のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:ピーマン

👇は、間違えて1月22日に種まきをしてしまったアロイトマトである。
ナスや唐辛子と一緒に浸種発根して、苗作りを始めてしまった。
トマトは、播種後に定植までに育つのは60日から70日ぐらいである。
接ぎ木苗をやっていた時の感じで、早めに苗作りをしてしまった。
👇は、植え替えをしないまま密植状態で、低温環境に置いてゆっくり生長させてきた。
何とか、背丈が15㎝ぐらいで止まっている。
あと10日ぐらいは、植え替えなしで引っ張る予定である。
20240406_085422_copy_2268x3024


👇は、ミニハウスで栽培予定の中玉トマトのシンディースウィートである。
こちらはハウス栽培なので、いつでも植え付けられる。背丈も25㎝に育っている。
20240406_085630_copy_2268x3024


👇は、露地栽培用のミニトマトである。
大きく育ってしまったものもあるが、こちらもアロイトマトと同じように、低温環境でゆっくり育てている。
20240406_085719_copy_2268x3024



👇は、1月22日に浸種発根させて、育苗してきたナスやシシトウである。
ナスやシシトウは、植え付けサイズになるまでに結構な時間が掛かる。
ナスは、播種後60日から80日で植え付けサイズに育つようだ。
1月22日に蒔いて、80日後は5月12日である。ちょうど良い時期である。
20240406_085858_copy_2268x3024


👇は、ピーマンのとんがりパワーである。
ピーマンも苗作りに時間が掛かるので、ちょうど良い具合に育っているようだ。
20240406_085903_copy_2268x3024


👇は、3月18日に播種したスイカである。
紅小玉、シュガーベイビー、嘉宝西瓜である。2株ぐらいずつ混植栽培する計画である。
小玉スイカは、播種後30日から40日で植え付けサイズになるようだ。
20240406_090111_copy_2268x3024


👇は、アップルゴーヤと普通のゴーヤである。
苗は、2,3株ずつ植える予定である。
20240406_090132_copy_2268x3024



👇は、カボチャである。12㎝ポットに植え替えた。
カボチャは、播種後30日から40日で植え付けサイズになるようだ。
20240406_090452_copy_2268x3024


👇は、温床を利用して1月26日に挿し木したものである。
葉も大きくなり、根もたくさん出てきたので、硬質鹿沼土から普通の培養土に植え替えた。
20240406_090250_copy_2268x3024


👇は、近所の知り合いの所の無花果の枝を頂き、挿し木したものである。品種はわからない。
20240406_090258_copy_2268x3024



👇は、3月26日に上部2節を残してカットして、再度挿し木した「ビオレ・ソリエス」である。
画像から芽が動き出したのが確認できる、芽が伸びれば、発根もするので期待大である。
フランス原産の黒いイチジクで、栽培が非常に難しく収穫量が少ないことから「黒いダイヤ」とも呼ばれているようである。
20240406_101932_copy_2268x3024_2




👇は3月26日の画像である。
切り口がコルク化してしまったため、上部2節を残しカットして芽出しを継続した。
ここまでに1月26日に挿し木してから2か月が経っていた。

20240326_093233_copy_831x1107


👇は、家の花壇用に育てている混合百日草、絞り咲き百日草、ミニ咲きひまわりである。
ダイソーの種である。昔からある大きな花の百日草である。
20240406_090415_copy_3024x2268



👇は、我が家の花壇に咲いている花である。

20240406_071003_copy_2268x3024



20240406_071317_copy_2268x3024


👇は、ニワウメかユスラウメである。
花はどちらも似ているが、葉の形が違うようである。
下の画像の葉はつるりとしているので、ニワウメかもしれない。
ユスラウメの葉は、表面が葉脈に沿ってでこぼこしているように見えるようだ。
20240406_071346_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園の中央から東側の畑の作付け計画である。
サツマイモは、昨年度の反省から畝幅、株間を若干広げてゆったりと栽培する。垂直仕立ての高さも150㎝を維持する。ジャガイモは、ここでは3畝の予定。
1

👇は、中央から西側の作付け計画である。
中央のエンドウの棚の隣には、1畝だけ紅はるかを作付ける。紅はるか3畝、シルクスウィート2畝。
その隣は、現在ブロッコリーの後作になるが、大玉とミニトマトを2畝つくる計画である。
現在、白菜が残っている畝の後作は、ピーマン、シシトウ、ナスを作付けする。
つくね芋は、どこに作るか検討中。西の端には、今年も紅はるかを作る。
3

1

昨年は、この場所につくね芋と紫ダイジョを作付けた。ところがこの場所は、夏の間は、真上に大きな樫木の葉が茂って被さっている。
そのため午前中は日陰になって、午後にならないと日が当たらないことが分かった。

そこで、今年は9月ぐらいまでは、葉物野菜を作付ける。
そして、10月からは篠原早生玉ねぎや加津佐13号の、年内収穫の実験栽培を行う予定である。
この場所は、北側が杉林となっており、秋から春までは北風を防ぎ、陽だまりのような温かな場所となっている。
極早生玉ねぎのビニトン栽培は、2年続きでベトビョウにやられたので、今年は露地栽培で年内収穫を目指すことにしている。そのため、冬に一番温かな場所を選んだ。
20240229_092556_copy_3024x2268


👇は、去年までオカワカメを作付けていた。
ものすごい勢いで伸びて、隣の物置の屋根を覆ってしまった。
今年は、オカワカメを別の場所に移植して、この場所には、紫ダイジョを作る予定である。
こちらも繁殖力は旺盛なので、物置の屋根に載せて栽培しようと計画している。
20240229_101504_copy_2268x3024


👇は、毎年中玉トマトを水ストレス栽培で育てているミニハウスである。
今年も、この場所で作付けしようと予定している。
玉ねぎは、固定種のノンクーラーの自家採種をする予定である。
奥には、HAL_Kさんの所から来ている晩生の菜花の自家採種も計画している。
20240229_101544_copy_2268x3024



👇は、キンカンの甘露煮を作っている。
キンカンは、種無し金冠の「ぷちまる」である。
20240229_102038_copy_2268x3024

5時間、コトコトと煮て完成した。とても美味しいとの評価だった。
20240229_141942

今回のキンカンの甘露煮のレシピは以下の通り
  • 金柑 600g
  • 砂糖 金柑の重量の50%
  • 水 金柑が浸る量

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


朝から強い風が吹いていた。
ウエザーニュースでは、7,8mの風であったが突風のような暴風も吹いた。
👇は、子持ち高菜やのらぼう菜、菜花が植えてある畝である。
画像のように風で煽られていた。

IMG_20231107_104350_DRO_copy_1512x2016


午前中いっぱいで風は収まるだろうと急遽海苔網をベタ掛けして、これ以上暴風で煽られないようにした。
IMG_20231107_105455_DRO_copy_1512x2016




👇は、隣のグランドペチカの畝である。
こちらも風で煽られてひどいことになっていた。
海苔網をベタに掛けて、暴風対策を施した。
IMG_20231107_110535_DRO_copy_1512x2016


👇は、ナス、ピーマン、シシトウの棚である。それぞれ2条に植えてある株をキュウリネットで、両側から包み込むようにしてある。
IMG_20231107_110724_DRO_copy_1512x2016

👇は、ナスがキュウリネットから枝を出している画像である。
ネットに枝全体が絡まっているので、枝が折れたり葉が擦れたりすることも無い。
IMG_20231107_110733_DRO_copy_1512x2016


👇は、ピーマン、シシトウの状態を撮った画像である。
IMG_20231107_110756_DRO_copy_1512x2016



👇は、とんがりパワーがキュウリネットから飛び出して伸びてしまったので、上の方を篠竹で押さえつけた画像である。
この棚の作りは、台風などの暴風に対してもかなりの力を発揮する。今回の風でも無傷であった。
IMG_20231107_110743_DRO_copy_1512x2016
 


👇は、北側から撮った画像である。
手前からシシトウ3品種、ピーマン、ナスと植え付けてある。
IMG_20231107_110825_DRO_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ピーマンである。
夏には葉が害虫の被害にあったか調子が悪かった。
秋になり新しい葉が展開するようになってからは、沢山の実を着けるようになった。

IMG_20231026_102955_copy_1512x2016


今の時期は、生長が遅いので大きくなるのに時間が掛かるが、着果する数が多いので大きくなり始めると、毎日のように収穫することができる。
IMG_20231026_102812_copy_1512x2016


あまり大きくすると木に負担がかかるので、適度な大きさで必要な数だけ収穫している。
ゆっくりの生長なので、長く収穫できるのが良い。
IMG_20231026_102720_copy_1512x2016


👇は、万願寺唐辛子である。今年は、害虫被害にあって夏はあまり収穫できなかった。
こちらもピーマンと同じように、秋になってからたくさんの実を着けるようになった。
IMG_20231026_102617_copy_1512x2016


万願寺唐辛子は、黒い模様が入るのが特徴である。
IMG_20231026_102433_copy_1512x2016


👇は、万願寺唐辛子の全体画像である。4株植えてある。
IMG_20231026_102409_copy_1512x2016


👇は、紫唐辛子である。脇枝を少し剪定したら、莢が大きくなってきた。
IMG_20231026_102248_copy_1512x2016


紫唐辛子の花は、ナスのように綺麗な紫色である。莢も濃い紫色になる。
味は大和の伝統野菜なので、とても味わい深いシシトウである。
IMG_20231026_102238_copy_1512x2016

こちらも収穫時期がとても長い。

IMG_20231026_102206_copy_1512x2016


👇は、バナナペッパーである。このシシトウの特徴は、とにかくたくさんの莢を着ける。
1本あれば、十分であるがシシトウは、4本ずつ作っているので害虫と共存して食べている。
シシトウやピーマン、ナスは常に無農薬栽培である。
IMG_20231026_102152_copy_1512x2016


他のシシトウは、夏は休んでいたがバナナペッパーは、ずっと収穫が続いていた。
アメリカ生まれの在来種であり、丈夫で育てやすい。
IMG_20231026_102049_copy_1512x2016


一回の収穫分である。2日に一回の感じで収穫している。
現在、葉物は大根の葉っぱしか無いので、我が家では貴重な野菜である。
IMG_20231026_103813_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 

 

👇は、シシトウ、ピーマン、ナスの植えてある棚である。
IMG_20230902_110908_copy_1512x2016


👇は、ピーマンに遮光ネットを掛けた置いたものを外した画像である。
IMG_20230902_111001_copy_1512x2016


👇は、ピーマンのとんがりパワーを6株植えてある。
7月頃はたくさん生っていたが、8月に入ると強烈な暑さでピーマンが次々と火傷してしまった。
慌てて遮光ネットを掛けたが、火傷したピーマンは落ちてしまった。
同時に、花も咲かなくなってしまった。
IMG_20230902_111040_copy_1512x2016

👇は、遮光ネットを外して、マルチに穴を空けて化成肥料を追肥しようとしたときに、下のほうになっていたピーマンを発見した。
IMG_20230902_123910


👇は、とんがりパワーがたくさんの花蕾をつけている画像である。
IMG_20230902_111109_copy_1512x2016


👇は、花が咲きだした画像である。
IMG_20230902_111232_copy_1512x2016




👇は、万願寺が生りだした画像である。
IMG_20230902_111343_copy_1512x2016


👇は、紫唐辛子が、紫の花を咲かせている画像である。
紫唐辛子は、奈良の伝統野菜で、茎の色も花もそして莢も紫色である。
友人が万願寺のあたりを食べてしまって、怖くてシシトウが食べられなくなってしまった。
しかし、紫唐辛子は当りが無いからと勧めていたら、ファンになったようで来年は作りたいと言った。
IMG_20230902_111353_copy_1512x2016


👇は、アメリカからやって来たバナナペッパーである。
このシシトウは、暑さにも負けずずっと生り続けている。
IMG_20230902_111418_copy_1512x2016


癖が無く、とても美味しい。丈夫で作りやすいので我が家ではとても重宝している。
IMG_20230902_111433_copy_1512x2016

👇は、株から20㎝ぐらい離した所にマルチに穴を空けて、化成肥料をひとつかみ追肥した。
IMG_20230902_111446_copy_1512x2016


👇は、シシトウとピーマンのすべての株の近くに穴を空けて、化成肥料をひとつかみずつ投入した画像である。
シシトウ、ピーマンは、これから霜が降りるまでずっとなり続ける、貴重な野菜である。
IMG_20230902_111458_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

↑このページのトップヘ