のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:ハウストマト

👇は、トマトの露地栽培用の棚である。
露地でのトマトの植え付けは、4月の下旬を予定している。
しかしながら、徒長して花の咲いてしまった苗が5株ほどあったので、防寒キャップを使って栽培することにした。

20230413_143106_copy_2016x1512


👇は、植え付けた後、防寒キャップを被せた画像である。
20230413_143116_copy_1512x2016


👇は、花が咲きかなり徒長していたので、水平植えを行った苗の画像である。
トマトは、昨年に続いて無肥料栽培で育てる計画である。
また、支柱は垂直に立ててあるので、垂直栽培に近い形で、育てる予定である。
20230413_143224_copy_1512x2016
 


👇は、ミニハウスで中玉トマトを育てている画像である。
今年は、中玉トマトだけを水ストレス栽培で、糖度をあげる計画である。
20230413_150335_copy_1512x2016



先日水平植えで、植え付けた苗である。
20230413_150302_copy_1512x2016


すっかり立ち上がって、いい感じに活着しているようだ。
20230413_150313_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      




ミニビニールハウスで、ミニトマトの袋栽培をすることにした。

今年の前期は、垂直仕立て栽培をしたが、梅雨時の長雨でほとんど露地と同じような状態で、水分を取り込んでしまっていた。ミニハウスの幅は2ⅿぐらいなので、トマトの根は簡単にハウスの外まで伸びてしまう。雨除けにはなるが、水分を抑えることが全くできない状態であった。露地栽培と同じように雨が降っているときは、完熟トマトは実割れしてしまうほどであった。

これでは、糖度を上げるためのストレス栽培は、不可能である。
根が外に伸びていかない様に、ビニール袋栽培をすることで、完全に人工的に水分調整ができるだろう。

20200819_090557_copy_2268x3024


まだ、3袋しか準備はできていない。急遽始まった袋栽培であった。
というのは、会社の同僚からプチぷよのコピー苗を、3株頂いたからである。
本当は、来年度から始めようと思っていた。
せっかくなので、今年は試験栽培にして、実践しながらストレス栽培の勉強をしていこうと思ったわけである。
20200819_090544_copy_2268x3024


下の画像の3ポットの苗が、プチぷよである。

何故プチぷよの苗を頂いたのかというと、同僚の母親がプチぷよの種を買って、育てていると聞いたので、食べ蒔きをするから色づいたミニトマトを2,3粒欲しいと頼んでおいた。
以前、私のブログを見た彼の母親が、バラの品種の『プリンセスミチコ』の枝を1本欲しいと言ってきたことがあった。その時に、カミさんに頼んで、花の咲いているのが3鉢あったので、その1鉢をプレゼントした。そのお返しに、プチぷよの苗木を作ってくれたのだと思う。母の名前がミチコさんのようだ。
20200819_090934_copy_2268x3024

私のプチぷよF4は、糖度は10度以上になるのだが、露地栽培すると葉カビ病のような病変が出る。さらに、皮の部分がざらざらになってしまう。ハウス栽培だとその症状は出ないのだが、露地では、接ぎ木苗でも同じようになってしまっていた。プチぷよは、食べ蒔きしても親と似たトマトになるので、コピー苗で無く、種を採るので現在なっているトマトでも良かった。種を更新したいので、抑制栽培して採ることになったわけである。
20200819_090945_copy_2268x3024

下の画像は、アンジェレとピッコラルージュの挿し木苗の根出しをしているものである。
夏は、水挿しだと茎が腐ってしまうので、土いきかえる100倍液を使って水挿しをしている。
どうせやるなら他のミニトマトもと、苗木を作る準備をした。さらに乙女の涙も加える予定である。
20200819_091403

プロ農家のストレス栽培
tomato-sweetear09 (1)
上の画像は、糖度12度が出た『乙女の涙』を育てているプロ農家のハウスである。

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ