のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:人参

四季成りイチゴは、ランナーが出難いので、苗を増やすには株分けを行うことが必要である。

★四季成りイチゴの株分け時期は、春と秋の2回。
春の株分け時期 3月下旬~4月上旬
秋の株分け時期 9月下旬~10月上旬
★株分けは、子株が3~4枚葉ついた状態で行う。

👇は、畑から根を傷めないように掘り上げて、土を洗い流した画像である。
20240411_073022_copy_2268x3024


親株から子株を切り離す段階の画像である。
出来るだけ子株に根が着くように、丁寧に根を分けてから鋏を入れる。
20240411_073446_copy_2268x3024



👇は、根を付けたまま子株を切り離した画像である。
一番大きな株で、5株の苗が採れた。
この後、子株の根を切り戻して、ポットに植え付ける。
20240411_073857_copy_2268x3024


👇は、もう一つの株でやや小さかったので、3株に切り分けた。
20240411_074902_copy_2268x3024


👇は、切り分けた子株をポットに植え替えた画像である。
秋にランナーが1本出ていたので、冬場に根を出させてポットに植えたまま、畑に植え付けてあったものも含めて、全部で9株の苗が出来た。
しばらく温床で根をしっかり出させてから、畑に植え付けて秋まで育てる計画である。
そして、その時にもう一度株分けして苗を増やし、冬場の収穫を狙う。
20240411_081130_copy_2268x3024


👇は、子持ち高菜のトウ立ちの様子を撮った画像である。
どうやら子持ち高菜の子は、花蕾の集まりだったようだ。
20240411_084537_copy_2268x3024


👇は、種採り用に二株の子持ち高菜のを残したものである。
20240411_084525_copy_2268x3024


👇は、ミニハウス内で種採りをしようと移植したものである。
こちらも花蕾が出来ている。
20240411_084634_copy_2268x3024


👇は、自家採種用の晩生菜花である。
2株だけ、種採り専用にミニハウス内で栽培している。
20240411_084649_copy_2268x3024



👇は、昨年に続いて自家採種予定の碧南鮮紅五寸人参である。
去年もたくさんの種を採ったが、友人や知り合いに種を配ったので、今年も採ることにした。
20240411_084951_copy_2268x3024


👇は、ゴボウの畔波板を使った斜め栽培である。
奥に2株残してあるのは、種採り用である。この場所に2年前の種を蒔いた。
ゴボウは、好光性種子なので種を蒔いた後、籾殻燻炭を被せから足で踏みつける。
20240411_085011_copy_2268x3024


👇は、種採り用の大浦太牛蒡である。固定種である。
20240411_085025_copy_2268x3024


👇は、自宅隣の私道であるフラワーロードの奥にある咲き分けの桃の木である。
昨年、蔦が絡まって枯れそうになっていたのを、整備したら見事に復活した。
20240411_063241_copy_2268x3024




👇は、絡まっていた蔓を1本1本2か所を切断した。
切った上の部分は、後に全部枯れた。

20240411_063302_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ホワイト6片の畝である。
昨年度、ミニハウス内で無肥料栽培で育てたものを、種ニンニクに使った。
それが良かったのか、発芽率も高かった。
さらに、ここに来て昨年度よりも大きく育ってきている。
もちろん、施肥は少なめだが施肥している。

20240403_071213_copy_1512x2016

20240403_071237_copy_1512x2016


👇は、健康な葉のジャンボニンニクである。
幾つかは、黄枯れ病のような感じで、生育の悪い物もあるが、かなりの数は健康的に育っている。
20240403_071317_copy_1512x2016



👇は、第2菜園で育てている、本命のそら豆である。
そら豆は、たくさん苗を作ってしまったので、第4菜園でも4畝作ってある。
20240403_073750_copy_1512x2016



倒伏防止で、両側からマイカ線で挟み付けてあるが、下のほうなのでマイカ線の位置を高くすることにした。
20240403_073801_copy_1512x2016


👇のように、マイカ線の高さを変えた。
20240403_075601_copy_1512x2016



👇は、倒伏防止のマイカ線の位置を高くした全体画像である。
余り締め付けると、枝が傷むのでほどほどにした。
20240403_075611_copy_2016x1512


👇は、第3菜園のニンジンを蒔いた畝である。
20240403_083300_copy_1512x2016

👇は、中間地の人参の春秋の作型を、図にまとめたものである。
1


👇の画像は、3月21日に播種して、13日目の4月3日の画像である。
種は、自家採種した碧南鮮紅5寸人参である。たくさんの種を蒔いたらごっそりと発芽した。
1穴に2本ずつ栽培するので、間引きもごっそりと抜くことになる。
20240403_083310_copy_1512x2016



👇は、第1菜園のネギの畝である。
3月29日に石倉1本ネギの苗を植え付けた。
植え付け後、5日目の画像である。
ポット苗をばらしてその日に植えつけたため、活着もうまく行っている感じである。
20240403_083657_copy_1512x2016

20240403_083639_copy_1512x2016



👇は、昨日水揚げを確認した。今日はよく観察したら芽がいくつか萌芽しているのが見つかった。
画像は、ピオーネである。
20240403_082614_copy_1512x2016


👇は、巨峰の芽である。
20240403_082930_copy_1512x2016



👇は、我が家の花壇に咲いている花である。

雨の中で満開に咲いたモクレンの花
20240403_162149_copy_2268x3024



絞り咲きの椿の花
この椿の木は、近所の知り合いが同じ木が2本あるのでと、鉢植えにして持って来てくれたものである。大きな木だったので、鉢事植え付けたものである。今ではシンボルの木となっている。
20240403_162208_copy_2268x3024

20240403_162235_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第3菜園で下仁田ネギの自家採種を行っている画像である。
20240324_085108_copy_2268x3024


下仁田ネギの残っていた種は、全部蒔いてしまったので今年自家採種することにした。
20240324_085112_copy_2268x3024


👇は、第1菜園である。こちらでは石倉一本ネギの自家採種をする分を栽培している。
20240324_085333_copy_2268x3024


👇が、石倉一本ネギの坊主が出た画像である。このねぎの自家採種は初めてである。
20240324_085341_copy_2268x3024


👇は、購入種で最後の残りの種を12月にポット蒔きして、温床で育てたものである。
いつでも定植できるサイズになっているが、もう少し暖かくなってから第1菜園に植え付ける予定である。
20240324_085225_copy_2268x3024


👇は、第3菜園のハウスの北側に植え付けてある、自家採種用の碧南鮮紅五寸人参である。
昨年も種を採ったが友人に分けてあげたり、たくさん蒔いてしまったので、今年も種を採ることにした。
20240324_085121_copy_2268x3024



👇は、新しい芽が伸びてきた画像である。
植え付けた時に着いていた葉は、萎れて枯れてしまっている。
20240324_085129_copy_2268x3024



👇は、同じ畑に2株だけ自家採種用に残した、大浦太牛蒡である。
3年同じ種で栽培してきたが、種切れとなったので、今年種を採ることにした。
20240324_085144_copy_2268x3024



👇は、1株だけ野良ののらぼう菜が出たので、そのまま今年もこの場所で種が出来て零れるまで、育てて置こうと思っている。
20240324_085151_copy_2268x3024



👇は、子持ち高菜である。
子持ち高菜も固定種なので、種を採ることにした。
もう少ししたら場所を移動させて、他と交配しないように隔離して自家採種する予定である。
20240324_085312_copy_2268x3024



👇は、昨年度に自家採種した種を8月1日に撒いて、篠原早生白と同じ畝で育ち具合を観察した春一番である。
同じような超極早生品種であったが、肥大のスイッチの入る条件や低温伸長性が違うことが分かった。篠原早生白玉ねぎは、長日でも肥大のスイッチが入ったが、春一番は1か月ぐらい遅かった。
また、極寒期の2月には生長が止まってしまった。
篠原早生白や加津佐13号は、極寒期でもゆっくりではあったが生長は止まらなかった。非常に低温伸長性が優れた品種だと思った。F3の種を採るかどうかは、まだ決めていない。 
20240324_085435_copy_3024x2268



👇は、我が家の花壇の椿の花である。つぼみがたくさん着いて膨らんできている。
20240324_102917_copy_2268x3024


👇は、白い大きな椿の花である。
20240324_102944_copy_2268x3024


👇は、変わった形の椿の銘品である。
白芯卜伴(ハクシンボクハン)と言う銘品である。
20240324_102930_copy_2268x3024



👇は、相方から花の苗木を育ててほしいと浸種した画像である。
うまく温度が合えば、2,3日で発根するだろう。
品種は、ジニア・プロフュージョン系
である。
百日草であるが、昔の物とは違っている。
20240324_081106_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

家の周りは、降った雪は解けていた。畑に行ったら通路に雪が残っていた。
今年の初雪である。

20240114_074101_copy_1512x2016


👇は、第3菜園の画像である。
20240114_074114_copy_1512x2016


👇は、第2弾のニンジンの畝である。まだ収穫はしていない。
ニンジンの生育温度は13℃~23℃で、12℃以下の低温下では肥大が鈍り、着色不良となるようである。
20240114_074123_copy_1512x2016


👇は、ほうれん草の畝である。
ほうれん草の生育適温は10℃~20℃で、寒さに強く-10℃~-15℃でも耐えられるという。
しかしながら、0℃で根の伸長は停止するようである。
 
20240114_074139_copy_1512x2016


👇は、第1菜園の7時43分の画像である。まだ日は射していない。
20240114_074352_copy_2016x1512


薄っすらと雪が積もった感じである。
20240114_074324_copy_2016x1512


👇は、茎ブロッコリーの様子である。
ブロッコリーの生育適温は15℃~20℃で、生育限界温度は5℃で、それ以下になっても枯れることは無いようだ。
20240114_074407_copy_1512x2016


👇はブロッコリーである。
20240114_074419_copy_1512x2016


👇は、トウ立ちした早生菜花である。
20240114_074442_copy_1512x2016


👇は、晩生菜花である。
20240114_074448_copy_1512x2016


👇は、子持ち高菜である。
子持ち高菜の生育適温は10℃~20℃で、冬季が温暖な地域に適し、寒さ厳しい地方や積雪地帯の露地栽培は適さないとある。
私の所では、どうやら適さないようである。
20240114_074458_copy_1512x2016



👇は、大根の畝である。ほとんど穴を掘って埋め直してある。
20240114_074533_copy_1512x2016
 

畑の雪が解けるまでは、することも無いので薪ストーブを焚いて、金時豆の甘煮を作った。
20240113_085935_copy_1512x2016

柔らかくなったところで、豆がひたひたになるように湯を捨てて調整し、砂糖を投入してさらに5,6分煮る。隠し味に塩か醤油を使う。
20240113_085902_copy_1512x2016

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、9月18日に播種して、セルトレイで育苗し10月5日に定植した。
サニーレタスとサラダ菜、レタスの3品種である。播種後4か月が経っている。
20231215_105511_copy_1512x2016


3品種を、1株ずつ収穫した。
20231215_105827_copy_1512x2016


👇は、10月5日に上記の3品種を植え付けた時の画像である。
1セルに3,4株ずつ発芽育苗したものを、全部で60穴分ぐらい植え付けてある。
1


👇は、真夏に播種したら、ほとんど発芽しなかった碧南鮮紅五寸人参である。
3度蒔き直してある。
20231215_105916_copy_1512x2016


3回に分けて植え付けてあるので、大きさがバラバラである。
太くなったものから収穫している。
👇は、2番目にトレペ芯苗を植え付けた物だろう。かなり太く育っている。
20231215_110153_copy_1512x2016



👇は、ブロッコリーである。既に2個ぐらい収穫している。
20231215_110939_copy_1512x2016


👇は、スティックセニョールである。
こちらは、毎日のように収穫して食べている。
20231215_110952_copy_1512x2016


👇は、収穫したブロッコリーとスティックセニョールである。
タケノコ芋は、収穫して保管して置いた物である。
20231215_110549_copy_2016x1512



👇は、大根の畝である。
4分の1ぐらいは、穴を掘って首まで土の中にすっぽりと入れて越冬準備をしてある。
20231215_111216_copy_1512x2016


👇は、収穫した大根と白菜である。
大根は、出来るだけ太いものを収穫した。
20231215_110531_copy_1512x2016


👇は、白菜の畝である。75日白菜は、あと2個で収穫が終わる。
白菜の漬物作りと、お裾分けに使った。
画像左の1条は、90日白菜である。
20231215_111016_copy_1512x2016



👇は、HAL_K晩生菜花である。
晩生種は、6株植えてある。
また、ミニハウスの中で自家採種用に2株育てている。
早生と晩生の菜花を育てているが、同じ日に播種しても収穫時期がズレるという事であった。
20231215_111055_copy_1512x2016



👇は、HAL_K菜花の早生種とのらぼう菜を3株ずつ植えてある。
どちらもアブラナ科であるが、自家受粉する珍しい菜花である。
どちらも非常に似ているが、右側が少し緑が濃く、左側が薄い。右が早生の菜花である。
20231215_111115_copy_1512x2016



👇は、今年楽しみな、子持ち高菜である。
20231215_111127_copy_1512x2016



すでに子が出来ているのではないかと、ばらして見たくて仕方がない。
20231215_111133_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

↑このページのトップヘ