のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:レタス

👇は、春収穫の葉物野菜の越冬栽培をしている畝である。
こちらは、防虫、防鳥対策のため防虫ネットトンネル栽培を行っている。
こちらは、秋から春までは、1日中日の当たる環境が非常に良い菜園である。
20231217_094751_copy_1512x2016


👇は、4月頃の収穫を目指して、10月11日に播種育苗して植え付けた、中早生種のキャベツである。
20231217_094812_copy_1512x2016


害虫や害鳥の被害も無く順調に生育しているようである。
20231217_094844_copy_1512x2016



👇は、5月収穫を目指して10月21日に播種育成した中早生種のキャベツである。
上記とは、播種に10日ぐらいの差をつけたが、追いついてしまった株も見られる。
20231217_094912_copy_1512x2016



👇は、レタスミックスである。
20231217_094957_copy_1512x2016




20231217_095001_copy_1512x2016



👇は、ビニトン栽培している、ほうれん草とレタス類の畝である。
20231217_095458_copy_1512x2016

👇は、レタスである。
20231217_095129_copy_1512x2016



👇は、サラダ菜である。
20231217_095201_copy_1512x2016



👇は、サニーレタスである。
20231217_095222_copy_1512x2016


👇は、治郎丸ほうれん草である。
20231217_095232_copy_1512x2016






👇は、防虫ネット栽培のキャベツの余った苗である。
こちらは、温床内で育て2月ごろに定植して、3月下旬から4月上旬の収穫を狙っている。
20231217_100431_copy_2016x1512



👇は、温床で育苗しているブロッコリー、スティックセニョール、チャオチャオレタス、キャベツである。
20231217_100457_copy_2016x1512



👇は、温床でポット育苗している石倉一本ネギである。
低温感応を避け、2月下旬ごろに露地に定植して、一気に育てる計画である。
20231217_100522_copy_2016x1512



👇は、紅はるかを蒸かして干し芋を作っている画像である。
20231216_142924_copy_1512x2016


紅はるかは、23℃ぐらいの貯蔵穴に保管していたために、熟成がうまく行かずデンプンが糖化されていなかった。
気温が15℃以下でないと、芽が出たりして甘くならなかった。
そのため、干し芋にすることにした。
20231216_142930_copy_1512x2016


👇は、ミニハウス内に折り畳みの長テーブルを準備して、干し芋作りをしている画像である。
20231214_151245_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   


👇は、今年初めての収穫である。
御前崎フルーツさんの苗からの物1つと、四季成りイチゴの3つである。
試食した所、どちらもとても美味しいイチゴだった。
1


👇は、栽培中のイチゴの生育状況を撮った画像である。
御前崎フルーツファームさんの所のイチゴである。
受粉して約1か月ぐらいで収穫できた。
現在受粉後のイチゴは、12月20日ごろから収穫できるだろう。
20231207_151728_copy_1512x2016


👇は、カインズホームで購入した四季成りイチゴである。
樹の大きさに比べて、イチゴが生り過ぎたので、小さいままで熟してしまった感じである。
20231207_151930_copy_1512x2016


ここからは、すべて御前崎フルーツファームさんからのイチゴ苗である。
すべての株に花が咲き、次々と受粉している。
20231207_151820_copy_1512x2016


一番果房の花が次々と開花し、順調に受粉している。
20231207_151759_copy_1512x2016



20231207_151707_copy_1512x2016


👇は、一番果房と二番果房が、同時に花を咲かせている株である。
株の勢いも果房の勢いも良いので、そのまま育てている。
20231207_151627_copy_1512x2016


👇のように、果房には5,6果のイチゴが生っている。
20231207_151556_copy_1512x2016


👇のように、イチゴの生長の勢いがとても良い。
先日、株間に穴を空けて、化成肥料を追肥した。
20231207_151518_copy_1512x2016



20231207_151505_copy_1512x2016



👇は、第1弾の碧南鮮紅五寸人参である。
20231208_093555_copy_2016x1512



この第1弾のニンジンは、真夏に何度も蒔き直した畝である。
それが原因で、育ちがバラバラになっている。
そのため、太いニンジンを探しながら収穫を行っている。
20231208_093654_copy_1512x2016



👇は、葉の付け根のニンジンの頭の部分の土を退けて、太さを確認している。
20231208_093724_copy_2016x1512


👇は、収穫して綺麗に洗った画像である。
画像の右側のように、頭は大きくても伸びきれなかった物もある。
細いのは、一緒に抜けてしまったものである。
碧南鮮紅五寸人参なので、鮮紅色で15㎝ぐらいのスラリとした人参が本命である。
20231208_095243_copy_2016x1512



👇は、レタスとサラダ菜とサニーレタスの畝である。
野菜サラダの1回分を毎日収穫している。
レタスは、巻かない内から収穫している。現在は、結球が始まっているようだ。
20231208_111237


👇は、野菜サラダ用に、1株ずつ収穫した画像である。
20231208_111313


👇は、秘密基地の内部の通路である。
今年は、小屋の中でなく、通路で白菜の漬物と沢庵漬けを行っている。
掃除が簡単なので、この場所にした。
20231208_111358


👇は、白菜の漬物が出来上がった画像である。
毎回、3kg~4㎏の白菜2個を収穫して漬け込んでいる。
白菜1個を、6等分して漬け込む。毎年唐辛子を入れているが、今年は入れていない。
20231208_111505


👇は、家に持ち帰る6等分した、食べきりサイズの白菜の漬物である。
20231208_111339



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     




👇は、第1菜園の葉物野菜の畝である。
レタス類やニンジン、キャベツ等は、別の畑に第2弾の葉物野菜畝を作ってある。

20231205_100551_copy_2016x1512



👇は、畝の一番南側に作付けてある茎ブロッコリーである。
20231205_095925_copy_2016x1512


👇は、この時期が茎ブロッコリーの、一番美味しい時である。
茎が太く甘さがあってと購入してある。
この場所に時期をずらして収穫できるように、2段階に分けて苗を植えてある。
画像は、第1段の購入苗である。4株購入してある。
20231205_095951_copy_2016x1512


👇の茎ブロッコリーも同じ第1弾の物である。第1弾は11月中旬から、収穫が始まっている。
12月いっぱいは、収穫ができるだろう。
20231205_100006_copy_2016x1512



👇は、ブロッコリーである。既に1つだけ収穫した株がある。
ブロッコリーは、2段階にずらして種を蒔いて、苗作りから始めている。
20231205_100025_copy_2016x1512


👇は、1つだけ早く収穫できたブロッコリーである。
既に、側花蕾が大きく育ってきている。
20231205_100042_copy_2016x1512


👇は、購入したキャベツである。
4苗購入したが2株は幼苗の時に、芯をヨトウムシに食べられてしまった。
すでに1個は収穫済みである。残りが1個が画像の物である。
20231205_100120_copy_2016x1512


👇は、購入苗で、幼苗の時に害虫に芯を齧られてしまったキャベツである。
そのままにして置いて、脇芽が4本出たのでそのまま育てている。
小振りのキャベツを収穫する予定である。
20231205_100130_copy_2016x1512


👇は、第2弾のキャベツである。
自家産苗を育てている。品種はとんがりぼうしである。
こちらもすでに1つ収穫してある。
20231205_100218_copy_2016x1512


👇は、HAL_K晩生菜花である。
3月頃から4月に掛けて、菜花を収穫する計画である。
20231205_100233_copy_2016x1512


👇は、HAL_K早生菜花である。
晩生に比べて色が全く違う。
晩生は光沢のある深緑色であるが、こちらは光沢のないやら若い緑色である。
2月から3月に掛けての収穫を狙っている。
20231205_100249_copy_2016x1512


👇は、島根県産ののらぼう菜である。
HAL_K早生菜花とよく似ている。葉の色が少し違うので、区別できる。
こちらは、2月から3月にトウ立ちして収穫できる。
20231205_100313_copy_2016x1512



👇は、子持ち高菜である。
今年は、日当たり抜群の第1菜園で作付けした。
昨年は、第3菜園の日当たりの悪い畑で作ったので、ほんの少ししか収穫できなかった。
今年は8株作ってあるので、たくさん出来ることを期待している。
20231205_100341_copy_2016x1512



👇は、子持ち高菜の子が出来そうな箇所を、撮った画像である。
20231205_100353_copy_2016x1512



👇は、第1弾のニンジンである。
この畝は、何度も種を蒔いたり、トレペ芯で苗作りして植え付けたりした場所である。
なので、育ちが3段階ぐらいに分かれている。
20231205_100437_copy_2016x1512


👇は、最初に芽が出た人参のようで、大きくなっている。
20231205_100505_copy_2016x1512



👇は、第2弾の葉物野菜が植えてある第3菜園である。
人参とほうれん草はうまく育っているが、レタスミックス類が大失敗してしまった。
20231205_100643_copy_2016x1512


👇は、第3弾の葉物野菜の畝である。
3月頃から5月頃まで収穫する予定の葉物類である。
ほうれん草、レタス類、そしてキャベツの幼苗を植え付けてある。
20231204_111358_copy_2016x1512



👇は、秘密基地の薪ストーブで、昼に食べるための大学芋を作っている画像である。
20231205_103942_copy_2016x1512


👇は、完成した大学芋である。何回も作っているので、段々やり方が上手くなっている。
今回は、飴の作り方がちょっとうまく行かなかった。
20231205_103950_copy_2016x1512


👇は、1日水に浸したインゲン豆を、コトコトと柔らかくなるまで煮込んでいる画像である。
20231205_092814_copy_2016x1512


👇は、柔らかくなった豆に、砂糖を適量入れて10分ぐらい煮たものである。
この後、冷ましてから冷蔵庫で1晩浸み込ませる。
明日は、少量の塩と醤油を垂らして、
もう一度10分から15分ぐらい煮詰めて、風味をつける予定である。
20231205_092824_copy_2016x1512




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、野菜作りをやめてしまった畑である。
毎年、この畑の茅を刈って藁代わりにしている。
20231204_081455_copy_2016x1512

👇は、刈払い機で茅を刈っている画像である。
20231204_075920_copy_2016x1512


👇は、セイタカアワダチソウや葛などの蔓を取り除いた後の茅である。
スイカやマクワウリなどの下に敷くための藁代わりである。
20231204_075901_copy_2016x1512



👇は、茅だけを集めてマイカ線で束を作った画像である。
20231204_091025_copy_2016x1512


切り口を揃えるのが面倒なので、押し切りを使って揃えた。
20231204_092315_copy_1512x2016


👇は、刈り取って整理した茅を一輪車で、保管場所まで運んだ。
20231204_092408_copy_1512x2016


👇は、秘密基地の隣の杉林の中の物置に保管するために、運んで置いた物である。
20231204_094306_copy_2016x1512





👇は、レタスミックスとサラダ菜とレタスの苗である。
20231204_100724_copy_2016x1512



👇は、ほうれん草の苗である。
20231204_100708_copy_2016x1512




👇は、第1菜園の開墾畑である。
上記の苗を植え終わった画像である。
20231204_110547_copy_2016x1512


👇は、レタスを植えた畝である。
20231204_110600_copy_2016x1512


👇は、ダイソーのミックスレタスである。
20231204_110640_copy_2016x1512


👇は、サラダ菜である。
20231204_110612_copy_2016x1512


👇は、治郎丸ほうれん草である。
20231204_110700_copy_2016x1512


👇は、植え付けが終わった後に、たっぷりと水やりした画像である。
20231204_111358_copy_2016x1512




👇は、水やりをした後のほうれん草の畝の拡大画像である。
極寒期は、ビニトン栽培で越冬させる予定である。
20231204_111409_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園のニンジンである。
品種は、愛知県の伝統野菜の碧南鮮紅五寸人参である。
種は、今年の春に自家採種したものを使っている。
収穫は、すでに15本ぐらい採っている。

20231126_141328_copy_2016x1512



👇は、第2弾の同じく碧南鮮紅五寸人参である。
第1弾が3回も蒔き直ししたので、早めに第2弾を作付けたので、結構な大きさに育っている。
20231126_141542_copy_2016x1512


昨年の2月に、まる八さんから愛知の伝統野菜の種を送って頂いた。
在来種や固定種の優れた野菜の種を販売している野口種苗店でも、種を販売している。
01
碧南鮮紅五寸人参とは? ➡画像と記事 愛知県
『碧南鮮紅五寸にんじんは、愛知県内各地から導入したニンジンをもとに、自然交雑と選抜によって碧南地域に適した品種として作りあげられました。晩生で収量が多く、根色が濃い紅色で、色上がりが優れるなどの特徴があります。』

私が今まで作ってきたのは、ダイソーの時無し5寸人参であった。とても美味しいニンジンであった。
しかし、碧南鮮紅五寸人参との違いは、形にある。
時無し人参は、どうしても男株人参が出てしまう。いかり肩で先細りのニンジンである。普通の在来種では、女株男株が出るようだ。
それに比べて碧南鮮紅五寸人参は「根は先の詰まった総太タイプ」とある。


3

井原書より

👇は、まる八さんに送って頂いた野口の種である。
20220818_124437_copy_1512x2016


採種法 ➡野口の種
『越冬させると10℃以下の低温に感じて花芽ができる。虫媒花なので他品種が近くにあると交雑する。い花傘が熟して黄色くなったら刈り取る。種の毛は布袋に入れて揉むと落ちる。』

種は、沢山採ったが色んな人に分けてあげたので、残り少なくなってしまった。
他のニンジンは作っていないので、交配することは心配せずに自家採種できるので、来春も種を採る予定である。



👇は、友人の畑の碧南鮮紅五寸人参である。
種は、私が提供した。今年は、大豊作の様である。
20231122_101533_copy_1512x2016


👇は、治郎丸ほうれん草である。
HAL_Kさんから頂いた種を育て、自家採種した。
今年は、その種で育てている。

治郎丸ほうれん草は、
『大正時代から栽培され、原産地は稲沢市治郎丸。葉はやや細長で切れ込みが多く、根部の桃色が鮮やか。気温の低下によって糖度が高まる。あいちの伝統野菜。』
寒さに強い東洋種のほうれん草は、秋から冬にかけて東北地方でも盛んに栽培される。そのためか、とても甘く優しい風味が持ち味である。』
20231126_141556_copy_2016x1512


今回、初収穫をした。マルチ穴に3,4株ずつ植えてあるので、かなり込み合ってきた。
今回は、3穴分ほどを千鳥に収穫した。
20231126_141606_copy_2016x1512







👇は、同じ畝に作付けてある、第2弾の治郎丸ほうれん草である。
ダイソーに次郎丸ほうれん草があるが、昨年並べて育てたが全く同じものであることが分かった。
ダイソーの種には、昔からの在来種が結構な数販売されている。
ダイソーの種は55円で買えるので、安そうに感じるが、実はそうではない。
前にそら豆の種を買ったら4粒しか入っていなかった。
55円なので1粒14円である。
以前スーパーで、220円のそら豆の種を買ったら18粒入っていた。
1粒12.2円であった。ダイソーより安かった。
20231126_141628_copy_2016x1512




👇は、第3弾の治郎丸ほうれん草である。ほうれん草は、ズラシ蒔きで第4段まで作ってある。
4月のトウ立ちまで、ずっと収穫を途切らせる
ことは無い。
20231126_141641_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
  


↑このページのトップヘ