のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:エンドウ豆

👇は、改良ミニハウスで、篠原早生白玉葱の自家採種用に育てている親玉ねぎである。
順調に、茎や葉がそだってトウ立ちの方向に生長しているものと、葉が細くて収穫期に向かっている物とに分かれている。
画像は、玉ねぎは育っているが葉が細くて弱々しい。
20240126_110421_copy_1512x2016


玉葱の直径が9㎝弱と収穫サイズになっている。
来年度の自家採種用に保管する予定である。
今年の夏に溶け始まって、慌てて冷蔵庫に緊急避難させた物だと思う。
幾つか分げつして小さくなってしまったものがあった。
ミニサイズの玉葱を夏の終わりに植える、セット球栽培に似た現象である。

トウ立ちする物は、茎が太くなり派の数がどんどん多くなって10枚以上になる。
20240126_110538_copy_1512x2016


👇は、順調にトウ立ちする方向に育っている親玉ねぎである。
玉の直径も10㎝と大きいし、茎の太さも葉の数も凄い。
20240126_110635_copy_1512x2016



👇は、3個に分げつした物で、1個は夏にすでにトウ立ちしたが、小さな坊主を着けたが花を咲かせる前に枯れてしまった。種採り用には、若干小さい感じの中途半端な大きさである。
20240126_110730_copy_1512x2016



👇は、先日トンネルの中央付近で、生長を続けている玉ねぎが1個見つかった。
玉の直径が7.5㎝と、収穫できるⅬサイズに育っていた。1月20日の計測である。
20240119_112533


👇は、上記の玉ねぎを1月26日に測ったところ、8㎝に育っていた。
他の玉ねぎは、どうやらベトビョウに罹ったようで、生長が止まってしまった感じである。
これで2年続きでビニトン栽培は、ベトビョウに罹っている。
来年度は、播種時期をもう少し早めて、トンネル無しの露地栽培で。収穫サイズまで育てたいと思っている。
20240126_111541_copy_1512x2016


👇は、冬場に種を蒔いた下仁田ネギの幼苗である。
乾燥で枯れたりしているが、生き残っている。
20240126_111805_copy_1512x2016



20240126_111849_copy_1512x2016



20240126_111930_copy_1512x2016


👇は、スナップエンドウのトンネル内の生育状況である。
20240126_112300_copy_1512x2016


👇は、絹さやの生育状況である。こちらのほうが元気が良さそうである。
20240126_112309_copy_1512x2016


👇は、第2菜園のビニトン栽培のそら豆である。
20240126_112552_copy_1512x2016


👇は、もう一つの畝のそら豆である。
どちらも摘芯と整枝を行い、除草も済んでいるのでしばらくは放任栽培である。
20240126_112609_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、第4菜園のそら豆の畝である。
苗をたくさん作りすぎて、あちこちにお裾分けをした。
ソラマメは、乾燥させて冬場に甘煮にして食べることが出来ることが分かった。
乾燥させれば保存も効くので、苗を破棄しないで作ることにした。
20231231_133743_copy_2016x1512

この畑は、3方を山と建物に囲まれているので、冬の寒風に晒されることも無いので、ビニトン栽培にしなくとも越冬できそうである。
20231231_133758_copy_1512x2016


👇は、猫エサにしていた燕麦の種を最初に蒔いてしまったので、そら豆と混植のようになってしまった。
燕麦は、自家採種することと、藁の代わりに使うために、作付けた。
20231231_133807_copy_1512x2016


👇は、第2菜園でビニトン栽培している本命のそら豆である。
20231231_133916_copy_1512x2016



👇は、内部の生育状況を撮った画像である。
露地栽培とは違って、すでに脇芽が大きく育っている。
20231231_133934_copy_1512x2016


👇は、隣のビニトン内のそら豆の画像である。
20231231_134001_copy_1512x2016


👇は、脇芽の様子を撮った画像である。
昨年は、脇芽を伸ばし放題にしたが、今年は5本立てにして育てる予定である。

20231231_134014_copy_1512x2016


👇は、第1菜園に作付けてあるエンドウ豆である。
1畝に、スナップエンドウと絹さやを半分ずつ作ってある。
画像は、畝の北側から撮った画像で、絹さやの畝である。
20231231_134259_copy_1512x2016



👇は、絹さやを真上から撮った画像である。
昨年は3,4株のまま育ててしまったら、蔓ボケ状態になってしまって良くなかった。
今年は、間引きして2本仕立てにしてある。
20231231_134352_copy_2016x1512


👇は、南側から撮った画像である。
こちらには、スナップエンドウを作付けてある。
20231231_134422_copy_1512x2016


スナップエンドウも2株ずつ植え付けてある。
スナップエンドウは、発芽率が悪いのでポットに4粒ずつ蒔いて育苗した。
発芽率は、60%ぐらいだったので、ちょうど良い感じの苗数であった。
20231231_134454_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、第1菜園の絹さや、スナップエンドウの畝である。
IMG_20231111_075949_DRO_copy_1512x2016


👇は、いつでも植え付けが出来るようにマルチとトンネル支柱を設置した。
IMG_20231111_090202_DRO_copy_1512x2016



👇は、第2菜園のそら豆の畝である。
IMG_20231110_141634_DRO_copy_2016x1512



120㎝の防草シートを真ん中に張り、二畝分のトンネル支柱を設置した。
大先輩の小屋に、ポリエステル100%の生地のロール(122ー48)がたくさんあったので、2本頂いた。防草シートの代わりにした。
IMG_20231111_113310_DRO_copy_1512x2016





IMG_20231111_101825_DRO_copy_1512x2016
 
本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 

👇は、春キャベツの苗である。
HAL_Kさんの作型を真似して、10月11日と10月21日に播種した。
品種は中早生二号の四季蒔きキャベツである。
4月から5月に収穫する予定の苗作りである。

IMG_20231101_073727_DRO_copy_1512x2016


👇は、10月11日に播種したキャベツで、本葉が出始めた。
露地栽培で越冬させる春キャベツは、しばらく作っていなかった。
寒風で葉が煽られたり、冬場に鳥に食べられたりしてリスクが大きいからであった。
その代わり、温床で11月に播種育苗して、低温感応をパスして一気に3月ぐらいまで育苗して、畑に定植する方法を取っていた。
これだと、5月から6月の収穫となってしまって、4月収穫は難しい。

IMG_20231101_073735_DRO_copy_1512x2016



👇は、スナップエンドウである。
スナップは発芽率が毎年悪いので、種は4粒ずつ蒔いてある。

IMG_20231101_073752_DRO_copy_1512x2016


発芽が始まりつつあるようだ。
IMG_20231101_073805_DRO_copy_1512x2016



👇は、絹さやである。こちらは比較的発芽しやすいので、3粒ずつ蒔いてある。
IMG_20231101_073813_DRO_copy_1512x2016


こちらも発芽が始まったようである。
IMG_20231101_073820_DRO_copy_1512x2016


👇は、そら豆である。
ソラマメは、毎年ポット栽培をしているが発芽が余り揃わない。
また、貧弱な芽が出たりする。
今年は、去年失敗したので種をたくさん残した。それで、1ポットに3粒ずつ蒔いた。
良い芽を1つだけ残して、苗にする予定である。
IMG_20231101_073848_DRO_copy_2016x1512


👇は、1個だけ掘り出して見た。
長い根が、底にぶつかって横に伸びていた。
そういえば、一昨年は余りにも発芽率が悪いため、畑に苗床を作って芽が出た物を掘りだして、ポットで育苗しようとしたら、根が伸びすぎて鉢上げが大変だったのを思い出した。

IMG_20231101_073929_DRO_copy_1512x2016



👇は、中晩生の玉ねぎである。
品種は、泉州黄中高黄玉葱である。
肥料が効きすぎると分げつしやすい品種である。

IMG_20231101_074253_DRO_copy_1512x2016



良い苗になってきたが、発芽して間もなく害虫か高温障害でかなりの苗が溶けてしまった。
IMG_20231101_074322_DRO_copy_1512x2016


👇は、ネオアースである。こちらは、発芽率も良く害虫や高温障害にもならず、順調に生長したので、十分な数が採れそうである。
IMG_20231101_074235_DRO_copy_1512x2016


1セルに2本から3本の苗を育てている。
培養土は自家産で賄っている。
ハイポネックスと単肥を溶かして、液肥として定期的に撒いてきた。

IMG_20231101_074244_DRO_copy_1512x2016


👇は、余った種をセルトレイに蒔いたネオアースである。
こちらは、土量が多かったので4粒ずつ蒔いて育苗した。

IMG_20231101_074342_DRO_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

3月に入ったので、エンドウ豆のトンネルを外して、支柱を立ててネットを取り付ける作業を行った。
20230301_080509_copy_1512x2016


絹さやとスナップエンドウを半畝ずつ作っている。
どちらも無事に越冬出来て、脇芽もそれなりに伸びてきている。
20230301_081927_copy_1512x2016



支柱は、3か所に穴掘りシャベルを使って、足場丸太を立てた。
普通は直管パイプを使っているが、西からの風をもろに受けるので、がっちりさせた。
20230301_103954_copy_1512x2016


👇は、絹さやである。寒さで枯れた物も多少あったが、全体としては順調に育ったようだ。
20230301_104006_copy_1512x2016


👇は、スナップエンドウである。
スナップエンドウは、12株ほど大莢の品種を購入して植え付けてある。
 20230301_081934_copy_1512x2016




紫ダイジョ最後の収穫(まる八さんのブログ) ※画像をお借りしました。
o0810108015220931468

紫ダイジョととは?
『ダイジョには白いタイプと紫色のタイプがある。紫色の色素はアントシアニンでポリフェノールが非常に多く含まれた健康野菜。暖かい地域に好んで繁殖し、気候が合えば大きく育つ。』

紫ダイジョ‐ムカゴbinocenturyさんのブログ) ※画像をお借りしました。
o1672125415182920211


👇は、温床で越冬させた紫ダイジョのムカゴを、発芽させている画像である。
37f106cd-s

殆どのムカゴが発芽して、根が出始まった物もある。
まる八さんから大きな食用の紫ダイジョとムカゴを頂いた。
大きなものはすぐに食べて、その雁首を残して種薯とした。
20230301_145250_copy_1512x2016


👇は、土を戻してじっくりと苗を育ててから、3月下旬か4月に入ってからトンネル栽培で防寒して、植え付ける予定である。
20230301_145455_copy_1512x2016


👇は、タケノコ芋である。こちらもまる八さんから食用と種芋を送って頂いた。
セレベスのような灰汁が無く、美味しかったので何株か育ててみることにした。こちらも温床で越冬させたので、芽が出ている物もある。こちらもしばらく育てて、大きめのポットで育苗してから、植え付ける予定である。
20230301_145716_copy_1512x2016


👇は、芽や根の状態を観察するために、土を洗い流した画像である。
20230301_145910_copy_1512x2016


👇は、今年初めてサツマイモの苗を越冬させたものである。
20230301_150139_copy_1512x2016



👇は、根の伸び具合を確かめるために、鉢から抜いた画像である。
20230301_150227_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

↑このページのトップヘ