昨年初めて、ジャンボニンニクで黒ニンニク作りをした。
昨年度の実践。
①収穫した物を根と茎を切って、ネット袋に1㎏入りにして干して700gになるまで乾燥させる。
②その後、乾燥機で600gまで乾燥させる。
③黒ニンニク発酵器に、乾燥させたジャンボニンニクを投入する。
④熟成期間 12日。
⑤その後、取り出して2日間乾燥させ完成。
専用釜に入れてから14日目で熟成が完了した。

今年は、皮を剥いてしまったので、1㎏入りの物を800gまで乾燥させて様子を見ることにした。
日にちが多くかかりそうな場合には、900gぐらいの乾燥で、発酵器で熟成に入る。
IMG_20240608_7833


今年は、去年よりも鱗片の大きさが大きい。
IMG_20240608_8558 IMG_20240608_8169


👇は、1㎏入りのネット袋が7袋出来た。
IMG_20240608_7531



👇は、四季成りイチゴの「めちゃデカ!いちご」である。
2株を株分けして9株にしたものを、苗床に植えて苗作りをしている。
IMG_20240608_13236


👇は、ランナーが出て、すでに1番苗は根が出ているようだ。
そして、2番苗のランナーが伸びている。
IMG_20240608_12213



👇は、別の株からランナーが出ている画像である。
ランナーの数は、すでに20本ぐらい伸びている。
ランナーから出た1番苗も老化苗にさせないで、根をしっかり育てる。
そして。11月ぐらいから花を咲かせ、年内の収穫に挑戦する計画である。
IMG_20240608_12794


👇は、露地栽培用の章姫の苗床である。
章姫は、この場所で9月中旬以降まで第1段階の育苗を行う。
そして、その時に苗として健全な株を掘り出して、別の苗床で第2段階の苗作りを行う。
この目的は、根がたくさん出た苗を作り、来春の収穫を充実させるためである。
これは、HAL_Kさんのイチゴの苗作りのやり方である。
そして11月中旬以降に、収穫用の畝に移植して越冬させる。
IMG_20240608_11107


友人の分と自分の分の100株と合わせて、150株ぐらいの苗を採る予定である。
IMG_20240608_11611


👇は、小玉スイカの空中栽培をしている棚である。
IMG_20240608_13109


👇は、蔓が伸びてきたので、棚のネットに誘引した画像である。
摘芯もせずに、放任栽培をしている。1株に1,2個生らせて収穫する計画である。
IMG_20240608_13583


全部で4品種、10株位植えてある。
品種は、紅小玉、シュガーベイビー嘉宝西瓜、黄小玉スイカである。
IMG_20240608_12613


👇は、かなり伸びて来て、雄花が咲き始めている。
IMG_20240608_1292



👇は、我が家の花壇に咲いている花である。
サフランモドキ
IMG_20240608_54344


ホタルブクロ
IMG_20240608_53973


ハンゲショウ
IMG_20240608_53606



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ