のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:ブロッコリー

👇は、石倉一本ネギである。
自家採種用の分を残して、後は収穫して冷凍保存してある。

20240205_083441_copy_2268x3024_1


👇は、坊主知らずネギである。収穫は、4月頃からだろう。
20240205_083511_copy_2268x3024_1



今年の坊主知らずは、秋に植え替えを行う予定である。
昨年は、梅雨前に植え替えたら大失敗してしまった。
夏に分げつしても、薬味などに利用しようと計画している。
20240205_083537_copy_2268x3024_1


👇は、現在温床で育苗している、石倉一本ネギである。
20240205_090907_copy_3024x2268


👇は、ビニトン栽培している下仁田ネギの幼苗である。
20240205_083245_copy_2268x3024_1


12月の下旬に、残っていた下仁田ネギの種を全部蒔いてみた。
そうしたら、1月に入って芽が出たのでビニトン栽培にした。
20240205_083254_copy_2268x3024_1


この場所に2月いっぱい育てた後、サツマイモの苗床となるため、掘り起こして植え替える予定である。
20240205_083410_copy_2268x3024_1


👇は、スティックセニョールである。
茎が細くなってきてしまっている。
20240205_083715_copy_2268x3024_1


👇は、ブロッコリーの側花蕾であるが、こちらも収穫物が多すぎてそのままになってしまっている。
20240205_083733_copy_2268x3024_1



👇は、早生菜花である。次々と脇芽が伸びて来てちょうど収穫サイズになっている。
20240205_083801_copy_2268x3024_1



👇は、のらぼう菜である。
こちらもどんどん脇芽が育ってきて、ちょうど食べごろである。
20240205_083821_copy_2268x3024_1




👇は、早生菜花、のらぼう菜、晩生菜花の畝である。
これから3月いっぱい頃まで、メインの野菜として活躍するだろう。
20240205_083833_copy_2268x3024_1



👇は、ブドウハウスの中に設置した温床の全体画像である。
20240205_095206_copy_2268x3024


👇は、Aブロックである。本日切り返しを行った。
20240205_095214_copy_2268x3024


👇は、Bブロックである。
パイナップルの小さな苗が、水のやりすぎで根腐れしてしまったようだ。
温床の内部温度は、41.9℃に下がってきている。無花果の挿し木を行っている。
20240205_095221_copy_2268x3024



👇は、Cブロックである。内部温度は14.3℃とほとんど休眠状態である。
早く蒔きすぎてしまったので、常温栽培でゆっくりと育苗している。
20240205_095228_copy_2268x3024


👇は、Dブロックである。
内部温度は、67℃以上になっている。明日は、72,3℃ぐらいに上がるだろう。
サツマイモの芽出しと画像手前では、催芽処理を行っている。
20240205_095239_copy_2268x3024


👇は、Eブロックである。温床は休眠状態である。
20240205_095301_copy_2268x3024


👇は、午後4時30分ぐらいの時の畑の画像である。我孫子市にも大雪警報が出た。
夜間まで雪が降るという事なので、ハウスに中柱を立てるためにやって来た。
20240205_145747



小さなビニールハウスなので、奥行きが9ⅿなので3ⅿ間隔で2本の孟宗竹で、中柱を立てた。
20240205_150103


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   
 

本日は、朝から小雨が降ったりやんだりの寒い一日だった。
午前中は畑仕事は何もせず、石焼き芋を焼いた後、1週間分の食料の買い出しに出かけた。
午後には雨が上がったので、第1菜園の陽だまりの葉物野菜の畝の空いた場所に、ブロッコリー類を植え付けた。
20240204_125148_copy_3024x2268


👇は、防虫ネットトンネルで栽培している畝である。
画像手前はミックスレタスで、奥は春採りキャベツである。
20240204_125353_copy_2268x3024


ミックス野菜は、ガーデンレタスミックス5種混合である。
5種の品種名は、
①レッドオーク ②グリーンオーク ③フリンジグリーン ④ フリンジレッド ⑤コスレタスである。
そろそろ収穫時期となっている。
20240204_125406_copy_2268x3024


👇は、春採りキャベツの畝である。
10月11日と10月21日に播種したキャベツであるが、同じような大きさになってしまった。
収穫時期は、3月下旬から4月初旬頃になる感じである。
20240204_125414_copy_2268x3024



👇は、ビニトン栽培をしている畝である。
画像手前からレタス、サラダ菜、ほうれん草を作付けてある。
既に、収穫が始まっている。
20240204_125942_copy_2268x3024


👇は、レタスである。
レタスは玉レタスであるが、小さいうちからどんどん収穫して食べている。
20240204_125950_copy_2268x3024


👇は、サラダ菜である。こちらもすでにどんどん収穫を始めている。
20240204_125958_copy_2268x3024


👇は、愛知県の伝統野菜の治郎丸ほうれん草である。
自家採種した種を蒔いたものである。
20240204_130007_copy_2268x3024


👇は、そろそろ収穫できるサイズに育っている。
しかしながら第3畑には、まだ第2弾と第3段の治郎丸ほうれん草が残っている。
20240204_130014_copy_2268x3024



👇は、今回空いた場所に植え付ける苗である。
ブロッコリー、スティックセニョール、キャベツ、チャオチャオレスである。
20240204_125018_copy_3024x2268


👇は、トンネル栽培の畝に、チャオチャオレタスを植え付けた。
20240204_133030_copy_2268x3024


👇は、防虫ネットトンネルの畝に、ブロッコリーとスティックセニョールを植え付けた。
20240204_133046_copy_2268x3024


👇の、レタスの隙間に、キャベツを4,5株を植え付けた。
20240204_133100_copy_3024x2268


👇は、画像手前の畝の空いた部分に、ブロッコリー、スティックセニョール、キャベツ、チャオチャオレスの苗を植え付けた全体画像である。
20240204_133115_copy_3024x2268



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

👇は、温床の全体画像である。
20240130_101820_copy_1512x2016


👇は、Aブロックの様子である。ポットでは発根した種を植え付け発芽を促している。
丸いタッパには、濡らしたキッチンペーパーに種を入れて催芽処理してある。
葉は燕麦のポット植えである。
ミミのための猫草用である。
20240130_101846_copy_2016x1512


👇は、ポットの発芽状況の画像である。
20240130_101900_copy_2016x1512

👇は、発芽が始まったポットの拡大画像である。
IMG_20240130_121536



👇は、子持ち高菜である。
寒さで傷んだ外葉を切り取って、高菜漬けにしてしまった。
枯れてしまうのかと思ったら、中の葉は寒さに耐えて育ってきた。
内部にはどうやら花蕾を付けたようである。
20240130_093731_copy_2016x1512


👇は、別の株である。こちらも中の葉が大きく育って、中心がトウ立ちしそうである。
20240130_093744_copy_1512x2016


👇は、中の花蕾を包み込んで、キャベツのように育っている。
20240130_093808_copy_1512x2016

1,35kg


👇は、のらぼう菜である。既に脇芽を欠いてどんどん収穫している。
20240130_093849_copy_1512x2016



👇は、早生菜花である。こちらも同様に脇芽がたくさん出来て、かなりの量を収穫している。
20240130_093948_copy_1512x2016


👇は、晩生菜花であるあ。
こちらは早生と同じ日に播種してあるが、まだトウ立ちの気配は無い。
下のほうに、小さな脇芽が出始めている。
20240130_094041_copy_1512x2016


👇は、ブロッコリーの2番側花蕾が育っている所である。
20240130_094104_copy_1512x2016


👇は、枝分かれしたブロッコリーの頂花蕾である。
主枝の頂花蕾は、すでに収穫済みである。
20240130_094115_copy_1512x2016


👇は、2番側花蕾が大きく生長しているものである。
20240130_094126_copy_1512x2016




👇は、現在の秘密基地の内部の西側の通路で、白菜や大根の漬物を行っている画像である。
漬物は、友人の分の白菜の漬物や相棒の分を含めて多めに作っている。
20240130_084904_copy_1512x2016


白菜の漬物
20240130_085122_copy_1512x2016


我が家と相棒の1回分の漬物である。
白菜の漬物、子持ち高菜の漬物、沢庵が入っている。
20240130_085729_copy_2016x1512


👇は、秘密基地の一番西側に、3部屋の鶏小屋がある。現在は、5羽と2羽の2部屋に入っている。
20240130_140600_copy_1512x2016


👇は、5羽の内4羽がはいった部屋である。1羽は二階の個室に入っている。
20240130_084945_copy_1512x2016


👇は、1歳と3か月ぐらいになる若鳥である。友人が埼玉県まで行って購入してきた岡崎おうはんである。このニワトリは、外国産の両親から日本で作出された品種である。
20240130_085013_copy_1512x2016


👇は、上の若鳥の産みたての卵である。
20240130_140629_copy_1512x2016


岡崎おうはんは、日本で外国産のニワトリを交配させて作りだしたニワトリである。

黄斑プリマスロック(雄)× ロードアイランドレッド(雌)
1641034159324

ロードアイランドレッド(雄)
1641034158498

👇は、以前HAL_Kさんから詳しいコメントを頂いたものである。
『おはようございます HAL_Kです。岡崎おうはんを調べたら、プリマスロック系とロードアイランド系をかけてあるんですね。
毛鉤を巻くのに、プリマスロックは、白黒のまだら模様が特徴で「グリズリー」と呼ぶ、蓑毛をよく使います。
ロードアイランドは、蓑毛の軸をよく使います。
アメリカでは、プリマスロックを毛鉤用に品種改良を重ねられてて、日本では、1羽分の羽根が上質なものだと2万円ほどします。
まぁ、使うのは基本的に雄鶏ですけどね(笑)マニアックなお話でした。』






👇は、昨日畑から掘り上げた燕麦をポットに植え替えて、ミミにプレゼントしたものである。
ポットは毎日食べきっても、7ポット用意してあるので不足することは無い。
20240130_161326


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、のらぼう菜である。既にトウ立ちし何度か収穫している。
今年は、早く蒔きすぎてこともあって、暖冬の性かいつもの年よりも早いトウ立ちであった。
20240123_083101_copy_1512x2016


👇は、左がのらぼう菜で、右が早生菜花である。
若干の色の違いは見られるが、ほとんど同じである。
トウ立ちの時期も収穫量もほとんど同じである。
20240123_083152_copy_2016x1512


👇は、早生菜花である。
20240123_083132_copy_1512x2016



👇は、晩生菜花である。葉がワサワサしていたので、少し剪定をした。
同じ日に種を蒔いているが、こちらはまだまったくトウ立ちの気配が無い、
20240123_083246_copy_1512x2016



👇は、手前から晩生菜花、早生菜花、のらぼう菜と一緒に育てている。
3品種とも自家受粉する特別なアブラナ科なので、一緒に作ってもほとんど交配することは無いだろう。ただ、虫などによる交配も考えられるので、自家採種する晩生菜花は、ミニハウスの中で隔離栽培してある。
20240123_083255_copy_1512x2016


👇は、子持ち高菜である。外葉が大きくなって霜や寒風で凍みてしまったので、刈り取って高菜漬けにしてある。
刈り取った後に内側の葉が育ってきて、再生している。
20240123_083320_copy_1512x2016


👇は、ブロッコリーである。既に頂花蕾は収穫してあり、脇芽が大きく育ってきている。
20240123_083422_copy_1512x2016


👇は、頂花蕾であるが、大きくなりすぎて開いてきてしまっている。
ブロッコリーの茎は食べるか?の調査で、61%の人が食べると答えたと、TVで放映された。
以前は、茎が美味しいので、茎ブロッコリーしか作らなかった。
近年、普通のブロッコリーも脇芽が出来て、茎も美味しいことがわかって、両方作るようになった。
20240123_083427_copy_1512x2016


👇は、茎が美味しいスティックセニョールである。
20240123_083505_copy_1512x2016


すでに早くから脇芽を摘んで食べているので、茎が細くなってしまっている。
20240123_083511_copy_1512x2016


👇は、1月21日に催芽播種して発根させたミニトマトを、ポットに植えるために種を並べた画像である。画像は、1月23日の午後撮ったものである。
2日で発根した4品種である。
トマトは、2週間ぐらい早かったようだ。なので、2月になったら第2弾を蒔くことにした。
昨年も同じ時期に、接ぎ木苗を作るために、早めに蒔いた。
しかし、接ぎ木をやらなかったので、徒長しまくったのを忘れていて、種を蒔いてしまった。
花が咲くのを待って、徒長して長くなった苗を全部寝かせ植えで、植え付けたのを思い出した。
20240123_143251



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

家の周りは、降った雪は解けていた。畑に行ったら通路に雪が残っていた。
今年の初雪である。

20240114_074101_copy_1512x2016


👇は、第3菜園の画像である。
20240114_074114_copy_1512x2016


👇は、第2弾のニンジンの畝である。まだ収穫はしていない。
ニンジンの生育温度は13℃~23℃で、12℃以下の低温下では肥大が鈍り、着色不良となるようである。
20240114_074123_copy_1512x2016


👇は、ほうれん草の畝である。
ほうれん草の生育適温は10℃~20℃で、寒さに強く-10℃~-15℃でも耐えられるという。
しかしながら、0℃で根の伸長は停止するようである。
 
20240114_074139_copy_1512x2016


👇は、第1菜園の7時43分の画像である。まだ日は射していない。
20240114_074352_copy_2016x1512


薄っすらと雪が積もった感じである。
20240114_074324_copy_2016x1512


👇は、茎ブロッコリーの様子である。
ブロッコリーの生育適温は15℃~20℃で、生育限界温度は5℃で、それ以下になっても枯れることは無いようだ。
20240114_074407_copy_1512x2016


👇はブロッコリーである。
20240114_074419_copy_1512x2016


👇は、トウ立ちした早生菜花である。
20240114_074442_copy_1512x2016


👇は、晩生菜花である。
20240114_074448_copy_1512x2016


👇は、子持ち高菜である。
子持ち高菜の生育適温は10℃~20℃で、冬季が温暖な地域に適し、寒さ厳しい地方や積雪地帯の露地栽培は適さないとある。
私の所では、どうやら適さないようである。
20240114_074458_copy_1512x2016



👇は、大根の畝である。ほとんど穴を掘って埋め直してある。
20240114_074533_copy_1512x2016
 

畑の雪が解けるまでは、することも無いので薪ストーブを焚いて、金時豆の甘煮を作った。
20240113_085935_copy_1512x2016

柔らかくなったところで、豆がひたひたになるように湯を捨てて調整し、砂糖を投入してさらに5,6分煮る。隠し味に塩か醤油を使う。
20240113_085902_copy_1512x2016

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ