のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:シシトウ

👇は、第1菜園の中央から東側の畑の作付け計画である。
サツマイモは、昨年度の反省から畝幅、株間を若干広げてゆったりと栽培する。垂直仕立ての高さも150㎝を維持する。ジャガイモは、ここでは3畝の予定。
1

👇は、中央から西側の作付け計画である。
中央のエンドウの棚の隣には、1畝だけ紅はるかを作付ける。紅はるか3畝、シルクスウィート2畝。
その隣は、現在ブロッコリーの後作になるが、大玉とミニトマトを2畝つくる計画である。
現在、白菜が残っている畝の後作は、ピーマン、シシトウ、ナスを作付けする。
つくね芋は、どこに作るか検討中。西の端には、今年も紅はるかを作る。
3

1

昨年は、この場所につくね芋と紫ダイジョを作付けた。ところがこの場所は、夏の間は、真上に大きな樫木の葉が茂って被さっている。
そのため午前中は日陰になって、午後にならないと日が当たらないことが分かった。

そこで、今年は9月ぐらいまでは、葉物野菜を作付ける。
そして、10月からは篠原早生玉ねぎや加津佐13号の、年内収穫の実験栽培を行う予定である。
この場所は、北側が杉林となっており、秋から春までは北風を防ぎ、陽だまりのような温かな場所となっている。
極早生玉ねぎのビニトン栽培は、2年続きでベトビョウにやられたので、今年は露地栽培で年内収穫を目指すことにしている。そのため、冬に一番温かな場所を選んだ。
20240229_092556_copy_3024x2268


👇は、去年までオカワカメを作付けていた。
ものすごい勢いで伸びて、隣の物置の屋根を覆ってしまった。
今年は、オカワカメを別の場所に移植して、この場所には、紫ダイジョを作る予定である。
こちらも繁殖力は旺盛なので、物置の屋根に載せて栽培しようと計画している。
20240229_101504_copy_2268x3024


👇は、毎年中玉トマトを水ストレス栽培で育てているミニハウスである。
今年も、この場所で作付けしようと予定している。
玉ねぎは、固定種のノンクーラーの自家採種をする予定である。
奥には、HAL_Kさんの所から来ている晩生の菜花の自家採種も計画している。
20240229_101544_copy_2268x3024



👇は、キンカンの甘露煮を作っている。
キンカンは、種無し金冠の「ぷちまる」である。
20240229_102038_copy_2268x3024

5時間、コトコトと煮て完成した。とても美味しいとの評価だった。
20240229_141942

今回のキンカンの甘露煮のレシピは以下の通り
  • 金柑 600g
  • 砂糖 金柑の重量の50%
  • 水 金柑が浸る量

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、第1菜園で作付けてある、スナップエンドウと絹さやの畝である。
ビニトン栽培で越冬させた。
1




天候も暖かくなってきたので、ビニトンを外して棚を作ることにした。
20240217_095654_copy_2268x3024


👇は、棚を設置してキュウリネットを張った画像である。
寝ていたエンドウをマイカ線を使って、ネットに誘引した。
もう少し蔓が伸びてきたら、両側からマイカ線を使って、ネットに絡ませるように誘引する予定である。
20240217_143256_copy_2268x3024


👇は、絹さやである。畝の半分ずつ分けて作付けてある。
二株ずつ植え付けたが、トンネル栽培でかなりの数に分げつして大株となっているようだ。
20240217_143311_copy_2268x3024


👇は、畝の中央から南側に植え付けたスナップエンドウである。
こちらも2株ずつ植え付けたが、寒さで何本かは枯れてしまったのもある。
全体的に、絹さやに比べて分げつ本数は少ない感じだ。
20240217_143327_copy_2268x3024



👇は、シシトウの幼苗である。
浸種発根させてからポットに植えつけ芽を出させた。
バナナペッパーと紫唐辛子は、まだ発芽が出揃っていない。
20240217_144613_copy_3024x2268



👇は、3品種のナスである。梨ナス、千両二号、カルガナスである。
梨ナスは、遅れて植え付けたので、まだ発芽が始まったばかりである。
20240217_144449_copy_3024x2268



👇は、唐辛子である。今年は日光唐辛子と鷹の爪だけを作付けることにした。
他の、唐辛子は現在越冬させてあり、観賞用に育てる予定である。
20240217_144728_copy_3024x2268



👇は、家の花壇でプランター栽培をした唐辛子である。
黄金唐辛子、ピキーニョ赤黄、プリッキーヌである。現在、このままの状態で越冬させている。
昨年は同じ方法で、春になり芽が出て花が咲き実が生った。
20240217_163313



👇は、一昨年度から越冬させ鉢栽培しているプリッキーヌ(左)と黄金唐辛子(右)である。
今年越冬できれば、3年目となる。
20240217_163259



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村




👇は、愛知県の伝統野菜の『碧南鮮紅五寸人参』の画像である。
01
碧南鮮紅五寸人参とは? ➡画像と記事 愛知県
『碧南鮮紅五寸にんじんは、愛知県内各地から導入したニンジンをもとに、自然交雑と選抜によって碧南地域に適した品種として作りあげられました。晩生で収量が多く、根色が濃い紅色で、色上がりが優れるなどの特徴があります。』


👇は、昨年度自家採種した種を蒔いて育てた第1陣の碧南鮮紅五寸人参の畝である。
暑い夏場に、直播きしたのは、殆ど芽が出ずトレペ芯で2度、3度と植え付けたものである。
かなり葉が傷んできたので、全部掘り起こすことにした。
20240128_092852_copy_1512x2016


👇は、残っていたものを全部掘り起こしたものである。
碧南鮮紅五寸人参は、作りやすく形も揃って綺麗に色に仕上がる。
生でスティックにして食べても甘くて美味しいし、とても素晴らしいニンジンである。
20240128_093615_copy_1512x2016


👇は、抜いて大きさ順に並べた画像である。きめが細かく綺麗なニンジンである。
20240128_093627_copy_1512x2016


👇は、第3菜園の作付けした第2弾の碧南鮮紅五寸人参の畝である。
20240128_093716_copy_1512x2016


まだ、やや細めの感じであるが、収穫には少し早い感じである。
20240128_093813_copy_1512x2016


👇は、友人のニンジンの畝である。
碧南鮮紅五寸人参の種を分けてあげたのを直播きした畝である。
12月頃から大きなものから順次収穫していた。
まだまだ収穫できるものがたくさん残っていた。
20240128_093901_copy_1512x2016



👇は、ブドウハウスに設置してある温床の画像である。
20240128_100253_copy_1512x2016



👇は、昨日切り返しを行ったAブロックに、隣で発芽を待っていたポットを移動させた画像である。
20240128_100037_copy_2016x1512


👇は、催芽処理で発根したナス、シシトウ、ピーマン類の画像である。
発根するのに、1週間ぐらい掛った。
品種は、①バナナペッパー、②万願寺、③紫唐辛子、④千両二号、⑤カルガナス、⑥黒ピーマンである。
20240128_100031_copy_1512x2016


👇の画像で下のケースは、まだ発根しない鷹の爪と日光唐辛子、ピーマンのとんがりパワーが入っている。
20240128_100048_copy_1512x2016


👇は、温床の内部温度が35.2℃に下がってしまったので、全部隣のAブロックに移した。
Bブロックは、このまま、隣のCブロックの内部温度が30℃ぐらいに下がってきたときに、切り返しを行ってCブロックの物を移動させる。
このように、1か所ブロックを空けて置けば、温度を下げないでスムーズに場所移動が可能となる。
現在、温床のD、Eブロックは、休眠中である。
20240128_100132_copy_1512x2016


👇は、Cブロックである。
ここでは、パイナップルの越冬や無花果の挿し木、里芋・サツマイモの保管、紫ダイジョの種芋保管等、多目的に温床の熱を利用している。
温床の内部温度は、61.5℃に上がっているが、まだ超点ではない。
無花果のポット内の温度は、19.2℃となっている。15℃~25℃ぐらいに調整している。
20240128_100205_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

今季初めての果菜類の種まきを行った
最初は、ナス科の果菜類から温床での催芽処理して、発根させてからポット蒔きを行っていく。

👇は、トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子の作付け予定の品種である。

1

👇は、日光唐辛子と鷹の爪である。千両二号F2も苗を作る。
20240121_090642_copy_2016x1512


👇は、ミニトマトである。
20240121_134307_copy_2016x1512


👇は、大玉トマトのアロイトマトと中玉トマトである。
20240121_134409_copy_2016x1512


👇は、シシトウとピーマンである。
20240121_090631_copy_2016x1512


1,35kg


👇は、温床の内部温度とベタに置いたケース内の温度とべニア板の上に置いた温度の予備テストである。
温床内部温度49.6℃で、べニア板を敷いたケース内温度は26.7℃、ベタ置きは36.1℃である。
現在、温床内部温度は、60℃ぐらいに上がっていく段階なので、厚めのべニア板を敷いて、温度調整する必要があるだろう。
20240121_072345_copy_1512x2016



👇は、べニアの上に段ボールを1枚敷いて測ったら、33℃~35℃ぐらいだったので、厚めのべニアを敷いて温度を下げる必要がある。
発根させるので、25℃~30℃に調整する必要がある。35℃を超えないように調整したい。
20240121_134718_copy_1512x2016



👇は、1月22日の早朝の画像である。温床内部は62.1℃に上がっていた。
敷物のべニア板を2枚にしたので、29℃~31℃に保たれていた。
20240122_083345




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

朝から強い風が吹いていた。
ウエザーニュースでは、7,8mの風であったが突風のような暴風も吹いた。
👇は、子持ち高菜やのらぼう菜、菜花が植えてある畝である。
画像のように風で煽られていた。

IMG_20231107_104350_DRO_copy_1512x2016


午前中いっぱいで風は収まるだろうと急遽海苔網をベタ掛けして、これ以上暴風で煽られないようにした。
IMG_20231107_105455_DRO_copy_1512x2016




👇は、隣のグランドペチカの畝である。
こちらも風で煽られてひどいことになっていた。
海苔網をベタに掛けて、暴風対策を施した。
IMG_20231107_110535_DRO_copy_1512x2016


👇は、ナス、ピーマン、シシトウの棚である。それぞれ2条に植えてある株をキュウリネットで、両側から包み込むようにしてある。
IMG_20231107_110724_DRO_copy_1512x2016

👇は、ナスがキュウリネットから枝を出している画像である。
ネットに枝全体が絡まっているので、枝が折れたり葉が擦れたりすることも無い。
IMG_20231107_110733_DRO_copy_1512x2016


👇は、ピーマン、シシトウの状態を撮った画像である。
IMG_20231107_110756_DRO_copy_1512x2016



👇は、とんがりパワーがキュウリネットから飛び出して伸びてしまったので、上の方を篠竹で押さえつけた画像である。
この棚の作りは、台風などの暴風に対してもかなりの力を発揮する。今回の風でも無傷であった。
IMG_20231107_110743_DRO_copy_1512x2016
 


👇は、北側から撮った画像である。
手前からシシトウ3品種、ピーマン、ナスと植え付けてある。
IMG_20231107_110825_DRO_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ