のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:人工授粉

今年は、春早々のどかなり千成F3の幼苗にジベレリン処理をして、雄花を咲かせた。
25ppmのジベレリン濃度では、2,3花しか雄花が咲かなかった。
次に50ppmのジベレリンを脇芽にも噴霧したら、今度は完全に雄株になった。
雄株に咲いた雄花を、雌株の雌花に10花ぐらいに人工授粉した。既に、受粉させた5本を割ってみたが、1粒も種が出来ていなかった。
今回は、残りの物と何もしなかった小さな物も割ってみた。

20230720_075453_copy_1512x2016



全部を割ってみたが、種になりかけの未熟なものはあってもほとんど種は無かった。
画像の〇印の物は、種のように見えた。
1





拡大してさらに見た。
1


しっかりした種だった。
20230720_075742_copy_1512x2016



他にも無いか、中のジェルをかき回して探してみた。
2


ほとんど、未熟な種ばかりである。
20230720_080430_copy_1512x2016




種らしきものを取り出して、よく観察した。
最初に見つけた2粒以外は、ペッチャンコで種にはなっていなかった。

雄花は、たくさん出たので1花の雌花に、雄花の花粉塊を2花使って、受粉したりした。
2粒でもちゃんとした種が出来たという事は、受粉はしたわけである。
ただ、花粉の力が弱かったという事だろう。
雄株は、トマトトーンを全部の脇芽に噴霧したので、雌株が咲いてキュウリは次々となった。

しかし、👇の方の節からは、雄花が出ていたので、第1回目に5本の人工授粉したものが、失敗だったので、さらに3,4個人工授粉してある。
まだ、親株は、枯れていないので実験は続いている。
人工授粉の時期が悪かったのかと思って、再度人工授粉を続けた訳である。
3



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、改良ミニハウスでキュウリの促成栽培を進めている。
品種は、ユンボさんからのどかなり千成F3である。
一番下のキュウリは、人工授粉したものである。
残りは、収穫して食べるためのミニキュウリである。
もう少しで収穫時期となる。

20230513_144001_copy_1512x2016


👇は、キュウリ栽培の全体画像である。
第1弾は、9株植えて6株が育った。
そのうちの1株は50ppmで、ジベ処理して雄花を咲かせた。
残りの5株は、自家採種用と食用である。
残りの5株のうち1株は初期栽培に失敗して、育ちが悪い。
自家受粉して種を採るのは、4株に2個ずつにした。
8個のキュウリが自家受粉の候補である。
1個でも受粉が成功すれば、40粒から50粒の種が採れるだろう。
20230513_144010_copy_1512x2016


👇は、別の株の人工授粉したものである。
順調に肥大しているので、人工授粉が成功していれば種が採れる。
20230513_144038_copy_1512x2016


👇は、子蔓である。
この後、支柱を立ててネットに誘引した。
20230513_144056_copy_1512x2016


👇は、追加で植え付けた第2弾の苗である。追加分は6株である。
その内1株は、幼苗の時に50ppmでジベ処理した。
第1弾は25ppmで、少ししか雄花が出なかったので、濃度を濃くした。
20230513_144111_copy_1512x2016


👇は、雄花を咲かせるために、1株だけ25ppmで、幼苗の時にジベ処理をした株である。
しかし、雄花の開花が悪かったので、頂点の葉に50ppmでジベ処理をした。
その後、頂点の芽が伸びて花芽が着いたら雄花の房成に生った。
春は50ppmでジベ処理すれば、すべての花が雄花が咲くことになる。
昨年、全部雄花しか咲かなかったジベ処理株に頂点の芽に、トマトトーンを掛けた。
そうすると頂点の芽が伸びたら、雌花が着いた。トマトトーンは、オーキシンと同じ成分のものである。今回も人工授粉が終わったら、雄花しか咲かないこの株にも実験する計画である。
もう一度、雌花が咲くかどうか確かめてみたい。
20230513_144154_copy_1512x2016



👇は、2個の人工授粉が終わった株である。
20230513_144312_copy_1512x2016



👇は、食用候補第1号である。
1個では、さみしいので3個ぐらいまとめて収穫したい。
人工授粉は、上の方の雌花にやってある。
20230513_144325_copy_1512x2016


👇は、人工授粉前の雄花の中心である。花びらを綺麗にむしり取って、雌花に押し付けた。
ピンセットでつまんで、人工授粉したほうが確実かも知れない。
1684056256461



👇は、雄花しか咲かなくなったジベ処理したキュウリである。
もうすぐ雄花はお役御免なので、トマトには使っていないトマトトーンを掛けて、雌花が咲くかの実験を行おうと思う。
20230513_145916_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

↑このページのトップヘ