来年度は、この場所には篠原早生白玉葱の実験栽培の畝に使おうと思っている。
11月から今頃までの日照と温度が、一番恵まれている場所のようである。
20240210_105336_copy_2268x3024


先日植え付けた、チャオチャオレタスやキャベツが活着したようだ。
20240210_105344_copy_2268x3024


👇は、ほうれん草である。
品種は、愛知県の伝統野菜の治郎丸である。
昨年、自家採種した種を蒔いて育てている。
20240210_105416_copy_2268x3024


👇は、サラダ菜である。
サラダ菜は柔らかくて、味に癖が無くとても食べやすい野菜である。
20240210_105427_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、改良ミニハウスで、篠原早生白玉葱の自家採種用に育てている親玉ねぎである。
順調に、茎や葉がそだってトウ立ちの方向に生長しているものと、葉が細くて収穫期に向かっている物とに分かれている。
画像は、玉ねぎは育っているが葉が細くて弱々しい。
20240126_110421_copy_1512x2016


玉葱の直径が9㎝弱と収穫サイズになっている。
来年度の自家採種用に保管する予定である。
今年の夏に溶け始まって、慌てて冷蔵庫に緊急避難させた物だと思う。
幾つか分げつして小さくなってしまったものがあった。
ミニサイズの玉葱を夏の終わりに植える、セット球栽培に似た現象である。

トウ立ちする物は、茎が太くなり派の数がどんどん多くなって10枚以上になる。
20240126_110538_copy_1512x2016


👇は、順調にトウ立ちする方向に育っている親玉ねぎである。
玉の直径も10㎝と大きいし、茎の太さも葉の数も凄い。
20240126_110635_copy_1512x2016



👇は、3個に分げつした物で、1個は夏にすでにトウ立ちしたが、小さな坊主を着けたが花を咲かせる前に枯れてしまった。種採り用には、若干小さい感じの中途半端な大きさである。
20240126_110730_copy_1512x2016



👇は、先日トンネルの中央付近で、生長を続けている玉ねぎが1個見つかった。
玉の直径が7.5㎝と、収穫できるⅬサイズに育っていた。1月20日の計測である。
20240119_112533


👇は、上記の玉ねぎを1月26日に測ったところ、8㎝に育っていた。
他の玉ねぎは、どうやらベトビョウに罹ったようで、生長が止まってしまった感じである。
これで2年続きでビニトン栽培は、ベトビョウに罹っている。
来年度は、播種時期をもう少し早めて、トンネル無しの露地栽培で。収穫サイズまで育てたいと思っている。
20240126_111541_copy_1512x2016


👇は、冬場に種を蒔いた下仁田ネギの幼苗である。
乾燥で枯れたりしているが、生き残っている。
20240126_111805_copy_1512x2016



20240126_111849_copy_1512x2016



20240126_111930_copy_1512x2016


👇は、スナップエンドウのトンネル内の生育状況である。
20240126_112300_copy_1512x2016


👇は、絹さやの生育状況である。こちらのほうが元気が良さそうである。
20240126_112309_copy_1512x2016


👇は、第2菜園のビニトン栽培のそら豆である。
20240126_112552_copy_1512x2016


👇は、もう一つの畝のそら豆である。
どちらも摘芯と整枝を行い、除草も済んでいるのでしばらくは放任栽培である。
20240126_112609_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、先日(1月10日)そら豆の剪定と整枝を行った第2菜園の畝である。
20240119_093056_copy_1512x2016


👇は、そら豆の主枝や脇枝が伸びている様子を撮った画像である。
20240119_093111_copy_1512x2016


👇は、1株の学大画像である。脇枝が6,7本出ているものもある。
20240119_093118_copy_1512x2016


👇は、主枝をカットして5本の脇枝を残した画像である。小さな芽もカットした。

20240119_093449_copy_1512x2016


👇は、畝間に生えていた雑草を取り払った画像である。
20240119_093908_copy_1512x2016


👇は、剪定と整枝、さらには除草作業が終わった画像である。
20240119_095732_copy_1512x2016


👇は、先日貯蔵穴から出したサツマイモを蒸かして、干し芋を作る予定である。
20240118_102333_copy_1512x2016


👇は、薪ストーブを使って、紅はるかを蒸かしている画像であるが、ダイソーのステンレス折り畳み蒸し器を使っている。
鍋一つで、簡単にサツマイモを蒸すことが出来る。➡蒸し器の動画
20240118_102339_copy_1512x2016


👇は、3年前に手作りした干し芋スライサーである。
20240118_102404_copy_1512x2016



👇は、スライサーで約1㎝幅でスライスしたものを、ミニハウス内で干している画像である。
3日ぐらい天日干しすれば、完成する。このまま、ハウス内に置きっぱなしにする。
20240119_142210
20240119_142158


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
 

👇は第2菜園で、そら豆をビニトン栽培している畝である。
冬場は日当たりの悪い菜園であるが、この畝は、6時間以上の日照があるので、そら豆の栽培には問題ない。
20240109_092612_copy_1512x2016


植付が早かったこともあり、脇芽もたくさん伸びているようだ。
20240109_093038_copy_1512x2016


👇は、ビニトンを外して、除草と摘芯を行うことにした。
20240109_093047_copy_1512x2016


👇は、摘芯前の画像である。
20240109_093603_copy_1512x2016


👇は、主枝の芯止めをした後、5本の脇枝を残し、小さな孫枝等をカットした画像である。
昨年度は、初めて芯止めをしないで、放任栽培を行った。
井原本によると芯止めしてもしなくとも収穫量はあまり変わらないと書いてあった。
実際に放任栽培してみたところ、1枝からの収穫量は少なくなったが、全体として数えてみると大差ないことが分かった。
ただ、無駄な莢の数が多かったように思えた。
なので、今年は例年通り芯止めをして、脇枝を5本残す通常の栽培法に戻すことにした。
20240109_093715_copy_1512x2016


👇は、除草と芯止めが終わった画像である。
20240109_094331_copy_1512x2016


👇は、右の畝だけ終わった。
20240109_095211_copy_1512x2016


👇は、第4菜園の北側に植え付けてあるそら豆である。
こちらの畑は、日当たりが悪い畑だと思ってきたが、場所によってそうではないことが分かった。
そら豆の植えてある4条の畝から右側の部分は、7時間ぐらいの日照があることが分かった。
しかもこの畑は、3方を山と建物に囲まれていて、北風や西風は全く受けないで済む陽だまりのような感じの畑である。
20240109_095514_copy_1512x2016


👇の株も脇枝が伸び始めてきたので、親枝の役目も終わったようなので、芯止めすることにした。
20240109_095525_copy_1512x2016


👇は、2条の1畝の摘芯が終わった画像である。
20240109_095827_copy_1512x2016


👇は、芯止め後の脇枝の生育状況である。
2本の大きな脇枝と何本かの脇枝が出ている。
20240109_095838_copy_1512x2016


👇は、あまり苗を遅れて植え付けた畝である。
こちらは、まだ脇芽が1,2本しか出ていないので、しっかり出てからの芯止め作業となるだろう。
20240109_095848_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、第4菜園のそら豆の畝である。
苗をたくさん作りすぎて、あちこちにお裾分けをした。
ソラマメは、乾燥させて冬場に甘煮にして食べることが出来ることが分かった。
乾燥させれば保存も効くので、苗を破棄しないで作ることにした。
20231231_133743_copy_2016x1512

この畑は、3方を山と建物に囲まれているので、冬の寒風に晒されることも無いので、ビニトン栽培にしなくとも越冬できそうである。
20231231_133758_copy_1512x2016


👇は、猫エサにしていた燕麦の種を最初に蒔いてしまったので、そら豆と混植のようになってしまった。
燕麦は、自家採種することと、藁の代わりに使うために、作付けた。
20231231_133807_copy_1512x2016


👇は、第2菜園でビニトン栽培している本命のそら豆である。
20231231_133916_copy_1512x2016



👇は、内部の生育状況を撮った画像である。
露地栽培とは違って、すでに脇芽が大きく育っている。
20231231_133934_copy_1512x2016


👇は、隣のビニトン内のそら豆の画像である。
20231231_134001_copy_1512x2016


👇は、脇芽の様子を撮った画像である。
昨年は、脇芽を伸ばし放題にしたが、今年は5本立てにして育てる予定である。

20231231_134014_copy_1512x2016


👇は、第1菜園に作付けてあるエンドウ豆である。
1畝に、スナップエンドウと絹さやを半分ずつ作ってある。
画像は、畝の北側から撮った画像で、絹さやの畝である。
20231231_134259_copy_1512x2016



👇は、絹さやを真上から撮った画像である。
昨年は3,4株のまま育ててしまったら、蔓ボケ状態になってしまって良くなかった。
今年は、間引きして2本仕立てにしてある。
20231231_134352_copy_2016x1512


👇は、南側から撮った画像である。
こちらには、スナップエンドウを作付けてある。
20231231_134422_copy_1512x2016


スナップエンドウも2株ずつ植え付けてある。
スナップエンドウは、発芽率が悪いのでポットに4粒ずつ蒔いて育苗した。
発芽率は、60%ぐらいだったので、ちょうど良い感じの苗数であった。
20231231_134454_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

↑このページのトップヘ