のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:篠原早生白

👇は、篠原早生玉ねぎの年内収穫を目指して、作型を計画したものである。
1

実際の作業日程
①播種日 篠原早生白(8月1日) 春一番F2(8月1日) 加津佐13号(9月1日)  
②定植日 
篠原早生白(9月27日) 春一番F2(9月27日) 加津佐13号(10月12日)
③肥大の始まり(玉幅3㎝)
篠原早生白(11月23日)春一番F2(12月2日) 加津佐13号(12月10日)

玉ねぎの肥大は、温度と日長が関係する。
極早生品種で、肥大が始まるのは、日長が11時間~11.5時間以上である。
日長が11時間を超えるのが、千葉県ではだいたい2月下旬頃である。
千葉県の11/23の日長の時間は、約10.1時間である。
春一番のような普通の超極早生品種では、この時期には肥大が出来ないという事だろう。
篠原早生白や加津佐13号は、日長時間が短くても肥大のスイッチが入る品種のようである。

👇の画像は、現在の篠原早生白玉葱の現状である。
1月に入って、ベトビョウに罹ってしまった。
治療剤で止まったかに見えたが、殆ど生長がストップしてしまった。
そのため、本日ビニトンを外して最終の様子を画像に残した。
今年の実験は、終了である。
20240209_103646_copy_2268x3024


👇は、昨年ミニハウスで栽培した篠原早生白玉葱が小さかったので、冷蔵庫で保存して秋に植え付けた物である。
20240209_103107_copy_2268x3024

6㎝弱でストップしてしまった。
20240209_103115_copy_2268x3024


👇は、自家採種した種を蒔いて、50本ほどの苗が出来た。
それを植え付けたものである。
20240209_103208_copy_2268x3024


一番大きく育ったものの球長は、8.2㎝であった。
全部がこの感じで育っていて、ベトビョウに罹らなければ、ほぼ成功であった。
しかしながら、1月の中旬ごろに二年続きでベトビョウに罹ってしまった。
ビニトン栽培で、日中の温度がベトビョウの好む温度になっていたのかもしれない。
20240209_103214_copy_2268x3024

グーグルBard
『ベトビョウ菌は、
15~25℃の比較的低い温度で繁殖する糸状菌です。最適な繁殖温度は20~22℃です。高温多湿の環境を好むため、梅雨時期や台風シーズンに発生しやすくなります。』


👇は、超極早生の春一番F2である。
自家採種した種を、篠原早生白と同じ日に播種して、同じ日に定植したものである。
20240209_103243_copy_2268x3024_1


5.4㎝の大きさで止まってしまった。
20240209_103254



👇は、上記玉ねぎよりも1か月遅れた9月1日に播種して、作付けした加津佐13号である。
20240209_103317_copy_2268x3024


現在、5㎝の大きさに育っている。
全部がダメになったわけではなさそうなので、引き続き観察を続ける予定である。
20240209_103349_copy_2268x3024_1



👇のように、葉がまだしっかりしているのもいくつかみられる。
20240209_103401_copy_2268x3024


👇は、健全そうな株の玉長を測った物である。5㎝の大きさに育っている。
20240209_103437_copy_2268x3024



👇は、今年の篠原早生白と加津佐13号での玉ねぎの年内栽培の作型である。

2

3


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、第1菜園の一番西の端の画像である。
右隣との境界は土手となっている。サツマイモの垂直栽培をした場所である。
現在は、土手に黄色いカンナが咲いている。

20231117_143250


👇は、境界の右側の畑から撮った画像である。
地主が年に2,3回トラクターで除草をしている。
20231117_143311



👇は、上の画像の、トンネル内の篠原早生白玉ねぎの生育状況を撮ったものである。
ゆっくりではあるが、確実に肥大している。
20231117_143402


👇は、篠原早生白玉ねぎのセット球栽培である。
芽が出た時に植え付ければもう少し、大きくなっていたと思う。来年度の種用に育てていたので、ちょっと遅かったようだ。ユンボさんの所では、収穫サイズになっている。➡その記事
20231117_143705



👇は、超極早生の春一番F2の画像である。こちらも8月1日に播種してある。
春一番は、早くても3月に入ってからの収穫が一般的である。篠原早生白と違って、玉の肥大は始まっていない。おそらく日長の長さがあっていないのではないかと思っている。
一般に、玉ねぎの肥大は、温度と日長の長さによって肥大のスイッチが入るようである。
冬至までは日がどんどん短くなっていくので、スイッチが入るのは春になってからだろう。
早く植えてあるので、きっとトウ立ちしていまうだろうと予想している。
その時は、移植して種採りに切り替えようと思ってる。
20231117_143508



👇は、超極早生の加津佐13号である。
こちらは9月1日に播種してあるので、通常の超極早生玉ねぎの作型である。
3月からの収穫を狙っている。
20231117_143610



👇は、先日植え付けを行った中晩生の泉州中高黄玉葱とネオアースである。
画像手前から250本は、ネオアースである。
20231117_143741



👇は、手前から100本は、泉州中高黄玉葱である。
どちらも、しっかりと活着した感じである。
20231117_143759


👇は、エンドウの畝である。
20231117_143831


👇は、絹さやである。2本ずつにする予定である。
20231117_143839


👇は、スナップエンドウである。
こちらはポット苗で2本ずつに植え替えた。なので、ほぼ2本立てになっているはずである。
20231117_143858


霜が降り積頃になったら、ビニトン栽培に切り替える予定である。
20231117_143910


👇は、友人と大先輩の分のそら豆の苗である。
今年は、沢山の種を植え付けたので、苗がたくさん余ったようだ。
20231117_143934


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、実験用のミニハウスである。
画像は、玉ねぎの自家採種を行ったいるものである。
市販されている春一番やノンクーラーは、自家採種が容易である。
しかしながら、篠原早生白玉ねぎは、夏を越す前に腐ってしまう。
どうやって夏を越させるのかが課題である。

20230522_105934_copy_1512x2016



👇は、春一番の坊主の開花画像である。
交配種なので、親と同じものは出ないだろう。
超極早生種なので、形は親と違っても3月頃に収穫できる性質が遺伝していれば良しとする。
20230522_105954_copy_1512x2016


👇は、蟻が蜜を集めている画像である。
どの坊主にも、蟻が3,4匹せっせと蜜をを集めていた。
受粉の手伝いをしてくれているようである。
1



玉ねぎの坊主の開花は、とても神秘的で綺麗である。
20230522_110026_copy_1512x2016



👇は、篠原早生白玉葱である。
昨年10個頂いたうちの1つが夏を越して、坊主を2つ着けた。
大きな坊主で、良い種が出来そうな期待感があった。
既に受粉して、種が出来ているのが確認できる。
20230522_110200_copy_1512x2016



👇は、拡大画像である。
固そうでつるんとした感じの玉が、子房である。
玉ねぎの子房は、部屋が3部屋に分かれていて、種が3粒入っている。
IMG_20230525_182529


👇は、篠原早生白玉葱の全体画像である。
3つに分げつしたが2つからトウ立ちし、大きな坊主と小さな坊主となった。
どちらも自家受粉して、種が出来ていると思われる。
20230522_110208_copy_1512x2016


👇は、まる八さんから種を頂いて、ハウス内で育てた篠原早生白玉葱である。
大きくはなれなかったが、種採り用にそのままの状態で、収穫せずに夏を越させる実験である。
20230522_110321_copy_1512x2016



👇は、今年収穫した篠原早生白玉葱を根付きで、送って頂いた来年の種用である。
8個のうち7個は茎が枯れて倒れて休眠期に入ったが、1個だけトウ立ちして坊主が出た。

20230523_104419_copy_1512x2016



坊主はやや小さいが、花がしっかり咲き人工授粉も出来たようである。
20230523_104435_copy_1512x2016





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

 

↑このページのトップヘ