のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:万願寺

👇は、ピーマンである。
夏には葉が害虫の被害にあったか調子が悪かった。
秋になり新しい葉が展開するようになってからは、沢山の実を着けるようになった。

IMG_20231026_102955_copy_1512x2016


今の時期は、生長が遅いので大きくなるのに時間が掛かるが、着果する数が多いので大きくなり始めると、毎日のように収穫することができる。
IMG_20231026_102812_copy_1512x2016


あまり大きくすると木に負担がかかるので、適度な大きさで必要な数だけ収穫している。
ゆっくりの生長なので、長く収穫できるのが良い。
IMG_20231026_102720_copy_1512x2016


👇は、万願寺唐辛子である。今年は、害虫被害にあって夏はあまり収穫できなかった。
こちらもピーマンと同じように、秋になってからたくさんの実を着けるようになった。
IMG_20231026_102617_copy_1512x2016


万願寺唐辛子は、黒い模様が入るのが特徴である。
IMG_20231026_102433_copy_1512x2016


👇は、万願寺唐辛子の全体画像である。4株植えてある。
IMG_20231026_102409_copy_1512x2016


👇は、紫唐辛子である。脇枝を少し剪定したら、莢が大きくなってきた。
IMG_20231026_102248_copy_1512x2016


紫唐辛子の花は、ナスのように綺麗な紫色である。莢も濃い紫色になる。
味は大和の伝統野菜なので、とても味わい深いシシトウである。
IMG_20231026_102238_copy_1512x2016

こちらも収穫時期がとても長い。

IMG_20231026_102206_copy_1512x2016


👇は、バナナペッパーである。このシシトウの特徴は、とにかくたくさんの莢を着ける。
1本あれば、十分であるがシシトウは、4本ずつ作っているので害虫と共存して食べている。
シシトウやピーマン、ナスは常に無農薬栽培である。
IMG_20231026_102152_copy_1512x2016


他のシシトウは、夏は休んでいたがバナナペッパーは、ずっと収穫が続いていた。
アメリカ生まれの在来種であり、丈夫で育てやすい。
IMG_20231026_102049_copy_1512x2016


一回の収穫分である。2日に一回の感じで収穫している。
現在、葉物は大根の葉っぱしか無いので、我が家では貴重な野菜である。
IMG_20231026_103813_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 

 

👇は、シシトウ、ピーマンの棚である。
夏に、紫唐辛子と万願寺唐辛子が休んでいた。

IMG_20230916_100840_copy_1512x2016



バナナペッパーは、ちょっと休んで直ぐに復活した。
後は、霜が降りるまで突っ走るだろう。
IMG_20230916_100848_copy_1512x2016



👇は、紫唐辛子である。枝の剪定をしなかったためか、段々小さくなってしまった。
8月に追肥をした。それが効いてきたか、また大きくなってきている。
IMG_20230916_100855_copy_1512x2016



👇は、万願寺唐辛子である。
6月頃は、たくさん生っていたが、8月に入るとぴったりと止まってしまった。
また、復活したようである。
IMG_20230916_100910_copy_1512x2016



👇は、ピーマンのとんがりパワーである。
8月の猛暑で小さなものが全部火傷して落ちてしまった。ようやく、生りだした。
IMG_20230916_100923_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、シシトウ、ピーマン、ナスの植えてある棚である。
IMG_20230902_110908_copy_1512x2016


👇は、ピーマンに遮光ネットを掛けた置いたものを外した画像である。
IMG_20230902_111001_copy_1512x2016


👇は、ピーマンのとんがりパワーを6株植えてある。
7月頃はたくさん生っていたが、8月に入ると強烈な暑さでピーマンが次々と火傷してしまった。
慌てて遮光ネットを掛けたが、火傷したピーマンは落ちてしまった。
同時に、花も咲かなくなってしまった。
IMG_20230902_111040_copy_1512x2016

👇は、遮光ネットを外して、マルチに穴を空けて化成肥料を追肥しようとしたときに、下のほうになっていたピーマンを発見した。
IMG_20230902_123910


👇は、とんがりパワーがたくさんの花蕾をつけている画像である。
IMG_20230902_111109_copy_1512x2016


👇は、花が咲きだした画像である。
IMG_20230902_111232_copy_1512x2016




👇は、万願寺が生りだした画像である。
IMG_20230902_111343_copy_1512x2016


👇は、紫唐辛子が、紫の花を咲かせている画像である。
紫唐辛子は、奈良の伝統野菜で、茎の色も花もそして莢も紫色である。
友人が万願寺のあたりを食べてしまって、怖くてシシトウが食べられなくなってしまった。
しかし、紫唐辛子は当りが無いからと勧めていたら、ファンになったようで来年は作りたいと言った。
IMG_20230902_111353_copy_1512x2016


👇は、アメリカからやって来たバナナペッパーである。
このシシトウは、暑さにも負けずずっと生り続けている。
IMG_20230902_111418_copy_1512x2016


癖が無く、とても美味しい。丈夫で作りやすいので我が家ではとても重宝している。
IMG_20230902_111433_copy_1512x2016

👇は、株から20㎝ぐらい離した所にマルチに穴を空けて、化成肥料をひとつかみ追肥した。
IMG_20230902_111446_copy_1512x2016


👇は、シシトウとピーマンのすべての株の近くに穴を空けて、化成肥料をひとつかみずつ投入した画像である。
シシトウ、ピーマンは、これから霜が降りるまでずっとなり続ける、貴重な野菜である。
IMG_20230902_111458_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、トマトやピーマンを植えてある棚である。
棚は、2条上で真ん中に支柱を立てて、両側からキュウリネットで挟み付けている。

20230711_152713_copy_1512x2016


👇は、植え付けた時の画像である。
この方式の棚は、暴風にかなり強く台風でナスやピーマンの葉や枝が折れたことは無い。
昨年までは、小田掛けのように合掌作りにしたが、今年は足場丸太を深く埋めて孟宗竹を1本通して、簡単にした。
20230516_082140_copy_1512x2016


👇は、翡翠茄子である。
毎年今頃になると半身萎凋病に罹ってしまうが、早く気温が上がったので掛かっていない。
20230711_152724_copy_1512x2016


👇は、千両二号である。
こちらは、早くから半身萎凋病に罹ってしまったので、その症状が出ている。
20230711_152746_copy_1512x2016


👇も千両二号である。
こちらは、まだそれほどの酷い状態には、なっていないようだ。
20230711_152805_copy_1512x2016


👇は、とんがりパワーである。こちらは半身萎凋病には罹ったことは無い。
非常に長生きで、霜が降りる頃まで実を着けるピーマンである。
20230711_152820_copy_1512x2016


大きく育てると手のひらを越えるぐらいの大きなピーマンとなる。
しかし、木が疲れるので適度な大きさで収穫している。
20230711_152840_copy_1512x2016


👇は、万願寺唐辛子である。
かなり大きくなり、黒い色が入るのが特徴である。
20230711_152856_copy_1512x2016


👇は、奈良の伝統野菜の紫唐辛子である。
適度に収穫すると、大きく育つようである。
20230711_152904_copy_1512x2016


👇は、バナナペッパーである。
こちらは多収穫ができるシシトウである。
20230711_152932_copy_1512x2016



👇は、秋ナス用に、上記と同じ苗をポットで老化苗にして置いたものである。
毎年、半身萎凋病でナスが短命なので、7月に入った頃植え付けるようにしている。
半身萎凋病は、気温が30℃を越してくると活動が鈍るので、2段階の作付けを行っている。
20230711_153034_copy_1512x2016


👇は、老化苗にして置いた千両二号である。
20230711_153052_copy_1512x2016




👇は、種を切らしてしまったカルガナスを、本家から種を送って頂いて、5月31日に播種をして育てた苗である。
7月11日で、41日目の育ち具合である。
超スピードで育てているので、8月下旬には、収穫できると思っている。

ナスは、播種から収穫までは約120日で、植え付けまでは75日と言われている。
この計算だと、5月31日+120日で、収穫日は、9月28日収穫であるが。
20230711_153045_copy_1512x2016





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

畑に来て一番先にやる仕事は、果菜類の収穫である。
昼に家に帰るので、その時に準備してあれば忘れることは無い。
👇は、ナス科の棚である。今が収穫の真っ盛りである。

20230702_085029_copy_1512x2016


👇は、収穫したばかりの千両二号、翡翠茄子、とんがりパワー、そして、シシトウの万願寺、紫唐辛子、バナナペッパーである。
20230702_085655_copy_1512x2016


👇は、第3菜園のインゲン豆の棚である。
こちらには、平莢のモロッコインゲンと白インゲンが作付けてある。
二畝のうち1畝は、豆を採るための白インゲンの棚である。
煮豆や甘納豆を作る計画である。
20230702_085731_copy_1512x2016


👇は、収穫した白インゲンとモロッコインゲンである。
食べきれないので、上記のナスやピーマンと一緒に、友人に半分お裾分けをした。
1


👇は、第2菜園の改良ミニハウスの中で作っているどかなり千成F3である。
収穫のピークは過ぎたが、まだたくさんの収穫が続きそうだ。
20230702_090606_copy_1512x2016


👇が収穫したミニキュウリである。多い時は12本ぐらい収穫した。
20230702_090757_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ