のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:自家採種

👇は、第2菜園のそら豆の畝である。
先日の強風で倒された後、何とか起こして持ち直した。
IMG_20240420_18348


莢が着果して、上を向いている。
昨年は、5月初旬には収穫が始まっている。
あと2週間ぐらいで、収穫できるかもしれない。
IMG_20240420_17990




👇は、第4菜園でそら豆の余剰苗を栽培している画像である。
IMG_20240420_15551

👇は2畝4条のそら豆を作付けてある。肥料は若干少なめであった。
IMG_20240420_16207


👇は、中の様子を撮った画像である。既に着果して莢が育っている。
IMG_20240420_15862





👇は、第3菜園のニンジンの生育状況を撮った画像である。
ニンジンは、隣同士が触れ合うぐらいの密植で育てる方が良く育つようである。
2,3回の間引きをして、最終的にマルチ穴に2本ぐらい残す。3本でも問題なく育っている。
IMG_20240420_19700



👇は、ほうれん草の自家採種を行っている画像である。
品種は治郎丸ほうれん草である。
昨年も自家採種したが、少しだけだったので今年も種を採ることにした。
IMG_20240420_17623


👇は、雌株に雌花が着果して、種になりつつある画像である。
節の所に粒粒の種が出来つつある。
IMG_20240420_16902



👇は、下仁田ネギの自家採種をしている画像である。坊主が大きく育ちつつある。
IMG_20240420_16587



👇は、人参の自家採種をしている画像である。
品種は、碧南鮮紅五寸人参である。
去年初めて自家採種したが、何とか種を採ることが出来た。
今年も続けて種採りをすることにした。
IMG_20240420_19326


👇は、我が家の花壇の花である。越冬させたハイビスカスに花が咲いた。
黄色のハイビスカスを挿し木したら、花芽を持ったと言っていた。
IMG_20240420_12194


👇は、白と紫のシラーである。
IMG_20240420_12563



👇は、日本サクラソウの八重咲の銘品『磯牡丹」である。
日本サクラソウは、毎年のように植え替えをしないと、段々と溶けて無くなってしまう。
IMG_20240420_10672




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園の東の隅にあるミニハウスの中で、収穫した小糸在来を乾かしている画像である。
20231128_141226_copy_2016x1512


収穫した時から、いくつか種が弾けていたので、手もみで脱穀した。
20231129_132939_copy_2016x1512_1


👇は、来年度の種を選別した。良品を100粒確保した。
20231129_134708_copy_2016x1512



20231129_135248_copy_2016x1512


👇は、昨年度自家採種した小糸在来の良品である。
60粒袋に入れてある。
大豆の寿命は、結構長いようである。
普通に冷蔵庫等で保管すれば、2,3年は楽に発芽するようである。
20231129_135906_copy_2016x1512


今回、自家採種した良品は160粒、並品60粒、昨年の良品の残り60粒ほど確保した。
20231129_141022_copy_2016x1512



週に、1回ほど妻の絵手紙の先生とそのお友達が、英会話の勉強会にやってくる。
いつも喜んでくれるので、毎回私の作った自慢の野菜をプレゼントしている。
二人とも、80歳に近い大先輩たちである。
今回で2回目となるが、夫婦で食事会に招待された。
龍ヶ崎市の和食のお店「季節料理 利兵衛」である。
20231130_115202


20231130_115208



20231130_115212




20231130_115227

久しぶりの外食で、とても美味しかった。



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


👇は、改良ミニハウス内の画像である。
画像右側には、促成栽培のイチゴが植えてある。
そして、右側奥には自家採種のための篠原早生白玉ねぎの親株を栽培している。
20231122_104341_copy_1512x2016


👇は、篠原早生白玉ねぎの親株の画像である。
この品種は、夏越えがとても難しくかなり乾かして7月頃から溶けるように腐ってしまう。
今年は、腐る前に冷蔵庫で保管し夏を越させた。
20231122_104354_copy_1512x2016



👇は、一番元気な株である。
昨年はたった1個だけ生き残って自家採種を行った。
篠原早生白玉ねぎは、苗を購入することは出来るが、種は販売されていないのでF2の種を採って栽培している。
F2は形が若干違うが一代前の玉ねぎのようで、扁平の形のものが出来る感じである。
20231118_143110


👇は、トウ立ちしてしまっている株である。
とりあえず育ててはいるが、無理だろう。
20231118_143116



👇は、今年自家採種した、篠原早生白玉ねぎを植えてある畝である。
20231122_105901_copy_1512x2016



👇は、現在の篠原早生白玉ねぎの画像である。
20231122_110146_copy_1512x2016




前回11日に測ったときは4㎝弱であったが、今回4.2㎝まで育っている。
順調に肥大が進んでいるようである。
篠原早生白や加津佐13号などは、10月10日ごろの日長が11時間から11.5時間の頃に、肥大できる大きさに育てられれば、今頃にこの大きさに生っているという感じである。
1



👇は、10月16日の篠原早生玉ねぎの苗の画像である。この頃の日長時間が
11時間から11.5時間である。
篠原早生白玉ねぎの種を8月1日に蒔いて、育苗した苗を9月27日に植え付けたものである。
播種後、57日目の植え付けである。
こちらは、12月31日までに、どこまで球が大きく育つかの実験栽培である。
画像からわかることは、もう少し苗が太くなっていることが必要だという事である。
来年は、7月中旬ぐらいの種まきをやってみようと計画している。
IMG_20231015_091055_copy_1512x2016_1




👇は、昨年の玉ねぎの小さなものを植え付けたものである。
こちらも、前回は2.5㎝であったが、今回は3㎝に肥大している。
1



👇は、超極早生の春一番F2であるが、こちらは茎は太くなっているが、玉は膨らんでいない感じである。
玉ねぎの肥大は、温度と日長が関係する。
極早生品種で、肥大が始まるのは、日長が11時間~11.5時間以上である。
日長が11時間を超えるのが、だいたい2月下旬頃である。

千葉県の現在の日長の時間は、約10.1時間である。
つまり、春一番はこの時期の日長の時間の長さでは、肥大が出来ないという事だろう。
20231122_110420_copy_1512x2016


👇は、加津佐13号の畝である。
こちらは9月1日の播種なので、玉が肥大するのは3月過ぎてからになるだろう。
20231122_110515_copy_1512x2016


👇は、茎の様子を撮った画像である。
もっと茎が太く育っていれば、今の時期でも肥大しそうな感じである。
20231122_110625_copy_1512x2016


👇は、中晩生のネオアースと泉州中高黄玉葱である。
20231122_110643_copy_1512x2016


収穫は、5月以降になるので、現在は健康的に育っていればよい。
20231122_110659_copy_1512x2016



植付て間もないので、しっかりと活着してまっすぐに立ってくれば安心である。
20231122_110731_copy_1512x2016





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、今年の玉ねぎ栽培の畝である。
今年は、例年よりも総数を減らして作付けしている。
理由は、たくさん作っても夏を越せないのが3年も続いているので、量を減らしたわけである。
IMG_20231111_095230_DRO_copy_1512x2016



👇は、年内収穫を目標に作付けしてある、篠原早生白玉ねぎである。
8月1日に播種して、9月27日に植え付けたものである。
IMG_20231111_095242_DRO_copy_1512x2016


玉の直径が、4㎝弱に肥大してきた。
このペースで肥大していくと、12月1日ぐらいには7㎝~8㎝ぐらいの直径になるかもしれない。
IMG_20231111_095333_DRO_copy_1512x2016


👇は、2番手の玉ねぎである。こちらは3㎝強に肥大している。
札幌ホクレンの出荷規格のⅬサイズは、7㎝~8㎝である。
IMG_20231111_095513_DRO_copy_1512x2016






👇は、篠原早生白玉ねぎのセット栽培の画像である。
昨年小さな玉葱で収穫した物が秋に芽が出た物を、植え付けたものである。
IMG_20231111_100726_DRO_copy_1512x2016



👇は、2,5㎝ぐらいに肥大している。
IMG_20231111_100739_DRO_copy_1512x2016




👇は、自家採種した超極早生の春一番F2である。
篠原早生白玉ねぎと同じに8月1日に播種して、9月27日に定植している。
IMG_20231111_100817_DRO_copy_1512x2016



👇は、春一番F2の拡大画像である。
篠原早生白玉ねぎとは、明らかに肥大の仕方が違うようである。
茎の直径は、2,1㎝とかなり太いが、玉の肥大は見られない。
906




👇は、加津佐13号の画像である。
こちらは、
9月1日に播種して、播種後41日目の10月12日に定植した。
上記の篠原早生白玉ねぎや春一番から1か月遅れの播種である。
通常の超極早生玉ねぎの作型である。
収穫は3月~4月を狙っている。
生育状況としては、順調な感じである。
IMG_20231111_101057_DRO_copy_1512x2016






👇は、改良ミニハウスで育てている、篠原早生白玉ねぎの自家採種用の親玉ねぎである。
全部で10株以上植え付けてある。
夏越えが難しいため冷蔵庫に保存して、秋になってから芽を出させて植え付けた。
IMG_20231111_095102_DRO_copy_1512x2016


👇は、一番の期待の株である。分げつして太い茎が3本になっている。
大きな株ほど、大きな坊主が出来て良い種が出来るはずである。
IMG_20231111_095006_DRO_copy_1512x2016




IMG_20231111_095011_DRO_copy_1512x2016




IMG_20231111_095035_DRO_copy_1512x2016



IMG_20231111_095020_DRO_copy_1512x2016




IMG_20231111_095053_DRO_copy_1512x2016



👇は、2番目に期待している株である。こちらは2株に分げつしている。
昨年はたったの1株だけ生き残って、大きな坊主と小さな坊主が出た。
それでも、種は1000粒ぐらい採種できた。
しかしながら、今年の8月1日の種まきに失敗して、苗は40株弱しか育たなかった。
来年は、沢山の坊主を育てて、沢山の種を採種しようと力を注いでいる。
IMG_20231111_095044_DRO_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 

👇は、分げつして小さくなった篠原早生玉ねぎの種玉葱の画像である。
苗が小さくて、小さな玉にしか育たなかった物も植えてある。
種から育てている苗が2,30本ぐらいしか育ってないので、こちらの苗も一緒に植え付けて、年内収穫を狙おうと思っている。

IMG_20230916_101231_copy_1512x2016



👇は、比較的大きな玉を冷蔵庫に保管して、夏を越させた。
芽が出始まったので、涼しい場所で芽出しをしてからミニハウスに定植した。
昨年は、1個だけ夏を越せた種玉葱で、2つのネギ坊主が出た。
3球に分げつしたが、ネギ坊主が出たのは2つであった。
十分な大きさがあるので、2つか3つに分げつしてトウ立ちすれば万々歳である。
IMG_20230916_101321_copy_1512x2016


👇は、ハウス内に植えた種玉葱の、全体画像である。
IMG_20230916_101326_copy_1512x2016


根もしかり出たのを確認して、植え付けてある。
IMG_20230916_101341_copy_1512x2016



👇は、まる八さんの所からやって来たパイナップルの脇芽である。

パイナップルの育て方には、裔芽、吸芽、冠芽から育てる3つの方法があるようだ。
裔芽(えいが)とは、パイナップルの実の根元から生えている新芽。早ければ1年で収穫。
吸芽(きゅうが)とは、親株の葉の脇から生える新芽。1年~2年で収穫。
冠芽(かんが)とは、パイナップルのクラウン。早くても2年で収穫。

さて私の所に来た脇芽は、どこの部分だったのだろうか。
かなり大きな芽なので、
吸芽(きゅうが)では無いかと思っている。
IMG_20230916_101146_copy_1512x2016


現在涼しい環境で、芽を出させている。
IMG_20230916_101210_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    
 

↑このページのトップヘ