のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:サクランボ

👇は、温床の全体画像である。
ハウス内の温度は、35℃を上回っている。
20240331_082055_copy_2268x3024



👇は、Aブロックである。
ここでは高温(25℃~30℃)で、タッパーで浸種発根や、セルトレイに種を蒔いて発芽させたりしている。
20240331_082100_copy_2268x3024


👇では、無花果を発芽発根させ、育苗している。
20240331_082105_copy_2268x3024


👇は、Cブロックである。ここではナス科を中心に育苗している。
ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子である。
20240331_082110_copy_2268x3024


👇は、Dブロックである。ここではウリ科を中心に育苗している。
カボチャ、スイカ、マクワウリ、ハグラウリ、シロウリ、ゴーヤ、ヘチマなどを育苗中である。
20240331_082116_copy_2268x3024


👇は、Eブロックである。
ここでは、生姜やつくね芋、紫ダイジョ等の芽出しを行っている。
20240331_082126_copy_2268x3024


👇は、ハウス中央に設置してある糠の保管槽の上を利用して、サトイモ、紫ダイジョ、つくね芋等の発芽をさせている。
日中は温度が上がり過ぎるので、段ボールで全体を覆っている。
それでも、30℃近くまで温度が上がってしまっている。
20240331_082152_copy_2268x3024


👇は、紫ダイジョの雁首に、紫色の芽当たりが出始めている画像である。。
3


👇は、ハウス中央の貯蔵穴の上で、トマトの苗をゆっくり育てている画像である。
20240331_083010_copy_2268x3024



👇は、ジャンボニンニクである。
葉先が黄色くなってかれてしまう。そのため生育が思わしくない。
アミスター20で殺菌消毒をしたが、果たして効くだろうか。
しばらく様子を見て、ダメなようなら廃棄処分する予定である。
20240331_083104_copy_2268x3024


👇は、健康なジャンボニンニクである。
葉の勢いが全く違う。
20240331_083116_copy_2268x3024



👇は、秘密基地の入り口にある無名のサクランボの木である。
葉はたくさん出ているが、花はまだのようである。
古い木であったが、あまり美味しくないサクランボだったので、強剪定をしてしまったため花が咲けなくなってしまっているようだ。
20240331_085340_copy_2268x3024



👇は、サクランボの佐藤錦である。
苗木を購入してから、2年目の春を迎えたばかりである。
20240331_085143_copy_2268x3024


👇葉は、芽がようやく動き出した画像である。
関東地方では、佐藤錦の芽吹きは3月下旬から4月上旬のようである。
という事は、今頃芽が出始めるのは標準的であるという事だ。
ナポレオンは、4月上旬から中旬ごろになるようだ。
IMG_20240331_183624


👇は、植え付け後2年目のナポレオンである。
20240331_085221_copy_2268x3024


こちらも、芽が出始めている。
3




👇は、我が家の花壇に咲いている花である。

可愛らしい椿の花が咲いた。紅乙女と言う銘品である。
まん丸で可愛らしい花で、どうやら江戸時代に関東に広まった椿のようである。
20240331_102031_copy_2268x3024



👇は、スーパーチュニア(ミニペチニア)である。
20240330_062232_copy_2268x3024



👇は、ジュリアンである。
塾の教室の空きスペースに小さな花壇を作ってある。
通路と花壇の縁取りに、ジュリアンを植えている。
20240330_062034_copy_2268x3024


👇は、自宅の花壇の正面横のひな壇の最上段に咲いている、オレンジ色のマツバギクである。
1711871947155_copy_831x1107


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、この春に購入したサクランボの苗である。
格安の苗を通販で購入したので、届いた苗は根が少なく貧弱だった。
植え付けた後、ビニトンで保温して活着がしやすくなるようにした。
その甲斐あってか芽が伸び枝も伸びあがってきた。

20230511_142635_copy_1512x2016


👇は、届いた時のナポレオンの苗である。こちらは、根もしっかりしていたし、芽も大きかった。
20230401_141930_copy_1512x2016


👇は、心配だった佐藤錦の木である。
枝も長く伸びて来たし、葉もたくさん茂ってきた。
20230511_142706_copy_1512x2016


👇が苗木で届いた時の佐藤錦の画像である。
芽も小さいし、植えようとビニールを外したら土がポロリと落ちてしまった。
見たら根が2,3本しか出ていなかった。
20230401_141919_copy_1512x2016


👇は、5,6年前に苗木から育てたナポレオンの木である。
虫に食われて、息も絶え絶えだった。
木の芯がかろうじて生きている感じで、葉の出るのも遅いし花は咲けなかった。相方の佐藤錦は、購入してから2年目の時に、虫に食われて枯れてしまった。
20230511_142719_copy_1512x2016


👇は、30年以上も前に秘密基地の入り口付近に植えた名前を忘れたサクランボの木である。
何年か花が咲き、実も生ったが赤くなる前にヒヨドリが大群でやって来て、1日で全部食べられた。
ある年に1枝だけ防虫ネットを被せて、真っ赤になるまで育てた。しかし、全くおいしくなかった。
それで、日陰になって邪魔だったので、短く切ってしまった。
20230511_142842_copy_1512x2016


👇は、5,6年前に佐藤錦とナポレオンの苗木を買ったときに、細い枝の中から1本だけ伸ばし再生させた名無しのサクランボの木である。
そして、隣の木は食べ蒔きのビワの木である。
こちらも大きくならないように、枝を横に伸ばしている。
20230511_142908_copy_1512x2016



👇は、3本育てているうちの一番小さいミカンの木である。
20230511_142935_copy_2016x1512



👇は、花が終わって着果しそうな感じの実である。
この後、自然にぽろぽろと落ちて着果数が決まっていく。
緑色の濃い実が受粉して生き残る感じである。
20230511_142942_copy_1512x2016


👇は、一番大きなミカンの木のたくさん花が咲いた枝の画像である。
こちらも同様にたくさん着果するように見えるが、もう少し経たないとわからない。

20230511_143002_copy_1512x2016


👇は、ムカゴを植えてから2冬を越して3年目となったオカワカメである。
昨年は、どんどん蔓が伸びて後ろの物置の屋根まで伸びてしまった。
今年は、適度に芯止めして横に伸ばそうと考えている。
昨年は、この株の左隣にアップルゴーヤを育てた。今年は、別の場所に移動した。
20230511_143212_copy_1512x2016


👇は、3番目の小さい株である。2番目の株は、四国に花嫁に出した。
こちらも来年には、どこかにお嫁に出さないとジャングルになってしまうだろう。
20230511_143225_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      
 

👇は、今年の4月1日に植え付けたサクランボである。
接ぎ木して1年目の苗木で、格安だったためか、佐藤錦の台木からの根っこが2,3本しか出ていなかった。
そのため、気温も低いこともあったので、活着させるために、ビニール袋で防寒対策をした。
20230420_105605_copy_1512x2016


👇は、根っこのしっかりしたナポレオンの苗木である。
活着して、葉芽も順調に生育したようだ。
20230420_105627_copy_1512x2016

ナポレオンのイメージ画像 ※画像は借り物
2



👇は、心配していた佐藤錦である。
こちらも、何とか萌芽した芽が順調に育ったようだ。
20230420_105641_copy_1512x2016


ここの所の陽気も暖かくなってきたので、ビニール袋を外した。
雑草がたくさん生えていた。
20230420_110206_copy_1512x2016


綺麗に除草した。
20230420_110727_copy_1512x2016

佐藤錦のイメージ画像 ※画像は借り物
1


今回で、3回目のサクランボの栽培である。
三度目の正直というように、二度も失敗しているので、何とか花を咲かせ、実を生らせて収穫まで持って行きたいものだ。
20230420_110755_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      




↑このページのトップヘ