のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:茎ブロッコリー

👇は、のらぼう菜、早生菜花、晩生菜花を作付けてある。
早生と晩生菜花は、HAL_Kさんから頂いたものである。
20240103_083622_copy_2016x1512


今年は、10日ぐらい早蒔きしてしまったことと、暑い日が続いたために早くトウ立ちしてしまった。
👇は、芯と脇芽を収穫した後である。
20240103_083647_copy_1512x2016


芯と脇芽をカットした株の状態である。
気温が下がったためか、新しい花芽は育っていない。
20240103_083657_copy_1512x2016



👇は、晩生菜花である。
20240103_083738_copy_1512x2016



こちらは、まったくトウ立ちの気配は無い。
出来れば、2月から3月に収穫が始まれば良い。また、それよりも遅れれば尚良い。
20240103_083730_copy_1512x2016



👇は、早生菜花によく似た野良坊菜である。
こちらは、トウ立ちしたので芯をカットした。脇芽は、まだ小さい。
20240103_083757_copy_1512x2016


👇は、ブロッコリーである。
こちらは種から育てていたものである。既に何個か収穫している。
20240103_085130


ブロッコリーは10株ぐらい植え付けてあるので、春まで収穫できそうだ。
20240103_083824_copy_1512x2016


👇は、スティックセニョールである。
茎の部分が特に甘くて美味しい。
20240103_085250


こちらは、4株ほど苗を購入した。
7月に種まきを忘れてしまったためである。
キャベツも同様に忘れてしまったので、苗を購入した。
20240103_083844_copy_1512x2016



👇は、夏に何度も種を蒔いたり、トレペ芯で苗にして植え付けたりした人参である。
品種は、碧南鮮紅五寸人参である。何とか収穫できている。
20240103_083906_copy_1512x2016


👇は、第3菜園に直播した、第2弾の碧南鮮紅五寸人参である。
20240102_095742_copy_1512x2016


人参の直径を測ったら3.5㎝弱であった。
20240102_095956_copy_1512x2016


第1弾のニンジンがあと1か月ぐらいはあるので、2月頃からの収穫でちょうど良いかもしれない。
20240102_100345_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、第1菜園の葉物野菜の畝である。
レタス類やニンジン、キャベツ等は、別の畑に第2弾の葉物野菜畝を作ってある。

20231205_100551_copy_2016x1512



👇は、畝の一番南側に作付けてある茎ブロッコリーである。
20231205_095925_copy_2016x1512


👇は、この時期が茎ブロッコリーの、一番美味しい時である。
茎が太く甘さがあってと購入してある。
この場所に時期をずらして収穫できるように、2段階に分けて苗を植えてある。
画像は、第1段の購入苗である。4株購入してある。
20231205_095951_copy_2016x1512


👇の茎ブロッコリーも同じ第1弾の物である。第1弾は11月中旬から、収穫が始まっている。
12月いっぱいは、収穫ができるだろう。
20231205_100006_copy_2016x1512



👇は、ブロッコリーである。既に1つだけ収穫した株がある。
ブロッコリーは、2段階にずらして種を蒔いて、苗作りから始めている。
20231205_100025_copy_2016x1512


👇は、1つだけ早く収穫できたブロッコリーである。
既に、側花蕾が大きく育ってきている。
20231205_100042_copy_2016x1512


👇は、購入したキャベツである。
4苗購入したが2株は幼苗の時に、芯をヨトウムシに食べられてしまった。
すでに1個は収穫済みである。残りが1個が画像の物である。
20231205_100120_copy_2016x1512


👇は、購入苗で、幼苗の時に害虫に芯を齧られてしまったキャベツである。
そのままにして置いて、脇芽が4本出たのでそのまま育てている。
小振りのキャベツを収穫する予定である。
20231205_100130_copy_2016x1512


👇は、第2弾のキャベツである。
自家産苗を育てている。品種はとんがりぼうしである。
こちらもすでに1つ収穫してある。
20231205_100218_copy_2016x1512


👇は、HAL_K晩生菜花である。
3月頃から4月に掛けて、菜花を収穫する計画である。
20231205_100233_copy_2016x1512


👇は、HAL_K早生菜花である。
晩生に比べて色が全く違う。
晩生は光沢のある深緑色であるが、こちらは光沢のないやら若い緑色である。
2月から3月に掛けての収穫を狙っている。
20231205_100249_copy_2016x1512


👇は、島根県産ののらぼう菜である。
HAL_K早生菜花とよく似ている。葉の色が少し違うので、区別できる。
こちらは、2月から3月にトウ立ちして収穫できる。
20231205_100313_copy_2016x1512



👇は、子持ち高菜である。
今年は、日当たり抜群の第1菜園で作付けした。
昨年は、第3菜園の日当たりの悪い畑で作ったので、ほんの少ししか収穫できなかった。
今年は8株作ってあるので、たくさん出来ることを期待している。
20231205_100341_copy_2016x1512



👇は、子持ち高菜の子が出来そうな箇所を、撮った画像である。
20231205_100353_copy_2016x1512



👇は、第1弾のニンジンである。
この畝は、何度も種を蒔いたり、トレペ芯で苗作りして植え付けたりした場所である。
なので、育ちが3段階ぐらいに分かれている。
20231205_100437_copy_2016x1512


👇は、最初に芽が出た人参のようで、大きくなっている。
20231205_100505_copy_2016x1512



👇は、第2弾の葉物野菜が植えてある第3菜園である。
人参とほうれん草はうまく育っているが、レタスミックス類が大失敗してしまった。
20231205_100643_copy_2016x1512


👇は、第3弾の葉物野菜の畝である。
3月頃から5月頃まで収穫する予定の葉物類である。
ほうれん草、レタス類、そしてキャベツの幼苗を植え付けてある。
20231204_111358_copy_2016x1512



👇は、秘密基地の薪ストーブで、昼に食べるための大学芋を作っている画像である。
20231205_103942_copy_2016x1512


👇は、完成した大学芋である。何回も作っているので、段々やり方が上手くなっている。
今回は、飴の作り方がちょっとうまく行かなかった。
20231205_103950_copy_2016x1512


👇は、1日水に浸したインゲン豆を、コトコトと柔らかくなるまで煮込んでいる画像である。
20231205_092814_copy_2016x1512


👇は、柔らかくなった豆に、砂糖を適量入れて10分ぐらい煮たものである。
この後、冷ましてから冷蔵庫で1晩浸み込ませる。
明日は、少量の塩と醤油を垂らして、
もう一度10分から15分ぐらい煮詰めて、風味をつける予定である。
20231205_092824_copy_2016x1512




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、HAL_Kさんの所から種が来ている、晩生菜花である。
葉が丸く広がり葉色が濃い緑色である。
20231123_080850_copy_1512x2016


👇もHAL_Kさんの所から来ている、早生菜花である。
葉の形は晩生と似ているが、トウ立ちが1ヶ月ほど早いという。
20231123_080905_copy_1512x2016


👇は、私が育てているのらぼう菜である。
昨年、早生菜花と同じ場所に植えて、観察したがほとんど違いが無かった。
今年は、葉の形が少し違って見えている。
トウ立ちの時期は、早生菜花と一緒である。
のらぼう菜にも早生と晩生があるようだ。
そして、のらぼう菜の晩生の方が、早く日本に持ち込まれたようである。
20231123_080917_copy_1512x2016


👇は、手前から晩生菜花、早生菜花、のらぼう菜と並べて植えてある。種は去年採ってあるので、今年は晩生菜花の種を採る予定である。
ミニハウス内で2株ほど自家採種用に育ててある。
一緒に育てても自家受粉する性質があるので、交雑はしないと思うが虫媒で交配する可能性もあるので、別の場所で自家受粉させる計画である。
20231123_080927_copy_1512x2016


👇は、子持ち高菜である。昨年は日当たりの悪い畑で作ってしまったので、半分以上が寒さで枯れてしまって少ししか収穫できなかった。
今年は、日当たりの一番良い第1菜園で作っている。既にかなり大きく育っている。
20231123_080939_copy_1512x2016


子持ち高菜は、10株ぐらい作付けしてある。
20231123_080950_copy_1512x2016


👇は、同じ畝に植えてあるとんがりキャベツである。
こちらは自家産の苗から育てたものである。
20231123_081004_copy_1512x2016




👇は、収穫期にあるとんがりキャベツである
20231123_081009_copy_1512x2016


👇は、隣にブロッコリーを作ってあるので、その日陰になって育ちが悪かったとんがりキャベツである。
大きさに違いが出るのは、家庭菜園としては大歓迎である。
キャベツは1週間に1個ぐらいの消費なので、1か月に4個ぐらいしか食べられない。
そうすると同じスピードで結球すると、収穫する前に破裂してしまうことがある。なので、育ちがバラバラの方がありがたい。
20231123_081020_copy_2016x1512


👇は、さらに成長が遅れている。
20231123_081023_copy_2016x1512


👇は、別の品種のキャベツである。
こちらは種を蒔き忘れていて、慌てて苗を4株だけ購入して植えた物である。
すでに1個は収穫してある。
20231123_145810


👇も同様に購入苗を育てたものである。
こちらは割れかけている感じもする。
20231123_145826


👇も同じ購入苗を育てたが、幼苗の時に芯を害虫に食べれてしまったものである。
脇芽が4つ出たので、そのまま育てている。
小さなキャベツになるかもしれない。
20231123_081107_copy_1512x2016



👇は、ブロッコリーである。自家産の苗から育てている。
頂花蕾の一番大きく育った株である。
20231123_081150_copy_1512x2016



👇は、どうやら2番手のようだ。
ブロッコリーは10株ぐらい作付けてある。
20231123_081154_copy_1512x2016



👇は、スティックセニョールである。購入苗を4株、自家産苗を10株ぐらい作付けてある。
IMG_20231108_110900_DRO_copy_1512x2016


👇は、収穫時期になっているスティックセニョールの側花蕾である。
この時期の太さの茎ブロッコリーは、グリーンアスパラのように、甘くて美味しい。
IMG_20231108_110849_DRO_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 



👇は、キャベツ、茎ブロッコリー、ブロッコリーの植えてあるマルチである。
大きく育っているのは、購入苗である。
7月に種を蒔くのを忘れていて、8月に種を蒔いたので、年内収穫は間に合わないと思って、4株ずつ購入した。
ところが、自家産苗のキャベツが虫に新芽を食われてしまったので、予備苗に植え替えた。

IMG_20230914_104334_copy_1512x2016


👇は、やや徒長気味のキャベツの苗だったので、風で煽られないように、ペットボトルで風よけにした。
この方法は、furuutuさんのブログを参考にした。
春先には、小さな苗を植えた時に、一時的な風よけ防寒対策に利用した。
IMG_20230914_104346_copy_1512x2016


👇は、第3菜園の秋ジャガの長崎こがねを植えてある左側を整備した。
ここには空芯菜とナスと赤紫蘇が植え付けてあった。
IMG_20230914_075310_copy_2016x1512


穴あきマルチを敷いて栽培していたのを撤去した画像である。
マルチは、左側に畳んでそのまま防草シート代わりに使うことにした。
IMG_20230915_110931_copy_1512x2016


👇は、10mぐらいの畝であるが、鶏糞堆肥を2袋(30㎏)を撒いた。
この畝には、ほうれん草、ミックスレタス類の葉物を作付ける予定である。
IMG_20230915_111117_copy_1512x2016


👇は、管理機で耕耘した画像である。
IMG_20230915_111626_copy_1512x2016


👇は、耕耘した後にトンボで平らに均し終えた画像である。
IMG_20230915_111904_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    
 

👇は、第1菜園のほうれん草と人参を植えてある畝である。
ここには、葉物野菜をいくつかまとめて作付けする。

IMG_20230828_082400_copy_1512x2016

👇は、スティックセニョールを、大小12株植え付けた。
そのうちの画像手前の大きな4株は、購入株である。
7月に種を蒔き忘れてしまったので、4株だけ購入した。
4株で、税込み246円であった。1株61円である。
小さいのは、自家産の苗である。8株植えた。
購入苗は、10月から11月に収穫する予定である。
自家産の苗は、早くても12月になってしまうだろう。
IMG_20230828_082412_copy_2016x1512


購入苗 スティックセニョール
IMG_20230828_134534_copy_1512x2016

自家産苗 スティックセニョール
IMG_20230828_134601_copy_1512x2016


👇は、2種類のキャベツを4株ずつ購入して、植え付けた。
こちらも4株で、税込みで246円の苗である。
IMG_20230828_082436_copy_2016x1512


購入苗 キャベツ初秋

IMG_20230828_134455_copy_1512x2016

購入苗 甘乙女
IMG_20230828_134519_copy_1512x2016





👇は、自家産苗のキャベツである。
キャベツは、播種から育てて収穫までは、
110 日~140 日ぐらいである。
今種を蒔けば収穫時期は、110日は12月中旬で、140日目は1月中旬となる。
IMG_20230828_082503_copy_1512x2016


自家産苗 甘ウマ
IMG_20230828_134714_copy_1512x2016

自家産苗 とんがりキャベツ
IMG_20230828_134653_copy_1512x2016


👇は、自家産苗のブロッコリーである。
12月下旬ごろまでに収穫できれば良いのだが。

ブロッコリーは、播種から収穫まで、
早生種で100日程度、中生種で120日程度が必要なようだ。
今蒔くと100日目は12月初旬で、120にち目は12月下旬となる。
IMG_20230828_082424_copy_2016x1512

自家産苗 ブロッコリー
IMG_20230828_134626_copy_1512x2016




👇は、子持ち高菜の自家産苗を植え付けた画像である。
昨年は、日当たりの悪い第3菜園に植えてしまったので、途中で寒さで枯れてしまったものもたくさん出てしまった。
今年は、日当たり抜群のこの第1菜園で作ることにした。
IMG_20230828_082511_copy_1512x2016


自家産苗 子持ち高菜
IMG_20230828_134725_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ